in万年床

京都でゆったりヴァイスやってます。
書くのは今日のカードで気になったやつとか、開封結果とかですかねー。思いつきとかも書きますよ。
構築とかプレイングにはそんなに自信ないですが…。どうぞよろしくお願いします。
Twitter:@blackfall_ak

カレンダー
<<2019年
11月
>>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
黒い秋
非公開/非公開
16時間以内
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
バンドリ2 公式サイト先行公開(3)

今日も特別先行公開がありましたね。
「まずはPoppin‘Party!」だそうで。

「まずは」のアオリ部分?って6バンド分持つんだろうか。「続いては」「最後に」くらいしか思いつかないが・・・。

ポピパちゃんの「○○の音楽(ユメ)」サイクルですね。




“キズナの音楽” 戸山香澄
0/0/1000 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Poppin'Party》 RR
【自】このカードがアタックした時、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。
【自】相手のドローフェイズの始めに、あなたのキャラすべてが《Poppin'Party》なら、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードのレベルが1以上なら、あなたはこのカードを手札に戻してよい。

アタック時の1面1500パンプと、相手ドローフェイズのトップチェック自身バウンス、ジョー互換テキストですね。

アタック時のパワーパンプは、特徴指定でもないうえに自身のパワーも伸ばせる汎用性の高いものです。
《音楽》指定ですらないので、あっちゃんのパワーも伸ばせますね。まあジョーテキストが《Poppin'Party》でガチガチに縛ってますが・・・。

バンドリのL0帯でアタック時に1500を振れるのは「私達、Poppin'Partyです!」のダイレクトアタック時か、島風改テキストの「真夏のギタリスト 香澄&たえ」「“愛の告白” 奥沢美咲」「“休日のショコラ” 牛込りみ」「止まらない音楽 レイヤ」のみということで、タイミングや盤面に左右されないアタック時パンプとしてはもっとも補正値の良いものになります。

他のL0帯の他面パンプを持つ既存カードは、
1000パンプの「届け!私たちの歌 花園たえ」「“カラフルポッピン!” 市ヶ谷有咲」「“青春の証”宇田川巴」、
500パンプの「“短冊の行方” 氷川日菜」、
2枚に500パンプの「“大切なきっかけ”氷川日菜」、
レベル1パワー1000付与の「香澄たちの先輩 ひなこ」「“人混みはニガテ” 白金燐子」「“煌めくステージへ” 氷川日菜
ダイレクトアタック時1面1000パンプの「“まだまだやれる!” 美竹蘭
になります。


トップチェックが成功すれば手札に戻れるジョーテキストも便利なテキストです。

L1以上ということでどうしても失敗の可能性はあり、落下移動などを使わなければ相手にトップ情報を公開することになりますが、手札に戻ってくれば確実に手札の消耗を抑えることができます。
次のターン以降のキャラ展開の邪魔にならず、手札コストに充てることができるのも使い勝手がよいですね。

キャラすべてが《Poppin'Party》なら、ということで、他バンドはもちろん「“STAR BEAT!~ホシノコドウ~” 牛込りみ」「“きらきら星” 香澄」など初弾のカードとの共存も否定されています。
このカードのみを展開していればとりあえず条件は達成できるので、その辺りが落としどころかな?

既にジョーテキストは無条件、《音楽》2枚以上でパワー2500になる「“……も、もしもし……”白金燐子」が存在しています。
Uの割に上位互換ですね。
パワー面はさほど重視されないジョーテキストで、返しにパワー1000と2500と如実に差が出るものの、単独展開でもパワーパンプを自身に振ることで同程度のパワーを出すことができ、パワーパンプを振り分けることで固い面も割れるようになっているので、単純な上位下位ではない・・・・・・ということにしておきましょう。
誰も幸せになりませんし。

“……も、もしもし……”白金燐子」が使えないバンドリーグレギュではもちろん有力なL0アタッカーになり得るカードです。




“キズナの音楽” 牛込りみ
1/1/4000 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Poppin'Party》 R
【永】応援 このカードの前のあなたの《Poppin'Party》のキャラすべてに、パワーを+X。Xはそのキャラのレベル×500に等しい。
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から3枚を、控え室に置いてよい。
【起】[このカードを【レスト】する]あなたの控え室に、カード名に「たえ」を含むキャラと「りみ」を含むキャラと「沙綾」を含むキャラと「有咲」を含むキャラが別々に1枚ずつあるなら、あなたは自分の「“星形のタンバリン” 戸山香澄」を1枚選び、そのターン中パワーを+4500。

《Poppin'Party》指定のレベル応援とCIP時の3枚落下、控え室条件を満たした上での自己レストで「“星形のタンバリン” 戸山香澄」のパワーを4500伸ばすことができます。

L1帯のレベル応援ということでL1キャラ相手には500応援とさほど変わりませんが、レベルパンプや電源などで高レベルキャラを立てる動きと相性がよいですね。
L0からは立てられず、終盤では力不足になりがちな繋ぎのL1後列などを採用せずとも、終盤まで使えるのもポイントです。

L1帯のレベル応援としては《音楽》指定の「“巴だけの看護師さん” 宇田川あこ」が存在しています。

L2では「“Poppin’Party” 市ヶ谷有咲」「チョココロネの歌 りみ」「
Sprin’PARTY 山吹沙綾
」「おはよう香澄」「Starrin’ PARTY 市ヶ谷有咲」「ツンデレ有咲」「準備万端 たえ」「
“この音しか聞こえない” 白金燐子
」「“考えるより行動!” 羽沢つぐみ」「“1日だけの新婦” 山吹沙綾」「“ハートの女王様” 白鷺千聖」「“頼れる姉御肌” 宇田川巴」「“桜ミッシェル” 奥沢美咲
“重なり合う青薔薇” 白金燐子」「“支え合うのがバンド” 香澄&たえ」「“目がまわって……” 松原花音」「“隣にいること”青葉モカ」とレベル応援でデッキを組んでもおつりが来るほどの選択肢があります。
この中でポピパメンバーのものは「“Poppin’Party” 市ヶ谷有咲」「チョココロネの歌 りみ」「
Sprin’PARTY 山吹沙綾
」「おはよう香澄」「Starrin’ PARTY 市ヶ谷有咲」「ツンデレ有咲」「準備万端 たえ」「“1日だけの新婦” 山吹沙綾」「“支え合うのがバンド” 香澄&たえ」ですね。
《Poppin'Party》という目線で見ると更に「“1日だけの新婦” 山吹沙綾」か「“支え合うのがバンド” 香澄&たえ」ということになります。

レベル帯・色・付属テキストで柔軟に採用が可能になっていますね。


3枚落下は3枚落とすか落とさないかというシンプルなものです。

山調整のほか、このカードでは起動能力の条件サポートに活用することができますね。


起動能力の条件は「りみ」「たえ」「沙綾」「有咲」ネームが別々に控え室に落ちていれば、というものです。
現状のポピパ構築では極端に偏ることもないので、少し意識していれば達成は容易でしょう。

“星形のタンバリン” 戸山香澄」のパワーを伸ばすことで、『FEVER』を強力にサポートできます。
最近の追加弾にありがちな旧弾サポートテキストですね。

素のパワー5000+1000の6000+αというパワーで基本的にはさほど強くない面を叩く役割でしたが、4500パンプで10500までパワーを伸ばせるので、このカードのレベル応援を合わせて高パワーキャラも叩きやすくなっています。
“星形のタンバリン” 戸山香澄」自身がパワーを出せるようになることで、多面成功や、相手が高パワーキャラを展開後のFEVERが容易になりますね。

もちろん対応CXの使用時以外にも9500~の強力なアタッカーとして運用することができますね。

複数ネームの「別々」指定ということで、ポピパメンバーの「○○&□□」カードをチェックすると「真夏のギタリスト 香澄&たえ」「はじけるサマー♪ たえ&有咲&香澄」「“沙綾の告白”沙綾&香澄」「“支え合うのがバンド”香澄&たえ」が存在しています。
いや「香澄」ネーム必要ないんだけど・・・?

みんなのアームドギア 響」がよく似たテキストを持っていますが、ネーム5つ指定で5000パンプになっていますね。




“キズナの音楽” 山吹沙綾
1/0/4500 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Poppin'Party》 R
【永】他のあなたの《Poppin'Party》のキャラが2枚以上なら、このカードのパワーを+1000。
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札を上から1枚見て、山札の上か控え室に置く。

《Poppin'Party》2枚以上でバニラサイズ、CIP時のデッキトップ/控えのトップ操作を持っています。

簡単な条件でバニラサイズを維持することができますね。

《Poppin'Party》の前衛向けの1/0キャラのうち、赤のキャラが、ガウルの「“みんなで遊園地!” 戸山香澄」、相殺の「“キラキラの星空”戸山香澄」、登場ターン中はパワー7000の「“みんなのお姉ちゃん”山吹沙綾」、CXコンボの「“おそろいのシュシュ”山吹沙綾」「“星型のタンバリン”戸山香澄」程度なので、安定的にパワーを出せ、トップを弄れるキャラとしてある程度のニッチはあるでしょう。


トップ操作は集中はトップチェックテキストのサポート、トリガー操作に活躍できますね。
トップ/ボトムのものとは違ってボトムキャンセルの回避などには使えませんが、控え室肥やしや山札の枚数調整が可能です。

同様のテキストを「姉思い 明日香」が持っていますね。
トップ/ボトムの操作テキストは「“Roselia Stage” リサ&友希那&紗夜」「“パジャマでお邪魔” 花園たえ」「“見事なお点前” 松原花音」「“夜更かしは今日だけ” 白鷺千聖」が存在しています。




“キズナの音楽” 市ヶ谷有咲
1/1/5500 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Poppin'Party》 U
【永】あなたのターン中、このカードの下にマーカーがあるなら、他のあなたの《Poppin'Party》のキャラ1枚につき、このカードのパワーを+1500。
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の控え室の「新しいスティック 山吹沙綾」を1枚選び、このカードの下にマーカーとして裏向きに置いてよい。
【自】[①]アンコールステップの始めに、他のあなたの前列の【レスト】しているキャラがいないなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードを【レスト】する。

登場時に控え室から「新しいスティック 山吹沙綾」をマーカーとして拾い、自ターン中マーカー条件で最大1/1/11500、1コス復帰テキストを持っています。

自ターン中他の《Poppin'Party》キャラ1枚につき1500パンプ、最大6000パワーを伸ばせるのは強力ですね。
相手ターン中こそ1/0のバニラサイズですが、行きは「“ブシドー!”若宮イヴ」など2/1で行きにパワーを出すキャラにも引けを取らないクラスのパワーを誇ります。
更に後列などの支援も加わることでL3相手でも十分に戦えるでしょう。

単純なパワーの高さは、「“キズナの音楽” 牛込りみ」を踏まえると「“星形のタンバリン” 戸山香澄」の『FEVER』サポートのためのものとも考えられますが、それ以外のデッキでももちろん活躍できます。

指定先が未公開なのに不安は残りますが、強力な1/1アタッカーです。
バニラじゃないと良いんだけど・・・・・・。


1コスト復帰、「榛名アンコール」テキストも使い勝手がよいですね。
返しはパワーが低くなってしまう点を上手くカバーできるとともに、舞台を離れないことでマーカーも維持できるようになっています。

L1帯では行き最大8000の「“緊張してきちゃった” 牛込りみ」「“たこのタオル” 美竹蘭」が存在するほか、「“揺るぎない覚悟” 氷川紗夜」「“天然ビューティー” 花園たえ」「“カラフルポッピン!” 山吹沙綾」が持っているテキストですね。




“キズナの音楽” 花園たえ
1/0/4000 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Poppin'Party》 RR
【自】他のあなたの《Poppin'Party》のキャラが2枚以上なら、このカードのパワーを+2000。
【自】【CXコンボ】このカードがアタックした時、クライマックス置場に「Jumpin'Girls!」があり、他のあなたの《Poppin'Party》のキャラが2枚以上なら、あなたは自分の山札の上から3枚を公開し、相手はそれらのカードのキャラかイベントを1枚選び、あなたの手札に加え、あなたは残りのカードを1枚まで選び、山札の上に置き、残りのカードを控え室に置く。

《Poppin'Party》2枚以上で1/0/6000、トップ3枚から相手が選んだキャラかイベントを1枚手札に加え、1枚をデッキトップに、もう1枚を控え室に置くCXシナジーを持っています。


特徴2枚で常時6000を維持できるのは強力ですね。

CXシナジーにリバース要求などがあるわけではありませんが、パワーを出しておけるのは間違いなく便利です。
似たようなカードとしては「緻密な戦略 ゴブリンスレイヤー」が記憶に新しいですね。


CXシナジーは「“いつも見ていた夢”鴎」と、バンドリ内では「“見守る目線” 湊友希那」が持つようなアタック時のトップ2枚操作の合いの子のようなテキストです。

3枚公開から相手が1枚を選ぶということで、L0やピンポイントメタなど基本的には役に立ちにくそうなカードということになリますが、アタックで手札枚数を稼ぐことができます。

その後残ったカードを1枚デッキトップに、1枚控え室に置くという操作を行います。
トリガーするカードを確定させることができますね。

ソウルアイコンの有無による打点調整を中心に、CXをトリガーさせずに直接控え室に落としたり、CXトリガーの恩恵を受けるなど柔軟に運用できます。

手札に加わるのがキャラかイベントということで、見えたCXは確実に操作できることになりますね。
3枚の内から確実にCXをトリガーさせる/させないことを選ぶことができます。
「Jumpin'Girls!」のアイコンは不明ですが、ポピパということで電源と組み合わせ、手札を増やしつつ電源でキャラを出すような運用も可能になっています。

頑張りました! レム」のメタテキストに関しても、リバース要求がないのでパワーが下がる影響が抑えられています。


3枚目はトリガーになるのですが、手札に加わる分と控え室に落とす分、都合2枚山札を削れているのもポイントですね。


3枚ともCXだった場合はまだわかりやすいですが、山札が2枚以下の際の処理に関しては「“いつも見ていた夢”鴎」に関するQ&A561を確認しておきましょう。

【Q】『【自】【CXコンボ】 このカードがアタックした時、クライマックス置場に「お別れの挨拶」があり、他のあなたの《サマポケ》のキャラが2枚以上なら、あなたは自分の山札の上から2枚を公開し、相手はそれらのカードのキャラかイベントを1枚選び、あなたの手札に加え、残りのカードを控え室に置く。』について。
山札が1枚の場合どのように解決されますか?
【A】山札から1枚を公開して能力を解決します。






カード番号は不鮮明ですね。
残念。

レアリティは「“キズナの音楽” 戸山香澄」「“キズナの音楽” 花園たえ」がRR、「“キズナの音楽” 牛込りみ」「“キズナの音楽” 山吹沙綾」がR、「“キズナの音楽” 市ヶ谷有咲」がUのようですね。


11種が公開済みです。

RRが12種中4種、Rが22種中4種、Uが27種中2種、CRが6種中1種公開済みです。

003 「“笑顔の音楽” 弦巻こころ」(3/2/10000のキャラ、RR、公式サイト先行公開
007 「“笑顔の音楽” 奥沢美咲」(3/2/4500のキャラ、R、公式サイト先行公開
017 「夜空のスマイル」(チョイスアイコンのCX、CR、公式サイト先行公開
022 「“至高の音楽” ロック」(3/2/10000のキャラ、RR、公式サイト先行公開
070 「“至高の音楽” チュチュ」(0/0/1500のキャラ、R、公式サイト先行公開
095 「Yes!!最強!!」(2/2のイベント、U、公式サイト先行公開

カード番号不明
“キズナの音楽” 戸山香澄」(0/0/1000のキャラ、RR、公式サイト先行公開(2))
“キズナの音楽” 牛込りみ」(1/1/4000のキャラ、R、公式サイト先行公開(2))
“キズナの音楽” 山吹沙綾」(1/0/4500のキャラ、R、公式サイト先行公開(2))
“キズナの音楽” 市ヶ谷有咲」(1/1/5500のキャラ、U、公式サイト先行公開(2))
“キズナの音楽” 花園たえ」(1/0/4000のキャラ、RR、公式サイト先行公開(2))




ポピパの「音楽(ユメ)」サイクルは「キズナ」でしたね。
うんぴったり。

ファーストインプレッションは微妙でしたが、精査すると実はいい感じかもしれない公開ですね。特におたえ。


・・・各バンドに2種ずつだけのはずのRRがもう見えちゃってるっぽいのが釈然としねえ・・・。


ご意見ご感想などございましたらお気軽にコメントかtwitterまでどうぞ。

2019/11/16 11:34 ポピパの「○○&□□」カードについての記述を修正。ご指摘ありがとうございました。

登録タグ: ヴァイスシュヴァルツ  BanGDream!  バンドリ  バンドリ2 

あなたはこのブログの 131 番目の読者です。


テーマ:新カード投稿日時:2019/11/16 03:08
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2019年11月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。