カニ。

カレンダー
<<2021年
02月
>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
ぺる3
非公開/男性
14時間以内
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
封入率と、購入ボックス数の話(Z/X:B36 アルターブレイク)
新システム「アルターブレイク」で進化するゼクス!Z/X -Zillions of enemy X-極点超越編(コード:エルダーサイン)ブースターパック「進化<アルターブレイク>」4月22日発売!
新システム「アルターブレイク」で進化するゼクス!Z/X -Zillions of enemy X-極点超越編(コード:エルダーサイン)ブースターパック「進化<アルターブレイク>」4月22日発売!新システム「アルターブレイク」で進化するゼクス...

このブログに期待されてそうな序文としては、パック単価が上がりましたね
税込み418円ってことは、税抜き380円です。今までの350円から30円の値上げ
ちなみに2年前の「星界の来訪者」で値上げした際も商品情報にはカートン内のボックス数が変わることしか特別な記載はありませんでしたよ
 
それでは商品仕様から


商品名
Z/X -Zillions of enemy X-
極点超越編(コード:エルダーサイン)
進化<アルターブレイク>
 
商品仕様
[1パック]  カード7枚入り / 価格 418円(税込)
[1ボックス] 10パック入り / 価格 4,180円(税込)
[1カートン] 18ボックス入り / 価格 75,240円(税込)
 
発売予定
2021年4月22日(木)
 
カード種類数 全90種
ノーマル/レア/スーパーレア/ホログラムレア/ブレイクレア/ウルトラレア
=29/27/12/68/21/1
 
※1パック内はノーマルとレアが5:2で封入されます。
※ノーマルとレア以外のレアリティのカードが封入される場合はパック内のノーマルのカードと差し代わります。


 
新たなレアリティとしてブレイクレアが収録されます
要するに箱1封入の最上位レアリティのことで、ドラゴンレア、日本一レア、シフトレアなどと大した違いはありません。端的に言うと「四本線のやつ」です
 
ブレイクレアは21種、イースに限ってはブレイクイベントがウルトラレアで収録されますので各プレイヤーごとにブレイクイベントとアルターブレイクの2枚と考えると11対。ここ数年のIGOBやシフトを配ったサイクルと同じ数ですね
大アルカナの22種をモチーフにしていましたが、今度は誰が置き去りにされるのでしょうか
 
 
とりあえず見えている数字のことを考えましょう
 
スーパーレアは12種
カートン内のボックス数などは変わっていないため、おそらく今まで通りに箱から2枚ずつでカートンからは36枚となり、各種3枚ずつになるのではないかと予想されます
 
レアは27種
各パックから2枚でボックスごとに10パックなので、箱から20枚
運が良ければ6箱で各4コンプにできそうですが、多少の偏りがあるとして7箱が妥当なところだと思います
 
ノーマルは29種
各パックから5枚ということになってますが、ホログラムレアなどで減るため10パックで44枚くらいでしょうか
2箱でおおよそ3枚前後、4箱分も買えば各4コンプになるでしょう
 
そしてブレイクレアですが、仮に各箱から1枚ずつだとすると18箱で21種は揃えられません
2年前のアストラルストレンジャーでは、シフトレア12種のうちカートンから9枚が出た状況と似てますね。当時はリゲルやニャルラトが1万円を超えましたが今回はどうなるでしょうか
 
仮定に仮定を重ねますが、カートンから21種のうち18枚が出るとすると7カートン(126枚)で各6枚ずつになります。更に2倍した14カートンだと各12枚になって、各4コンプが3セット作れます
よって14を3で割った約5カートンがブレイクイベントおよびアルターブレイクの各4枚ずつを用意できる基準の数字になると言えそうです
なお5カートンでイースのブレイクイベントは10枚になります
 


 
先にレアリティのことから触れましたが、新システムであるブレイクについても少し考えてみましょうか
 
アルター(ゼクス)が登場していて、手札にアルターブレイク(ゼクス)があれば、ブレイクイベント(イベントエクストラ)を「デュナミスのカードのプレイ」で使用して、ブレイクします
まずデッキ構築の段階でデュナミスに積んだ枚数が使用回数の上限です。そしてスクエアと手札にそれぞれのゼクスを用意して、イデアやディンギルなどのゼクスエクストラを使う代わりにイベントエクストラをプレイする必要があります
 
割と面倒くさい
過去の似たギミックとしては、強力な効果を使用するために特定名称のフォースを要求する《オリジナルXIII Type.V “Vb11De”》や《足抜けした元子分キジトラ》を彷彿します
 
現時点で公開されている《アルタースナイパー リゲル》のレアリティはSRと書かれています
 ・SR枠12種のうち何枚かはアルターに使われ、残りはガチャ限イラストパラレル
 ・一部のアルターはSRなのでカートンから3枚しか出ない可能性がある、なおSRホロはカートンから8/12
 ・スーパーキラキラパックのSRシークレット仕様とやらに、シャドウとアスツァールが見える
この辺は深く考えたらダメな気がしてきました

また紹介PVなどからプレイヤーは世羅、あづみ、怜亜、綾瀬、イリューダ、千歳、うらら、イースが内定。これで8人になるため白に二人と緑に一人を加えたら席が埋まります
綾瀬との因縁があるのでニーナも収録される可能性は高いでしょうし、次の37弾で天王寺兄弟と上柚木姉妹がセットになるなど考えると、ケィツゥー擁するミサキでしょうか。緑は誰が来てもいい気がします
 


 
新カテゴリのファムは性癖にぶっ刺さりますね
予約キャンペーンに Type. と書いてあるから予約しますが、ニーナが推測の域を出ない状態でカートン予約するのは気が進みませんね。これを決めてるのが営業部なのか広報部なのかわかりませんが、全員を同時に強化できないなら誰の関連カードが封入されるか予約キャンペーン期間中に公開しないのは悪辣だと思います

登録タグ: Z/X 

あなたはこのブログの 491 番目の読者です。


テーマ:ニュース投稿日時:2021/02/06 07:08
TCGカテゴリ: Z/X -Zillions of enemy X-  
表示範囲:全体
前のブログへ 2021年02月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。