環境めたってなんぞや?

カレンダー
<<2017年
01月
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近のブログ

[2017年03月10日]
【SV】神々の騒嵐(0)

[2017年02月03日]
【WS】その規制、物申す!!(0)

[2017年01月10日]
【WS】最高傑作(3)

[2016年12月31日]
今年の総括(0)

[2016年12月30日]
【SV】環境考察(0)

[2016年12月28日]
【SV】第二環境 まとめ(0)

[2016年12月27日]
【WS】運による収束(2)

[2016年12月24日]
【WS】雑記(2)

最新のコメント

[2017年01月10日]
【WS】最高傑作(3)

[2016年12月27日]
【WS】運による収束(2)

[2016年12月24日]
【WS】雑記(2)

お気に入りブログ
ユーザー情報
醜態
23 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
【WS】最高傑作

新年初投稿になります!!
去年は閲覧数めちゃ多くて、見ていただいた皆さんありがとうございます!!今年もよろしくお願いします!!
今年度からはヴァイスシュバルツだけではなく、シャドウバースや最近配信されたコードオブジョーカーなどのアプリカードゲームについての記事も書いていこうと思っていますので、よろしければそちらの方もお願いします!!
(PMは2年前から全くやっていなくて、久々にカードリスト見たものの、ルールを忘れたんで引退しました)


今回はWS始めて6年?になりますが、今までの最高傑作のデッキができたのでそれについて色々書いていこうと思います!!
ただ、前環境をベースに組んだデッキなので、BCF2017環境で強いといえるかと言えば微妙なラインなのでそこだけご了承ください。
一応、BMやIMCなどデッキパワーが高いタイトルが多いので規制次第ではまだまだ暴れると思います。

以下、デッキ解説。



レベル0
お姉さまへの憧れ 黒子 4
“パッションオレンジ”美琴 4
夏の楽しみ 黒子 4
放課後の初春 3

レベル1
息の合った二人 美琴&黒子 4
運動神経抜群 美琴 4
ある日の休日 美琴 3
“パッションピンク”初春 3

レベル2
“多才能力者”木山 2
固法 美偉 2

レベル3
一つ屋根の下 美琴&黒子 4
“ただそれだけ”美琴 4
放課後の佐天 1

クライマックス
超電磁砲 4
目撃者(能力とチカラ) 4



パワーアップセットで強化はされたものの、一般の評価がパワーセット自体低いですが、禁書が好きだから使ってみたら、普通にクソ強かったです。
で、現時点の環境と照らし合わせてどう強いか?という点を中心に解説していきたいと思います。

・レベル0について
この4種の中で移動以外は元の採用率の低いもしくはパワーアップセットで強化されたカードなので立ち回り等含めて一枚一枚書いていきます。

放課後の初春
今回で1番強いカード。
とあるに欲しかった手段として安定した手札補充が永遠の課題だったのが、前回滝壺によって強化されたため、少しは手札に余裕持てるようになり手札を補充できるが、集中で手札が増えない、クロックドローへの縛り、山札削るために集中する際にテキスト使用の負担が大きいという点があったため、不満も少しあったけど、このカードは全てをクリアしていまく。
クロックドローへの縛りというのは、クロックドローをするタイミングというのは基本的にいつでもというのが当たり前ですが、山札枚数で行動範囲でリフレッシュに合わせるときにクロックドローを避けるというのもあると思います。
クロックドローの重要性として、手札の枚数キープ、集中を2、3回回したときに山札枚数調整、クロックダメージのキープ等このゲームにおいて最も重要といっても過言ではなく、2つ目で言ってるけど、集中と兼ね合わせたクロックドローの仕方というのが最もと重要だと思っています。クロックドロー無し→集中という流れ>クロックドロー且つ集中といつ流れ等によって、より綺麗なリフレッシュを迎えることができたりするので、クロックに置くといった滝壺のようなカードをメインとした場合、それするための行動範囲が縛られるために山サーチ集中はこのゲームにおいてほぼ必須だと思います。
つまりは、単純に山札から好きなカードを持ってこれる可能性とリフレッシュを迎えるために山札を調整することができるといった2つの仕事を持ち合わせているために必須だと言えます。
1枚あればいいので基本マリガンキープでレベル0で殴った次のターンからガンガン山札削りして大丈夫です。

夏の楽しみ 黒子
コンソール持ちで早出しのトリガー。
バウンス能力がめちゃくちゃ強くて、後ほど説明するレベル1で発動したときにデレマスに少しでも届くことができる点、クロックドローのために盤面に置いておくことができる点、コンソール可能とった1枚で重要な役割を3つ熟すことができます。
パワーが貧弱であるため、回収、サーチ先としての優先度も低いので前線を張れるようなカードではないのでそこに注意。

“パッションオレンジ”美琴
既存カードですが、アクセラレータと意見が分かれるところだと思います。
これに関しては人によって意見が違うと思いますが、もしアクセラレータで相手の3500キャラをストック相殺できたというときに相手のストックに3500キャラが眠った状態でリフレッシュを迎えるのと、素出ししたときに美琴とアクセラレータどっちの方が相手に潰させるべきかとなったときのことを考えれば美琴の方が優秀なため採用してます。
相手に潰させれやすくなければ場持ちがいいんじゃないの?という点に関して、相手の3500がアクセラレータに突っ込む価値と美琴に突っ込む価値には大きく違いがあり、アクセラレータの場合はアンコールを許さないという点はありますが、受けで1点盤面を押し付けれる、また移動で逃げればいいという点があるため今の環境ではストック相殺が上手く活躍できるとは思えません。
逆に美琴の場合は、サブテキストでトリガーチェックで自分のキャラに+1000できるといった一件確率論のように思えますが、後上がりで下げられたときにそれのせいで盤面処理された、というのがある点で相手自らがレベル0でこのカードに突っ込んできてくれる可能性があるからです。
そんなのは相手の手札次第とかじゃないのかとなると思いますが、ほうっておかれても開始にこちらに確定で相手のキャラ潰せるキャラがいる、もしくはレベル1でトリガーチェックでパンプできるためにカウンター圏外に持っていける可能性があるため、ほぼ確実に処理はされます。


・レベル1について
多分このデッキの一番の特殊はレベル1のカードだと思います。
これは化けを意識したもので、黄色のクロアン美琴じゃなく運動神経が入ってる理由については放課後の初春のところでクロックドローについて書いてあるため、そこを参照しつつこのカードの採用となっています。
ここで立ち回りの話になりますが、デレマスのレベル1が相当キツく設定されているように思えます。
デレマスへの対処としては早出し対処としかならなくなり、早出し失敗したらどうするの?という点については50試合以上は回しましたが、出さないとマズイとなったときに出せなかったことがないくらい安定した出しやすさなので問題ないです。
また、デレマス対面したときに、レベル0のクロックドローは確実で必ずレベル1に先上がりすることを意識するために先攻の場合、初手エンドは確定で後攻の場合(先攻の場合でも)手札にレベル0が溢れていようが必ず1パンのみをすることを意識します。なので、移動でわざと相殺にぶつける行為は確実にしません。また、相殺で倒すべきキャラは黒子を下げて倒していきます。
カムシン互換が入っているのは、化け物の場合、相殺以外で確実に倒されないためで、木山や集中、カムシン互換と不必要となった後列キャラを投げるタイミングが取れるためです。
別枠で初春の集中が入っているのも化け物意識で相殺を取れるのと最低限の仕事が2つあるため(それについても放課後の初春参照)。

・カウンターが麦野ではなく固法である理由
このデッキのコンセプトとして、集中を利用し、欲しいカードを加えつつ、山札を削っていくことで、雑な山札削りがあるためにデッキのクライマックスを落としたくない局面が2週目の山札では多いためにキャンセル確率が増えるかなくなるかの択を与える麦野ではダメだということです。
なら、なぜバニラカウンターを入れるのかということですが、木山が引けなかった場合の保険で、コスト管理上殴った後の木山+1500として利用できるために入っています。
化け物を意識しているのに神原の択を切っていないか?という点についてですが、神原をケアするならカウンター不採用も考えられますが、神原の場合、早出し3コストアンコールもしくは後出しで超電磁砲で盤面維持をさせないのが目的となっています。なので、クライマックスを落とす可能性を秘めている麦野は不採用となっています。
ちなみに麦野使ってクライマックスも落ちず、キャンセルしなかったら超電磁砲を引ける確率が高まるのでは?という点は、それはただの結果論なのでそういうコメントは受け付けません。
ビックスパイダーは単純に早出しに対象が取れないため。

・レベル3について
化け物やデレマスを意識したときに回復兼を切る時点で詰められたら終わりなので屋根下4枚、佐天1枚となっています。
そもそも木山採用型なので、特徴持たない佐天で突破できるキャラが少ないから回復出し真宵等を餌にしていく程度です。基本的に屋根下でフィニッシュを狙っていきます。



以上です。
ハルヒはまだ練れてなくて、ごちうさはまだ調整といったところです。

何かあったらどうぞ!!

おわり。

登録タグ:

あなたはこのブログの 1507 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2017/01/10 08:23
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2017年01月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在“3件”のコメントがあります。
【アバター】関東「アイオーンの聖女 越ヶ谷莉紗」 佐々木 さん [2017/01/10 11:51]
コメント失礼します

助太刀麦野は相手の山3枚削りなので自分の引きには影響しないと思います
事故っても色発生や場に出せるから固法かと思ってました
無題 醜態 さん [2017/01/12 02:10]
引ける確率というのはただの確率論ですけど、キャンセルも落ちてキャンセルしてればとか落とせばキャンセルという運ゲーに持ち込まなければならないのが嫌いだからというのも込みでそれのせいで引けないというのと書いたつもりではいるんですけど、山札削ることによってクロックドローとかで調整がいく山札枚数とかリフタイミング取れないので3枚削りはぶっちゃけて言えば弱いです。羅針盤は別ですが。
あとは緑がそこまで多いわけではないので色合わせ程度です
無題 醜態 さん [2017/01/12 15:43]
失礼しました。
効果自分が3枚落とすものだと思っていました。色合わせということも兼ねていますが、結果どっちでも大丈夫ですw