カニ。

カレンダー
<<2020年
12月
>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
ぺる3
非公開/男性
15時間以内
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
ヘリカルフォートサンプル
更新日TCGタイトルデッキ名
2020/12/09 Z/X -Zillions of enemy X- ヘリカルフォートサンプル
ヘリカルフォートサンプル
カード種別 カード名称 枚数
カード種別 カード名称 枚数
カード種別 カード名称 枚数
メインの色  

公式ツイッターで《典理の蒼旋機 ヘリカルフォート》のテキストが公開されました
要約すると、祈りに近い条件でイグニッションアイコン得るよ、青単ならコスト3以下は効かないよ、と書かれたコスト7/パワー10500でした。強いね
 
自分のリソースにヘリカルフォートを4枚以上はIGOBするつもりで組めば自然に集まりますし、カードが6枚以上はゲーム進行状況の目安でしょう。それでも《甲虫女王ヘルソーン》や《私掠の足音トルペード》に比べてコストあたりのパワーは高く設定されています
 
リソースに色が1種類というのは、つまり赤も白も黒も緑も含まなければよいということです。無色は色が無いから無色なので、カードとしては存在しても色には数えられません
相手のコスト3以下の効果を受けないというのは、あらゆるデッキに20枚ほど入っているIGアイコン持ちやスタートカードの能力を受けないということですし、人気も高く構築済みデッキなどで使用者の多いリゲルクリスマスやユニバースプリンセスも無視できますし、状況は稀ですがイベントエクストラのタイラント・ギャラクティカやインペリアル・リジェクションも怖くありません。他にイベントだと《正義の黄昏》や《はじめての衣装『エンジェル&ブルーローズ』》なんてのもありますね
 


 
序盤はドリーム・キーの獲得条件にもなっていますので、なるべく手札の量と質を上げましょう
なお1~2ターンの行動は手札の質に左右されますが、デュナミスがあるので3ターン目の行動はほぼ揺らぎません。覚醒してテオゴにゃんです
 
次ターン使うためにイグニッションせずチャージは温存し、ウェイカーの《蒼雲を貫く旋機ヘリカルフォート》をプレイして、そこに《ぴかぴかの新入生テオゴニアス》でシフトしリソースのヘリカルフォート枚数を整え、攻撃するかは自由ですが最後に旋機の起動能力でデッキトップ3枚を確認して積み直しましょう
ここで見た3枚のうちに典理の蒼旋機があれば、次ターンのリソースフェイズで6枚目を置いて条件達成しイグニッションフェイズにプレイできます。安定行動から繰り出されるサイズの暴力
 
イグニッション蒼旋機に成功すれば、まず大概のゼクスは攻撃で破壊できます。できればここで相手プレイヤースクエアを空けておきたいところですね
リソースが6枚ということはコスト6のディンギルも降臨させられます。ナムちゃん降臨させて蒼旋機を自分のデッキに仕込みましょう
ナムちゃんの降臨条件でスタートカードも破壊されているでしょうから、名乗りの能力でコスト6の青ゼクスを破壊すれば、手札から《螺旋竜ヘリカルフォート》が登場させられます。なぜかナムちゃんがデュナミスに帰りました
螺旋竜は自ターンならドローにイグニッションが付きます。名乗りと螺旋竜で2枚ドローすれば、デッキトップはナムちゃんが仕込んだ蒼旋機なのでイグニッションでプレイできます。おかえり蒼旋機、ライフを叩け
 
上記4ターン目の行動は手札に螺旋竜がある場合の一例ですが、仮にIGOBできる場合はラハム>エンキ>名乗り(コスト7になったラハム破壊して手札のドライブピニオン)>ドライブピニオンで移動という流れでも相手のライフを叩きに行けます
エンキにシフトできてる時点でトラッシュやデッキからギアドラゴン探しに行けるから螺旋竜ある気もしますけどね。ただその場合は3ターン目までドリーム・キーの取りこぼしがなければディンギルではなくイデアライズの方が打点に繋がりそうでもありますね
 
 


 
《メイラル&ユイ》の自動能力が誘発する条件「相手のゼクスがあなたのカードの能力でスクエアから離れる」は、ゼクスの能力ではなくカードの能力なので、イベントの能力でも誘発します。具体的には《竜域の守護者》で3枚を引けることになります
相手ターンでも螺旋竜でドローしてれば4枚になるので、コスト4以下のゼクスを登場させられます。自分のターンだとドローフェイズも引いた枚数にカウントされます
 
《パワフルミュージック ポーラ》は《メイラル&ユイ》の能力で登場させた場合も「このカードかあなたの[マーメイド]がカードの能力で登場する」の条件を満たすので、ゼクスを空きスクエアへ移せます。さらに自信を移動させることなどで「あなたのゼクスがスクエアからスクエアに置かれる」の条件を満たすので《メイラル&ユイ》のパワーを上げられたりします
地味ながら《ロング・アイランド改》が11000で殴れるようになるのも便利です
 
《カードデバイスの変革者》は他にないので採用していますが《散策紀行シャリーノ》の代わりになるコスト4以下のフラッグスが増えるまでは飾りだと思っていて差し支えないと思います。フラッグスでなければシャドウでもいいのですが
 


 
この他にもIGOBを典理祈装にする、リソースリンクでコスト低減を図る、ウェイカー(ドラゴン)Lvを積極的に上げる、他色を混ぜるなど様々なデッキを組めますので「これがスタンダードだ」とは言いませんが、あまりアクのない構築ではないかと思います

登録タグ: Z/X  デッキレシピ 

あなたはこのブログの 334 番目の読者です。


テーマ:デックレシピ投稿日時:2020/12/09 06:44
TCGカテゴリ: Z/X -Zillions of enemy X-  
表示範囲:全体
前のブログへ 2020年12月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。