暖房器具のうすら寒いブログ

カレンダー
<<2014年
05月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のブログ

[2014年09月28日]
寝言part2(1)

[2014年09月18日]
考察記事だなどと誰が言ったのか?と。(0)

[2014年09月13日]
超デッキ思いついた(4)

[2014年06月29日]
れぽとか(0)

[2014年05月16日]
れぽれぽ・・・れぽ?(0)

[2014年05月13日]
れぽれぽ(0)

最新のコメント

[2014年09月28日]
寝言part2(1)

[2014年09月13日]
超デッキ思いついた(4)

[2013年12月19日]
いろいろ(1)

お気に入りブログ
ユーザー情報
暖房器具K
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
れぽれぽ

オフシーズンと五月病に向き合うMBの会、無事終了しました。
ご参加頂いた皆様、ご協力頂いた皆様、そしてカードブランチ金山店様本当にありがとうございました。

大会レポは他のかたがたも上げて頂けるかと思うので、今回は大会運営側に回ってみての色々。
多分長くなるので複数回に分けます。とりあえず今回は大会開催に至る経緯とか色々。


【TokyoWars】
面白そうだな、と思いつつ色々都合が合わずに未だに一度も参加できてないので、
次回はぜひとも参加したいと思います。関東の方々がTWをやっていたというのが、
そもそもの「名古屋でもやりたい」と思ったきっかけですね。

【プロジェクト発足】
3月某日。今回ご協力頂いたカードブランチ金山店様の日曜6:30~の定例公認大会に参加したときのことでした。
(遠まわしに公認大会の宣伝してます。みんな間が合ったら参加してね)
大会終了後に店長さんが、「お店に過去のPRが大量に余っているので非公認とかで使ってください」
と色々なPRを見せて頂いて、そのときコレでやろうと思い、
少し規模の大きい他の地方の方も呼ぶような大会をやりたい、
と持ちかけたところご快諾頂き丁度5月にZ/Xの非公認をやるとのことで、
D0も含めたブロッコリーカードゲーム祭りとしてやらせていただけることに。
アクエリの運営およびモロモロはこちらが一通り引き受けることに。

【やりたいことを考えるフェイズ】
せっかくやるなら新しいことをやりたい。との思いもあり、
まず現状のアクエリの問題点を考える。
・カードプールが増えない
・公認行っても人がいない
・公式大会が無い、モチベ上がらない
・以上理由からデッキ組まない
・新しいデッキもないから大会行かない。

なるほど悪循環。
とりあえず上三つは個人主催でも開けば一応解決するかなというとこ
(暫定的であって、根本的解決にはならんけど)
「なんにせよ、デッキ組んだら回したくなるだろうから、大会出たくなるかな」と安直な考えに行き着く。
この時点で大会テーマが「デッキを組みたくなる大会」に決定。


【新しいデッキを組むということ】
個人的にはアクエリのデッキ構築の自由度はかなり気に入っているので、
限定構築にして制限をかけるのではなく、寧ろ広げる方向にしたいな。との思いから、
好きに組んで持ってこいといえる方式がいいかなという方向性。
但し、Exとかアンチェインとかアルティメットだとカードを探すのが手間だったり、
そもそも過去カードを持っていないと不利とかあるので、ギャラクシーでの大会に。
好きにデッキを組もうとしたときの弊害として、
・強くないと勝てない
・強いデッキがある程度決まっていてそれらに勝てないと始まらない

と言う部分が出てくるので、方向性的には勝つこと以上に
やりたいことをやったもんが勝ちの大会がいいなと。
過去に関東で「ステキデッキコンテスト」なるものをやっていた方がいたのを思い出し、
デッキの特徴をアピールするコンテスト要素を強く取り入れた大会形式にしようと考案。
これが今回のアピールマッチの原案。
(余談ではあるけれど、アピールポイント(AP)はモバマスのイベントを見てコレだと思ったw)

【APM以外の大会】
できれば3つくらいやりたいな、と考案。
そのうち一つはTWで好評だと言うことで、ランサバをやらせてもらうことに。
自分にこの発想はなかったので関東の方々のアイデアすげーなと素直に関心。
もう一つは、最終的に今回は時間との兼ね合い等もありやらずに終わってしまった
「途中デッキ変更あり」の大会。こちらは、地元の公認とかでたまにやっている試み。
デッキを幾つか作ってる自分が「色々使いたいから途中で変えていいことにしようぜ」
と言ってやっていたのをやることに。(やらんかったけど)

【スタッフ召集】
公認ジャッジでもあるしもりす君をメインジャッジ+運営に引き入れ。
AAAでおなじみのくうふく君にはAAAをメインに広報担当をしてもらうことに。
人が足りないことも考え、ぶらっくさんにも運営手伝いをやってもらうように話をつける。

【サイドイベント①】
Z/Xと両方やってる人は行き来ができたらいいんじゃないかと言う話が、
ブランチ様との話の中であったので、安直にランブルやろう思い立つ。
大量の参加賞プロモがあったのを思い出し、せっかくなのでそれをチップで使おうと思い、
今回のチップランブルをやることに。

【サイドイベント②】
くうふく君との話の中で、「ガンスリでもやれば?」と言われ、
それもいいなと思ったので、ガンスリをやることに。
日本王者でもあるあっとけいさんにも出てもらおうかという話もあったものの、
あまりそういうので持ち上げられるのが好きそうじゃないイメージだったので、
声を掛けるか悩んだもののとりあえず持ちかけたところ快諾いただきやっていただくことに。
運営の都合上3人くらいいた方が回しやすいのと、
言いだしっぺがやらないなんてことはあるはずが無いと、くうふく君も強制的にガンスリ要員に。
この時点で自分・あっとけいさん・くうふく君の3人ガンスリが決定。

【APM】
ポイントのつけ方はかなり最後の方まで悩み、話し合いました。
まずは前提条件
・やりたいことをやったモン勝ち
・デッキ構築に余分な制限をつけないこと
・「全勝」<「高AP」であること(勝利の比率が大きいと意味が無い)
・「やりたいことをやる」<「やりたいことをやって勝つ」であること
で出てきた案と問題点
①通常の勝敗Pとは別にAPでの順位をつける
→やりたいことをやって勝つのではなく「やりたいことをやるだけやった」デッキと
 「ただ勝っただけの普通のデッキ」がそれぞれのトップになるおそれがあるので却下。
 あと比重を考えるのが面倒。
②通常の勝敗PとAPを加算
→これも比率がめどい。最終的に勝ちが有利になる恐れがあるのと、
 結構な確立で同ポイントで並ぶことになりそうで面倒、却下。

この辺の案が却下になった時点でAPを0~3構想から0~5に設定して、ポイント並行を
しにくくする方向に。

③回戦数別に倍率を付ける
→これまでで一番まとまった案だと思ったものの、スイスドローにすると、
 勝ちと負けが分かれていくので、回戦数で倍率分けしても意味がないし、
 勝ちと負けで別倍率にするのは大変なので、これまた却下。
 但し、小数点を付けることでポイント並行をしにくくする部分は採用の方向。

④APと勝ち点を乗算
→最終的にコレに決定。
 APを基準として、勝敗により負け1、分け1.2、勝ち1.5をかける事によって、
 ポイント並行しにくく且つ、勝敗以上にAPに重みがありながら、
 勝敗にも十分な意味をもたせることに成功。

④に決定したのは、じつは結構期間が迫ってからだったり。
ここ決めるのがマジ一番キツかったです。
思いつきでばかりモノを言う男が仕切るとこういうところで苦労するのです(汗


次回は大会準備~当日までのモロモロ。またはガンスリで使ったデッキUP。
どっちを先にするかは自分の気分しだいです。

登録タグ:

あなたはこのブログの 472 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2014/05/13 02:17
TCGカテゴリ: アクエリアンエイジ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2014年05月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。