和の輩

閉店

カレンダー
<<2016年
09月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント

[2016年01月09日]
買い物めも(2)

お気に入りブログ
ユーザー情報
たーぼ
非公開/非公開
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
英雄故事

長らく考えてたシンフォギアの構築がだいぶ纏まった。
経緯を纏めると

・このタイトルの目指すとこってどこだろう。
多分終着点はWSの全プール中最強の榛名互換を使い倒す、現代版クレヨンしんちゃん。
・そのためには最低限のアドとストックの確保しないといけない、構築どうしよう。
・まずは使うCXを決めよう。
HORIZON†SPEAR(扉)は終盤で捲った時の殺傷力、対応マリアのコスパの悪さから却下。
ガングニール、再び(炎)はそれの真逆の性能、採用。
盤面やアド量で勝負してても勝ちにくいので、打点レースだけでも勝てるようにしたいなってことで8炎を考える。
VitalizationとかいうCXを使う案があったが、使ってみると微妙だったので却下。(8炎っていうCX配分自体は悪く無かった)
L3でマリア出してCX張るとソウルがでかすぎるのでキャントリもありじゃないかと考える。まずクリス考えたけど、ソウル3でシナジー1点バーンってやってることマリアと変わらんから却下。切歌はパワー不足とL3調がほぼ前提条件なのが厳しいから却下。
袋対応の調は未知数、だが不確定要素が怖すぎる。
やはり最終的にGlorious Breakに帰結する。L3響のカードパワー損ないたくない。
・CX配分は炎4風4だ。
・このゲームソウル1で殴るって行動が弱すぎる、できるだけ中盤で打点失速したくない。できるだけひびみく使い倒してCXを積極的に張りに行きたい。
・L2がL1の延長線のデッキって正直しんどい。かといって適当な2/1のキャラ使っても微妙なだけである。
・二回目になるが、普通に盤面やアド量で勝負してても勝ちにくいので打点を押しまくることを意識したい。

こんな感じである。
そんなことを考えながらレシピ組んだ

・レベル0(16枚)

全力の拳 響(4)…流石に3枚以下になることはないと思う。

響の理解者 未来(2)…CIP7000響の絆元。「響」の理解者なので響ネーム持ち(大事)。後攻だったり島風ゲーできないときはこれで手札を誤魔化す。

強い意志 未来(2)…手札をクロックに置くと回収できる。メインフェイズのノーコス回収は偉大。あと響全体にパンプするテキストが良い。

保護者がわり 未来(2)…忍者集中、響集中でもいいかもしれない。

ときめく切歌(4)…環境にシステムキャラが増えるとただのオバスぺは帰ってきやすい。

危急の参戦 翼(1)…便利。

海辺の特訓 響&エルフナイン(1)…L3がモジュール無いと破裂する奴ばっかなので入れないと死ぬ。そして貴重な響ネームでもある。

・レベル1(14枚)

奇跡を纏う響(4)…島風。中学生が厳しいものの、やはりノーコストで手札が増えるのはでかい。怪異殺し忍とか知らない。

守るための戦い 響(4)…CIP7000。絆先だから雑に4にしてるけど、ひびみくもう一枚積みたいし、枠を割くならここ?

お昼寝の準備 響&未来(2)…2ルックと全体パンプ。宝や門を採用しない以上はこれを使ってCXを積極的に引きに行くのが大事かなーと思ってる。困ったら雑に前に出て殴って控えに行って赤モジュールで拾って使いまわす。

海辺の特訓 クリス(2)…1相打ち。

イグナイトモジュール黄色(2)…2000パンプが本体。

・レベル2(5枚)

まっすぐな瞳 響(2)…登場時響ネームが他に3枚あるならストブできる2/2の目の前1500応援。すごいのは自身のソウルが2であること。実質2/1のソウル2である。このカードのせいで響ネームが大事になった。応援としても使える、具体的にはCIP7000や島風の踏める範囲が広がるしL3のラインがちょっと頼もしくなる。
上の方でL2がL1の延長線のデッキって正直しんどいとか、適当な2/1のキャラ使っても微妙なだけとか言ってたけど、このカードはその折衷案。

失うことの怖さ クリス(1)…美夏。守る対象は特にいない。持ってたら助かることがたまーにあるから入れるという程度。

イグナイトモジュール赤(2)…強いから使いたいけど、別に使わんでもいい。

・レベル3(7枚)

魔法の言葉 響(4)…ショットとパンプする風対応と回復。やっぱりこれをただの回復にしてしまうのは本当にもったいないから風は抜けない。

自分らしく輝く マリア(3)…最強榛名。これをたくさん投げつけたら相手が死ぬという前提のもと作られたデッキである。4枚にしたところで投げられる回数はそんなに変わらないと思う。

・CX
ガングニール、再び(4)…マリアのトップチェックで捲っても打点を損なわないCXを使いたかった。
Glorious Break(4)…どうでもいいけどシンフォギアのカットイン技はSERE†NADEが最高ですね。

登録タグ:

あなたはこのブログの 794 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2016/09/04 01:27
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2016年09月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。