in万年床

京都でゆったりヴァイスやってます。
書くのは今日のカードで気になったやつとか、開封結果とかですかねー。思いつきとかも書きますよ。
構築とかプレイングにはそんなに自信ないですが…。どうぞよろしくお願いします。
Twitter:@blackfall_ak

カレンダー
<<2019年
12月
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
黒い秋
非公開/非公開
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
【今日のカード】12/11 バンドリ2

今日はアフグロの「“○○の音楽(ユメ)”」サイクルですね。
「“あたしたちの音楽(ユメ)”」だそうです。




“あたしたちの音楽”美竹蘭
0/0/1500  ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Afterglow》 RR、SPa、SPb
【自】あなたのキャラのトリガーチェックでクライマックスがでた時、そのカードのトリガーアイコンが
【トレジャー】なら、あなたは1枚引いてよい。そうしたら、あなたは自分の手札を1枚選び、控え室に置く。
【起】集中 [①このカードを【レスト】する]あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分の山札を見て《Afterglow》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。


宝トリガー時の1ドロー1ディスと《Afterglow》指定の単レスト山サーチ集中です。
各バンド単レスト集中計画の一角を担うカードですね。

宝のトリガー時にルーティングが可能です。

手札の質を上げるのはもちろん、手札にダブついた宝をすぐに控え室に送ることができます。
通常のアタック時に手札事故を防ぐのはもちろん、リフレッシュ直前にも控え室にクライマックスを落とすことが可能になっていますね。

8宝にありがちな事故回避を集中が兼ねているのは便利です。
L0段階から展開できるのも使い勝手がよいですね。

効果としての初出は本指定の「ギタリスト 長門」、宝指定のものは「宝物を見つけに 恵」がアタック時に他の面に付与するものが初めてです。
宝指定で付与などではなく常駐できるものはこのカーが初ですね。

緑ということでよく見られるクロックからカードを拾うものは、「“止まっていた時間” 上原ひまり」が既に持っていますね。
クロックからある程度カードが選べるかわりに、クロックが少なければ最大限効果を発揮しづらいテキストですが、1ドロー1ディスは手札に加えるカードを選ぶことはできないかわりに、クロックや控え室の状況などに左右されにくくなっています。


集中は単レストサーチの使いやすいものです。
“答えを探して” 湊友希那」「“笑顔の音楽” 北沢はぐみ」に続くバンド専用のものですね。

アフグロ内の集中は2レストサーチの「“パジャマ姿の患者さん” 宇田川巴」、TDのドロー集中「“踏ん張れ私っ!” 羽沢つぐみ」、L2の「“隣にいること” 青葉モカ」が存在しています。

後列にこのカードしか展開できなくても集中を行うことができるほか、「“考えるより行動!” 羽沢つぐみ」や「“ちゃんと説明してくれ!” 宇田川巴」、「“あたしたちの音楽” 宇田川巴」などの他のレストコストとも共存が可能になっていますね。

宝を処理できるテキストとともに、使いやすい集中を持っているのは使い勝手がよいです。




“あたしたちの音楽” 羽沢つぐみ
3/2/5500 ソウル2 トリガー:1 《音楽》《Afterglow》 RR、SPa、SPb
【永】他のあなたの《Afterglow》のキャラすべてに、パワーを+1500。
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。
【自】【クロック】アラーム [①]このカードがクロックの一番上にあるなら、あなたはメインフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「永遠の夕日」を1枚選び、手札に戻す。

《Afterglow》全体1500パンプとCIPヒール、「永遠の夕日」回収のアラームを持っています。


《Afterglow》限定ですが、全体1500はひねりなく強力ですね。
盤面を強力に固めることができます。

どちらかというと、今弾のL3連動の「“あたしたちの音楽” 上原ひまり」よりはFEVERの「“気づいた『変化』” 羽沢つぐみ」と相性がいいテキストですね。
前列条件の全体1500パンプを持つ「“グロウアップロック” 美竹蘭」と盤面をガチガチに固めるのも強力です。
また、盤面のパワーラインを向上させることで、《Afterglow》5枚指定の「永遠の夕日」を使いやすくすることにも繋がりますね。

バンドリ内のL3後列向けキャラは《音楽》指定の「市ヶ谷有咲」(3種選抜)と《Poppin' Party》指定の「“気合いの円陣” 戸山香澄」が存在しています。
ヒール持ちということで「“気合いの円陣” 戸山香澄」にシンパシーを感じますね。


ヒールは出た時、上からのシンプルなものです。

アフグロのヒール持ちとしては4種目になりますが、タイミングがアンコールステップであったり、下からヒールなどアラームを邪魔しにくいデザインになっていたので、このシンプルなヒールテキストもアフグロとしては初になります。
クロックフェイズに叩いたアラームは消えてしまいますが、メイン始めに発動するアラームを活用したり、クロックの上から2枚目以下にあるアラームを露出させることも可能ですね。

また後列キャラのヒール持ちということで、4面以上CIPヒールを出したいタイミングでも、後列に前列向けテキストのL3キャラを展開したり、圧殺したりといったロスを省けるのもポイントです。


アラームはメインフェイズ始めに1コストで「永遠の夕日」を回収できるものです。

対象の「永遠の夕日」は《Afterglow》5枚要求でコストを下げた「ジャックブラザース」互換ということで、決して優秀な防御札ではありませんが、素引きに頼らず1コストでイベントにアクセスできるのは便利ですね。
手札の枚数も稼ぐことができ、回収テキストが存在することで防御札に枠を圧迫されにくいのは使い勝手がよいです。

このカードが持つようなシンプルなヒールを最大限活用できるメイン始めの発動なのもポイントが高いですね。

L3のキャラのアラームが防御札を回収するという噛み合いの悪さだけが気になりますね。
盤面条件がないこともありますし、早めに回収しておけと言うことでしょうか。




“あたしたちの音楽” 宇田川巴
0/0/1000 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Afterglow》 R、SPa、SPb
【自】【クロック】アラーム このカードがクロックの1番上にあり、あなたの《Afterglow》のキャラがいるなら、あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分の山札を上から2枚まで見て、山札の上に好きな順番で置く。
【起】[このカードを【レスト】する]あなたは自分の《Afterglow》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。そのキャラが『アラーム』をもつなら、かわりにそのターン中、パワーを+2500。

トップ2枚並び替えのアラームと、通常1500パンプ、アラーム持ちキャラ対象の場合には2500パンプになる自己レストパンプを持っています。

アラームはクライマックスフェイズの始めにトップ2枚を並び替えることができるものです。
「星杏」互換のトップ操作を行うことになりますね。

2枚分のトリガーを確認・操作できることでアタック順の決定や打点調整が可能です。
CXのトリガーを確認することもでき、宝のストックブーストで飛ぶカードを確認するような使い方も可能です。

“受け止めたい想い” 青葉モカ」の打点調整をサポートできるほか、「“ここにいる証” 美竹蘭」「“あたしたちの音楽” 上原ひまり」の山札削りバーンのサポートをこなすこともできるようになっています。


自己レストパンプは《Afterglow》指定のものです。
通常のキャラを指定した場合は1500パンプですが、アラーム持ちキャラを指定すると2500パンプが可能です。

自己レストパンプでパワーを1500上げることができるのは十分に強力ですね。
それに加えて舞台では発動しないアラームによって、素のパワーが下がってしまっているアラーム持ち前衛キャラを更に強力に支援することができるのは使い勝手がよいです。

バンドリ内には自己レストで《音楽》キャラすべてに500パンプを行う「“頼れる姉御肌” 宇田川巴」、1000パンプの「“Poppin’Party” 市ヶ谷有咲」が存在しています。
また、《RAISE A SUILEN》指定3000パンプの「ぶっきらぼうな優しさ マスキング」、控え室イベント条件、自身含め2枚レストでイベント・助太刀ロックと友に500パンプを行う「“1日だけの新婦” 山吹沙綾」も存在していますね。

ちなみに大活躍を除いて「~なら、かわりに~(する)。」というテキストは「総攻撃チャンス!」に続く2例目です。
無駄にレアですね。




“あたしたちの音楽” 青葉モカ
0/0/1500 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Afterglow》 R、SPa、SPb
【永】あなたの手札が5枚以上なら、このカードのパワーを+2000。
【自】【クロック】アラーム [手札のクライマックスを1枚控え室に置く]このカードがクロックの1番上にアリ、あなたの《Afterglow》キャラが2枚以上なら、あなたのメインフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の《Afterglow》のキャラを1枚選び、手札に戻す。

手札5枚以上で0/0/3500、収録中ライクなアラームを持っています。

手札条件のオバスペアタッカーですね。
5枚以上ということで、オレンジビキニ互換よりはまだキャラを展開できるようになっていますが、それでも後攻1ターン目に3パンを行うとパワーを下げてしまいます。

Afterglowの0帯で行き返しともに3000を越えることができる既存カードは「“学校の怪談” 宇田川巴」「“小さな成長?” 青葉モカ」の2種ですね。


アラームはメインフェイズ始めに収録中効果を行うものです。

他のアラームとの兼ね合いや、クロックドローで引いたりメインフェイズ中にサーチ・回収してもそのターンは収録中として活用できないという弱点はありますが、その辺りを除けばメイン始め発動ということもあってCIP効果の収録中と大きく変わらないでしょう。

また、盤面外のアラーム効果ということで盤面に特定キャラを展開しなくていいのは強みともいえます。
収録中は基本L0キャラということでアタックさせようにもチャンプかダイレクト面が中心になり、それを避けると後列を圧迫したり、圧殺によってロスアドバンテージが発生しますが、このカードの場合はそのような点をカバーすることができますね。

CIPタイミングの収録中互換は「“最初のお客さん”戸山香澄」「“癒しの音色”牛込りみ」「私達、Pastel*Palettesです!」「“みんなでティータイム”宇田川あこ」が存在しています。
宝を推しているのにもかかわらず、アフグロには存在しなかった収録中ですが、やっとそれっぽい物が配られましたね。

タイミングがメインフェイズの始めということで、クロック回復などによって1ターン中にクライマックスフェイズ始めのアラームと共存できる可能性もあります。

序盤で強いアタッカーがゲーム中盤以降もアラームとしての役割を持てるのも使い勝手がよいですね。




“あたしたちの音楽” 上原ひまり
3/2/10000 ソウル2 トリガー:1 《音楽》《Afterglow》 R、SPa、SPb
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは2枚まで引き、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。
【自】【CXコンボ】このカードがアタックした時、クライマックス置場に「あたしたちのメロディ」があるなら、そのターン中、このカードのパワーを+1000し、あなたは自分の山札の上から2枚を、控え室に置き、それらのカードの『アラーム』を持つカードかイベント1枚につき、次の行動を行う。『相手に1ダメージを与える。』

CIP時2D1Dと、アタック時に山札を2枚削り、アラームかイベント分1点バーンを行うCXシナジーを持っています。

登場時テキストはシンプルに使い勝手のよいテキストですね。更なるアタッカーやクライマックス、イベントを引き込める可能性があります。
3ルックなどからすると特定のカードを探すのには1枚分後れを取りますが、ハンドカットでダブついたCXなどを捨てられるのは便利です。
対応クライマックスはもちろん宝アイコンの物ですが、手札の加える手段が大いに越したことはありませんね。

最低限手札の枚数を減らさずに舞台に出ることができます。


CXシナジーはアタック時に1000パンプと友に山札を2枚削り、その中のアラーム持ちかイベントの枚数分1点バーンを行うものです。

2枚削りということでいくらデッキ構成をアラームとイベントに寄せても、対象外のカードが入る限り、全幅の信頼を置けるテキストというわけではありませんが、ノーコストで最大1点バーンを2回刻めるのは強力です。
アタック時の1ダメージ2回シナジーの本来のコストは3コスト(「明日を切り拓く一撃 ディアーチェ」)ということで、上手く成功できればリターンは大きいですね。
永遠の夕日」などの防御札や次のターンの展開にストックを温存できます。

最低でも1枚落とせれば、トラハル互換と同様の効果が得られていることになります。

“あたしたちの音楽” 宇田川巴」のアラームなどによるサポートが重要ですね。


1000のみとはいえパワーを伸ばせるのも便利です。

同様に山札削り、アラーム参照として思い起こされるのは「“ここにいる証”美竹蘭」ですね。
こちら1点バーンを刻む方向に特化しているほか、イベントも参照できる分、「永遠の夕日」なども採用しやすくなっています。

対応クライマックスは安心と信頼の宝アイコンです。




あたしたちのメロディ
トリガー:トレジャー CR、RRR
【永】あなたのキャラすべてに、パワーを+1000し、ソウルを+1。


宝アイコンのCX、「“あたしたちの音楽” 上原ひまり」の対応クライマックスです

私たちのステージ!」「That Is How I Roll!」「しゅわりん☆どり~みん」「グロウアップロック」「リーダーの提案」「変わりゆく空」「激奏」「いつかの約束」に続く9種目の宝アイコンCXになりますね。




カード番号は
“あたしたちの音楽”美竹蘭」が「BD/W73-017」
“あたしたちの音楽” 羽沢つぐみ」が「BD/W73-019」
“あたしたちの音楽” 宇田川巴」が「BD/W73-021」
“あたしたちの音楽” 青葉モカ」が「BD/W73-022」
“あたしたちの音楽” 上原ひまり」が「BD/W73-027」
あたしたちのメロディ」が「BD/W73-047」
です。

「022」は先行公開時には「“至高の音楽” ロック」が収まっていましたが、ここでも番号の変更があったようですね。

パワーとレアリティから、「“至高の音楽” ロック」は「020」になると考えられます。

「018」も緑のRRですがこれはRASの枠ですね。
テキストは月ブシ2020年1月号で確認が可能です。

「027」の「“あたしたちの音楽” 上原ひまり」は先行公開済みの「圧倒的な歌唱力 レイヤ」などと整合性がとれていますね。
あたしたちのメロディ」も同様です。

全体で34種、RRが12種中7種、Rが22種中13種、Uが27種中10種、CRが6種中4種公開済みです。

001 「“笑顔の音楽” 北沢はぐみ」(0/0/1000のキャラ、RR、12/10今日のカード) 
002 「“笑顔の音楽” 弦巻こころ」(3/2/10000のキャラ、RR、公式サイト先行公開
003
004 「“笑顔の音楽” 奥沢美咲」(3/2/4500のキャラ、R、公式サイト先行公開
005 「“笑顔の音楽” 瀬田薫」(3/2/9000のキャラ、R、12/10今日のカード
006
007
008
009
010 「“笑顔の音楽” 松原花音」(2/1/2000のキャラ、U、12/10今日のカード
011
012
013
014
015 「夜空のスマイル」(チョイスアイコンのCX、CR、公式サイト先行公開
016
017 「“あたしたちの音楽”美竹蘭」(0/0/1500のキャラ、RR、12/11今日のカード)
018
019 「“あたしたちの音楽” 羽沢つぐみ」(3/2/5500のキャラ、RR、12/11今日のカード)
020 「“至高の音楽” ロック」(3/2/10000のキャラ、RR、公式サイト先行公開
021 「“あたしたちの音楽” 宇田川巴」(0/0/1000のキャラ、R、12/11今日のカード)
022 「“あたしたちの音楽” 青葉モカ」(0/0/1500のキャラ、R、12/11今日のカード
023
024
025 「必死の勧誘 ロック」(2/1/7000のキャラ、R、公式サイト先行公開(4)
026 「圧倒的な歌唱力 レイヤ」(3/2/9000のキャラ、R、公式サイト先行公開(4)
027 「“あたしたちの音楽” 上原ひまり」(3/2/10000のキャラ、R、12/11今日のカード)
028
029
030
031 「ぶっきらぼうな優しさ マスキング」(1/1/3000のキャラ、U、公式サイト先行公開(4)

046 「いつかの約束」(宝アイコンのCX、CR、公式サイト先行公開(4)
047 「あたしたちのメロディ」(宝アイコンのCX、CR、12/11今日のカード)
048
049 「“キズナの音楽” 戸山香澄」(0/0/1000のキャラ、RR、公式サイト先行公開(3)
050
051 「“キズナの音楽” 山吹沙綾」(1/0/4500のキャラ、R、公式サイト先行公開(3)
052 「“キズナの音楽” 牛込りみ」(1/1/4000のキャラ、R、公式サイト先行公開(3)

067 「“キズナの音楽” 花園たえ」(1/0/4000のキャラ、RR、公式サイト先行公開(3)
068
069
070 「“至高の音楽” チュチュ」(0/0/1500のキャラ、R、公式サイト先行公開
071
072 「敏腕プロデューサー チュチュ」(1/0/4000のキャラ、R、公式イベント先行公開
073 「“至高の音楽” パレオ」(1/1/3500のキャラ、R、公式サイト先行公開(4)
074
075 「静かな情熱 友希那」(3/2/10000のキャラ、R、公式イベント先行公開
076
077 「隣で見守る 今井リサ」(0/0/1500のキャラ、U、公式イベント先行公開
078 「にっこり笑顔 パレオ」(0/0/2500のキャラ、U、公式イベント先行公開
079
080 「“キズナの音楽” 市ヶ谷有咲」(1/1/5500のキャラ、U、公式サイト先行公開(3)
081 「奏でるメロディ 花園たえ」(2/1/2500のキャラ、U、公式サイト先行公開(4)
082
083 「冷静沈着 氷川紗夜」(2/1/7500のキャラ、U、公式イベント先行公開
084
085 「少しずつの勇気 白金 燐子」(0/0/1000のキャラ、C、公式イベント先行公開
086
087
088
089
090 「さらなる力を 宇田川あこ」(1/1/1000のキャラ、C、公式イベント先行公開
091
092
093
094
095 「Yes!!最強!!」(2/2のイベント、U、公式サイト先行公開
096 「Jumpin' Girls!」(門アイコンのCX、CR、公式サイト先行公開(4)




新弾はアフグロも面白そうなんですよね。

“あたしたちの音楽” 上原ひまり」が個人的にかなりキテます。
控えから2枚キャラを戻せるようなテキストが欲しいところですね。

集中周りも改善されて防御札へのアクセスもよくなったので多分RASの次くらいに使ってます。

ご意見ご感想などございましたらお気軽にコメントかtwitterまでどうぞ。


ご意見ご感想など

登録タグ: ヴァイスシュヴァルツ  BanGDream!  バンドリ  バンドリ2 

あなたはこのブログの 146 番目の読者です。


テーマ:新カード投稿日時:2019/12/12 01:59
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2019年12月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。