POWER is EVERYTHING. More is Better.

埼玉・東京に突如として発生したヘボTCGプレイヤー、フキョーワヲンが
トロけた頭で人騒がせなコトを企画したり、チラ裏に描くようなことを
まとめたりする産廃のようなブログ。
現状、記事はZ/Xのみ。

カレンダー
<<2013年
02月
>>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
フキョーワヲン
33 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
I was born to スカートめくり with mono Blue

そんなわけで久しぶりの記事です。
というか筆不精気味すぎて宇宙。

さて、今日のテーマは青単速攻です。
そも、なんでリソース連携全盛時代に単色?ってのがあると思います。まずはそこから。

と、その前に。
まず、超重要な大前提です。

フキョーワヲンは速攻を使いたい。

これ、大前提。
強いデッキなら他にいくらでもあります。
綾瀬(中略)杯で優勝された清書さんの赤青ブレイバー(決勝はお見事でした)とかTOP8に入賞されたもじゃさんの赤青フルホロ(すげぇ)や閃光成人さんの白黒緑ルクスリアコントロール(←負けました)とか、非常に完成度高いと思います。
実際、真面目に考えればもっと他にも強いデッキはあると思います。ですが、フキョーは速攻が使いたいのです。

また、ここで言う速攻は目標キルターンを5~6(リソース7~8)として定義します。
これが速攻として目標すべきギリギリのキルターンだと思います。
ちなみに、システム上最速キルターンは3ですね(一応2もあり得ますがそれは相手の事故です)。

それでは本題に参りましょう。

環境分析。

やりません。っていうか速攻には必要ありません。
そういう七面倒臭いことは遅いデッキがやればいいことです。
そもそも、速攻はどんな相手にも常にチャンスを持っているデッキです。
Z/Xそのものにシナジーがある、とまで言われているのが速攻なのです。

では、速攻がすべきことはなにか?

『速攻対策』対策

これに尽きます。実際、速攻対策として有用なカードが増えて来ました。
出された場合の対処法についてもコメントしていきましょう。

●野蛮の魔人バルバルス

1.5弾カードですが、今だに速攻のテンポを2つは持っていきやがります。
対処法:IG絡めて3コストによる3回殴り

●樹海の乙女フィーユ

2弾カード。自身の高パワーと盤面埋める能力は説明不要な強さ。
この能力でチャージ3のバルバ出されると投了レベルでした。
しかし、フィーユ自体が減ってきているのは、ちょっとした僥倖ですね。
対処法:PS横を埋め続け、フィーユで出せる有効な場所を制限する。

●滅獄竜デスティニーベイン

3弾カード。言わずと知れた大本命。
手札1枚で一体いくつの交換を奪うのか。最速着地なら間違いなくライフ1点を守れるカードです。
速攻使う上で、常に意識すべきカードです。
対処法:一撃で殺す。もしくは小出しにして手札消費を強要する。

この3枚が間違いなく敵です。
あと、下馬評で対策になるとか言われてたカードについても。

▲オリジナルⅩⅢ TypeⅩ“Mb29Ve”

通称おにくちゃん。胸部装甲が大変素晴らしくて抱きつきたい。
……でも、実際場に出されても抱きつきたくなるだけ。
このおにくちゃんが働くのはコストが余ってる時です。
速攻は、そもそもそんな余裕を許してはいけないのです。

他になんかあったっけ?分からね。
あ、そういえばこんなのもいたね。

▲赤白連携

バーン効果2種、揃えば強いよ。

▲黒白連携

手札回収と3コスト破壊、揃えば強いよ。

▲青緑連携

リソブとバウンス、揃えば強いよ。

連携は総じて、揃えば強いとしか言えない。
前述の目標キルターンから言えば、使われるのはせいぜい2回程度。
そしてその不安定性。使われた運が悪い程度に考えるしかありません。

これらを意識して、じゃあ構築しましょう!

なぜ青単?

さて、ではなぜ青単という結論になったのか。
その流れをご説明します。

まず、速攻使い的に注目した3弾カードはもちろん赤青連携です。
全体バーンとドローとか、速効的には非常に有用です。
ですが、実はもう3つ注目すべきカードありました。

蒸発機械エヴァポレイション
ご存知イレイス効果を持った3コスト4500IG持ちです。

巨大時計バークリウム
IGを持たないメタフォにレンジ2をもたせるマジキチカードです。また、自身も8000という高打点。

永遠の隠しキャラ アサギ
POWWWWWEEEEEEEEEEEEEEEERRRRRRR!!!!!!デメリットとか攻めてなんぼの速攻にゃそんなの関係ねぇ!!!

他にもアテナとかウェアヘッジホッグとかいます。
が、全体的には青に速攻向けカードが集まってるなぁ、という結論になりました。
さらに、エヴァポとイレイスでIGをひたすら戻す動きが速攻のめくる戦略に適合していたので、このあたりを軸にすることとしました。

はい、このあたりを適当に詰め込んでデッキを組みます。
回します。10戦くらい回します。そのうち何かに気付きます。


揃わぬ赤青連携。


そうです、キルターンを詰めているので、赤青連携が揃わぬ間に勝ち切ってしまうのです。運命力が足りないとも言う
当然「要らねぇんじゃね?」という発想になりました。そこからは簡単です。減っていく赤、近づく青単。デッキが真っ青になるのは時間の問題でした。

構築実践

前述した諸々で組み上がったデッキが以下のとおりです。

#################################################################

プレイヤー:あづみ

2コスト×13
イレイス×4 VB×4 ミリオンレイン×3 シェアト×2

3コスト×17
バニラスタートカード×3 LR×4 エヴァポ×4 IGバニラ×6 

4コスト×8
アリオト×4 バニラ×4

5コスト以上×12
リゲル×4 アサギ×4 バークリウム×4

#################################################################

では採用理由を述べて行きましょう。

●イレイス、エヴァポレイション
手札入れ替えは強いです。というかデッキコンセプトです。

●シェアト
正直積みたくないですが、青の2コストはこいつくらいしか居ない。
手札引いても戻せるので、許容として2枚が限度でした。
3枚積むとシェアトシェアトという暗黒のドローをするためです。バニラすら抜けないゴミ。

●バニラスタートカード
エヴァポは先手なら高確率で能力持ちスタートカードに叩き付けられますが、それ以外だと出しづらいです。
また、3コスト5000をデッキ内に12枚は確保したいためですね。後手6枚の手札に一枚は来る確率を求めています。
なお、バークリウムの都合により、このバニラスタートカードはメタルフォートレスを強く推奨します。

●ミリオンレイン
速攻の最大の敵は速攻です。少しでも有利をとるならコレしかない。
相手がこっちよりめくってきてもひっくり返せる神、いわゆるゴッド。

●アリオト
マイフェイバリット。好き嫌い分かれますが、僕は大好きです。
攻守逆転以外にも、強引に4パンチすることもできます。言うて速攻には不可欠ではないでしょうか。

●リゲル
強い!説明不要!乳揉ませて!(真面目に言うと、バルバとかデスベとか相手に抱えてるとちょー楽)

●アサギ
デスベ対策として最も単純な切り札。返しも青竜か緑竜、フィエリテでもなければ、一撃では抜けません。
(もちろんアサギはアサギで抜けますが、その場合PSに立たせられないので、PSには大体の場合でIGバニラが鎮座します。それなら次のターン確1ですよね?)

●バークリウム
青相手に8000以下PSを甘えとまで言わせる元凶。IGで囲んでバークで抜く。簡単。
返しもパワー8000は簡単には抜かれませんし、高パワー落としてきたら相手PSはガラ空きっすよ。
また、スタートがメタフォならこのバークリウム能力を付与させることもできます。最大6パンできますぜ。

こんなところですね。
一応スタートカード2枚に関しては自由枠です。速攻が多い環境ならミリオンレインかコメットシュートを追加してみると良いかと思います。第一種戦闘配備なんかもコンセプトに符号して楽しいでしょう。ただし、休日はちょっと厳しいかもしれないです。速攻ですから3コスト余らせるのが割と骨。強いけどキルターンが……

プレイング

攻めろ。
攻撃は最大の防御です。
速攻は常に相手に守らせるように立ち回らないといけません。
速攻同士の対決なら先に守らせたほうが勝ちます。
また、速攻は常に次のターンのことを考えてプレイングしてください。
次のターンに引くであろうもの、展望的にキープしておくべきもの、相手がめくってきた時の準備。
速攻の考えることは多岐にわたります。イメージとしては、

手札総てを使いきって殺しきる

となります。ですから、全ての手札を無駄なく使い切ることだけを考えます。
また、そういう懐事情を緩和すべく、このデッキには後半で引きたいリゲル、アサギ、バークリウムを4枚投げ込んであります。3枚でもいいという意見はもっともですが、これは序盤に気兼ねなくリソースにおけるようにしてあるのです。ゲームプラン上どうしてもこれら3枚は、1回は使う可能性があるんですね。

そもそも、初期リソース落ちでデッキ残数2枚というのは不安がつきまといます。ゆえ、これら高コストカードの2枚目をリソースに置くときは、最低限2ターン先の展望と、デッキに残っていると期待される枚数と相談してから置いてください。ライフにある可能性だってあるのです。
速攻において一番頻発するプレミは置いてはいけないものをリソースに置いてしまうことです。

性質上、IG100%成功する人が速攻使えば絶対勝てます。ですが、そんなことは不可能です。
実際、運頼みの人は運が悪くなったら途端に勝てなくなって、あまつさえクソゲーとか言い出します。
とはいえ、実際には期待値以下のめくりでも、初手に3コスト引けなくても勝てます。というか勝ちました。(もちろん、3コスト引けない=デッキ内に少ない=ライフが強いなどはありましたが)

あーだのこーだの言って来ましたが、結論から言って速攻は勝てるデッキです。
ですが、めくりが悪ければ悪いほどにプレイングが問われる奥深いデッキではないかと思います。

是非、トップに賭ける刹那的なスカートめくりを楽しんでください。

PS

バトルドレス化したあづみだけど、むっちりしたハイレグとかエロいよね。むっつり。

PPS

超速変形はムリ。

登録タグ:

あなたはこのブログの 809 番目の読者です。


テーマ:日記投稿日時:2013/02/15 01:32
TCGカテゴリ: Z/X -Zillions of enemy X-  
表示範囲:全体
前のブログへ 2013年02月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。