弥七さんのブログ

カレンダー
<<2013年
12月
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
弥七
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
ディメンション・ゼロ 全日本最強決定戦2013レポート

全日本最強決定戦2013

・0回戦目
始発出発から乗り換え8分の間に新幹線チケットを購入できれば受付時間に間に合う計算。
元々シビアなマッチアップだったが、乗り換えタイミングで緑の窓口正面スクエアにユニットがいなかったので最速パターンでチケット購入。
そのままスムーズに動け無事0回戦突破。


《使用デッキ》

フォーマットは全最オリジナルの245構築の2デッキ制。
詳しくはこちら→http://zensai2013.sblo.jp/article/80007994.html

詳しいレシピはこちら→http://tocage.jp/blog/5142/1388815396.html

・Aデッキ:青タッチ黒カニアーミー
カニアーミーに懺悔の螺旋階段のため黒をタッチしたもの。
螺旋階段カニアーミーで相手の手札を枯らし、対応できなくなったところをアーミーでドサっと行きたい。
七つの海の王子+レッドアイで盤面のお掃除も可能。

・Bデッキ:赤単フレアロード
このフォーマットで使える禁呪無しフレアロードをいれて、あと役に立ちそうなカードを色々つっこんだもの。
超弩級波動大筒が楽しい。
諸事情により禁呪がダダ余りだったので万手ブレードを3枚入れてました。

当初はBデッキに秘密兵器を用意してたがイマイチで、色々やって「これだったらフレアロードでいいか」となり恥ずかしい秘密は守られた。
今考えると元々のBのための禁呪はAで黒衝撃に使うべきだったかも。

さて、大会形式は本戦スイスドローのあと、上位4名による決勝トーナメントが行われる形。
各地で行われた予選の上位者には本戦スイスドローの最終得点が+1される。これは大きい。
ちなみに去年の成績は予選ポイント込みで5位。
ギリギリオポネント差で4位になれなかったので今年こそは決勝トーナメントに行きたい。
去年の4位は同じゼロハウスのアド吉先生ことDさんことディスアドさんこと大嶋さん。ぐぬぬ。
今年は予選ポイントがとれなかったので逆境である。



《本戦スイスドロー》

64名参加で6回戦でした。
今回は大会運営ソフトのTCGマイスターが使用されております。
http://tcg.sfc-jpn.jp/index.asp
ほんとすごいよこれ。


・1回戦目
Aデッキ:青単スカイロード
相手の手札増加をおさえられなかったが順調に展開していく。
詰めようとしたらキャラを出されたが、相手の手札にマナカが無く勝利。
……今思い出してたらパウダースノー出されていたような。
Bデッキ:……思い出せない。勝ち。
合計6点。


・2回戦目 清書さん
Aデッキ:赤青急襲
初手から握っていた歓迎の宴で最高のタイミングでリムセを倒せて勝利。
Bデッキ:緑単ビート
アキロが無いのはありがたい。勝ち。
合計12点


・3回戦目
この時点で全勝が2人だけらしい。配信席へ。
Aデッキ:青単ビート
3ターン目侵略者の一撃レッドアイで覚醒元をつぶす。
そのまま流れを持って行き勝ち。
Bデッキ:赤青急襲
トラッシュを焼かれて辛い。しかし万手が綺麗に決まったりで一進一退。
そのまま時間切れ。引き分け。
対戦中スマッシュ上がったリムセにスマッシュされた時、うっかり一点入れた後ドローしてしまい警告一回いただく。こういうの気をつけないと……。
合計16点


・4回戦目 とーるさん
Aデッキ:黒単
螺旋階段から手札枯らしてから攻めて勝ち。
Bデッキ:緑単ビート
アキロが無いのはありがたい。勝ち。
合計22点


この時点で単独トップ。
IDが認められているため、これ以降の試合で2回IDすると28点になりオポネント含みで決勝トーナメント確実。
次点が現在21点のくべゆりさんとこかげさん。次に当たるのはこのどちら。
こかげさんは予選ポイントを持っているため実質22点で、自分と当たればID安定。
くべゆりさんは予選ポイントもっていないので当たったら普通に対戦んだろう。
……ってディスアドさんが言ってた。
「この状況で決勝トーナメント行けなかったらマジありえないwwww」
とありがたい言葉をディスアドさんからいただく。


・5回戦目 くべゆりさん ぐぬぬ。
こかげさんがよかったなあ。TCGマイスターのマッチングは優秀だなあ。
Aデッキ:赤単フレアロード
螺旋階段で手札落としたらヤガスリが楽に出てきて蹂躙される。
螺旋階段しすぎで負け。
この試合中プランで張り付いていた2枚をめくってしまい警告。さっきとは違う状況ということで別種の警告というジャッジの判断。
同種の警告ならこの場でデュエルロスだった。だから気をつけないと……。
Bデッキ:緑単ビート
相手の2ターン目、プラン→バニーフラッシュ→プラン→バニーフラッシュ→プラン果実。
そこからの豊富な展開力で負け。
合計22点


というわけで、決勝トーナメント残るには次に2縦しないといけない状態に。

よっしゃやるしかないぞー。と思っていたらここでジャッジに呼ばれる。
内容はさっきの対戦での警告について。以下箇条書き。
・あの場では別種の警告という判断だったがどちらも「非公開領域を見る」という同種の警告だった。
・同種の警告2回なのでデュエルロスが発生する。
・先ほどの対戦は終わっているので、まだ結果の出ていない次の対戦にデュエルロスが適用される。
・以上がヘッドジャッジの判断である。
というわけで、次の対戦は自動的に負け=決勝トーナメント落ち確定!
ヘッドジャッジ判断だし上告できない!
私の全最はここまでだったか……!
自分のせいとはいえ、このタイミングは面白すぎる。自分には悪い意味で!
……次の対戦がんばろう。


・6回戦目 じょんさん
ここでラスボス来たー! なんでこんなところで……。
TCGマイスターのマッチングは優秀だなあ。大会を面白くしてくれる……。
Aデッキ:赤緑神龍
デュエルロス。後で対戦させてもらったら砲撃王に蹂躙されて負け。
Bデッキ:白黒マジョリティ
警戒しすぎたり万手にこだわりすぎたりで展開を遅らせてしまう。
じわじわと押されて負け。
合計22点


これで本戦スイスドローが終了。
結果的に自分は決勝トーナメント行けず、決勝トーナメント行けたのは

くべゆりさん (5回戦で当たった)
じょんさん (6回戦で当たった)
こかげさん (4回戦で当たりたかった)
ディスアドさん (「この状況で決勝トーナメント行けなかったらマジありえないwwww」)

なんということでしょう。
結果的に自分は上位陣に勝ち点振りまいていたという悲しい結果。
というかディスアドさんなんなんだよ。去年と同じ本戦4位かよ!


《決勝トーナメント》
出場できず。
横でTCGマイスターのぽんたさんへのD0ティーチングやってたりしました。
D0やってみて面白いと感じてもらいうれしかった。


ってなわけでそのあと打ち上げいったりもありましたが大会レポートは以上。
個人的には色々と残念な結果でしたが、とても楽しめ良い時間をすごせました。
来年はもっとがんばろう。ギリギリ行けてない人になってるっぽいからなあ。
対戦相手の皆様、大会運営の皆様、お会いできた皆様に感謝。
次のD0企画委員会のイベントはZ/Xの第五回綾瀬(中略)杯と一緒に何かやるらしいので、それも楽しみ。

以上、ありがとうございました。

登録タグ:

あなたはこのブログの 1245 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2013/12/29 06:25
TCGカテゴリ: ディメンション・ゼロ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2013年12月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。