パッキーさんのブログ

カレンダー
<<2017年
07月
>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
パッキー
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
2017前期BCFレポ

どうも、パッキーです。
私はもう今期回る地区は終わったのでレポ書こうと思います。
レポの記事なのですけどもう結果しゃべっちゃいます。
浜松地区優勝しました!いえーい!
ついでに仙台東方タイカプも優勝しました!いえーい!
全国決勝の権利初めて取りました!年末も頑張りたいと思います!とは言っても今発売予定タイトル全然見えてないのでそもそもその頃に買っているタイトルあるのか怪しいのですけど…
個人的には千桃とかうたわれるものとか来てくれないかなーって思っているのですけどどうっすかね(願望)


ともかくレポに移ります。デッキレシピは公式からお願いします。
浜松:http://chaos-tcg.com/recipe/recipe_bcf2017_hamamat...
仙台:http://chaos-tcg.com/recipe/recipe_bcf2017_sendai#...
(ちなみに某まいんまいんサイトでひかりちゃんのデッキレシピの解説も書かせて頂いたのでそちらの方も是非)




まずはGW中に行われたしろくろフェス(主にChaos)のレポでも書きます。


まずは日本選手権 使用したのは西﨑さんとこの「芽衣ちゃん」
1回戦の相手は「壱弥」 先攻×
じゃんけんは勝利
マリガンチェック時、手札が
「断金」「マグロマン」「キャラ通信機」×2、「壺芽衣ちゃん」で出せるキャラなかったですけど壺があるのでなにかしら引けるかなと思ってキープ
はい、甘えました、キャラ沸きませんでした。1回戦敗退


PR欲しかったので東方タイカプへ
なんかどのタイカプよりも人数が多かったです。PR新しくなった影響でしょうね。
使用したのは制限が解除されたばかりの早苗
しかしながらファンネルを用意するための2個目のデッキであるためアプデスリーブPRが一切入っていないという特別仕様
代わりに0/8で焼き3減お互い回収メタのパチュリーをガン積みしてあるので使用者が多いであろうこころには対抗できるかなと思っていました。


1回戦 表情豊かなポーカーフェイス「秦 こころ」 先攻×
とりあえず想定していた相手とマッチング
こちら先攻で諏訪子特殊召喚からのパチュリー出してエンド。考えていた中で最高の走りだし。
しかしこちらの早苗は2/2上昇だけ、相手のこころは3/3上昇
相方かなこ(フレンドアタッカー)も引けず相手に全然打点を通せずジリ貧に。ショット手段とかとくに入れてなかったためえそのままずるずる負け。
東方タイカプに対しての考えが甘かったですね。



2日目も参加しました。
しかしトリオではなく俺嫁ランブルを時間いっぱいやるムーブを取りました。
使用パートナーは 「箱PRワンコ」
「蓮華」:先攻〇
「キタキツネ」:先攻〇
「加藤」:先攻〇
「もふもふ千夜」:後攻×
「スイムスイム」:先攻〇
「えりり」:後攻〇
なんとか5勝!
ランブルレシピ載るといいなぁ~!

……
載りませんでした!


ちなみに入場特典のヴァンガードのファイターズコレクションでは
グランブルーのGRとリンクジョーカーのGRと高いところが当たりました。
なんでしょう、今回はヴァンガードに運を使っちゃったのですかね。(ヴァンガードはやっていません)






続けて浜松地区のレポに移ります。

浜松までは友達と楽しくドライブ移動!御殿場アウトレット!現地の人の家でワイワイお泊り!翌日地区大会!最高のムーブかよ……
静岡県に行ったのは初めてだったので新鮮で楽しかったです。
そんでもって地区大会、参加者は64人というキリのいい数字(2の5乗)
使用パートナーは私の嫁の「ひかりちゃん」
他に使用する選択肢として恋姫も持っていたのですが、この時点でこのすばの発売前、「アルカンレティア」とかいう「ブレイブウィッチーズ」を全否定するかのようなカードが先行公開されていたため、このすば出る前に一花咲かせようとひかりちゃんを選択。あと、可愛い。
ちなみに前日お泊りフリー対戦では加藤相手に3連敗していたので当日の自信は微塵もありませんでした←


1回戦 「美智留」 先攻〇
一緒にお泊りしたばっかやんけー、身内対戦。先攻は取ったものの「貫通無効の方の伊織」で中央を止められ、フレンドの「サーニャ」もリベンジされて役に立たず…、対戦は長期戦に。一気にショットを仕掛けようと思い「コツ互換」を手札に蓄えながら対戦をしていき、最後に相手の面を裏にしまくって押しきって勝利


2回戦 加藤 後攻〇
ひかりちゃんは「5焼き」でフレンドアタッカーを落とせるので割と加藤に対して有利とは言われているんですけど前日3連敗していたので当たりたくなかった…
相手の先行2ターン目にこちらレベル2の状態で中央ガードしたら強制ドローでパートナーこんにちは。一気に山を削られて後のない状況。こちらの後攻2ターン目で既に連パン成立していたのでやけくそパンチ!なんか相手のパートナーボトムだったので勝ちました…。試合後相手の方と話しながら「icy tail」でボトム回避すればよかった事実発覚。手札的には返しに耐えられるか微妙な感じだったのでプレミに助けられました←


3回戦 美智留 先攻〇
「分布」見たら美智留二人しかいなかったのですね。まさか両方踏むとは…
美智留は裏取りがきついことを学んだのでコツで裏をガンガン取りながら攻めて勝利


4回戦 「アルパカさん」 先攻〇
けものフレンズとは何回か対戦したことありましたがアルパカは初めての対戦でした。なにやら直ダメショットがやばいらしいという漠然としたことしか知らなかったです。加えて私のデッキは直ダメメタを1枚も入れてないのでだらだらやったら負けることは明白なので一気に攻めに行く方針を取ることに。コツ互換等でほぼ毎ターンフレンド全裏取ってからバトル 一気に押し切って勝ち。


ここで決勝トーナメントへ移行


5回戦(準決勝戦) 「ベアトリス」 先攻〇
当たりたくなかった相手その1.ベアトリスは手札消費なしでひかりの貫通を消してしまえ、ガードして裏になったフレンドたちを「死に戻り」で一気に表に戻せるので相性が大分悪いです。相手の1ターン目は「スバル」ではなく「PRレム」。スバルを出されると前述した死に戻りとのコンボでそのターン打点通せなくなってしまうのでスバル出る前に一気に攻めるためコツ互換をガンガン打つスタイル。貫通ではなくほとんどダイレクトアタックで打点をゴリ押していくような展開に。最後「ゼロから」めくられてない状態でフレンドに「定子」「管野」で棄権打たれても即座に除去れる状態を作ってバトル。そのまま押し切って勝利


6回戦(決勝戦) 「キタキツネ」 後攻〇
当たりたくなかった相手その2.ベアトリス同様簡単にこちらの中央の貫通を無効にできる。おまけに「自動ドローメタ焼き3減」を初ターンに確実に出せるとかいう安定メタ仕様。連パン達成前のひかりはほとんど自身の自動ドローメタに手札補充を頼っているんで結構つらいんですよね…
初手に定子があったのでほぼ毎ターン定子で手札を補充する形に(というかほぼ全試合初手に定子出ていました)。こちらの貫通は無効される上にハンドも厳しいのでほとんど攻めずにコツ互換を手札に加えながら長期戦で戦うことに。菅野のスキル無効や「先制防御」で相手からも打点をほとんどもらわず、かなり硬直状態が続きました。その間に焼きは飛ばないものの「かぼちゃ弁当互換」でしっかり「直ダメ乱入」はバックに飛ばしておきました、何かあると怖いので…。後半に相手が「焼き3オール」をしてきたときは本当に負けるかと思いました…。なんやかんや制限時間が終わりエクストラターンに(相手から)。山枚数判定で耐えれば勝ちみたいな状況だったのですが、一応溜めておいたコツ互換を打ちまくって数でゴリ押して勝利。
キタキツネの効果でスキル無効されて先制防御できない!みたいなことにならなかったことが大きかったですね。こっち打点ほぼ通せてなかったので、相手のパートナーが手札に複数あったようで、自ターンは中央のレベカ戻しづらかったらしいです。
ちなみにストライカーユニットは最終ターンだかその1個前のターンまでずっと引けず控えに落ちたのは即バックに飛ばされていました(´・ω・`)


なんとか優勝!






続いて仙台レポ
仙台は浜松よりも前に夜行バスの予約してしまっていたため行かざるを得ない感じに。まあ実家帰省するついでと考えれば多少はね?
東京どおりPR欲しかったので東方タイカプ出る目的で仙台へGO
権利は取ったので俺嫁No1決定戦1回戦だけ出るつもりだったのですけど、朝仙台駅からのバスがどれかわからなくて迷ってしまってですね…(遅刻)。結局地下鉄で行きました。
ちなみに「仙台ネオス」参加者43人だったみたいですね、えぇ・・・浜松より少ないの・・・なんかめっさ人減りましたね・・・


気を取り直して東方タイカプ!参加者は確か12人!
使用パートナーは、恋の埋火「古明地 こいし」
これは結構語りたかったりするデッキなので後日解説とか書こうかなと思います(書くとは言っていない)


1回戦 表情豊かなポーカーフェイス「秦 こころ」 先攻◯
正直あまりよく覚えてないのですけど、焼きメタ回収メタパチュリー出して動きを止めて、最後神経毒打って勝ち


2回戦 “東方永夜抄”永夜返し -世明け-「蓬莱山 輝夜」 後攻〇
後攻でしたが、相手の初手はプリズムリバー三姉妹「ルサナ」&「メルラン」&「リリカ」でリバースドローエンド。次のターンはそれがプリズムリバー楽団「プリズムリバー三姉妹」に変わって、フレンド増えず…。お互いの面に「プリズムリバー三姉妹」が出てメイン開始2枚ドロー!とかなったのは面白かったです。
最後ボトムなら負け状況までされて、なんとか勝ち


3回戦 風を操る鴉天狗「射命丸 文」 後攻〇
相手の先行2ターン目くらいでこちらの中央を焼かれたものの、相手の全体のステータスが低かったからあんまり致命傷にならず、焼きをしてくるデッキと理解したので焼きメタをぺたぺた。 最後は神経毒で勝ち
お互いこころメタのカードがしっかり入っているなーって感じでした。(この試合でほとんど役に立ちませんが)


4回戦(最終戦) 表情豊かなポーカーフェイス「秦 こころ」 先攻◯
初手にパチュリー出して希望の面を貼る最強ムーブ。
そしたら相手さんの後攻1ターン目キャラも湧かずセットもつかず……
最後神経毒で確実に倒して勝ち


どの試合もしっかり構築段階での想定していた状況やメタが刺さって勝利できたので良かったです。やっぱり神経毒楽しいですね←



以上、2017年前期BCFのレポを終わります。ではでは

登録タグ:

あなたはこのブログの 851 番目の読者です。


テーマ:日記投稿日時:2017/07/02 12:36
TCGカテゴリ: ChaosTCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2017年07月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。