ひのぐにてぃどらいぶ!!

かなり適当に頭の中で思ってることをまとめるだけ

カレンダー
<<2018年
11月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
秘乃
25 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
【NOVATCG】意外と知られてなさそうなルールまとめその2

タイトル通りほんとに来ました2弾。
思っていたより反響があったので需要あるんだなとホッとしてます。professor称号も頂いてしまったのでNOVA過疎地の名古屋からもできるこういった発信はできる限りしていこうと思います。
前回のも含めルールを担当してる社員さんにご質問し全て確認を取れているものを書いているので間違いは無いと思いますがもし何かありましたらコメントして頂けると幸いです。
今回は前回よりも知ってる率高そうな内容ですがタイトル通り意外と知られてなさそうな程度ということで……。

というわけで今回はこちら
・優先権処理解決後の厳密なタイミングについて
・効果を受けないとは
・テキストの読み方
・よくある質問的なの
・変更された裁定

・優先権処理解決後の厳密なタイミングについて
これは前回の補足的な話ですが同スタック上ってどこまでが同スタックなんだよとか優先権処理解決後って結局厳密にはいつなんだよとか思った人もいると思いますのでそこについて詳しく書いておこうと思います。
前回使っていた優先権処理解決後と同じ意味を持つ文章を前回書いた破壊状態と同一起動効果の発動制限の総合ルールから抜粋すると
『優先権処理時にそれらを全て解決したあと』
『待機領域にプレイされているカードや能力 がなくなるまで』
という部分が該当します。
要するに優先権処理時にお互いに優先権を破棄した後、はじめて待機領域が空になった時ということなんですがこうなる状況は2つだけなのでそれを挙げると
・カードのプレイや能力が解決した時にその解決によって誘発する効果以外に他に解決するものがもう無い(待機領域が空になった
・優先権処理発生後にお互いに優先権を破棄した(優先権処理時に何もお互いに使わなかった
前者はどういうことかというと例えば場に出た時の効果を持つサーバントをプレイした時そのプレイが解決されたら同時に場に出た時の効果が誘発しますがその効果はサーバントのプレイとは別の優先権処理(スタック)として扱うということです。破壊状態だったカードは場に出た時の効果がスタックに乗る前に墓地へ送られますしプレイにスタックして使った起動効果は場に出た時の効果にスタックしてもう一度使えるということです。
これを使えばボトム送りや除外をしてくる場に出た時の効果を持つサーバントに対してなら効果ではなくプレイに対してアリス効果をスタックすることで1体だけではありますが墓地にしっかり逃すことができたりします。
後者はバトルによって破壊状態になった時など優先権処理がはじまる前に破壊状態になったカードがあった時優先権処理開始時にはその前に何か効果が誘発してない限りは何も解決するものが無く空っぽですよね、待機領域が空になった時とだけ説明するとこのタイミングで戦闘破壊されたカードは墓地へ行ってしまうのでは?と思う方も出てきてしまいそうなのでその補足ですね。優先権処理開始時に何も待機領域に無くともお互いに優先権を破棄しない限り破壊状態のカードは墓地へ送られないという話ですね。そうでないとトプカ弓法を発動するタイミングが無くなってしまいますからね……。

・効果を受けないとは
気になって質問した人いっぱいいると思います……。
効果を受けないというのはそのまんまですが効果の影響を受けないということなので対象にもなるし参照もできるそうです。
例を挙げると
炎心厳無:効果が及ぼすのがプレイヤーなので問題なく効きます。
ファランランスやグリームなどの強制バトル:バトルという状態にさせる効果は影響を受けてどうこうなるわけではないので効きます。
フルーズエイス:バトルという状態にさせる効果が効くなら効きそうなものですがこれはサーバント自体をどうこうする効果なので効かないです。
僕が知ってるのはこの程度ですが他にも怪しい所でこれはこうだよ!っていうの知ってる方がいたらコメントお願いします。

・テキストの読み方
書いてあることのどこまでが発動時や起動時にすることでどこからが解決時にすることなのか読んで1発でわかるようになりましょう!というコーナー。
グリームの2回目のバトル対象を発動時に選んでる方時々見かけますが損してますよ!的な話ですね。
正直これだけ覚えておけばほぼ解決です!
・発動時や起動時にすることは対象選択だけ
・対象選択する前に他に何かやることが挟まったらその対象選択は解決時に後回し
・使うことができない=解決することができない
発動時や起動時にすべきことは対象選択だけで他は全部解決時にやります。なのでサーチ効果でデッキを見たり揚羽や黒百合でデッキの一番上を確認したりグリームでサーバントとバトルしたりと他の動作が対象選択の文章より前にあったら他の動作と共に対象選択も解決時まで後回しにされるわけですね。
こういう処理をするため解決時に対象を取る効果は環境的にかなり強く、今流行りの夜叉香月は対象を取られたカードを墓地へ送ることによってその枚数分ドローしアドバンテージの損失を抑えることができるサクリファイスエスケープ手段ですが解決時に対象を取る効果は解決まで進んでしまってから対象を取るため夜叉の効果をスタックするタイミングがないので相手にサクリファイスエスケープさせることなく除去ができるのです。レアンナのようなスペルを解決するタイプも解決時にどのスペルを唱えるか決め加えてそのスペルの対象選択から解決まで一気にしてしまうため同じような使い方ができますね。揚羽、黒百合とこういった事ができるカードが多いのも白の強みの一つだと思います。
最後の『使うことができない=解決することができない』というのはエレスティスのような能力の使用制限効果で『〜の場合、この能力は使うことができない。』のような書き方のものに関しては効果の誘発時の条件では無く解決時の条件ですよという話。誘発時に条件を満たしていなくても誘発はしますし解決時までに条件を満たしてさえいればいいのでできないと思っていたことが実はやりようによってはできたりするかも知れないですね。

・よくある質問的なの
よくあるような無いような知らない人をちらほら見るので適当にまとめたQA的なのです。当たり前のもの多め。

Q.1ターンに1枚だけしかプレイできない炎心厳無をティナでプレイを無効にした時プレイを無効にされているけど炎心厳無をもう一枚プレイすることはできる?
A.プレイ自体は1度成立しているのでできないです。

Q.装備って同じサーバントに何枚もつけれる?
A.つけれます。

Q.破壊された時の効果を持つサーバントを夜叉香月で墓地に送った時にその効果は誘発しますか?
A.破壊と墓地に送るは別の効果なので誘発しません。

Q.優先権は遊戯王方式?MTG方式?
A.MTG方式です。優先権放棄以外の行動をした場合続けて優先権を得ることができます。遊戯王しかやったことない方はカードのプレイや効果を発動したら相手に優先権が渡ってしまうと思いがちなので気をつけましょう。
何かありますか?と相手に聞くということは優先権を放棄したとみなされてしまいますのでスタックして何か使いたい時は注意しましょう。

Q.エナジーストックってなに?エナジーゾーンと何か違うの?
A.エナジーゾーンとは別物でエナジーゾーンのカードをフリーズさせたりカードの効果で発生させたエナジーを一時的に置いておく目に見えない領域です。ここからコストを払ってカードをプレイします。エナジーストックに溜めたエナジーはフェイズやステップを跨がない限り消滅しないので先にエナを出しておくこともできます。

・変更された裁定
おまけです。先日の総合ルールの変更などで変わった事の解説とかです。そもそもそんな裁定が出ていたことを知らなかった人が殆どだと思うので今まで通り直感に近いプレイをしていただければ基本問題ないと思います。

一つはグリームのような特定カードとの格闘についての話。
旧総合ルールに沿った昔の裁定
《グリームの強制バトルは墓地や除外などの効果解決前に公開領域に移動した場合は「カードの終末情報」を参照して解決されます。》
効果解決前に夜叉で墓地へ送ったり相手のカード効果で除外などをされてもその離れる直前のステータスの幻のグリームと強制バトルが発生しダメージ処理もされるというもので総合ルールに解決が失敗するという類の言葉が抜けているため発生してしまった裁定です。

今現在は先日追加されたバトルの項目により解決時より前に場から離れてしまった場合バトルは行われないという裁定に変わっています。ちなみに破壊の場合は破壊状態で場に残っているので問題無く格闘は行われます。

二つ目はファランランスによる貫通効果の解決の話です。
貫通という効果は総合ルールから抜粋すると『貫通を持つサーバントがバトル解決ステップの バトルダメージ解決時に防御サーバントの体力 以上のダメージを与えた時、その余剰ダメージを 本来の攻撃対象に与えます。防御サーバントがす でにダメージを与えられている場合、そのダメー ジを差し引いた余剰ダメージが本来の攻撃対象 に与えます。 』
といったものなのでそのバトルにおいての本来の攻撃対象が無いと発動しないキーワード能力なのですが攻撃宣言中のサーバントとブロック宣言中のサーバントをファランランスで格闘させると貫通ダメージが発生するという裁定が一時期出ていたらしいです。しかしそのバトルに本来の攻撃対象は存在しないので今はその場合貫通ダメージは発生しないという裁定に変更されています。古い裁定で覚えてしまってる方がいましたらご注意ください。

今回はこんな感じですね。
出し尽くした感があるので3弾は来るのかは謎です。前回と比べると当たり前率高めですがお役に立てたなら幸いです。

登録タグ:

あなたはこのブログの 528 番目の読者です。


テーマ:NOVA投稿日時:2018/11/23 22:39
TCGカテゴリ: NOVA  
表示範囲:全体
前のブログへ 2018年11月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。