オヤシロのTCGブログ

TCGいろいろ

カレンダー
<<2013年
10月
>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
オヤシロ
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
【UVS】 アンリミ学院(池袋) 決勝動画解説 前編

10月5日に行われたアンミリ学院の委員長選抜戦の決勝解説です。
(解説、というよりも自分がプレイしていた時の心情を吐露する感じ)

かなり長文になってしまったので、動画前編と動画後編と2つに分けて解説を行います。

興味を持って読んで下さる方は前編の動画を流しながら読んでもらえるとわかりやすいかと思います。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

レギュレーション:リミテッド戦(手札8枚制限)

右:先攻 オヤシロ【飛鳥】
左:後攻 M.O.Eさん【焔】

◆決勝戦 前編
 http://www.youtube.com/watch?v=waHmOMOd53I

◆決勝戦 後編
 http://www.youtube.com/watch?v=Yk6FqP4XQpI

オヤシロの使用デッキに関しては『リミテッド戦』『常時無視すんなっ』ルールを想定した構築をし、「3撃必殺」がコンセプトになっています。

詳しい説明はまた後ほど。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

【動画 前編の解説】

◆00:24 オヤシロ『先行1ドロー。』
 初手が《三火・右滅》《怨砂》《二刀繚斬》《緑の巻物》×2。
 序盤来てほしくないカードが大量に来た。

 再度ターンが回ってきた時に《緑の巻物》を使って《緑の巻物》を引く。アカン。
 なんにせよ秘伝特化のデッキなので、早めにゲージを溜めることを優先。


◆04:59 オヤシロ『アタックで。』
 相手がLv1で自分がLv2。今アタックした場合、相手のゲージから考えてDEF300or400のカードで防御すると考えた。
 自分のデッキコンセプトとしてトドメを差す前にあらかじめ1ダメージ与えておく必要があったため、相手のDEF800を上回れるよう《さいなら》で攻撃し、ヒット。1撃目。
 

◆06:03 MOEさん『サポート使用で。《赤の巻物》』
 相手が《赤の巻物》使用しLv3に。
 ゲーム中1度は相手が《赤の巻物》を使用すると考えると、自分は4点ダメージを与えることを考えれば良いことになる。

 このデッキのフィニッシャーは秘伝忍法なので、2回の通常技と秘伝忍法の3回の攻撃で相手を倒せる。

 1撃目は序盤に1発当てたので、残りの2発で手札を全て使って攻撃する。


◆08:30 オヤシロ『(伏せたカードが)青いカードだと思うんですよね~』
 相手の《踊り傘》がヒットし、自分がLv3に。相手の手札が8枚になり連閃してきた。

 相手の視点で考えると打点の高いLv3飛鳥のままでいて欲しくないはずなので、2発目の攻撃はそれなりの打点があるものと考えた。

 さらに相手のゲージが陽3、陰4。もしこの攻撃でターンを終えるなら、自分なら陰ゲージにカードを置く。

 陽4陰4を揃えてフルパワーにならない秘伝の準備をしてターンを渡すよりも、陽3陰5にすれば『陰乱』を持ったカードで防御を固められるし、ゲージにバトルカードが6枚以上あるため焔の強みの1つである《狂狗》が『強化』を発動できる状態になる。
 特に《ハツラツ栄養ドリンク》の存在を考えれば、Lv3はワンキル圏内なので防御を固めにくるはず・・・

 そしてオヤシロのゲージが陰4。防御手段としてメジャーな《怨砂》《残月》などの陰乱が発動しない状態。

 これらを総合すると、伏せたカードは『Lv3飛鳥のDEF1100を上回り、バトル後陰ゲージに移動するカード』となり、同じく相手も《怨砂》《残月》で攻撃してきていると読んだ。
 
 自分は攻めるために手札を温存したかったことと、読みが失敗した場合の即死しないための保険として《ショートダッシュ》で防御。

 結果として読みが当たり、攻撃がヒットしたことで自分はLv4に。


◆09:45 オヤシロ『(緑の巻物を)撃ちます。』
 この時の手札が《くぐつダミー》《パームの幻惑》《残月》《緑の巻物》×2、《二刀繚斬》×2の7枚。

 とりあえずゲージは陽3陰5と困っていなかったので、そのまま《緑の巻物》を使用。
 《インテリメガネ》《くぐつダミー》《さいなら》をドロー。巻物は陽ゲージに置き、秘伝を撃つ準備。

 手札が9枚になってしまい、攻撃してゲージを溜めるか、あるいは何もせずにエンドするかの2択。

 相手のゲージにはバトルカードが7枚。ここで中途半端に攻撃した場合、相手は即死しないために《ショートダッシュ》なり《パームの幻惑》を使って防御すると思った。

 もしここで相手が防御すると相手のゲージはバトルカードが8枚となり、相手のターンにゲージに1枚バトルカードを置かれるとフルパワーの秘伝が飛んでくる可能性がある。

 現状の手札でそれをきっちり止める方法はなく、《くぐつダミー》はあったので即死はしないにしても、相手Lv3、自分Lv5の状態で3枚分のハンデスは痛手過ぎる。

 なので結局攻撃を行わずエンド時に1枚手札を捨てることを選択。
 《くぐつダミー》が丁度2枚あったのでくぐつを捨てる。

 『くぐつを2枚持ってて仕方なく1枚捨てました。だからLv4だけどそのまま秘伝撃っても即死しないよ』

 と一応無言のアピール。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

決勝動画解説 後編へ続く。

登録タグ: UVS大会レポ 

あなたはこのブログの 154 番目の読者です。


テーマ:アンリミテッドヴァーサス投稿日時:2013/10/12 01:53
TCGカテゴリ: UNLIMITED VS  
表示範囲:全体
前のブログへ 2013年10月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。