未来の話をしようじゃないか…

ブシゲー(キャラゲー)を中心に活動しているエアプの戯言

カレンダー
<<2016年
08月
>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
そら@月石厨
非公開/男性
2日以内
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
ご注文はうさぎですか??所感

この記事は完全に個人見解の元に成り立っています。
少しでも合わないと思った方はブラウザバックをお奨めいたします。

【所感】
・低評価の人が多い
以下の理由が挙げられるかと思います。
①最近の使用率が高いテキストが収録されていない。
②パワーラインは最近のラインに対応しているが、最近使用率が低くなっているテキストが多いように感じる。
このため、期待していた人達はがっかりしてしまったように感じます。
特にBCFが終わったばかりでの発売とあって、プレイヤーの思考がガチ思考(環境トップを見据えていること)なのも低評価の原因かと思われます。

・低評価は妥当なのか
ご注文はうさぎですか??は1ブースターということもあり、このような収録になっていると考えれば問題ないです。
パワーラインはきちんと最近のラインを考慮して作成されていますし、
早出しメタカウンターは存在しませんが、盤面での早出しメタの収録は2種類されています。
相手のLv操作ができるのもご注文はうさぎですか??の特徴になると思います。
最近の作品でLv操作ができる作品と言えばシャーロットがありましたが、
今回のご注文はうさぎですか??のLv操作による恩恵を受けるカードはシャーロットよりも多く
実はLv操作に重点を置いて考えるのがベストなのではないかと言う印象を個人的には受けています
一番、恩恵を受けれるのはチマメ隊で構築した場合なのは言うまでもありませんが、
実際には特色のあるカードがあり、詰めも豊富なので良いブースターのように思います。
作品人気的に、追加がありえそうな箇所を鑑みても現状の低評価はBCF終了後であること、
期待していた層が多かったことの裏返しのように思っています。

【注目カード】
・“うさみみパーカー”リゼ
「“揺るぎ無い意志”なのは(NA/W12-052)」を彷彿とさせるカード。
揺るぎ無いの時代は回復が主流だったが、昨今は如何に相手を殺すかなのでとてもいいカードだと思います。
5バーンは実際言えるかと言うと、揺るぎ無い意志を使っている感じ
1ゲームに1回は言えますが、それなりに意識しなければなりません。
揺るぎ無いと違い+1000分生き残りやすく、また登場しただけで仕事はするので問題ないのではないでしょうか。

・“ラビットハウスのウェイトレス”ココア
実はこのカードは縛りがある分、テキストが1コストになっており、元のパワーが500上がっています。
地味ですが赤青ラビットハウスで使用したいカードです。
※比較対象:制服の秋葉(MB/S10-069) - MELTY BLOOD

・人違い?
特徴指のかけ仲。
特徴指定になった分、上昇テキストが記載されている。
上昇値も2000と1/1カウンター(もしくは特殊1/0カウンター)分なのが申し分ないです

・怖い話
「エクレールダムールの花(ZM/W03-095) - ゼロの使い魔」の完全互換カードになります。
実は完全互換は今まで刷られていませんでした。
このカードはLv2ソウル2のキャラなどに使用すると、1コストアンコールでかつ被打点を1減らせるとなかなかいい感じになります。
(ソウル2で殴り返すので1点分こちらが多い、かつ自身のターンにパワーが上がるキャラなどに使用すると面も取れます。)
※公式カードリスト検索調べ

【デッキの方向性】
リストを見た限りで簡単に思いつくのは以下かと思います。
①シャロ千夜(黄緑)
②ラビットハウス(赤単)
③ラビットハウス(赤青)
④チマメ隊(青単)

①シャロ千夜
ネームで縛られるので自由度は低めではありますが、構築がまとまりやすいです。
Lv1を黄色に寄せるか緑に寄せるか、
Lv3にフルールのチラシを積むか積まないかなどで構築が分かれるかなと思っています。
Lv1を黄色に寄せるメリットはコストを貯めながら、シナジーでアタッカーを引っ張れる点です。
ただし、デメリットとして相手ターンのパワーラインの低さ、シナジー失敗時のハンド枯渇が挙げられると思います。
Lv1を緑に寄せた場合のメリットはシナジーでストックが貯まり、盤面が取れる箇所です。
デメリットはキャラを登場させるためにコストを使用する箇所です。
Lv0までの間に最低3パン必要なので、そこをどう捉えるかだと思います。

②ラビットハウス(赤単)
チノを無理に入れずに構築するとこの形になるかと思います。
構築は“妹のために”ココアを入れるか入れないかでシナジーを含めLv1の選択が変わるかと思います。
CXは基本的に「いつもありがとな」を投入して「もふもふハンター」か「憧れのお姉ちゃんに」という選択かと思います。
※「宣戦布告?」を入れてフルカムバックという選択肢もあります。

>「いつもありがとな」+「もふもふハンター」
もふもふハンターを採用すると、Lv1ではCXシナジーを狙わないカード選択になり、
Lv2で「“妹のために”ココア」を早出しして、Lv3のショットに向けてパーツを集めるといった形になるかと思います。
こちらのメリットは、Lv2でショットパーツをココア1枚(2コスト)で最大3枚集められる点かと思います。

>「いつもありがとな」+「憧れのお姉ちゃんに」
「憧れのお姉ちゃんに」を採用することによってLv1は“姉オーラ?”ココアを軸に戦うことになると思います。
こちらのメリットは、ハンドは増えませんがパーツを集めることは可能でかつ「憧れのお姉ちゃんに」が控えストブのため、
ストックが溜まりやすい点があると思います。
悩みどころはLv2をどのように動くかで、「“父の日”リゼ」を使用するか
「人違い?」でストックを最小限に使用しながら動かすのが考えられるかと思います。

③ラビットハウス(赤青)
赤青にする利点はひとえに「ラビットハウスへようこそ」が使える所に尽きると思います。
Lv1では「“ラテアートの名人”リゼ」を使用して山からのサーチと1コスト相打ち、
Lv2では“ラビットハウスのウェイトレス”ココアを使用して打点レースを早める事が出来ます。
基本的に青で採用できるカードは「“ちょっぴりクール”チノ」や「木組みの街でチノ」などLv0が多くなると思います。
最悪、青はCXを貼れるためにCX含め12枚あればなんとか動かせますのでそこら辺を考慮する必要があるかと思います

④チマメ隊
縛りが大きいので大まかな構築はLv3の枚数配分やLv1の枚数配分で個人差が出るレベルかと思います。
青の特徴はLv操作もそうですが、回復を早出しでき、Lv3になればバーンで詰める事が出来る点です。
1色で一通りの動きが可能なのがこのデッキの強みですね。

以上の方向性を踏まえ、構築を考えてみました。

①シャロ千夜

・バリボー採用
URL:http://tocage.jp/blog/263/1471968559.html

・千夜採用
URL:

②ラビットハウス

・“妹のために”ココア採用型
URL:

・“妹のために”ココア非採用型
URL:

・赤青
URL:

③チマメ隊

URL:

以上です。
駄文に付き合っていただき、誠にありがとうございました。

登録タグ:

あなたはこのブログの 1396 番目の読者です。


テーマ:ヴァイスシュヴァルツ投稿日時:2016/08/22 02:20
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2016年08月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。