あいとゆうきのむだばなし

いちのせと申します。
最近やこれまでの活動などはプロフィールをどうぞ。

ブログタイトルは大好きなゲームから。

カレンダー
<<2021年
04月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
いちのせ
31 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
ヴァンガードoverDress第一話を見て本当に大丈夫か不安になったCLAMPファンの雑記

こんにちは、いちのせです。

ヴァンガ1話見ました!
デッキも5種類全部買ったし、ブースター第一弾も楽しみです。

①アニメのはなし
僕はCLAMPの大ファンなので見ざるを得なかったのですが、元のヴァンガードよりも売れる気はあんまりしませんでしたけど…大丈夫かなw

今回のオーバードレスは、土曜朝のかつてバディファイトが放送されていたような時間帯でやっています。また、コロコロにもデッキ付録が付き、特集記事を載せるなど、今までヴァンガードでやってなかったことがなされています。
なのでもうちょっと子供も見れるようになるのかと思ったらそんなこともなく、開始15分ほどは女性キャラ(女装込み)しか出てこないという、完全に大人向けな内容。
この時間って他に裏番組でアニメはないので、何の戦いも起きないんですけど、まぁ小学生男子には過酷な15分な気がしました。目を引くものが何もなかった。opもほぼほぼ人間しかいないし。

まぁ、勘違いしちゃいけないんですけど、別に子供向けに作って放送してるわけじゃないし、もう「朝アニメ」「深夜アニメ」の括りは無いので、単純に安い枠だったのかなとか。あとコロコロもなんか政治な気がしちゃいますね。
ニュースにもなっていましたが、コロコロは数年間で販売数はどんどんダウン。いまわざわざコロコロに載せる意味なんてないのでは。アニメの内容と合致してない。

で、アニメの話に戻ります。
アニメは主人公ユウユが3人の姉から女装させられるところからスタート。え?まじ?振り切ったな。
小学生からしたら「キモい」の対象でしかないと思うけどもうなんでコロコロ載せたんや…。
それはともかくCLAMP先生のキャラデザパワーで3人の姉もすごい気になる。CLAMP漫画でいうと4人の姉に囲まれるさくら小狼や、女装させられるツバサ小狼みたいなね。…あれ?じゃあ既視感あるな。

男勝りでユウユを助けてくれる皇北都みたいな大倉メグミ。バビロンアニメ化中止なった…。
背が高くて体格の良い頼れる力持ちで優しいというCLAMP漫画でいうと木之本桃矢、桃生封真みたいな桃山ダンジ。…桃多いな。
目が開いてなくて長髪で不思議な佇まいでCLAMP漫画で大体何か企んでるタイプの石亀ザクサ。
チャラ男風で髪が黄色でCLAMP漫画だと関西弁で能力タイプはウィンド、って感じだけどそうじゃなかった江端トウヤ。

1話から色んなキャラが出てきて、これからキャラ同士の関係性やそれぞれのファイトが楽しみですね。

肝心のファイトは…まぁ一話時点ではあんまりわかんなかったですね。
いきなり説明無しでラグビー?アメフト?し出したのが絶対見てる人意味わからんなと思った…。
ファイターに直接精神ダメージがいくような怖い描写も少しありましたが、何かそういった闇の能力バトル的な設定もあるんでしょうか!?
ファイト構成はクレジット見る限りバディファイトのメンジョーはかせなので、期待大。

スリーブ付けてる人と付けてない人が居るのは笑いましたwあれスリーブだよね?

あとは次回予告が無音で意味わからなかったけど大丈夫なんかな…。

宣伝とかのはなし
相変わらず何も「ヴァンガードを始めよう!」というのが伝わってこない関係者出演CMと、333円連呼CMはいつにもましてかなりキツイなと思いましたが、みなさんはどうだったでしょうか。
駅広告とか車内広告とか色々見たのですが、「333円」ってデカデカと書いてあって、新シリーズ開始とかこれで遊べるとかそういったことが知識0の人に何も伝わらなそうで心配です。

あなたは全然知らないコンテンツ(カード限らず)に333円払いますかという話。というか知らないソシャゲに100円すら普通払わないと思います。
経験の楽しさは金額と相関関係に必ずしもあるわけではなく、結局その商品や経験が楽しいものであれば500円でも1000円でも良い。「333円」は価値ではなく入口が多少大きくなっただけなので、結局は中身勝負。
まぁなんで今の世の中、無課金でたくさん楽しいものが手に入るので、価格“だけ”推すのはあんまり意味ないんじゃないかと僕は思うのですが、ここ半年くらいの売れ行きが楽しみですね。

③アジアのはなし
ヴァンガードは実はアジア地域でも人気。
台湾やタイやそのた国・地域で、現地語版もあるし、日本語版・英語版で遊んでいる人もいる。
僕もそれらの地域に行った時、カードショップを見ますが、現地のオリジナル商品もあったりして面白いです。

新しいヴァンガードは以前にも増してアジアに向けてかなり力を入れていて、情報や流通もほぼ日本と同じ感覚で、これは本当に重要だと思います。
CLAMP先生はアジアでも大大大人気です。

カードのはなし
CLAMP先生の描き下ろしシークレットが絶対欲しい。
どう考えてもめちゃくちゃ低封入だけどしょうがない。10万とか行くと辛いけど。

カードゲーム中身自体はヴァンガが大きく売れるかどうかには対して関係がないと思うので、とにかくアニメを成功させることと、新規ユーザーをどれだけ増やせるかと、射幸性をどれだけ煽れるか(カードに価値を持たせられるか)などそのあたりに期待してます。


今回コケたらもう最期かな…とも思うので、売れてほしいです。
初代ヴァンガードが爆発的に売れた理由って、ルールの奥深さとか大会とかでは決してなくて、アニメと連動して誰でも簡単に性別年齢関係なくゲームができるところだったと思うので、またカジュアルに楽しめるゲームになったらなぁーと個人的には思います。(正解かは僕なんかではわかりませんが)


ではではー。

登録タグ:

あなたはこのブログの 518 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2021/04/08 18:05
TCGカテゴリ:
表示範囲:全体
前のブログへ 2021年04月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。