勝ったら運、負けたら実力

カレンダー
<<2016年
09月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
アゲハ
25 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
ドレノGCSシーズンⅢ本戦レポ

こんばんは。アゲハです。
先程の前日予選に続けて、ドレノGCS本戦のレポです。
さっそくさっそく。使用デッキは前日予選と同じです。

1vs黄黄(パドマ・リツコ) ○
1、2ターン目と続けてダミーを出してくれたので、こちらのライフが取られない。両面ともライフが残っているアドを活かし、シヴァビームを敢えて撃たせつつユニットを取るような動きをして、山切れ狙い。天眼もはやめに撃たせることができ、中盤以降はほぼ天眼をケアすることなくソーン眼光が撃てたので、遅延して山切れ勝ち。
黄単相手はライフ取るパターンも山切れパターンもどちらも狙えるので元々やりやすいですが、序盤に事故ってくれたのでかなり安定して戦えました。助かったって感じですけどね……。

2vs青青(6アリス・カレン) ×
青青はそれほど苦手な相手じゃないので、楽な気持ちで試合へ。動画卓だったのでニコ生で中継されてました……。
2ターン目、ハンド6枚中5枚が同名覚醒持ちのS。残り1枚がグリムゲルデ。盤面はスルーズブリュン×2。刻印1。ここで気づく。「あれ、この手札なんもできねくね?」と。SMパンチをアテナ受け宣言された瞬間に死を覚悟。ゴッドドローでラタトスクと眼光を引き、残りログは6。ルーンフォース1回使って残り5。アテナは突破できず、「SM→SM→プロメテウスに眼光合わせて次のターンになんとか……」と考えてたら飛んでくるSS連携。眼光にディスペル撃たれて死。
初ターン、相手はマリガンたくさんしてて、満開を2回してくれていたので、遅延パターンを考えていたのですから、ブリュンを落としてでもライフ両面残しておくべきでした。Mがいないからと全損を選びましたが、手札的にコンバット等守れるコードが無かったのですから、青青相手に全損を選ぶべきではなかったと思います。

3vs緑緑(ブルボン・フィリッパ) ×
予選抜けかかってる場面で緑単踏むのやめてくれー。
フリッグがいないタイミングでオデン焼きにアザゼルをあわせる、防いだターンでオデンを殺しに行くなど、終始優勢に進め、最終ターン。とはいえ、こちらはライフ1で、相手は2以上。守り切れば勝ちな場面で、スピードにグリムゲルデ。ハンドにソーン眼光。これは勝ちでは!? と早まったのが全てのミスでした……。
相手はログ10ちょっとぐらい。こっちはサモンソーン眼光を撃ってぴったし分。
盤面はスノトラオデンフリッグSに対して、スルーズブリュンザガンゲリフレ。スピードはイングとグリムゲルデ。
で、こっちの先攻1アクション目。イング撃たせたかったので、ライフ側ブリュンと無い側ゲリフレでオデン側パンチ。相手はスノトラ受けパス。ザガン効果でフリッグに衰弱。で、オデンでブリュン焼き。サモン→S単騎スルーズ受け→ソーン(ディスペル)→フリッグ単騎の流れとなり、フリー覚醒でログやハンド要求するも5ログストップ。仕方ないので眼光撃って、相手ゴッドドロー。「これは、負けですね……引いた」とか言いながら奔流ディスペル。まじかよー……。最後の最後はドレノらしく負けました。
反省点としては、最終ターンの殴り方。ライフ側SMでフリッグ側を殴っていれば、相手の選択肢はフリッグ単騎orオデン焼きブリュンのみ。フリッグ単騎ならブリュン受けで抜きにくるのにログを使っているはずなので、引いてもディスペル1回しか撃てないからソーン眼光サモンで勝ち。オデン焼きの場合、サモンからフリッグ単騎をスルーズ受けで、90グリムゲルデvsスノトラの図に。同名覚醒を持たれていたら、僕がプレイした展開と同じ展開になるので、負け。持っていなければ、スノトラでグリムゲルデに追いつく分でログを使っているので、ディスペル撃てなくて勝ちでした。
(オデン焼き後、フリッグ側にSMパンチをしてザガン効果をスノトラに投げると、ソーンやサモンを言うタイミングが無くなり、覚醒で追いつかれたあと眼光にディスペルを合わせられただけで負けるので、先にサモンをする方がよいと思います。イングにディスペル合わせても、さらにディスペルを合わせられたら、フリッグスノトラのパンチをスルーズで受けることになりますし)
最後の最後に最善手を取ることができず、相手の神引きに沈められたのでショックが大きいです……。


山切れ狙いをする機会が多いこのデッキ(実際、この二日の6勝中5勝が山切れ)を使った以上、最終ターンの殴り方はもっと勉強しておくべきでした。そもそも、普通の場面における「ライフやユニット削りを狙った殴り方」と「最終ターンの死なないための殴り方」はまるで別物です。この感覚が、最後に負けるまでありませんでした。こういったところから、デッキ選択に対する調整の足りなさ、何よりプレイヤーの質の足りなさが窺えてしまいます。
しかしながら、今回は前日予選突破、さらには本戦の予選ラウンドもあわよくば突破できるラインまで戦うことができました。これも、色んな人がドレノを教えてくれ、僕なりにレベルが上がってきた証拠かと思います。バイト先の人手が足らず、なかなか調整する機会が取れませんが、これからも頑張っていきたいと思います。

午前の予選ラウンドドロップ後はシールド戦で遊んでました。7戦中5勝でホロPR2枚もらえたのが嬉しかったです。もちろん、1勝賞は全てエリカが移っている蓮にしましたよ!!

次期の目標はどうしましょうか。とりあえず、前日予選前の権利獲得、及び本戦のトナメ出場でしょうか。
なんにしても、そろそろ賞金を取りたいものです。
GCSの二日間、なんだかんだと本当に楽しい時間を過ごせました。対戦してくださった方々、運営してくださった方々、一緒に遊んでくれた友人の皆々様に、心からお礼を申し上げたいと思います。

ありがとうございました。

ではでは、そろそろこの辺で筆を置くことと致します。
デッキ解説やその他今回のGCSに備えて考えたことなども、まだまだの雑魚なりにあとで書いて載せようと思います。
そのときまで、また。
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。アゲハでした。

登録タグ:

あなたはこのブログの 431 番目の読者です。


テーマ:日記投稿日時:2016/09/26 22:39
TCGカテゴリ: ドレッドノート  
表示範囲:全体
前のブログへ 2016年09月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。