経験値上昇中↑↑?

この日記は、筆者のカードゲームライフを淡々と綴ったものです。
過度な期待はしないでください。

カレンダー
<<2020年
06月
>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
ケイ
29 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
久しぶりにログインした

まだ生きていたのかToCaGe!!

フレンドの方々は3日以上ログインしていないことを確認したし、クラン掲示板は2018年が最終更新だから、
ここに記事を書いたところで誰が見るのだろうという疑問はあるが、久しぶりにログインしたので何か残すことにする。

ということで今回は、最近ハマっているカードゲーム 「Reバース for You」について語ってみたいと思う。
語ると言っても、研究しているわけでもないし、ガンガン遊び倒しているわけでもない。
最近ショップ大会とかが開かれるようになったのでボチボチ遊びに行っているくらいであるからして、
大した内容にはならないということを予め断っておく。

Reバース for You とは何か。
ブシロードから2020年3月に発売された新しいカードゲームである。
が、その中身はヴィクトリースパークである。
エントリー(1枠)のキャラに対してメンバー(3枠)がサポートして相手のエントリーをリタイアさせ、
リタイアさせたキャラが7枚になれば勝利である。
エントリーからリタイアに送られると、デッキの上から1枚を新たにエントリーとして置く。
これをエントリーインというが、その時に効果を発揮するのが「スパーク」だ。
お察しの通り、ヴィクトリースパークのスパークである(混同)。
このスパークで一発逆転を決めたり、首の皮一枚つなげたりするのがこのゲームの特徴である。
シンプルだがダイナミックな動きを楽しむことができるゲームだと感じた。

元々ヴィクトリースパークをやっていた人からすれば、親しみやすいゲームになっていることは間違いない。
だがヴィクトリースパークにもあったパートナーアタック、問答無用に相手キャラをリタイアさせる
理不尽極まりないスペシャルなアタックだが、これが今作では基本的に1ターンに1回に限定される。
ヴィクトリースパークはキャラごとに決められたパートナーカードがあり、そのカードを後ろに3枚並べておけば
1ターンに3回パートナーアタックができたわけだ。
しかし、今作ではパートナーカードはエネルギーとしておかれ、通常のアタック時にそのカード3枚をレストすることで
パートナーアタックを実行するような仕組みに変わっている。
そしてパートナーカードは3枚しか使用できず1ターンに1枚しかエネルギーとして置けないため、
ゲーム開始から3ターン立たなければパートナーアタックはできない。
後攻プレイヤーはゲーム開始時に1枚パートナーカードをエネルギーに置くことができるのだが
細かいことはここでは語らないこととする。

ブシロードのカードゲーム なので、当然アニメやゲームのタイトルを使用することになるが
ReバースforYouというアニメもあり、そのキャラたちもカードゲームの参戦タイトルになっているのが面白い。
が、私はそのタイトルは使っていない(無慈悲)
私はガルパピコをメインに使っており、来週発売の東方については検討中である。
どんなタイトルがあるのかは書くのも面倒なので、公式サイトをチェックして欲しい。
これからどんなタイトルが追加されるのかわからないが、年に1タイトルくらい買えればいいかな、と思っている。
果たして何年続くのか分からないが、ゲームとして面白いことは間違い無いので、
ぜひ長寿TCGとして頑張ってもらいたい。

大会にも出てみた。
緊急事態宣言の解除は、私たちカードゲームを嗜むものにも少なからず影響を与えただろう。
その一つが、店舗での公認イベントの復活である。
私はリモートファイト環境を整えるのを面倒がり、StayHome期間は全くプレイできなかった。
とりあえずデッキは組んだが、試す場所がない、という有様だ。
周りにやっている友達がいるかと言われるといないし、この歳にもなると新しいカードゲーム仲間を作るのも躊躇われる。
なので、ショップ大会が開かれるのを待つしかなかったのだ。
そして大会が始まり、都合が付く日は積極的にカードショップに足を運び、大会に参加してきた。

これまで4回、参加受付をしたが開催されたのは2回だけ。
その2回両方で優勝することができたのは、運が良かったという他ないだろう。
参加者は8人と4人。
大会定員は16人だったので、やはり人口が少ないことを痛感する。
使用したデッキは先にも述べた通りガルパピコで、テーマはRoseliaを選んだ。
理由は、ガルパピコの中で一番好きなバンドだから。
ちなみに、ガルパピコ大盛りが参戦した際にはRoseliaの強化はもちろん、
Morfonicaのデッキを最速で最短で真っ直ぐに一直線に目指すことを宣言する。

話を戻そう。
Roseliaはガルパピコの中でも強いデッキテーマに部類すると思う。
キーカードとなるボーカルの友希那は、このカードゲームではメンバーをスタンドさせる力を持っている。
先に述べたように、このゲームはメンバーをレストさせてアタックして相手のエントリーを吹き飛ばしていくので
つまり通常の攻撃回数がメンバーの枠同様の3回に限定される。
しかしこのカードは、コストを支払える限り何度でもメンバーをスタンドさせてオラオラすることができるのだ。
つまり、友希那はスタープラチナなのである(?)
好きなカードを使って戦って、勝ちを掴み取れるとは、なんて素敵なカードゲームなんだ!!(狂信的な愛)
やっていくうちに色んなカードの強さとか弱さに気づいてこれたので、他のデッキを組んでみたり
既存デッキの中身を入れ替えてみたりして、これからも楽しいReバースライフを送っていきたい。
大会連覇もできる限り続けていきたいが、そこを目標にして楽しみ方が変わるようなことがないように気を付ける。
勝てば当然楽しいし気分が良いが、それだけがカードゲームではないのだから。

いかがだっただろうか。
ReバースforYouの魅力の片鱗すら伝え切れていないかもしれないが、それでも興味を持っていただけたなら
腹痛に耐えながら記事を書いた甲斐もあったというものだ。
もって3年と睨んでいるReバースforYouだが、今後の売れ行き次第では5年10年と続くゲームに化けるだろう。
今後の展開、続報に期待したい。

登録タグ:

あなたはこのブログの 100 番目の読者です。


テーマ:【ReB】投稿日時:2020/06/14 12:17
TCGカテゴリ: Reバース for you  
表示範囲:全体
前のブログへ 2020年06月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
 
現在コメントはありません。