S.N.ぱんにゃ’sトカゲブログ。

ファンタデッキレシピあげてきます。
橙子の写ったカード絶対投入縛り。

カレンダー
<<2019年
07月
>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
S.N.ぱんにゃ+H
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
何故ストノは強いのか?
更新日TCGタイトルデッキ名
2019/07/17 ファンタズマゴリア 何故ストノは強いのか?
何故ストノは強いのか?
カード種別 カード名称 属性 枚数
カード種別 カード名称 属性 枚数
メインの属性  
使用タイトル 素晴らしき日々 Strawberry Nauts 古色迷宮輪舞曲 辻堂さんのバージンロード 
チャート

ども、久々にファンタのレシピ上げてみようと思います。
というのも最近愛姫が絶好調なのでカードゲームのいろはを理解し始めた今の自分ならその理由がわかるんじゃないか?と考えまして。

せっかくなので全カードについて見ていこうと思います。

エース A愛姫
能力で自ターン中54325になれ、1回限りで穏が6まで伸びる。ストノには武アタッカーがほぼいないので基本的に穏殴りになります。武受けが得意な穏殴りキャラはとても貴重。またストノは武受けが苦手なので武が素で4あるのも素晴らしい。果たし状?知らん。

キャラ
4枚
R橙子
殴れる、受かる、打点伸ばせるの3拍子揃った最強の俺の嫁。逆用したり、エースの弱いところが受かり、全体パンプだったりと、4枚入れない理由の方が見つからない。アペンドは全てこのカードの為に生まれたようなもの。知受けは勘弁な!

A穂海
ストノキャラの打点を伸ばし、1度だけ2点伸ばせる。ターン継続なので指圧と相性抜群!地味にエースや橙子の受けをカバーしてくれてるのが嬉しい。

3枚
A耶央
サブアタッカーその2。バックを喰らいやすいが打点はエースより高くなる傾向がある。また除外のスピードも早められる。カップルスレは相手ターンにも言えるので穏受け要員としても優秀。

Aすずめ
コストで切ってゴミ箱にいるキャラを除外しながらパンプしてくれる。キャラが落ちてなくてもパンプできる。バトル終了時に切れてしまうのでそこだけ注意。武が受かる貴重なキャラ。

R羽咲
出張その1。この子がいるだけで盤面の打点が跳ね上がる。もちろんターン継続なので指圧とも相性抜群。器が4受け、武が3受けなのも○。

2枚
みかも、たんぽぽ
ストノ作品キャラでそれなりに活躍出来そうな子たち。穏が4なので橙子がQQQすると殴れる。


出張その2、2コスキャラその1。白コストで打点上げやエースの弱点をパンプし、ちょり先効果でエースの弱点を受ける。時にはサブアタッカーにも。

P愛
出張その3、2コスキャラその2。
打点パンプと1回受けてもらうのが主な仕事。受けなかったらそのまま回復に回れる。前衛を武受けから守るのにも。

バトル
エースが得意な武受け3、前衛も得意な敏受け3、後はバランスよく。押せ押せなデッキなので11枚と少し多め。

イベント
4枚
ショッピング
相手ターンの余りコスト還元など。

マニュアル回答
A愛姫の素の穏は2なので攻撃にも使える優れもの。指圧とも相性抜群。

高なる鼓動
よくあるターン継続2点パンプ。指圧のカウンターである寝かすイベントへの耐性も付与できる。

指圧
打点を伸ばして2回殴れば取れるアドは計り知れない。

3枚
幽閉、反論
妨害イベント。とにかく色々な使い方ができる。このカードを上手く使える者がファンタを制する…かも知れない。トドメにも最適。

2枚
路面電車
指圧が除外された時悲しいのでお守り程度に。

EX
ささやかな眠り
エースにターン継続4点パンプ。指圧とこれだけでも相当な破壊力がある。

清掃活動
波状相手には2、3撃目を止める役割を持つ。なんだかんだで使いやすい防御EX。

度が過ぎたエロからかい
指圧せずとも打点伸ばして決め切れそうな時に。安易なエース受けを許すな。


特徴
基本的にダウンを取り続けて勝つデッキ。ただし安易にエース受けした時はエロからかいで勝ちに行く。ファイナルターンの爆発力は群を抜いて高い。
また引きこもり相手にはデッキ切れする可能性も大いにあるので、兎にも角にも受けた前衛はダウンさせる覚悟で。

結論
3ダウン取れば勝ちのゲームで毎ターンダウン取れればそりゃ強いよね。

終わり

登録タグ:

あなたはこのブログの 485 番目の読者です。


テーマ:ファンタズマゴリアデッキレシピ投稿日時:2019/07/17 17:18
TCGカテゴリ: ファンタズマゴリア  
表示範囲:全体
前のブログへ 2019年07月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。