シンデレラに魔法をかける

YPやってます。
ヴァイスシュヴァルツも嗜んでます。
TwitterID ws_sekai

カレンダー
<<2016年
05月
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近のブログ
最新のコメント

[2016年05月24日]
THE IDOLM@STER レシピ(2)

[2014年09月02日]
とある(4)

[2014年02月05日]
神の使い天使について(5)

お気に入りブログ
ユーザー情報
セカイP
22 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
THE IDOLM@STER レシピ

最近暑くなってきしたね。これからの温度の上昇の事を考えると気分は下降気味のセカイです。
無駄話はこれぐらいにして、今回は先日パワーアップセットが発売されたTHE IDOLM@STERのレシピ解説をしていこうと思います。
レシピは以下の通りです。

L0 16
方向音痴あずさ 4
輝きの向こう側へ あずさ4
M@STER OF IDOL WORLD!! 水瀬伊織3
研究熱心律子3
頭脳明晰律子2

L1 12
ステージへの決意 千早4
M@STER OF IDOL WORLD!! 四条貴音2
M@STER OF IDOL WORLD!!音無小鳥4
ステージへの決意あずさ2

L2 6
M@STER OF IDOL WORLD!!如月千早4
”今を大切に ”亜美1
M@STER OF IDOL WORLD萩原雪歩1

L3 8
輝きの向こう側へ!千早3
M@STER OF IDOL WORLD!!双海亜美2
アイドル復帰!?律子2
M@STER OF IDOL WORLD!!菊地真1

CX
虹色ミラクル 4
映画「眠り姫」4

いろいろ考えた結果M@STER OF IDOL WORLD!!千早(虹色千早)を主軸としたデッキになりました。
コンセプトは、「虹色千早を軸にする事でL2キャラの強みを最大限に生かすことと、虹色千早のテキストでハンドアドバンテージ、ボードアドバンテージ、山圧縮をし続け、輝きの向こう側へ!千早で5パンする」です。
虹色千早を軸にしたデッキを組むきっかけになったのは、様々なデッキのL2帯での動きを考えたからです。3〜4年前のヴァイスシュバルツは0〜1帯の動きが重要視され2帯はレベル3への繋ぎでしかありませんでした。しかし貴族の務めルイズ以降急激にお手軽に早だし出来るL3が増えた事で2帯を3帯までの繋ぎと切り捨てる事がなくなりました。最近のL2帯でする事は大きく4つに分かれています。
①L3キャラを早だし(Trancing Pulse凛 昔話忍野忍 〈影遁〉アカツキ等)
②早だしされたキャラに対して優位なテキストをもつキャラで応戦する(八九寺真宵さん 可愛い下僕 芽亜 美少女アイドル?てとら等)
③L1の延長線として島風系のキャラでハンドを整えL3の準備(新田美波 怪異殺し忍野忍 衣服の整理美柑等)
④CXシナジーを持つL2のオーバースペックキャラを使う(白くて白々しい羽川翼 ビーストモードイリヤ等)
①④は軸になる事が多いですが、②は相手に併せての択になるのでサブプランに近いものです。環境上位タイトルのほとんどが〜をメインプランにしながら…もできたらすると、4つのうち最低2つがデッキに入っている事がほとんどです。また4つの動きをあげましたが、主流なのは①と②です。③は最も主流な①に対しての解答がなく、④はそもそも該当キャラがプールに存在するタイトルがほとんどない事が理由です。このような現状を踏まえて自分は④に該当する虹色千早を軸にする事にしました。

環境にあまり存在しないカードなので②のようなピンポイントメタが存在しない事、高いパワーラインによって③をさせにくくできる。④に対してはどっこいどっこいの勝負を挑める。①に対しては行きは厳しいが返しは助太刀を絡ませることでとりやすい。と現在のL2帯の動きに対して解答となり得るカードだと感じました。またCXシナジーのコストでパワーをあげつつ、自身のパンプ条件にもなる助太刀をサーチしてくるという自己完結した動きも魅力的です。さらにTHE IDOLM@STERの詰めはL3キャラ+特定キャラ+対応CXが必要なものがほとんどなので1回のサーチでL3キャラと特定キャラの2枚を持ってこれる虹色千早は相性抜群と言えます。複数すればするほど山を圧縮できるのも強みです。これらが虹色千早を軸にしようと思った理由です。
このレシピを考えた時のスタートは虹色千早4と虹色ミラクル4からなので虹色千早を最大限活かす構築にしました。採用理由とともに一種類ずつ解説していきます。

方向音痴あずさ 4
言わずと知れた元祖移動。25の純移動は今でも強く、帰ってくる事も多いです。終盤のドラチェックでも役に立ちます。文句なしの4投。

輝きの向こう側へ!あずさ 4
ヴァイスシュバルツの革命児。こちらも元祖。虹色千早がサーチテキストなので一周目を早く終わらせたいのと、行きで決意千早、虹色千早のパンプ条件を満たせる数少ないカード。デッキに噛み合った強カード迷わず4投。

M@STER OF IDOL WORLD!! 水瀬伊織 3
今流行りの特殊相殺。0で相手キャラをわりにいけるのはこのキャラのみ。中学生忍野忍をメタれる事もあり伊織を選択。一応ハンドをきることが出来るので決意千早、虹色千早のパンプ条件を満たすことも出来ます。終盤くさるので3投。

研究熱心 律子 3
相手にテキストを確認される率ほぼ100%カードその1。デッキとのかみ合いを考えてOFFタイム真ではなくこちらを選択しました。詳しい理由は後述します。貴重な確定ハンドソース兼助太刀の値のばし。しかし助太刀時のパンプテキストはバトル中のキャラのみの強制効果なのでテキストを知っている人なら間違いなく助太刀(小鳥の2000か雪歩の2500)圏内から殴ってきて腐る事が多いです。サーチャーにコンセプトに噛み合うおまけテキストがついてるという認識で使っています。1面は出したいけど、2面出すことはないので3投。

頭脳明晰 律子 2
相手にテキストを確認される率ほぼ100%カードその2。弱すぎるドロー集中。単レスト集中である事と相手の集中のヒット時に発動する1ドロー1ディスに重きをおいて入れてます。相手ターン中に助太刀を打つことなくハンドからキャラをきれるのは優秀。これだけで見た目越えすらさせない時も多いです。Triad Primusややみかん等のほぼ毎ターン集中を打つデッキには出していきたい。しかし控え回収集中やサーチ集中が当たり前となった現状においてドロー集中はカードパワーが低すぎます…なので2投。

ステージへの決意千早 4(決意千早)
連パン千早のコストにもなる1アタッカー。パンプ条件を満たせば7000。複数並べると助太刀を打っていないところも7000になるのでラインが高くなりやすい。助太刀をうつコンセプトにあっていて、連パンのコストにもなるので迷わず4投。

M@STER OF IDOL WORLD!!貴音 2
サブアタッカー。助太刀をうてば返ってきそうなオーパースペックキャラという認識。最初は入れてなかったのですが、1アタッカーを決意千早4のみにしてた時に決意千早を複数出来並べられずラインを作る事ができなかったり、ハンドをきる手段がない時に相手キャラをわることが出来ないという場面が多かったので入れました。中〜終盤と腐る場面が多いので2投。

M@STER OF IDOL WORLD!! 音無小鳥 4
デッキコンセプト。マリガンできっても引く、打っても引くの心情で4。助太刀がハンドにある事を前提としたカードが多く入ってるのもあり4以外ありえません。

ステージへの決意あずさ 2
北方棲姫に落とされない1後列。ストックを使わずハンドの無効札をクロックに詰まった助太刀や虹色千早に変換できるのが本当に強い。盤面に出れば終盤まで仕事をする優秀なカード。ストックを使わない起動効果なのでM@STER OF IDOL WORLD!!亜美とも相性抜群。クロックが6の時にテキストを使うとレベルアップ処理が割り込みハンデスになる事をデメリットに見られがちですが、1ー6の状況でハンドに余裕があり2面以上で虹色千早シナジーを出来るのなら、テキスト使用からのレベルアップルートもありだと思います。ウサミミエリーや新造工作艦 明石のようにパワーが4000あればもっと枚数増やしたと思います。

M@STER OF IDOL WORLD!!如月千早(虹色千早) 4
デッキコンセプト。ハンドアドバンテージとボードアドバンテージ、山圧縮を兼ね備えたカード。如何にこのカードのポテンシャルを引き出すかを考えてレシピを練りました。

”今を大切に”亜美 1
テキストを確認される率ほぼ100%カードその3
これは①に対する対抗札。研究熱心と違って振り分けられるのが特徴。返しは助太刀(2000か2500)+2000パンプでかえして、行きはこの亜美の起動1コスト1500上昇+2000パンプで3500パンプで踏みにいく動きをとれます。条件を満たした千早が10000そこに3500上昇が入れば大体の早出しの見た目超えができます。1枚置いておくだけで行きでも返しでも相手に与えるプレッシャーが段違いになるカードです。2面したいと思ったことがないので1枚。

M@STER OF IDOL WORLD!! 萩原雪歩 1
お菓子作り玉井麗美の互換。5枚目の助太刀。21キャラを使うのであまりストックに余裕がないので使う事はほとんどないです。助太刀小鳥との500の差でパワーが届かないという事も少ないです。しかしツヴァイフォームイリヤ等のリバースを要求してくる詰めカードに対して防御札となり得るので入れておいて損がないカードではあります。なので1枚。早だしメタ助太刀はプールにある事が1番大切だと思います。

輝きの向こう側へ!千早 3(連パン)
コンセプト。特定CXと特定キャラを要求されるもののリバースを必要としない連パン。上記の早だしメタ助太刀による回避が出来ず、相手キャラをリバースさせる必要がないので自身の条件さえ揃えば連パン出来るのが非常に強いです。虹色千早でボードをとりつつパーツを揃え最後5パンで仕留めるのが理想的ですね。条件故に6パンはできないので3枚。



ここで全く関係のない話ではあるのですが、Power of smile凛の話。Power of smile凛はこの千早を元に生まれたカードだという事は間違いないでしょう。この2年でカードパワーが上がった事を痛切に感じました。受け継がれていく青の系譜!静香はもっと強くなるでしょう()
閑話休題。

M@STER OF IDOL WORLD!! 双海亜美2
サブプラン。パワーアップセット内でも屈指のパワーカード。早だしはコストをはきたいとき、虹色千早を2面以上出来ない時、相手に②(特に八九寺真宵さんのような領域移動相殺)がいない時とわりと厳しめに考えています。このデッキ自体ストックに余裕がある事が少なく、5パンするためには最低でも6コスト必要なので早だしすることは少ないです。そもそもダメージキャッチ時のトップチェックテキスト(楓テキスト)は何回トップチェック出来たかで価値が変わります。2コスト使い早だしして②のキャラにリバースを取られる事を考えたら最高3回しか出来ません。領域移動相殺だったら最高で1回なので2コストと割が合わないと自分は考えています。どちらかというと3-0から出して追加ターンを貰えるようにするカードという認識。なので2枚。虹色千早のテキストはパンプ時自身も含むので2500パンプですが、亜美は自身を含まず2000パンプなので勘違いしないように気をつけましょう。

アイドル復帰!?律子 2
ヒール。バニラじゃないだけマシ。一応行きで12000でる。ほぼ消去法で入ったカードです。

M@STER OF IDOL WORLD!! 真 1
L3律子と真で行き12000の面が2つ出来る。それだけ。THE IDOLM@STER自体ヒールの詰め持ちや返しを見込めるキャラがいないので複数積むのに抵抗があったので3本。ヒールするより連パンで勝負を終わらせに行くことのが圧倒的に多いです。

OFFタイム真について!
0〜1を考えるとOFFタイム真のほうが研究熱心律子よりも強いのは間違いないです。しかしこのデッキはあくまで虹色千早のポテンシャル如何に引き出すかを考えて構築しているので、OFFタイム真によるレベル上昇により虹色千早がL3になってしまうとせっかく腐り札にした②のカードに役割を与え、虹色千早の維持がしにくくなるという欠点があります。自分はこの欠点を見過ごす事が出来なかったので研究熱心律子をとりました。

ヒールが薄い分、このデッキは打点が通り過ぎた時のケアが難しいです。虹色千早の特性上L2帯が長く続けば続くほど強いのですが、自身テキストで山圧縮をしている分CXをトリガーする事も多くなります。そこで3噛みからの返し打点が通って3ー4みたいな状況になったらほぼ負けです。虹色千早のためにデッキを考えた弊害です。なので専用機に近いものになっています。

他にもなんでこのカードは採用してないの?みたい事があればコメントを下さればお答えします。

最近、好きなタイトルでヴァイスシュバルツが出来て本当に楽しいです。今後もパワーアップセットのようなものを増やして、中途半端にエクブを出しただけのタイトルにも追加がくればいいなと思います。

ここまで読んで下さりありがとうございました。

登録タグ:

あなたはこのブログの 2171 番目の読者です。


テーマ:デッキレシピ投稿日時:2016/05/24 10:57
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2016年05月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在“2件”のコメントがあります。
標準のアバター 銀二ノ介 さん [2016/05/24 12:52]
セカイさん、はじめまして。銀二ノ介と申します。
パワーアップセットが来る前から、決意千早を主軸に添えたデッキを作って遊んでいました。私も集中律子を積んで相手の集中をメタっていたので、レシピにとても共感しました。勉強熱心律子もコンセプト的に入れたいカードなのは使っているのでとてもよくわかります。
しかし、決意千早単体のパワーが5000であるため、先上がり出来なかった時などに、相手のパワーが高いキャラを割れないというのがキツいと感じました。
そのため私は、自分のターンに手札のキャラを捨てつつ3面相手を割れるように前列の邪魔にならない「海外レコーディングに向けて 千早」の採用はほぼ必須だと考えていました。
レベル1はある程度流して、10th千早で面を取りに行くということなのでしょうか。
入っていない理由を教えていただけるとありがたいです。
無題 セカイP さん [2016/05/24 13:19]
>>>銀二ノ助さん
コメントありがとうございます。
「海外レコーディングに向けて 千早」に関してですが、輝きの向こう側へ!あずさ4枚以上にハンドをきるキャラがほしいと感じた事がないのと、パンプ条件の手札5枚以上が助太刀を打つことにより満たされなくなる事が多いので採用を見送りました。
L1は割るところは割り、助太刀で弾けるところは弾くというイメージです。あくまでメインは虹色千早メインプランなのでL1を多少捨てでもL2千早複数展開、シナジーを優先します。