み語り

おっさんゲーマーが色々と。

カレンダー
<<2022年
04月
>>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のブログ

[2022年04月11日]
前略道の上後略(0)

[2021年03月01日]
今日の敵は今日の友(0)

[2020年11月02日]
LはLOVEのL(0)

[2020年05月05日]
パスしたい話題(0)

[2019年10月10日]
継続はかなり力なり(0)

最新のコメント

[2015年02月18日]
賞金制云々とガチゲー云々(1)

[2012年05月10日]
鶏肉的法令遵守(3)

お気に入りブログ
ユーザー情報
57 歳/男性
5時間以内
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
前略道の上後略

今日のツイッターのTLに流れてきたんだけど、エターナル界隈に「《根絶》問題」というのがあるんだそうで。

曰く。相手がドローしたカードをメインに入る前に《根絶》したい。でも《根絶》を持っていることは悟られたくないし、あわよくば相手が引いたカードを狙い撃ちしたい。なんとかならんか、的な。

あ、《根絶》分かんない人は調べて。書くと長い。

これ、遊戯王におけるマインドクラッシュ案件ですわな。んで遊戯王がマインドクラッシュ巻き戻しを認めてるって流れからの同様の話。

なんだけど、マジックと遊戯王で決定的に違うのは、マジックには「プレイの省略」がルールによって認められていて(イベント規定4.2)、むしろ省略するプレイングの方が本道である、という考え方があるのよ。この「ルールによって認められている」のがすごく重要。

マジックでは一般的にはドローが済んでから「メイン入ります」宣言する人があんまりいない(一部いるのは存じてます)。これは「通常のゲームにおいては、そのタイミングで割り込んでくるカードがほとんど存在しないため、一般的には省略されるものとみなされる」という共通認識によりゲームが省略されていることを意味する。

でもってマジックにおいては「通常省略されるようなことを逸脱する場合は、ちゃんと宣言してから割り込んでね」というルールがこれも前述のイベント規定の同項目に存在する。例えば一例として、通常は優先権を維持したまま複数枚のカードをプレイすることがめったに存在しないため「カードや能力をプレイしたら何も言わなけりゃパス」とみなすとある。ドローからメインに入るのもこれと同じ理屈。

では相手がドロー後パスしてメインに入ったという事実が省略されるとすれば、ドローに《根絶》撃ちたければどこでどうやって割り込むべきか?

これのキーは「省略の逸脱の宣言」はターンプレイヤーにも適用されることにある。

ターンプレイヤーがカードを1枚引いて、その後に「一呼吸を置く間」、もっと具体的に言うなら「そのプレイヤーが引いたカードを認識して、ドロー中にプレイする可能性があるカードを発見して、プレイする可能性に至って優先権の維持を宣言する」に相当する時間何も宣言しなかった場合、それは「ドロー後の優先権をパスしたが、具体的なパスを省略した」とみなせるので、そのタイミングで《根絶》側が「ちょっと待って! ドロー後メイン前にしたいことがあるから!」と宣言すれば、それはジャッジ的には認められると思われる。そこで相手が《根絶》に気づいて「いや、ドロー後メイン前に撃つつもりだったから!」と言ったとしても、それは通らないと思われる。なぜなら、通常は省略される行為に対する逸脱を宣言するのに十分な時間をかけたにもかかわらずそれをしなかった、と言うことは、その省略を実行した、とみなされるからだ。

ここに置いてもう一つ重要なことは、マジックにおいては「ターンプレイヤーが、相手の反応を無視した場合に、ドロー後のメインフェイズではなくドローステップ中に何らかのカードを撃たなければいけない事象がほぼ存在しない」ことがある。なので、ターンプレイヤー側から毎回「ドロー終わり、メイン」というのはほぼ意味が無い。であれば、《根絶》プレイヤーは単に、相手のライブラリーからカードが離れたところで「んじゃその後メイン前に」って言えばいいだけなんじゃないの? 相手は基本的には省略するのが当たり前なんだから、相手の機嫌なんか伺わなくていいでしょ?

これを踏まえてさらに言うと、ターンプレイヤーが「今引いたインスタントをメイン前に優先権渡さず撃とうと思った!」ほぼ通じないというのが自分の認識。なぜなら、相手の空気を無視した場合に、能動的にそのインスタントをドローステップ中に撃たなければいけない論理的な理由が存在しないからだ。ターンプレイヤーからすれば、ターンの一発目にプレイするカードは、メインであってもドローであってもなんら変わりが無い。それを「いや、ドローに優先権渡さずにプレイするつもりだった!」と主張するなら、ジャッジは「その理由は?」と聞くだけ。適切な回答例あります?

逆も然りで、相手がメインに何かソーサリー的な物を撃ったところで、それを見て「いやー、ドローステップ中にそれを宣言するつもりでしてね?」も原則認められない。唯一認める余地があるとすれば、相手がドローとしてライブラリートップをチラ見して、間髪入れずにそれを叩きつけたときぐらいかな。普通は引いたカードは手札に入れてそれから出すだろうから、そこでカードに手を掛けた瞬間に「待った!」って言う時間ぐらいは普通あるよね。それをやらんでおもむろに相手のカードを見てから「いやー実はそれを(略)」ったって通用しないよ。

もちろん、遊戯王界隈だとこれが違うってのは重々存じてる。その理由はもう単純に「あちらにはプレイの省略ルールが無い」ってだけの話なんで、その論理や裏技をこっちに持ち込まれても困るのよ :(

まあなんだ、ジャッジとしては「変なアド取ろうとせず、ちゃんとやってね」としか言いようが無いのです。

登録タグ:

あなたはこのブログの 3254 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2022/04/11 18:35
TCGカテゴリ:
表示範囲:全体
前のブログへ 2022年04月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
 
現在コメントはありません。