勝ったら運、負けたら実力

カレンダー
<<2016年
09月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
アゲハ
25 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
ドレノGCSシーズンⅢ前日予選レポ

お久し振りです、アゲハです。
先日開催されたドレノGCSに参加してきましたので、そのレポを載せたいと思います。今回はそこそこ上行けたので、若干の需要はあるかな……?
まあ、例の如く、自分のための記録としてぐだぐだと書いていきます。興味がある方はぜひお付き合いください。
まずはレシピから。デッキの解説等は別の記事で改めてしようと思います。

使用デッキ:黒緑ウリカ・パウロ

M12
ブリュンヒルド・ザガン・ロスヴァイセ各4枚
S20
スケッギョルド・スルーズ・ゲリ&フレキ各4枚
ラタトスク・グリムゲルデ各3枚
ヴァッサゴ2枚
C18
ウル・ソーン・眼光各4枚
アザゼル・レジスト・ディスペル各2枚

コードの2枚ずつ入れた枠やSの3枚枠、ロスヴァイセの枚数など、まだまだ調整が足りなかったなぁとは思いますが、ぶっちゃけかなり強いデッキができたと思っています。
基本は先攻取ってでかいパンチを通し、自分は眼光ソーンで守る。
勝ち筋はアタボ3回か山切れです。

ではでは、対戦レポ。2日目もあるのでササッといきます。

1vs黄黄(リツコ・パドマ) ○
いきなり黄単かよ!!!! しかもリツコは避けたかった相手なんだよ!!!! 初ターンにカルティケーヤⅡとか出てくるしな!!!!
ソーン眼光セットがめっちゃ引けたので、山切れを狙うためにシヴァ焼きを誘導するも、レジスト見えたり警戒したりで全然撃ってこない。俊足を維持して先攻取ってアタボ3回取って勝ち。
ドラ矢がログ少ないときにばかり飛んできたので、ディスペルやソーン眼光でケアできてやりやすかったです。わりかし簡単にシヴァを諦めて落としてくれたので、こちらとしては楽な対戦でした。

2vs赤黄(リツコ・ユイ) ○
コード焼きはかなり切ってる構築だったので、リツコも合わせてキャスターを見た瞬間に(あー、これは終わったわ……)と思いました(笑) が、初ターンにハヌマーンが出てきて、霊威でナラが落ちていったので、アビ焼きに特化してウズメ音叉をタッチした型というのが判明。正直、めっちゃ安心しましたね……(笑)
わざとハヌマーンを生き残らせるようにし、猿暴れにレジストやアザゼルを撃つことで天眼や八千矛を貰っていく(ついでにログも)。これでソーン眼光の通りを良くし、粘って山切れ勝ち。
コード焼き特化じゃなくて本当に良かった……。

3vs青青(ヒカル・スピカ) ○
星座や!!!! ていうかヒカルスピカや!!!! 超可愛い……。
構築読めなさ過ぎて謎だったので、スピードカードを使えない関係を活かして手札差を作っていく。ダミーを置き始めてくれたので、ひたすらにユニットを削って神引きさせ、ソーン眼光通して山切れ勝ち。流れ星でこっちも削られましたが、Sは多めだったのでなんとかなったかなぁって感じですね。

4vs緑緑(ブルボン・フィリッパ) 時間切れ
初ターン、相手後攻でスピードカードのユニットをキャスト、Mはフリッグ1面。なのにハンド8枚ある。何が言いたいかと言うと、初ターンは後攻でスピードカード使ってW音叉してやっと手札上限を超えるので、音叉1回しかしていない相手の手札は1枚多かったわけです。これを指摘して、手札1枚を山に戻す裁定に。が、山に戻してシャッフルする前からすでにジャッジがいなくなってしまい、延長を取ってもらうことができませんでした。対戦相手の方も、ややプレイが遅い方で、こっちは察してかなり早めましたが、あえなく時間切れ両者敗北。
最終ターン、ほぼ間違いなく守り切れる盤面及び手札であり、守り切れば山切れ勝ちだったので、悔しい結果になりました。
友人が「最終ターンに中途半端な殴り方をするから、相手に悩ませて時間かかった」と指摘してくれ、最終ターンの殴り方をもっと考えるべき、と教わりました。次の記事に書きますが、結局この最終ターンの殴り方について考えが足りなかった結果負けており、ジャッジを呼び止めて延長を申し出なかった、相手にプレイを早めるよう言えなかった点等も含めて反省点の多い試合だったと思います。

5vs緑緑(ブルボン・フィリッパ) ×
時間切れのショックが大きくてあまり覚えていません。
イングを撃たれまくって先攻の優位をほとんど取れず(ディスペルは引けてなかった)、こちらの眼光にはディスペルめっちゃ合わせられたので、「こりゃ無理だー」と思った記憶はあります。

6vs赤赤(5レイジ・キチョウ) ○
やっとメタ張った赤赤。が、赤赤相手にしたときの、事故を除いたほぼ唯一と言っても良い負け筋である水鏡連打をされ、めっちゃピンチに陥る。具体的には「SS140点で」「水鏡撃ちます0点で」を2回もされた。初ターンにも水鏡で1点に抑えられてた。結果、ずっと全損が取れなくて、先攻取っても殴るのめっちゃ難しかったです。Mがあまり引けず、SSSMの盤面だったのでSMパンチから入れなかったのは仕方ないですが、もう少し早めに札切って全損取っても良かったかなぁとは思います。
ソーンが初ターンに2枚消えたし、めっちゃ厳しかったですが、コンバットや眼光で誤魔化して山切れ勝ち。赤赤相手にはライフ取って勝つ予定だったのに……。
最後、先攻取れば山切れ勝ちの場面。俊足は倒されていてラタトスクも使い切っていたので、近江置かれてたらもう1ターンかぁと思いながらA++を置いたところ、相手チルヒメでバーン。(よし勝った!)と思ったら次もバーンしてこっち先攻。あと山1枚少ないかライフ1点取られたら負けになってたというまさかの展開にはビビりました……。意外な勝ち筋負け筋がまだあるものなんですねこのゲーム。


と、こんな感じで4-2(実質は5-1)で終了。時間切れがあったので期待していなかったのですが、オポメントでギリギリ滑り込み(予選抜け25人中25位)、前日予選抜けが決定。良かったぁ……。
というわけで、次の本戦記事に続きます。

登録タグ:

あなたはこのブログの 370 番目の読者です。


テーマ:日記投稿日時:2016/09/26 22:31
TCGカテゴリ: ドレッドノート  
表示範囲:全体
前のブログへ 2016年09月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。