アクセラレイション

Magic: the Gathering、Force Of Will TCGを中心に国内外いろんなTCG、DCGを嗜んでます。

カレンダー
<<2014年
11月
>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
アクセル
34 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
バボ会 in トレカスタジアム多摩センター/ 最近使ってる烏野デッキの話

バレーボール、それはリノリウム上の集団格闘技と言っても過言ではない過酷なスポーツ。体操着という鎧を纏い、相手の場にボールを全力で叩き込み、時には鉄壁のようなブロックを決めるその姿はまさにリノリウムの床を駆ける運動戦士といえよう。おそらくこの記事を読んでいる貴方にとっては丁度体育の授業でやっている現実の出来事かもしれないし、将又遠い学生時代の思い出かもしれない。もし、そんな熱い戦いを机の上で体感できるカードゲームがあるとしたらどうだろうか。実在するのである。ハイキュー!!バボカという名前で。

まえがきが長くなりましたが、この度トレカスタジアム多摩センターにてハイキュー!!バボカ!公認大会「バボ会」に行ってまいりました。バボ会は建前上は公認大会の体をとっているのですが、バボカ自体がカードゲームを楽しむタイプのプレイヤー(というよりキャラに己の魂をBETした熱狂的なハイキュー!!クラスタ)が多いせいか、和気藹々とした傾向があります。自分は今回が同店舗での2回目の参加となったのですが、前回全敗を喫してしまいこんな顔になりました。

負けてばかりではいられない、ということで今回はデッキコンセプトを明確にし、どうすれば環境に蔓延する回収型のデッキを突破できるかを一晩考えた結果が今回使用した《ワイド移動攻撃(ブロード)》を軸にした回収型のデッキとなりました。


【そう思ってからの、結果】
・参加者:6名
・使用デッキ:烏野ワイドブロード「翔陽で捨てると何故か飛雄と肩組んで帰ってくる翔陽のようで翔陽でもない少し飛雄に似ているかもしれない翔陽」
・戦果:1勝2敗

1st:対町内会●
地道に繋いでいくも突っ走りすぎて山札を引き切ってしまい、最後は《もう一回、決まるまでだ!!》で町内会の面々を回収されて押し負かされました。

2nd:対烏野回収型○
今回使ったデッキの持ち味の「ワイドブロードによるブロックできない8点アタック(1D日向2+日向効果2+影山+1+ワイドブロード+3で計8)を1本奪取後に2回決め勝利。

3rd:対烏野ブロック●
ワイドブロードを使いたいときにガッツが足らず、ブロックに次ぐブロックで手札を削られて敗北。ワイドブロード自体がブロックをメタった代物なだけにとても悔やまれます。

試合後は飛び入りの方も入り突如3on3のチーム戦が始まるという即興性もバボ会の魅力です。チーム戦では音駒を使いましたが粘り切られ敗北。例によって山札には誰も残っていないという。


【デッキはもう作ってある!】

アタック枠(9枚)
・1弾スターター「日向翔陽」*4
・3弾R「日向翔陽」*3
・3弾頂「日向翔陽」*1
・PR「日向&影山」*1
トス枠(11枚)
・1弾頂「菅原考支」*2
・3弾C「菅原考支」*3
・3弾R「影山飛雄」*3
・3弾頂「影山飛雄」*3
レシーブ枠(9枚)
・1弾R「澤村大地」*3
・1弾S「西谷夕」*2
・2弾C「西谷夕」*3
・2弾R「西谷夕」*1
その他(3枚)
・1弾R「縁下力」*3
アクション
・「おれにトス、持って来い!!!」*1
・「今度は最強の味方じゃん」*3
・「後ろにはちゃんと俺たちが居る」*2
・「ワイド移動攻撃(ブロード)」*2

アタック枠としては、影山とのコンビで最大8点ブロック不可を叩き出せるスターター日向を4枚採用し、緊急時にはレシーバーとしても動ける3弾R日向を3枚採用いたしました。アタック枠を全部日向にしたのは「今度は最強の味方じゃん」で回収できるのと、ワイドブロードは使用条件に「アタック日向、トス影山」である必要があり、両方を満たすための選択です。

トス枠にはワイドブロードの使用条件を満たすために影山を、ワイドブロードなどのアクションを回収するための1弾菅原を採用いたしました。特に3頂影山はワイドブロードのサーチ役だけでなく、ワイドブロードがある場合はスターター日向や3弾R影山効果で手札から捨てて後から「今度は最強の味方じゃん」で拾ってこれるため優秀です。ワイドブロードと1弾頂菅原がガッツを食い合うためガッツ補充役として3弾C菅原も3枚加えています。

レシーブ枠
このデッキはガッツの消費量が多く、結果的に長く場を繋いでいく必要があります。そこでノヤっさんの出番です。1弾Sと2弾Rの西谷はどちらもレシーブ5により大抵の攻撃は受けることが出来ます。また、サーブで使った日向を回収する2弾C西谷も強力です。また、ドローソースとレシーブ4を兼ねる1R澤村も重要です。西谷と澤村は「後ろにはちゃんと俺たちが居る」でガッツからレシーブエリアに出せるため、

澤村含むガッツ2以上の状態でレシーブを日向で受ける→「後ろにはちゃんと俺たちが居る」で澤村を出す→ガッツとして日向を支払う→相手アタック後の返しのレシーブドローで「今度は最強の味方じゃん」を使いドロップエリアから日向を回収

という「ドロップエリアに落ちた日向が何食わぬ顔で帰ってくる」状態に持っていくことが出来ます。

その他
レシーブ5だけでは不安な場面もあります(相手もワイドブロードだったり伊達工だった場合など)ので、保険+3C菅原でガッツ入り要員として1R縁下を3枚加えております。

アクション
《ワイド移動攻撃(ブロード)》はこのデッキの大黒柱ですが、たくさん引いても役に立つものではないので採用枚数は2枚に留めました。その代わり、持久戦に強い《今度は最強の味方じゃん》は3枚積みました。また、レシーブ枠を最大活用できる《後ろにはちゃんと俺たちが居る》も健在です。《おれにトス、持って来い!!!》は影山がいない時の保険です。

デッキの流れとしては、日向影山で粘りつつワイドブロードを打てるタイミングを狙いながら相手から強引に勝利をもぎとる構成となっております。デッキの回転が非常に速いため、デッキアウトが起こりやすいという欠点もあります。


【これがバボ会に出るということだ】
結果的に全敗は免れましたがまだまだ改善すべき点(ワイドブロードを3枚にするか否か、セッター枚数を10にする)があるので、来週のカードキングダム練馬春日店への殴り込み予選までには完全に仕上げたいところです。

最後に今日対戦していただいたぶちこさん(ジークロプレイヤーだが突如参戦)、ミドリさん、チーズケーキさん、再来週の8アソビのチーム戦の話で盛り上がったやねうらさん、徐々に強くなり強者の片鱗を見せる少年、名前聞くの忘れたがチーム戦で共に戦った方(本当にすいません)にこの場で感謝を。


#ハイキュー!!5巻の潔子さんのあのコマは本当に素晴らしいので必見ドスエ

登録タグ: ハイキュー!!バボカ!  バボカ  大会 

あなたはこのブログの 631 番目の読者です。


テーマ:大会投稿日時:2014/11/16 21:37
TCGカテゴリ: ハイキュー!! バボカ!!  
表示範囲:全体
前のブログへ 2014年11月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。