勝ったら運、負けたら実力

カレンダー
<<2016年
07月
>>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
アゲハ
28 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
シーズンⅢ東京CSレポ~プレミの記録~

 お久し振りです、アゲハです。前回の記事を見返して見たところ、なんと2弾環境の記事でした……。もはや猿タマーさえ記事に残してなかったんですね……。
 とまあそんなことはおいておいて、先日の東京CSについて書いていきたいと思います。また3-2とかいう微妙な結果で需要はないかと思うのですが、負けた試合のプレミが悔し過ぎるので、こうして形に残して自分の戒めにしようかと。
 ではでは、早速ですがレポート。

使用デッキ:黄緑(ガウリ・ウリカ)

1回戦:黒黒(新ヴォルフ・新レオナ) ○
 緑単を想定してたのにいきなり黒単とかいうマイナーデッキ。ですが、友人が黒単で出場しており、自分も黒単は選択肢の一つだと思ってたのですごくやりたくなかったです。
 初ターン、Mはサラスのみキャスト。相手はベルフェとMバーレーで3コス残し。で、サラスに衰弱からのターン終わりに奔流魔弾でサラスを溶かされる。「ハンド使ってくれたラッキー♪」ぐらいに思ってたら次のターンM引けず涙目。相手はブブ出してくるし。ロヴンとヴァルトラウテで頑張る。
 3ターン目、相手は先攻で奥義「ブブバーレーベルフェバーレー」態勢(要するにfastでのS溶かし)。仕方ないのでロヴンで防ぐ。キャストできたサーガラが生き残って次のターンへ。で、そのターンのスピードで相手バーレー捲る(盤面には既に生き残ったブブベルフェバーレー)。こっちは待望のMであるサラスを捲ったものの、相手は最後のバーレーだしここで先攻S溶かしされたら負け確なので泣く泣くラティでバーン。
 結果的に、相手はハンド使いまくってるので神引きもしまくってて、ログとハンド差がつくまで粘り、甘えたSSを受け切って勝ち。
 正直なところ、相手はそれほど上手ではなかったかと思うんですが、負けそうで恐くて恐くて仕方なかったです。Mを11枚にしてるので引けないのは仕方ないんですが、それでも両面に置けないのは困りました。ヴァルトラウテありがとう。

2回戦:黄緑(アンヤ・アグネス) ○
 また変なの踏んだよ!! なんだよ黄緑ドラゴンってやったことねえよ!! でもなんか強いらしいですね……僕ちょっとよく分からないので誰か教えてください。
 あんまり覚えてないんですが、またヴァルトラウテが頑張ってた記憶はあります。序盤死にそうでまた「負けそう……」って思ってたんですが、なんか相手が先攻SMパンチでライフある側のMを捻ってくれるので、ライフある側殴ってるだけでアド差をじわじわ作っていけました。初ターンにキャストされたウルーピーニーズヘッグがすごい長い間居座られたんですが、おかげでサーガラが出てこなかったのでやりやすかったです。サーガラが出てきたターンは先攻だったので、そのターン中にきっちり処理。
 ラストターン、相手はログ5ぐらいでこっちログ12ぐらい。ライフはこっち2か3ぐらいで相手1。こちらの後攻初手M単騎を相手がM受け勝負。手札に蓮が3枚あったのですが、相手のラティがほとんど見えていなかったのでウルを探しにゴッドドロー。で、1枚目がデストロイ。(これ撃つか……?)と悩ませてくる引きやめてください(笑) とりあえず、デストロイも視野にいれつつ相手のログを削ろうと思って蓮を撃ったところ、相手が神引きを始めてラティが無いことが分かったのでそのまま押し切って勝ち。

3回戦:緑緑(ブルボン・フィリッパ) ×
 ついに緑単。が、そういうときに限ってブリュンもスカジもスケギョも引けず、刻印は作れないわサラス2面だわというボロボロ展開。初ターンはこちらライフ両面残しで相手全損と優位を取れていたものの、刻印とユニットの差(というかオーディン)でじわじわ詰められて、ライフ残ってるアドも活かせないまま気づけばライフ1に。
 後攻とった瞬間負けるので、先攻取りにゴッドドロー! これで7枚ぐらい引いてもS来なかったので、そのままついたログ差でぼっこぼこにされて負け。なんかソーンで3ターンぐらい粘れたけど、まあそれだけでした。正直、神引きしまくったのはやけくそになっていた部分があるので、反省です。相手に失礼ですしね。ログとソーンがあったんだから、頑張れば後攻でも受けれていたような気がします。そこでバーストを残していれば試合展開が大きく変わっていたかもしれませんね。
 ただまあ、そんなクソみたいな試合にも収穫はありまして、リスクプレイのことですね。もう大勢が決まりつつあったのは間違いないので、リスクを覚悟でひっくり返すためのプレイをいくつかしました。ディスペルあったら負けのソーン、前のターンにディスペル無かったから先攻初手デストロイ(結局オーディンに数値で耐えられた。なんだあの化け物)などなど。ひっくり返しこそできなかったものの、もう少しうまくやれれば山切れ勝ちの可能性も見えたので、やはりリスクを取ったプレイングは大事だなと思いました。

4回戦:黄黄(クマリ・ガウリ) ○
 初ターンに乱風とか撃たれたけど、コンバットでごり押して勝ち。2ターン目ですでに勝ちが見えそうな展開となり、相手は誘惑も除去も無かったのか神引きしまくり。結局、ログが無い黄単は何も怖くないので、次のターンで殴り勝ち。
 アビ焼きを採用していなかったらしいので、まあこっちとしてはすごくやりやすかったです。キャスター見た瞬間にコンバットで押し勝つことを決めていたので、プラン通りに勝てて満足な試合でした。

5回戦:赤赤(5弾レイジ・キチョウ) ×
 この試合です!! この試合がもう、プレミにプレミを重ねる最悪の試合で、本当に自分に腹が立ちました。この試合について残しておくためだけにこの記事を書いています!!!!
 苦手な赤赤戦。が、初手にサラスブリュンにS2枚、ウル3枚がある最強ドロー。刻印を作るよりもウルキープの方が絶対強いので、そのまま試合開始へ。目論見通り、握っていたコンバットで楽勝ムードを作り、早々に相手のライフを1に。が、この辺ですでに気付き始めていたものの、プレミを連打して攻めきれず山切れ負け。
 以下、試合展開を追いながらプレミと反省を記述していきます!!
 初ターンはよく覚えていませんが、理想キャストの先攻から互いに全損する展開へ。
 2ターン目あたり、相手は2面ヤマタノオロチ。これでアタボを取る。
 3ターン目かな? 相手がスサノヲキャスト。こちらにはブリュンヒルドが生き残ってる状態。手札にはウルウルエオー。で、相手のヤマタノオロチ単騎。どう考えても、相手はスサノヲキャストで3コス使ってるし、こっちはブリュンいるしで受け切るタイミングなのに、ひよってS受け。ブリュン倒される。で、次のターンにロヴンで強化乗せたスカジでヤマタノオロチと勝負。もちろん相手はスサノヲ生き残ってたので前のターンよりログ多い。手札に2枚目のエオーが来たとはいえ、どう考えても前のターンで受けるべきでした。無駄にハンド吐いてますね。でっかいプレミ1。
 スカジでヤマタノオロチ受け切ってそのターンはスサノヲを狩りつつライフ1へ。多分、これで余裕な展開になっちゃったから調子乗りましたね。スカジが出ているということは、こちらはあまりまともなMが出ていない状況。ここで互いにスピードで主力のスサノヲとブリュンを捲る。相手仮先攻で、スサが欲しいらしくキープ。明らかにここでギアチェンジして先攻取れば勝てるんですが、ブリュン欲しかったしライフあるしという甘えでキープ。でっかいプレミ2。この結果、以降相手はギアチェンジしてA++を置き続けることができ、こちらは1度も先攻を取れませんでした。スサ相手に先攻取れないガウリカは厳しい。で、なら先攻SMアタックを受け切るしかないんですが、さすがにヤマタノオロチ込みのSMは受ける勇気が出せませんでした。
 ソーンでスサノヲを寝かせて超有利な盤面が取れたターン。とはいってもこちら150ブリュンに対して相手は180スサノヲ。ログは、こちらが刻印2個含み4ログに対して相手は7ログくらい。いくらスサ倒せば勝ちとはいっても、隣が110ヤマタノオロチなので、ログ差もあるし無理せず横を削る場面だったんですが、スサ殴ってウル2枚と刻印を全て吐くアホなプレイング。
 さらにその次のターン、ここで勝たないと山切れ負けが見えており、焦ってデストロイを180スサノヲへ。ディスペルはケアできていたものの、普通に金剛と覚醒とで耐えられて勝機を失う。
 何が言いたいかといいますと、これ、前のターンにしっかり横殴って刻印とウルをキープし、デストロイをSに撃ってSMパンチをスサノヲに仕掛けていればほぼほぼ勝てていたのではないかということ。2ターン分を全体的に見て、でっかいプレミでした。

 とまあ、こんな感じで楽勝ムードを逃し、負け。ドロップする次第となりました。

 こうして見ると、結局のところトップメタであった緑単と赤単に勝てていないということになりますね……。悔しいです。どちらも納得いかない試合だったのがなぁ……もう1回やらせてほしいものです(笑)

 自分というプレイヤーを見て、どうも長丁場になると集中力を欠く面が見受けられる気がします。それと、負けそうな展開、楽勝な展開といった極端な状況で集中力を欠いてしまう部分も見られました。ドレノの大型大会で勝ち残っていくにあたり、かなり致命的な部分ですね……。6弾環境、特にGCS前日予選をこれから見据えていくにあたり、どうにかしないといけない面だと思います。というかこれ、カードゲームに関わらず自分の欠点ですよね。気付くことができた以上は直していくべきでしょう。
 あとはリスクを背負ってのプレイングですね。上位卓での有名なプレイヤーさんの試合を見ていたところ、やはりそういったリスクマネージメントと手札管理が自分とは異次元に違うなぁと感じました。ハイリスクとまではいかないまでも、ミドルリスク程度でハイリターンが見込めるのであれば躊躇なく仕掛けていく姿勢、またそういった場面できっちり勝っていくための手札の使い方。自分にはまだまだ届かないレベルだと思います……。
 ひとまず、ローリスクしか取ってこなかったこれまでのプレイを見直し、もっと強気なプレイングをしていきたいと思います。その中で、やがては手札の使い方も見えてくるのかなーなんて期待していますね。頑張ります。

 今回、1弾以来で初めて、エリカではない環境に入るレベルのデッキを握って大会に臨みました。まあ、ガウリカは緑単や赤単と比べるとデッキパワーが一歩劣るかとは思いますが、それでもとても使いやすく、ウリカ好きな面も含めて良いデッキだったなぁと思います。ガチ環境のデッキを握って上位の方々との読み合いに参加していくことが本当に楽しくて面白いなぁということも感じました。これからはファンデッキも握りつつ、ガチデッキでもどんどん大会に参加していきたいと思います。

 ではでは、とっても長くなりましたが、今日のレポはこの辺で。本当に悔しいので6弾環境はちょっとガチで勝ちにいけるように頑張ろうかなぁと思っています。が、なにやらアプサラスの追加が見えててずっとティロッタマーしか触っていないビジョンも見えますね……(笑)
 またそのうち何かしらの記事を書こうと思います。ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。アゲハでした。

(皆もドレノの記事書いてくれればいいのになぁ)

登録タグ:

あなたはこのブログの 519 番目の読者です。


テーマ:日記投稿日時:2016/07/18 17:09
TCGカテゴリ: ドレッドノート  
表示範囲:全体
前のブログへ 2016年07月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。