No pain, No gain

ひっそり活動してます。

お気軽にコメントどうぞ。

カレンダー
<<2017年
07月
>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
sgnm
33 歳/男性
3日以内
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
【WS】青赤回復型(Z3選抜)【デッキレシピ】

艦これデッキ第三弾。

今回のデッキは青赤。選抜はZ3。
前回同様デッキレシピから。



L0 17枚
4 冬のひととき 暁
3 冬のひととき 雷
4 Z1型駆逐艦3番艦 Z3
4 吹雪型駆逐艦9番艦 磯波
2 真夏のひととき Littorio

L1 13枚
4 補給艦艇 大鯨
3 新造工作艦 明石
2 新造工作艦 明石改
3 妙高型重巡2番艦 那智改二
1 妙高型重巡3番艦 足柄

L2 3枚
2 Vittorio Veneto級戦艦2番艦 Littorio
1 長良型軽巡6番艦 阿武隈改二

L3 9枚
4 金剛型戦艦1番艦 金剛
3 金剛型戦艦1番艦 金剛改二
2 Vittorio Veneto級戦艦2番艦 Italia

CX 8枚
4 撃ちます!Fire!!
2 榛名でいいなら、お相手しましょう!
2 イタリアの本当の力、お見せします!




『新造工作艦 明石改』と『Vittorio Veneto級戦艦2番艦 Littorio』による回復ループに、『金剛型戦艦1番艦 金剛』『金剛型戦艦1番艦 金剛改二』の回復も追加して回復に寄せたデッキになっています。

『Vittorio Veneto級戦艦2番艦 Littorio』の回復は1コスト+手札1枚で1点ヒールになるので、通常よりも回復時のコスパが良いのがメリットです。

あと、構築上では連パンができるようになっていますが、あくまでもオマケ程度な形です。


【各レベル帯の採用カード】
[レベル0]
毎度おなじみの『冬のひととき 暁』。果たしてこのカードが抜ける日は来るのだろうか・・・。

『冬のひととき 雷』と『Z1型駆逐艦3番艦 Z3』は自ターン中の数値上昇用。
攻撃時はなるべく相手の盤面を踏みたいですね。

『吹雪型駆逐艦9番艦 磯波』は色要員なので、他のキャラでもOK。
差し替えるとしたら、移動持ちの『秋津洲型水上機母艦 秋津洲改』とか相打ちの『睦月型駆逐艦5番艦 皐月』、単体で数値が大きい『金剛型戦艦2番艦 比叡改』とかが良いかと。

『真夏のひととき Littorio』は連パン用。あんまりいらないとは思っています←


艦これはプールの広さの割には選択肢少ないのがネックなのですよね。


[レベル1]
特別なカードは入ってないので簡単な説明のみにします。

アタッカー7枚、サーチ用の明石、アンコール付与の明石改、助太刀を採用。

明石改に関しては、レベル3まではほとんど使用しないので登場させる優先度は結構低いです。
那智改二を引けていない時に、ガウル互換のR大鯨にアンコール付けたりとかくらいですかね?

那智改二に関しても、デメリット効果が大きく見えるかもですが、自分よりレベルが高いキャラが相手の盤面に3面出てきたら、そもそも手札アンコールしないと思うのであまり影響はない感触です。
勿論、手札がない状態でクロック2ドローから引いてきたら絶望ですが、そこは限定的なので割り切ってください!


[レベル2]
最小限の採用になってます。
上位相殺の阿武隈とレベル応援のLittorio。

阿武隈は、同じ方向性のテキストを持つ『Z1型駆逐艦1番艦 Z1 zwei』に変更しても良いのですが、このデッキでは起動が少ないのであまり効果を発揮できないかと考えてZ1は不採用にしています。

Littorioはコンセプトなので割愛。
レベル応援がなかなか強い(小並感)

[レベル3]
金剛セットとLittorioのチェンジ先のItalia。

回復耐久に寄せています。
大体の流れ的には、以下の2パターンを繰り返すだけです。

[1]『金剛型戦艦1番艦 金剛』の連動で相手にダメージを与えつつ手札補充しながら、手札アンコールで金剛を場に残して次ターンに再度連動
[2]Littorio効果→Italia登場→Littorioを手札アンコールで場に残す

まぁ、テキスト読んでるだけなんですけどね()


他のデッキに比べて回復コストは軽めなのがメリットですが、回復に寄せている関係で相手を倒す力が少ないです。
なので、いい感じにキャンセルして相手の息切れを待ちましょう←


【動き方】
上の文章内でも説明してしまっていますが、狙うのは最終的には回復耐久になっています。

なので、レベル1で面を取れたら取って、レベル2は流して、レベル3で一度手札を補充してから軽いコストで回復を連打!といった流れになっています。

Z3選抜なのも、攻め時のパワー確保の為というのが一番大きいです。
手札を補充するだけだったら明石改でもできますしね。


とはいえ、面を取るといってもスペックが旧型スペックなので、なかなか難しい部分はあるのですけどね(´・ω・`)
今のパワーラインに再調整してください(´;ω;`)


【まとめ】
今回は回復に寄せたデッキの紹介でした。
各レベル帯でのパワーラインが低いものの水準値は満たしているとは思いますので、少なくとも相手の助太刀を要求するくらいはできるかと思います。

金剛に関しても、レベル応援込みであれば数値は14000くらいまでは出ますので、なんだかんだで連動効果で回収は可能になるかと思います。

一番の問題は、響だったりキルラキルだったりの回復メタですね。
このデッキとしては、1コストで回復なので回復メタ系統が相手でも3コストで1点回復できる為、普通よりは回復はできるかなーといったところですね。

ですが、邪魔されなければ結構回復できたりもしますので、3-0から7点もらって昇天しない方には是非使っていただきたいですね。

というわけで、今回はここまで。
次回もよろしくお願いします!

登録タグ:

あなたはこのブログの 743 番目の読者です。


テーマ:WeiβSchwarz:デッキレシピ投稿日時:2017/07/31 13:15
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2017年07月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。