のほのほまるさんのブログ

カレンダー
<<2014年
03月
>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近のブログ
最新のコメント

[2014年10月23日]
なのは発売(2)

[2014年10月15日]
なのは(5)

[2014年10月03日]
なのは(2)

お気に入りブログ

[2020年08月24日]
Kさん

WGP2020研究会(0)

[2017年03月02日]
セカイPさん

【遊戯王】これから店舗予選に出る方へ(0)

[2016年11月21日]
Kさん

いつものアレ2016(2)

[2016年08月31日]
Kさん

ようこそ!どころではない(1)

[2016年08月16日]
Kさん

しろくろフェスあれこれ(0)

[2016年08月16日]
Kさん

しろくろフェス前売り入場券について(2)

[2016年05月24日]
セカイPさん

THE IDOLM@STER レシピ(2)

[2016年03月22日]
ロコナさん

生存報告(あとパワーアップセット雑記)(2)

[2015年12月31日]
Kさん

​ よいお年を(0)

[2015年12月21日]
Kさん

ストックの置き方のお話(4)

ユーザー情報
のほのほまる
非公開/非公開
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
モブのひとこと

毎日艦これのカードが公開され、文句を言いつつも発売を楽しみにしてますのほのほまるです。
(とりあえずOFF真でも出そうぜ)


よく、ヴァイスシュヴァルツは「運ゲー」といわれますね。
カードゲームなんて全部運ゲーなんですけど、クライマックスカードのおかげで確かに運要素は強めだと感じます。

勝てば実力、負けたら運

と知り合いは言ってました。
カードゲームをやる上でポジティブないい言葉だと思います。
ただ、なんでもかんでも運のせいにするのもいかがなものか、とも思っています。

負けにはどっかで間違えた部分がある。
という考えです。
時間無制限でやった場合どちらかが必ず勝つWSでお互いにこれを当てはめた場合矛盾が生じてしまうのですが、私が言いたいのはそんなあげあし取りではありません。

WSは遊戯王などにくらべ一発逆転を狙えるカードが少ないと思います。
あってもそれをゴールや軸にデッキを組む、というのがほとんど。
よって小さなアドの積み重ねで最後は勝つというのが勝つためのデッキ構築の根幹にあると思います。

さて積み重ねのゲームということで、多くの大小問わず終始選択をして終局までいくわけですよね。
相手を苦しめ損害を与え自分の損害を最低限にするのが最善策なわけですが、主観では最善策をとりつづけたはずだがある思わぬ事態により負けた!運ゲーかよ!
となる経験あると思います。

加えて、挙動・構築などが自分が思う標準に劣っている対戦相手(所謂モブ)に負けた場合、より運ゲーという不満は強まるのではないでしょうか?

ここで私はストップをかけたいです。
といっても負けた結果は変わりませんが、心の持ちようを改めて欲しいため最初に書いた私の考えが出てきます。

囲碁や将棋などでは試合後検討という試合を振り返り意見を交わす行為を行うことがありますが、もし、デッキの配置、相手の手札などありとあらゆる領域が公開領域(リフレッシュ後の山の配置なども分かるとする)の上でその検討をしたら果たして負けるのか?ということです。
※負けるのか?というのは大げさですが、より負けを勝ちへ近づけられるか?というほうがしいです。

多少の配牌・ツモが悪くてもおそらく勝てるはずです。
つまり、実は最善策をとれてなかったことになります。
もっとも、確率などをガン無視した極端な結果論ですので試合中これをどうこうしろとかいうのはないです。

たとえば、ニコタマあるいはダブドラがわずかだが山にあり相手3-6でL3のキャラをソウル2キャラでサイドすればヒットして1点丁度で勝つ(相手山2枚目にCXがあるとする)状況や、中盤コストを稼いで起きたい場面で3回CXをトリガーしてその後打点がダダ通りするとき3パン未満の選択をとるかどうか。
試合中これをできたら勘が冴えてるか非常に慎重な方かサマのどれかだと思いますが、これで試合が傾いてしまうことは少なくないはずです。
すべて見えてる「検討」であれば難なく回避出来ますが実際はそうはいきません。しかし、結果だけ見れば「普通は悪手」と思える行為が「巧手」なわけです。

私が言いたいのは負けを運のせいにして逃げるのではなく最善の選択をとれなかった自分が悪いと思って欲しい事で

言い訳で運とか大声でショップで言う人が見苦しい(もし対戦相手が聞いてたら不快になりますしね)です。
乱暴な言葉はこういう場で使いたくありませんがダサイいですし自分がダサく。みっともなくならないためにこういう考え・心持ちで試合に臨んでるだけです。
字数が少ないので用いますが、モブに負けたといって身内に愚痴を言ったりするのは間違いで、結果的にそのモブが「あなた」より与えられた選択で勝ちに近づく方を選び「あなた」が選べなかっただけです。

うまくまとめられないですが、とりあえず確率や一般的なヴァイス理論を否定する気は毛頭ありません。
試合中考える事はそれらに限ります。
ただ、言い訳を言って欲しくないなというだけです。

以上モブのひとこと(?)でした。
文章下手でスイマセン!






登録タグ:

あなたはこのブログの 486 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2014/03/19 23:38
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2014年03月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。