鏡ノ世界ニハ私シカイナイ

だらだらと妙な持論や考察をChaosTCGメインで書いて行きます。

カレンダー
<<2014年
07月
>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
椎瀬 瑠杏
31 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
【Chaos】BCF2014東京地区【ネオスタン】

お久しぶりです、シーゼです。


多分最後に記事書いたのがEXBアルペジオの発売前でしたね。
特に書く内容も無かったのでROM専やってましたw


さて、2014/07/12にBCF東京に出てきたので個人的なメモを残す意味でも記事を書いておこうかなと。

本来出るべきはずの博多は用事があるため参加できない模様、なんと今期終了のお知らせw



では、早速結果を・・・



BCF2014東京 1日目ネオスタン

参加者:199人
使用OS:蒼き鋼のアルペジオ
使用パートナー:《愛のために“メンタルモデル”「タカオ」》



1回戦:《奇跡を起こす人間「東風谷早苗」》


先攻

ちなみに早苗は初対戦。
群像スタートで切り開くからイオナ着地まで。
過程で色々出来たんだけど、こちらから仕掛ける理由がまったく無かったのでそのままエンド。

相手は魔理沙から神奈子乱入、中央テキストで諏訪子着地。強い。
諏訪子除いてそのまま殴ってきたので中央とイオナで受けてエンド。

以降ヒュウガ着地して相手の盤面をピン6や全3で全面裏取りながら殴るとダメに小型キャラがちらほらと。
どうやら小型が通過ダメで流れたらしく、そのまま全裏とり続けて勝ち。




2回戦:《友と感情を得た“メンタルモデル”「ハルナ」》


先攻

実はハルナも初対戦、身内の調整で使ったくらいなのでハルナ自身を対戦相手にした事は無い。
群像スタートで切り開くコンゴウ。
イオナ引けなかったのが悔やまれるが相手がハルナなら問題なし。

相手も群像スタートからタカオ切り開く。
ハルナをタカオで受けてこちらにターンが返ってくる。

ピン6とコンゴウエクストラで中央&タカオを裏に、ヒュウガも置いて相手レベ2へ。
タカオ単騎登場レベルアップまで、相手が真ん中裏にならないため蒔絵が出てこない模様。

大体はタカオ単騎2枚のはずと思い込み、全3で裏とってそのままリバリできず勝ち。
確か最終ターンに蒔絵が出てきたはず。




3回戦:《永遠の私の鳥籠“エンジェロイド”「イカロス」》


先攻

何を思ったのか、群像ピン6イオナ切り開くでエンド。

相手Rアストレアからスタート、そりゃそうだ。
返ってきたターンで通信機ヒュウガ。

相手は智樹そはらとダイダロスで終始中央を越えつつフルパン。
スキメタカオスと日和を置かれて中央打点通らず負け。

試合後、乙女プラグインじゃなくてコストで切ったユニオンコア付けてれば辛かったとアドバイスを受けました。
確かにイカロスなんだから携帯なんて無いじゃないかとガチ凹み。もっと冷静に考えよう。




せっかくなので、そのまま続行

4回戦:《アドミラリティコードの厳守“メンタルモデル”「コンゴウ」》


後攻

相手は群像から切り開くマヤ、中央ユニオンコアでエンド。

こちらはコンゴウ単騎から切り開くイオナだったかな。

タカオ単騎の登場レベルアップで積極的に責められるも救出とかクラインフィールド展開でのらりくらりと。

終盤相手のデッキが8枚くらいになった時にショットかけるつもりでクラインフィールド展開を手放す。
相手がボトム1つ上に仕込んでいたようでまんまと返されかける
・・・がタカオ単騎を使い切ったまま気づかなかったようでこちらを突破できず勝ち。

4回戦は両者プレイングが甘い試合だったと雑談し次へ。




5回戦(最終戦):《輝く主演女優「ブリュエット」》

後攻

こちらはコンゴウ単騎からイオナ切り開くまで。辛い。

結構、展開の順番が曖昧なんだけどユルシュール&サーシャやサイネリネと順調な流れ
こちらがレベカ2枚握った関係もありあっというまに死亡。

対戦相手の方がとてもフレンドリーで「先攻取れないとプレミですからねぇw」とか話してましたw
今回の大会で一番楽しい試合だったので、また機会があれば是非リベンジしたい方です。




結果:3-2、雑魚。







感想

まず東京行くって決まったの5月くらいなのに構築や対戦を怠ったのが今回の敗因。
ただ、「環境的にこうすれば良いんじゃね?」という考え自体は間違ってなかったのが判ってよかったかな。



パートナーの選択理由

ハルナや早苗相手に勝てそうなパートナーだと思ってた事が第一。
早く貫通付くし、焼けないなら耐久面抜かれないしで使いやすい。
またEXBアルペジオのパートナー唯一上がって無かった事や作品内で好きなキャラだったのも。
あと、ハルナとコンゴウ使ってみてまったく身にあわなかったのも大きいかな・・・?

結果としてはボロボロだったんだけど、甘えた結果だから仕方ないという嫌な納得。
ただ、もっと練りこんでいけばいけるんじゃないかと勘違いしてます。←


タカオを使うデメリットとしてはネーム自体が弱いのと、抜き出た強みが無いこと。

ハルナならバトル焼きと返しまでに補充できる手札、
コンゴウなら焼きメタに引っかからない減少とイベントの使い回しとかあるけど、タカオはただでかいだけ。

横の自由度は高いけどネーム上そんなに手数は多くない気がする。


必要であれば当時の構築も上げますのでお知らせください。




とりあえず、次回はアルペジオがお仕置きを受けた時にでもw
でわでわ~ノシ

登録タグ: ChaosTCG  ネオスタンダード  1日目 

あなたはこのブログの 1218 番目の読者です。


テーマ:ChaosTCG投稿日時:2014/07/15 20:43
TCGカテゴリ: ChaosTCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2014年07月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在“2件”のコメントがあります。
無題 ジハド さん [2014/07/16 00:20]
コメ失礼します。
私もアルペジオ使ってます。
選択理由の早く貫通が付くというのはどうやって貫通を付与しているのでしょうか?
デッキ構築の参考にしたいので良ければレシピを教えて頂きたいです。
スノウ-ムーンフェイズ- 椎瀬 瑠杏 さん [2014/07/16 02:17]
>>ジハド さん
コメありがとうございます!

貫通手段はRヒュウガを使用しています。
構築に関して、および考え方については次の記事で詳しく書きますね。