in万年床

京都でゆったりヴァイスやってます。
書くのは今日のカードで気になったやつとか、開封結果とかですかねー。思いつきとかも書きますよ。
構築とかプレイングにはそんなに自信ないですが…。どうぞよろしくお願いします。
Twitter:@blackfall_ak

カレンダー
<<2019年
12月
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
黒い秋
非公開/非公開
6時間以内
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
【今日のカード】12/12 バンドリ2

今日はパスパレの「“○○の音楽(ユメ)”」サイクル、「“重なる音楽(ユメ)”」の公開です。



“重なる音楽” 若宮イヴ
0/0/2000 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Pastel*Palettes》 R、SPa、SPb
【永】あなたのターン中、あなたの舞台のキャラが持つ色の合計が4色以上なら、他のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
【起】集中 [①このカードを【レスト】する]あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分の控え室の《Pastel*Palettes》のキャラを1枚まで選び、手札に戻す。

4色条件で行き全体500パンプ、《Pastel*Palettes》指定の控え単レス集中です。

4色条件を満たしていれば、自ターン中は舞台全体のパワーを500伸ばすことができます。
3色以下では集中バニラになってしまいますが、集中キャラが全体パワーパンプを獲得できるのは便利ですね。

パスパレ内の500パンプテキスト持ちは「“ステージ” 丸山 彩」「“みんな応援してます!” 若宮イヴ」「らしさを武器に 大和麻弥」が存在しています。
“謙虚系アイドル” 大和麻弥」は500応援ですね。


集中は各バンドに単レス集中を配っている一環のものですね。
特徴指定の控え室回収です。

既存のパスパレメンバーの集中は「“モデル・モード” 若宮イヴ」「“すごく素敵な舞台でした” 大和麻弥」「“夜更かしは今日だけ” 白鷺千聖」が存在しています。

ドロー集中の「“すごく素敵な舞台でした” 大和麻弥」はともかく、「“モデル・モード” 若宮イヴ」「“夜更かしは今日だけ” 白鷺千聖」は盤面条件で最大5枚を捲れる集中ということで、他バンドに比べると集中の置き換え需要は少ないといわざるを得ません。

とはいえ両者が2レス集中ということで、単レス集中としての強みはありますね。
さらに黄、赤、青に続く4色目の集中として、前衛や後衛の色を踏まえて採用することも可能になっています。
新弾構築では、レベル1段階で後列に青黄をマーカー込みで出せるキャラと赤のCXシナジー持ち前衛が存在しているので、この緑の集中を採用することで4色条件の達成が可能です。




“重なる音楽” 氷川日菜
1/0/5000 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Pastel*Palettes》 RR、SPa、SPb
【自】【CXコンボ】このカードがアタックした時、クライマックス置場に「重なる音楽」があるなら、あなたは自分の山札を上からX枚まで見て《Pastel*Palettes》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、残りのカードを控え室に置く。Xはあなたの舞台のキャラが持つ色の合計+1に等しい。
 
最大5ルックのCXシナジー持を持っています。
“クリスタルソング” 湊友希那」亜種ですね。

ルック枚数が舞台の色+1というものですね。
1色のみの展開でも最低限2ルックを行うことができ、パスパレのL1以降ではほぼ間違いなく4ルック以上のパフォーマンスを発揮できるでしょう。

リバースなどを必要とせずにアタック時に手札を増やすことでき、山札の枚数調整にも活躍できるテキストですね。

対応クライマックスが扉なのも高評価です。


パスパレ内のアド稼ぎシナジーは宝対応マサチューセッツ互換の「“全力応援” 丸山彩」、扉対応「“私ができること” しろは」亜種の「“アイドルとは” 大和麻弥」、同じく扉対応バニラ修羅場の「“あたしはあたし” 氷川日菜」が存在しています。

“あたしはあたし” 氷川日菜」とはほぼそのまま修羅場と5ルックを交代させることができますね。
色、対応クライマックス的にもそのまま置き換えが可能です。

“アイドルとは” 大和麻弥」とは最終的に舞台に発生する色が異なるので構成に工夫は必要ですが、色発生は同様に赤、扉アイコンの採用も維持できます。
“アイドルとは” 大和麻弥」はパワーラインの形勢に加えて稼げるアドバンテージ自体も大きいですが、対応クライマックスはもちろん「“自己流サバイバルスキル” 大和麻弥」とともに手札に確保しなければならないと、活用にはハードルが存在します。
このカードの場合は対応クライマックスと本体を確保することで手札を増やすことができ、相手盤面にも左右されません。
前者でパーツを集めるサーチ手段があれば、このカードは複数面で連動を行えるのも便利です。

CXコンボのみのテキスト構成になっているので、500スタート、対応込み6000のパワーにはケアが必要ですね。




“重なる音楽” 大和麻弥
3/2/6000 ソウル2 トリガー:1 《音楽》《Pastel*Palettes》 U、SPa、SPb
【永】他のあなたの《Pastel*Palettes》のキャラすべてに、パワーを+X。Xはあなたの舞台のキャラが持つ色の合計×500に等しい。
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の控え室の《Pastel*Palettes》のキャラを1枚選び、手札に戻してよい。
【起】[あなたの《Pastel*Palettes》のキャラを2枚【レスト】する]あなたは自分の手札とレベル置場のカードを1枚ずつ選び、入れ替える。

舞台の色数×500補正の全体パンプと、CIP時の控え回収、手札とレベル置場のカードを入れ替える起動テキストを持っています。

パンプテキストは《Pastel*Palettes》キャラ全体に、舞台のキャラ1色につき500パンプを行うものです。
最大で2000補正を行える強力なテキストになっていますね。
3色でも「市ヶ谷有咲」などに匹敵する1500パンプが可能です。

全体のパワーを強力に支援することで盤面争いをサポートでき、「“夢に続く道” 白鷺千聖」のFEVERの達成にも繋がりますね。


CIPテキストは控え室から《Pastel*Palettes》キャラを拾えるものです。

CXなどを探すことはできませんが、フィニッシャーなど必要なキャラを確実に手札に加えることができる便利なテキストです。
最低限手札の枚数を維持しつつキャラを展開することが可能ですね。


起動能力はキャラ2枚レストで手札とレベル置場のカードを1枚交換できるものです。
レベルアップ時に置いたカードを後から回収することができますね。

カードということでイベントなども手札に加えることができるほか、リフレッシュのタイミングに十分注意する必要はありますが、CXを仕込んでおくことでレベル3になってからそのCXを手札に加えることも可能になっています。
色発生のサポートも行うことができるほか、現状のパスパレでは必要ありませんが、経験及び「あなたのカードがレベル置場に置かれた」タイミングのテキストの誘発も可能ですね。


ただ現状パスパレのL3キャラは「“必殺アイドルポーズ☆” 丸山彩」「“本当の私を伝えられたら” 白鷺千聖」「“アイドル丸山彩っ!”丸山彩」など赤は充実しているので、その目線で見ると微妙な追加でもあります。




重なるメロディ
トリガー:カムバック CR、RRR
【永】あなたのキャラすべてに、パワーを+1000し、ソウルを+1。


扉アイコンのCX、「“重なる音楽” 氷川日菜」の対応CXです。

バンドリ内13種目、パスパレのCXとしては5種目になります。




“重なる音楽” 丸山彩
0/0/1500 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Pastel*Palettes》 RR、SPa、SPb
【自】このカードがアタックした時、あなたは自分の《Pastel*Palettes》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。
【自】[①あなたの控え室の《Pastel*Palettes》のキャラを1枚クロック置場の下に置く]バトル中のこのカードが【リバース】したとき、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の《Pastel*Palettes》のキャラを1枚選び、手札に戻す。

アタック時の1面1500パンプと、リバース時の控えオカ研テキストを持っています。

アタック時の1500パンプは便利なテキストですね。
最大パンプ値は島風改互換に劣ってしまいますが、キャラ展開を絞っている序盤でも問題なくパワー支援が可能になっています。
自身に振ってパニラサイズでアタックできるのも使い勝手がよいです。

パスパレ内のアタック時パワーパンプは、500パンプの「“短冊の行方” 氷川日菜」、レベル1パワー1000付与の「“煌めくステージへ” 氷川日菜」、2面500パンプの「“大切なきっかけ” 氷川日菜」が存在しています。


リバース時に1コストに加え、控えから《Pastel*Palettes》キャラをクロックの下に置くことで、控え室から《Pastel*Palettes》キャラを1枚回収できます。
オカ研の亜種テキストです。控え回収だと「クリスタ」互換なんて呼び方もありますね。

クロックは増えてしまいますが、手札の枚数を増やすことが可能になっています。
特徴指定でレベル縛りがないのも使い勝手がよいですね。

クロックコストが特徴的ですね。
使用には回収できるキャラ以外にもクロックコストにできるキャラを控え室に落としておく必要はありますが、山札の上からクロックにCXが落ちるリスクをなくすことができます。
リバース時ということで相手のアタック中にテキストが発動することが多いため、クライマックスがクロックに落ちてキャンセルがなくなるという悲劇が起きませんね。

色発生のサポートも確実に行えるようになっているほか、レベル1以降ではクロック回収を持つ「“努力の結晶” 丸山彩」で回収したいキャラをクロックに送るなど細かい操作も可能になっています。


“重なる音楽” 白鷺千聖」の早出し条件に指定されていますね。
クロックフェイズにこのカードを手札から叩くほか、レベル2以降で舞台に出したこのカードのテキストを発動させることで、控え室からキャラを回収しつつ早出し条件の達成が可能です。




“重なる音楽” 白鷺千聖
3/2/9500 ソウル2 トリガー:1 《音楽》《Pastel*Palettes》 R、SPa、SPb
【永】あなたのクロック置場に「“重なる音楽” 丸山彩」があるアンラ、あなたの手札のこのカードのレベルを-1。
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは2枚まで引き、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。
【自】【CXコンボ】このカードがアタックした時、あなたのクライマックス置場に「雨上がり」があるなら、あなたは自分の控え室の《Pastel*Palettes》のキャラを1枚まで選び、手札に戻し、そのターン中、このカードのパワーを+4000。

“重なる音楽” 丸山彩」指定のクロック参照早出し、登場時の2ドロー1ディスと、控え室回収とともに自身パンプを行うCXシナジーを持っています。

クロック参照の早出しはダメージで自然に達成されることもあるほか、指定キャラを手札に握っておくことで、クロックフェイズに簡単に達成できますね。
一度条件を達成することで、レベルアップを挟まなければ、次のターンも早出しが可能です。
「雪精」互換、「“ホワイトフェアリー” 若宮イヴ」「“オーエス?オーエス!”丸山彩」の登場テキストも上手く活用が可能です。

1クロックが重い状況では達成できないのは弱点ですが、パスパレでは「“煌めくステージへ” 大和麻弥」「“素顔の姿” 大和麻弥」のクロック入れ替えによって達成することも可能できますね。


登場時の2ドロー1ディスは追加のキャラやクライマックスなどをを引き込むことが期待できますね。
不要なカードを切ることも可能になっています。
レベル3に向けて、手札を消耗せずに舞台にキャラを展開できるのも便利ですね。

パスパレのL3が持つ手札絡みのCIPテキストは3ルックのみだったので、差別化が可能になっています。


CXシナジーは控え室からキャラを回収し、自身のパワーを4000伸ばすものです。
レベル3に向けて手札から必要なキャラを手札に加えておくことが可能になっていますね。

また自身のパワーを13500、CX込みで14500まで上昇させられるのも強力です。




雨上がり
トリガー:ゲート CC
【永】あなたのキャラすべてに、パワーを+1000し、ソウルを+1。

門アイコンのCX、「“重なる音楽” 白鷺千聖」の対応CXです。

タイトル内10種目、パスパレでは2種目ですね。



カード番号は
“重なる音楽” 若宮イヴ」が「BD/W73-023」
“重なる音楽” 氷川日菜」が「BD/W73-050」
“重なる音楽” 大和麻弥」が「BD/W73-056」
“重なる音楽” 丸山彩」が「BD/W73-065」
“重なる音楽” 白鷺千聖」が「BD/W73-074」
雨上がり」は「BD/W73-099」
です。

全体で41種、RRが12種中9種、Rが22種中15種、Uが27種中11種、CRが6種中5種、CCが6種中1種公開済みです。

001 「“笑顔の音楽” 北沢はぐみ」(0/0/1000のキャラ、RR、12/10今日のカード) 
002 「“笑顔の音楽” 弦巻こころ」(3/2/10000のキャラ、RR、公式サイト先行公開
003
004 「“笑顔の音楽” 奥沢美咲」(3/2/4500のキャラ、R、公式サイト先行公開
005 「“笑顔の音楽” 瀬田薫」(3/2/9000のキャラ、R、12/10今日のカード
006
007
008
009
010 「“笑顔の音楽” 松原花音」(2/1/2000のキャラ、U、12/10今日のカード
011
012
013
014
015 「夜空のスマイル」(チョイスアイコンのCX、CR、公式サイト先行公開
016
017 「“あたしたちの音楽” 美竹蘭」(0/0/1500のキャラ、RR、12/11今日のカード
018
019 「“あたしたちの音楽” 羽沢つぐみ」(3/2/5500のキャラ、RR、12/11今日のカード
020 「“至高の音楽” ロック」(3/2/10000のキャラ、RR、公式サイト先行公開
021 「“あたしたちの音楽” 宇田川巴」(0/0/1000のキャラ、R、12/11今日のカード
022 「“あたしたちの音楽” 青葉モカ」(0/0/1500のキャラ、R、12/11今日のカード
023 「“重なる音楽” 若宮イヴ」(0/0/2000のキャラ、R、12/12今日のカード)
024
025 「必死の勧誘 ロック」(2/1/7000のキャラ、R、公式サイト先行公開(4)
026 「圧倒的な歌唱力 レイヤ」(3/2/9000のキャラ、R、公式サイト先行公開(4)
027 「“あたしたちの音楽” 上原ひまり」(3/2/10000のキャラ、R、12/11今日のカード
028
029
030
031 「ぶっきらぼうな優しさ マスキング」(1/1/3000のキャラ、U、公式サイト先行公開(4)

046 「いつかの約束」(宝アイコンのCX、CR、公式サイト先行公開(4)
047 「あたしたちのメロディ」(宝アイコンのCX、CR、12/11今日のカード
048
049 「“キズナの音楽” 戸山香澄」(0/0/1000のキャラ、RR、公式サイト先行公開(3)
050 「“重なる音楽” 氷川日菜」(1/0/5000のキャラ、RR、12/12今日のカード)
051 「“キズナの音楽” 山吹沙綾」(1/0/4500のキャラ、R、公式サイト先行公開(3)
052 「“キズナの音楽” 牛込りみ」(1/1/4000のキャラ、R、公式サイト先行公開(3)
053
054
055
056 「“重なる音楽” 大和麻弥」(3/2/6000のキャラ、U、12/12今日のカード)

063 「重なるメロディ」(扉アイコンのCX、CR、12/12今日のカード)
064
065 「“重なる音楽” 丸山彩」(0/0/1500のキャラ、RR、12/12今日のカード)
066
067 「“キズナの音楽” 花園たえ」(1/0/4000のキャラ、RR、公式サイト先行公開(3)
068
069
070 「“至高の音楽” チュチュ」(0/0/1500のキャラ、R、公式サイト先行公開
071
072 「敏腕プロデューサー チュチュ」(1/0/4000のキャラ、R、公式イベント先行公開
073 「“至高の音楽” パレオ」(1/1/3500のキャラ、R、公式サイト先行公開(4)
074 「“重なる音楽” 白鷺千聖」(3/2/9500のキャラ、U、12/12今日のカード)
075 「静かな情熱 友希那」(3/2/10000のキャラ、R、公式イベント先行公開
076
077 「隣で見守る 今井リサ」(0/0/1500のキャラ、U、公式イベント先行公開
078 「にっこり笑顔 パレオ」(0/0/2500のキャラ、U、公式イベント先行公開
079
080 「“キズナの音楽” 市ヶ谷有咲」(1/1/5500のキャラ、U、公式サイト先行公開(3)
081 「奏でるメロディ 花園たえ」(2/1/2500のキャラ、U、公式サイト先行公開(4)
082
083 「冷静沈着 氷川紗夜」(2/1/7500のキャラ、U、公式イベント先行公開
084
085 「少しずつの勇気 白金 燐子」(0/0/1000のキャラ、C、公式イベント先行公開
086
087
088
089
090 「さらなる力を 宇田川あこ」(1/1/1000のキャラ、C、公式イベント先行公開
091
092
093
094
095 「Yes!!最強!!」(2/2のイベント、U、公式サイト先行公開
096 「Jumpin' Girls!」(門アイコンのCX、CR、公式サイト先行公開(4)
097
098
099 「雨上がり」(門アイコンのCX、CC、12/12今日のカード)




弾を重ねるごとに色構成が変わっていくよねパスパレ・・・。

上手くデッキを組みたいものです。


ご意見ご感想などございましたら、お気軽にコメントかtwitterまでどうぞ。

登録タグ: ヴァイスシュヴァルツ  BanGDream!  バンドリ  バンドリ2 

あなたはこのブログの 160 番目の読者です。


テーマ:新カード投稿日時:2019/12/13 01:26
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2019年12月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。