パッキーさんのブログ

カレンダー
<<2018年
12月
>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
パッキー
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
デッキ紹介&解説とかとか ~PR久遠編~

どうも、パッキーです。
大体投稿が半年に1回くらいレベルなんですが気にしてはいけない

さて、今回は私が俺嫁選抜で使用した、戦国恋姫よりPR久遠ことPR“織田家”天下布武「久遠」を紹介したいと思います。

PR久遠自体は元々あったパートナーカードなのですが、今年新しく追加された剣丞隊の頭脳によって大幅な強化となりました。


共に歩む覇道
共に歩む覇道がメインギミックになるのは戦国恋姫も例外ではありません。
しかし戦国恋姫のキャラを中心としたデッキを組む場合、覇道のコストで公開するためのカードが必要であるため、必然的にイベントとセットは恋姫のカードになります。
恋姫のイベントセットは最近の強力な効果をもったものはほぼなく、そのかわりコストにOSを指定しないものがほとんどであるため、カード選びに困ることは少ないと思います。
欠点といえば、単独先行(マグロマン)互換のハンドコストがOS指定であるため、デッキに入れたとしても打ちづらいことでしょうか

剣丞隊の頭脳
自分の戦国恋姫キャラが登場すると誘発します。自分のバトルタイミングで誘発させればアタック回数も増やせます。
ここで注意したいのが、ターン1の自動効果が誘発した場合、仮に発動する効果が任意の効果であったとしても、誘発は1ターンに1回しかしないことです。
つまり、メインフェイズに戦国恋姫キャラを登場させて、表スタンドにする効果を使わなかったとしても、
その後バトル中に戦国恋姫キャラを登場させて自分のキャラを表スタンドにすることはできません。

したがって理想的な動きとしては、メインフェイズに恋姫キャラ(戦国恋姫じゃなければあっぱれでもアマカノでも可)を登場
⇒バトルタイミングで覇道を使って戦国恋姫キャラを登場
となります。

しかし、話はそう簡単でもありません。例えば相手ターンで自分のキャラが裏を取られて自分のターンにそれを復帰させたい場合
復帰コスト登場、あるいは登場時復帰効果を用いて復帰させようとすると、大抵は戦国恋姫キャラの登場が強いられてしまいます。
そうすると、剣丞隊の頭脳による連続アタックができなくなってしまい、面白くありません。

そこで自分のキャラを復帰する手段として
1.《“蜀”みんなのマスコット「璃々」》《現皇帝「空丹」》のようにOSを指定しない復帰効果持ちを使う
2.レベルアップ時復帰効果を持つエクストラキャラを使う
3.《復帰イベント》で復帰する
が有効な手段となります。

それぞれのデメリットは
1:登場キャラとしてはあまり強くない
2:あらかじめエクストラを登場させておく必要がある
3:イベントカードであるため継続性がない
となります。

今回は2の方法で、復帰しながら連続アタックをできるような構築としました。
戦国恋姫のエクストラキャラでレベルアップ時も復帰効果を持つキャラはいくつかいるのですが、その中でも"織田家"を持つ「詩乃」を採用します。

レシピはこちらになります。↓
https://chaos-tcg.com/recipe/chara1-oct-2018#1

回し方

第1ターン
後攻の場合
まっさきに剣丞隊の頭脳をめくってはいけません
まずはキャラの登場、必要に応じてエクストラ登場を先にすませてください
そうすれば気兼ねなく後攻1ターン目から連続アタックを狙うことができます。

先行の場合
いきなり剣丞隊の頭脳を表にしてステータス上昇をするのもよいですが、
焼きなどで自分の中央を落とされる心配が薄いと思った場合はあえてめくらないという選択肢もあります。
これによって先行2ターン目に後攻1ターン目のような動きで連続アタックを狙いやすくできます。
※相手の後攻1ターン目の攻めによっては剣丞隊の頭脳めくることを余儀なくされる状況もありえますが…

2~3ターン目
どこかで詩乃のエクストラを登場する必要があります。
その場合剣丞隊の頭脳が誘発してしまって連続アタックができなくなりますが仕方ありません
以降の連続アタックのためのやむない犠牲と思いましょう
注意すべきは覇道効果後のターン終了時に詩乃を手札に戻さないようにしてください

4ターン目以降
順当にキャラが出せていればターン開始時点でフレンドが3体いて、覇道を使えば残りの1面も埋まるのため、
恋姫キャラでないかぎりはもうフレンドを登場させる必要もありません。
詩乃をレベルアップさせることで復帰は行ってください
後は覇道をバトルタイミングで使って連続アタックを狙うだけです。

その他
・PR久遠はイベントカードの効果を受け付けなくなる効果を持っていますが、自分のイベントカードの効果も受けないため、断金を打つ時は注意してください
PRベアトリスのような永続上昇メタでテキストが消えます。セット割やキャラを裏にする手段はなにかしら入れた方がいいと思います。
・織田家で面が埋まれば全体先制貫通になりますが、中央連続アタックだけで十分強いので、無理に全体先制貫通を狙わず服部「小波」正成等を登場でもよいと思います。
・中央で連続アタックする都合上、1回目のアタックで裏になってしまうと覇道そのものが使えなくなってしまうのでリベンジ等で相手だけ裏取れるような手段が欲しいです。


今回は連続アタックをすることに重点を置いて構築をしましたが、剣丞隊の頭脳を相手ターンに誘発させれば実質棄権のような運用ができるため、スキメタを盤面に置いて直ダメ穏でじわじわダメージを与える戦術や、三若でメタセットを割られないようにする戦術等もあるので、まだまだ練りがいがあるパートナーですね。


以上、PR久遠の紹介でした。

登録タグ: デッキレシピ 

あなたはこのブログの 475 番目の読者です。


テーマ:コラム投稿日時:2018/12/17 21:47
TCGカテゴリ: ChaosTCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2018年12月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。