in万年床

京都でゆったりヴァイスやってます。
書くのは今日のカードで気になったやつとか、開封結果とかですかねー。思いつきとかも書きますよ。
構築とかプレイングにはそんなに自信ないですが…。どうぞよろしくお願いします。
Twitter:@blackfall_ak

カレンダー
<<2021年
06月
>>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
黒い秋
非公開/非公開
18時間以内
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
バンドリ エクブ カードリスト判明カード

今週末発売のEB「Poppin’Party×Roselia」の公式リストが出ていますね。
リスト判明カードは全27種です。
大体CUですね。



“ミライトレイン” 山吹沙綾
0/0/1500 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Poppin'Party》 U
【永】他のあなたの前列の中央の枠のレベル3以上のキャラに、パワーを+1000。
【起】集中 [①このカードを【レスト】する]あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分の山札を見て《Poppin'Party》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

前列中央L3以上への1000パンプと単レスサーチ集中ですね。

前列中央にいるL3キャラのパワーを1000伸ばすことができます。
限定的とはいえ、パンプ値自体は最終盤でもありがたいですね。

序盤中盤が主に活躍の舞台になる集中にL3以上へのパンプつけるの、よくわかんないです。
大活躍やるならまだしも。

集中は単レスサーチ集中、《Poppin'Party》指定ですね。

単レスなら忍者集中の「“憧れのお姉ちゃん” 牛込りみ」が、サーチ集中でいえば2枚レストではあるものの、ともに《音楽》指定の「帰り道 有咲」「“大切な時間” 山吹沙綾」が既に存在していますね。

この集中をわざわざ使うかはともかく、《星》とか《パン》が本格的に肩身狭くなってきた……。




大会に向けて 市ヶ谷有咲
0/0/1500 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Poppin'Party》
【自】[①] このカードがフロントアタックした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手のキャラを1枚選び、そのターン中、レベルを-1。
【自】このカードが【リバース】した時、このカードのバトル相手のレベルが0以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。

相手キャラのレベルを下げることができる相討ちですね。
託された命 ミィ」以降、後述の「紅の鉄騎 ヴィータ」からそうっちゃそうなのですが、単体での完結度が高すぎる。

フロントアタックを仕掛けたときに1コストで相手キャラ1枚のレベルを1下げることができます。
シナジーで相殺テキストを得る「紅の鉄騎 ヴィータ」を初出とするテキストです。

直接バトルには関係しないステータスではあるものの、相討ちテキストとの組み合わせで格上の相手でも相殺テキストで葬りさることが可能になっています。

単体でもL1キャラ相手に相討ちを取ることができますね。
リバースメタやその後のアンコールには対処できないものの、リバースを取ることで相手のリソース面に負担をかけることが可能です。

L0から電源で展開される相手の1/1キャラを単体で狙いに行けるのは使い勝手がいいですね。

レベルを下げることで、この面以外のサイドアタックでの打点調整はもちろん、比例応援のパワー減、L3応援の対象から外すことで一気にパワーを下げるような使い方もできるようになっています。


L0の赤相殺は「カーテンぐるぐる りみ」が存在しています。
もうちょっといると思ってました。



新曲決定 花園たえ
0/0/2000 ソウル1 トリガー:なし U
このカードが手札から舞台に置かれた時かバトル中のこのカードが【リバース】した時、あなたは自分の山札を上から1枚見て、山札の上か控え室に置く。

CIP時とリバース時の上控え操作ですね。

トップ操作としてはありふれたテキストですが、1枚で2回トップ操作のタイミングがくる便利なテキストですね。
CIP時のものは各種トップ操作テキストのサポートやトリガー操作、リバース時のものはキャンセル率向上やドロー操作、チャンプアタックでトリガー操作にも活用が可能です。

CIP時の上控え操作は「姉思い 明日香」「RAISE YOUR HANDS ロック」「“キズナの音楽”山吹沙綾」が存在していますね。



“夢を撃ち抜く瞬間に!” 戸山香澄
1/0/1500 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Poppin'Party》 U
【起】[手札の《Poppin'Party》のキャラを1枚クロック置場に置き、このカードを【レスト】する]あなたは2枚まで引く。

2ドローの起動テキストですね。

手札の《Poppin'Party》キャラをクロックに叩いて自己レストで2ドローが可能です。
クロックコスト、ドローでこそあるもののストック消費無しで手札の枚数を稼ぐことができるテキストですね。

「起動でクロックドロー」はなかなか言い得て妙。
クロックスキップして舞台のこれ捻るのは微妙ではありますが、ドロー回数が増えるようになっています。
手札コストに制限はかかるものの、手札アドバンテージはもちろんCXやイベントを引きにいくこともできるテキストですね。

手札からのクロックコストなのでx-0から無理矢理もう1色任意で発生させるような運用も可能です。
6止めに強いね、うん。




大会に向けて 戸山香澄
1/0/4000 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Poppin'Party》 U
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは相手のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『【永】このカードは手札に戻せず、思い出にできない。』
【自】 このカードがアタックした時、あなたのストックが5枚以下なら、そのターン中、このカードのパワーを+3000。

相手キャラの自身バウンスと思い出飛びを咎めるテキストを持ち、ストック条件でパワー7000でアタックできます。

CIP時に相手キャラ1枚の自身バウンスと思い出行きを阻害することができます。
1面分とはいえ朧系統のアド取りや中学生系統のリバース回避をロックでき、相手のキャラを確実に割って相手に楽をさせないのはもちろん、思い出圧縮を阻害することができる便利なテキストです。

トラッパーマルクス」以降既に何種か存在するテキストで、バンドリでは初になります。


アタック時にストックが5枚以下ならパワー7000になります。
ストック条件ではあるものの、他のカードに頼らずにしっかりパワーを発揮することが可能になっていますね。

自身の貯める分も考慮すれば6枚までは許されると、ストック参照の中では緩めの条件も魅力的です。



“Step×Step!”牛込りみ
2/1/6000 ソウル1 トリガー:1 《音楽》《Poppin'Party》 U
【永】応援 このカードの前のあなたのレベル3以上のキャラすべてに、パワーを+2000。
【起】[②このカードを【レスト】する]あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。

2000応援と2コス自己レストのヒールテキストですね。

応援でL3以上のキャラのパワーを2000伸ばすことができます。
対象は限られるものの(というよりは対象が限られる分)、強力なパワーパンプが可能で、終盤のパワーラインを強力にサポートしてくれるテキストです。

バンドリでは「友達思い 沙綾」「“前だけを向こう” 花園たえ」「“不思議の国のアリサ” 市ヶ谷有咲」「RAISE YOUR HANDS パレオ」が持っている応援テキストですね。
怒濤のポピパ率っていうか香澄以外は2000応援あるのか……。


2コストと自己レストでクロック回復が可能です。

守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ」から「シャザマフィ」互換、手札を減らさず、このカードを常駐させることで任意のタイミングでクロックを減らすことができる使い勝手がいいテキストです。
ストックを貯めておくことでライフアドバンテージに直接干渉が可能で、終盤の舞台に置いておきたいスペックはL3以上2000応援とよく噛み合っていますね。

バンドリでは「“ちゃんと説明してくれ!”宇田川巴」が珍重されていますが、このたび晴れて置き換え出来そうです。




大会に向けて 花園たえ
1/0/3000 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Poppin'Party》 C
【自】[①]このカードがフロントアタックした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手のキャラを1枚選び、そのターン中、レベルを-1。
【自】このカードが【リバース】した時、このカードのバトル相手のレベルが1以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。

上記の「大会に向けて 市ヶ谷有咲」のL1版ですね。

単体でL2キャラへの対処が可能になっています。
2/2をレンジに取れる分こちらの方がありがたそうな。

L1で1コスト払うなら1/1の足立互換とリソース量としては同等なものの、先述のようなレベル減のメリットのほか、このカード自体をL1相殺としても運用することができるのは利点です。
相手がL2になっても対処できるのも使い勝手がいいですね。




“ミライトレイン”牛込りみ
1/0/3000 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Poppin'Party》
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札を上から2枚まで見て、山札の上に好きな順番で置く。
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、相手は0か1か2か3を宣言する。あなたは自分の山札の上から1枚を公開し、そのカードが相手の宣言したレベルのキャラなら、舞台の好きな枠に置く。

星杏トップ操作と相手に宣言させるタイプのトップリクルートです。

CIP時にトップ2枚を好きな順番に並びかえることができます。

普段はトップチェックテキストやトリガー操作に大活躍のテキストですね。もちろんこのカードでもそのように活用出来ますが、主に相手との駆け引きに用いられるテキスト構成になっています。
相手の心を読んでリクルートを成功させたいところ。

同時に相手に0~3を宣言させ、デッキトップのレベルと合致していれば直接舞台に登場させることができます。
相手と呼吸を合わせる必要はあるものの、手札アドバンテージを稼ぐことができるのはもちろん、登場コストを踏み倒すことができるようになっていますね。

詐術 空」とかいうの好きすぎる。
トップ操作からの盤外戦術で相手を騙していけ。



キョトンとする 山吹沙綾
1/1/5500 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Poppin'Party》 C
【永】他のあなたの《Poppin'Party》のキャラ1枚につき、このカードのパワーを+500。
【自】このカードのバトル相手が【リバース】した時、あなたは自分の山札を上から2枚まで見て、山札の上に好きな順番で置く。

ガウルテキストで1/1/7500相手キャラリバース時のトップ操作テキストをもっています。
1/1版「青空の下で 十香」ですね。

舞台を埋めればパワー7500になります。
ガウルなのは口惜しいですが、パワー面は十分ですね。

相手キャラのリバース時に星杏操作が可能です。
自ターン中はトリガー操作はもちろん、2パン目以降では相手のダメージを受ける山を弄ることができ、相手ターン中のチャンプアタックでもテキストの発動が行えます。

パワーは7500と決して安心できる数字でなく、復帰テキストもありませんが、1/1の選択肢としてはいいテキストしてます。



“Step×Step!”戸山香澄
2/1/2000 ソウル1 トリガー:1 《音楽》《Poppin'Party》 C
【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたは自分の山札を上から1枚見て、山札の上か控え室に置く。
【起】【カウンター】 助太刀2500 レベル2 [(1) 手札のこのカードを控え室に置く]

トップ操作テキストのついた2500拳ですね。

よくある上下のトップ操作ではなく、上か控え室のトップ操作テキストになっているのが特徴的ですね。
実は初出テキストです。

上下操作や「冬制服 Poppin’Party」など大正浪漫互換のようにカウンターステップでキャンセル率の向上に貢献することができるのは同様ですが、山削りとデッキトップがイベントだった際の干渉が可能になっています。
山が薄い場合や確山には効果が薄い上下操作の助太刀と、イベントを弾けない大正浪漫互換の弱みを上手く補っていますね。



温泉気分 市ヶ谷有咲
2/1/4500 ソウル1 トリガー:1 《音楽》《Poppin'Party》 C
【起】[このカードを【レスト】する]あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードのレベルが1以上なら手札に加える。

雑に手札を増やす起動テキストですね。

自己レストでトップ公開、L1以上のカードを手札に加えることができます。
トップチェックは挟まるものの、成功すればノーコストの1ドローテキストのような使い勝手で手札を増やすことが可能になっています。イベントを取れるのも便利です。

CXなどを介さないノーコストの起動能力、この条件で手札を増やすことができるのはこのカードが初になります。

トップ操作などで操作でき、失敗しても裏目が少ないデザインですね。
手札アドバンテージ自体には長けているとはいえ、2/1でこれだけしか仕事できないのは要審議。



“Step×Step!”花園たえ
2/1/6500 ソウル1 トリガー:1 《音楽》《Poppin'Party》 C
【自】[手札の《Poppin'Party》のキャラを1枚控え室に置く]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手のキャラを1枚選び、思い出にし、アンコールステップの始めに、相手は自分の思い出置場のそのキャラを、舞台の好きな枠に置く。
【自】このカードが【リバース】した時、このカードのバトル相手のレベルが相手のレベルより高いなら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。

アンコールステップまで相手キャラを飛ばせる強い方のブリンクテキストと早出しメタ相討ちですね。

CIP時に《Poppin'Party》キャラを1枚捨てることで、相手のキャラ1枚をアンコールステップまで思い出に幽閉することができます。
アンコールステップに戻ってくるので直接処理できるわけではないものの、アタック中に相手のキャラを舞台から除外することで、ダイレクト面の形成、キャラの温存が行えると同時に、ソウル減など厄介なテキストやマーカーを処理できる便利なテキストです。
相手ターン中のリバースにも反応するクロックキックやバーン、カウンター対策も行える便利なテキストですね。

ノーコストのブリンクよりも効果が大きい分従来まではCX要求だったテキストですが、今回は特徴指定とはいえキャラで発動できるようになっています。
使い勝手が格段に上がりましたね。


メタ相討ちで相手早出しキャラへの対処が可能です。
舞台外に飛ばすことこそできないものの、リバースは確実に取れるようになっています。

バンドリ内では「“ステージ”牛込りみ」「“お揃いの衣装”戸山香澄」が同じテキストをもち、特殊相討ちテキストは数多く存在していますね。






“Einhelt” 白金燐子
1/0/4500 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Roselia》 R
【自】【CXコンボ】[手札の「“Einheit”白金燐子」を1枚控え室に置き、あなたのクライマックス置場の「バンド合宿の夜」を1枚控え室に置く]あなたのアンコールステップの始めに、前列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を上から5枚まで見て、《Roselia》のキャラを5枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、残りのカードを控え室に置く。

同名コストを要求するものの、5枚までキャラを取れる5ルックテキストを持っています。

アンコールステップに手札から同名を捨ててCX置場の対応CXを落とすことで、《Roselia》キャラを5枚まで取れる5ルックが可能です。

同名要求、複数面連動こそできないものの、差し引き4枚分の手札をリバースなどを必要とせずに一気に稼ぐことが可能になっていますね。
イベントとCXが噛んだ分だけアドバンテージは目減りしますが……。
4500と低いパワーもアンコールステップに1枚前列にいればいいだけなので問題ありません。

“とっておきの口上”ゆんゆん」系統からはリバース要求を同名コスト要求で補った印象ですね。
増やせる手札は4枚で据え置きなのでお得感◎。
ルック前にCXを落とすのでルックで山が消える場合も安心なのは「“とっておきの口上”ゆんゆん」と同様です。

同様のコストで考えると、アタックフェイズにキャラスタンド+控え回収の「歩く要塞 メイプル」が存在しています。
査定とタイミングの違いは無視できないものの、そんなアドバンテージアドバンテージ稼いでる連動だったのかあいつ……。

手札の増やし方は雑ですが、余分なカードは「“Avant-garde HISTORY”白金燐子」「ライブのフィナーレ 今井リサ」で助太刀にしましょう。


貼ったCXがコストになる分複数連動はできないものの、第一複数連動なんてしようものなら一瞬で手札爆発しますからね、この系統。



“Einhelt” 宇田川あこ
3/2/9500 ソウル2 トリガー:1 《音楽》《Roselia》 R
【永】あなたの《Roselia》のキャラが4枚以上なら、あなたの手札のこのカードのレベルを-1。
【自】この能力は1ターンにつき1回まで発動する。あなたが【起】を使った時、あなたのキャラすべてに、そのターン中、パワーを+2000。

4枚早出しと起動使用時の全体2000パンプです。

《Roselia》4枚条件で早出しが可能で、起動テキストとの組み合わせでいち早く盤面を圧すことが可能になっていますね。
起動誘発全体2000が自身テキストで早出しできるのは初。つよそう。

起動テキストの使用時に全体2000パンプが可能になっています。L3にふさわしいパンプテキストになっていますね。
初出は「大徳 淳和」、個人的な印象では「三枝わかば」。

全体のパワーラインを1段階上げることができ、もちろん助太刀にも反応します。今回の助太刀推し、そういうね。

たくさん並べてゴリラって行け。
《Roselia》って書いてないのが可能性感じるような、《Roselia》って書いてたらもっと補正値が上がっってたろうってのが残念なような。



バンド交流 今井リサ
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、他のあなたの《Roselia》のキャラが2枚以上なら、あなたは1枚引いてよい。そうしたら、あなたは自分の手札を1枚選び、控え室に置く。
【自】[①手札を1枚控え室に置く]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て《Roselia》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

2枚以上条件のルーティング付きの朝礼ですね。
《Roselia》ってとこに目を瞑ればかの「“WATER BLUE NEW WORLD” 小原 鞠莉」です。

手札交換2種の組み合わせの強さは言わずもがなで、多角的に手札の質をあげることができ、ハンドカットにも長けていますね。
ドローの機会を増やすことでキーカードを引きやすくなるのはもちろん、確定でキャラを集めることができる便利な構成です。

朝礼テキストとして考えるなら、Roseliaには既に「スクールライフ 湊友希那」が存在していますが、流石に《Roselia》で使うならこいつが強い。




大会に向けて 白金燐子
0/0/1500 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Roselia》
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたの思い出が2枚以下なら、あなたは自分の控え室の「ライブに向けて 宇田川あこ」を1枚選び、思い出にしてよい。
【自】このカードがアタックした時、あなたは他の自分の《Roselia》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+X。Xは他のあなたの《Roselia》のキャラの枚数×500に等しい。

ライブに向けて 宇田川あこ」を思い出に飛ばせるCIPテキストと《Roselia》指定の島風改パンプですね。

CIP時に思い出が3枚なければ「ライブに向けて 宇田川あこ」を控え室から思い出に送ることができます。
ノーコストで思い出を稼ぐことができるのはもちろん、CXコンボで思い出からリアニメイトを持つ「ライブに向けて 宇田川あこ」のサポートにもなるテキストですね。

アタック時には《Roselia》指定の島風改パンプで最大2000パンプが可能です。
《Roselia》縛りにはなるものの、強力なパワーパンプが行えるようになっています。

L0についてる島風改好き。
真夏のギタリスト 香澄&たえ」「“愛の告白”奥沢美咲」「“休日のショコラ”牛込りみ」「止まらない音楽 レイヤ」ですね。



大会に向けて 湊友希那
1/0/4000 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Roselia》 U
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、他のあなたの《Roselia》のキャラがいるなら、そのターン中、このカードのパワーを+2000。
【自】このカードがアタックした時、このカードの正面のキャラのレベルが2なら、そのターン中、このカードのパワーを+6000。

CIPターンは緩い条件でパワー6000になり、更にL2キャラにはパワー12000でアタックできます。

CIP時に他の《Roselia》キャラがいればパワー6000になります。
後列などに適当にキャラを出しておくことでパワーを発揮でき、シルバーブレッド的な使い方になることが多いL2ガッツンダーであると同時にL2キャラがいない状況でも活躍が可能です。


L2キャラにアタックした時には自身のパワーを6000伸ばすことができます。
CIPテキスト込みでパワー12000、他のパンプ込みで十分に相手のL2ファッティを潰せるパワーになっていますね。

電源デッキの2/2を上から踏むのはもちろん、しろは互換などにも有効なテキストです。




大会に向けて 氷川紗夜
2/1/2500 ソウル1 トリガー:1 《音楽》《Roselia》 U
【自】[②あなたの舞台のキャラを1枚控え室に置く]あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手の、レベルが相手のレベルより高いキャラを1枚選び、控え室に置く。
【起】【カウンター】 助太刀2500 レベル2 [①手札のこのカードを控え室に置く]

純美夏ですね。

早出しキャラへの直接の対処や事前のプレッシャーはもちろん、キャラをサクるテキストでリバース要求テキストへの対策も行うことができる便利なテキストです。

早出しメタ拳自体はナナ拳の「“ステージ”戸山香澄」「“自分は自分”瀬田薫」、キャラサクりの代わりにCX1枚を要求する「“秋晴れ、その先に”湊友希那」、「自慢の作詞 にこ」互換の「無茶ぶり対応 ロック」は存在していたものの、純美夏は初になります。
何年ぶりの悲願だこれ。



“Avant-garde HISTORY”白金燐子
2/1/7000 ソウル1 トリガー:1 《音楽》《Roselia》
【永】あなたの手札の《Roselia》のキャラすべてに、『【起】【カウンター】助太刀1500 レベル2 [手札のこのカードを控え室に置く]を与える。
【自】この能力は1ターンにつき3回まで発動する。あなたが『助太刀』を使った時、このステップの後に追加のカウンターステップを得る。

今回のルールブレイカー枠、助太刀付与に飽き足らず、カウンターステップ自体を増やしはじめました。
カウンターRoseliaの軸ですね。

手札の《Roselia》キャラそれぞれにノーコス1500助太刀を付与できます。
手札のキャラが全部助太刀になるので、枚数カウントなどがあてにならなくなり、相手へのプレッシャーを掛けることができるようになっていますね。
純粋にキャラを守りやすくなり、「“Einhelt” 宇田川あこ」との相性も○。いやもっと起動パンプ増えて?

手札キャラへの助太刀付与は「“大人への抵抗” うみ」で前例があります。
L3キャラのテキストからダウンサイジングされて助太刀の補正値自体は下がってしまっているものの、後列にこのテキストを置けるのは画期的です。

付与してるのはL2助太刀なので電源とかで早出ししても助太刀は撃てない。残念。

元々助太刀を持つキャラの「『助太刀』を使った時」テキストをこのカードによるノーコス助太刀でも活用出来るのは「“大人への抵抗” うみ」と同様です。
追加テキスト付きの《Roselia》助太刀、補正値を1000上積みしてノーコス25拳として運用できる「“4人でカフェテリア”湊友希那」「Roselia Vo.湊友希那役 相羽あいな&Gt.氷川紗夜役 工藤晴香」「“ロフティアンビション”白金燐子」、ボトム・思い出送りの「“ひたむきな向上心”宇田川あこ」「“私たちのバンド活動!”湊友希那」、早出しメタの「“秋晴れ、その先に”湊友希那」「大会に向けて 氷川紗夜」、なぜか助太刀を使った挙げ句ストックが増えることになる「さらなる力を 宇田川あこ」が存在していますね。
助太刀自体のストックを節約できるのは「“秋晴れ、その先に”湊友希那」「大会に向けて 氷川紗夜」に恩恵が大きいですね。


特徴的なのがカウンターステップブーストで、助太刀を打つごとに最大3回カウンターステップを増やすことができます。
助太刀である必要はあるものの、アタック中に最大6回、キャラ1枚に最大4回助太刀を使うことができ、手札をつぎ込んで無理矢理キャラを守ることができるのはもちろん、追加効果のある助太刀の重ね掛けも可能です。
他面早出しに美夏複数回打ちたいところ。(そんなコストどこから出るのか。)

このテキストでは《Roselia》以外の助太刀もまとめて打つことが出来るほか、各種カウンターイベントも最後に打つ分には問題ありません。


「追加の○○を得る」、「1ターン」以外ではこのカードが初ですね。



ライブに向けて 宇田川あこ
2/1/7500 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Roselia》 U
【永】他のあなたの前列の「ライブに向けて 宇田川あこ」1枚につき、このカードのパワーを+2000。
【自】バトル中のこのカードが【リバース】した時、このカードを思い出にする。
【自】【CXコンボ】記憶 あなたのクライマックス置場に「みんなでプール」が置かれた時、あなたのレベルが2以上で、思い出置場にこのカードがあるなら、あなたはこのカードを舞台のキャラのいない枠に置いてよい。

前列同名参照で最大パワー11500、リバース時の思い出行きと思い出から舞台に直接出てくるCXシナジーですね。

前列の同名キャラ1枚につきパワーを2000伸ばすことができます。3面展開できれば一律11500ラインの形成が可能になっていますね。
連動で一気に並べやすいのと相性がいいテキストです。

リバース時は思い出に送られてしまいます。
シナジーでの再展開を狙えるテキストではあるものの、リバースしていく端から他の面のパワーが目減りするというなんともいえないことになっていますね。

対応CXの使用時にL2以上なら思い出から直接舞台に登場できます。
Welcome ココア」のL2版で、手札とストックを節約しつつ一気にキャラの展開が可能になっています。

「キャラのいない枠」に登場させなければいけないのは注意が必要ですね。

思い出には自身のリバース時のほか、「大会に向けて 白金燐子」のCIPテキストでも控え室からこのカードを思い出にすることが可能です。



“Avant-garde HISTORY”湊友希那
0/0/1000 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Roselia》 C
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは相手の前列のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを-1000。
【自】[あなたの控え室の《Roselia》のキャラを2枚山札に戻し、その山札をシャッフルする]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の《Roselia》のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『【永】このカードはサイドアタックしてもソウルが減少しない。』

CIP時の相手キャラ1面1000減と2枚戻しでサイドアタックのデメリットを打ち消せるテキストです。

CIPテキストで相手キャラ1枚のパワーを1000下げることができます。
相手キャラが割りやすくなるのはもちろん、相手の厄介な低パワーキャラを直接葬ることができる説明不要のテキストですね。

バンドリでは、前列が1枚以下なら-3000という「“ステージ”美竹蘭」を除けば初になるCIPタイミングのパワー減です。


控え室から《Roselia》キャラを2枚山札に戻すことで、《Roselia》キャラ1枚がソウル減少なしにサイドアタックすることができるようになります。
圧縮率を一事的に下げるものの、キャラを舞台に残しつつ確実にダメージを通すことができるのはもちろん、カウンター対策も可能ですね。

コスト部分も、ロックテキストやリフレッシュ前の山札の枚数調整のほか「“Rausch und/and Craziness Ⅱ” 今井リサ」のようなリクルートテキストのサポートも行えます。

初出の「彼女たちの救精主 士道」以降、基本的には自身がサイド許容テキストを得るなか、このカードでは他のキャラにテキストを付与でき、より柔軟な運用ができるようになっています。
コストなどを《Roselia》で縛っている恩恵ですね。



ライブのフィナーレ 今井リサ
1/0/3000 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Roselia》 C
【永】あなたの手札の《Roselia》のキャラすべてに、『【起】【カウンター】助太刀2500 レベル1 [① 手札のこのカードを控え室に置く]』を与える。
【起】[①このカードを【レスト】する] あなたは自分の山札を上から2枚まで見て、レベル1以上のカードを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、残りのカードを控え室に置く。

1コス2500拳付与と2ルックの起動能力ですね。

《Roselia》キャラにレベル1コスト1の2500助太刀を付与できます。
助太刀付与自体は「“Avant-garde HISTORY”白金燐子」で結構語った内容ですが、このカードがL1キャラであることによる新たな価値が存在しています。

L2の助太刀をL1扱いで運用することが可能になっていますね。

例えば、先述した「大会に向けて 氷川紗夜」の美夏テキストをこちらがL1でも運用が可能です。
L2に撃つのは微妙にもったいないですが、こちらがL1、相手がL2で早出しを行った時にいち早く美夏互換の運用が可能になっています。
刺さるかは相手にもよるものの、「“ひたむきな向上心”宇田川あこ」「“私たちのバンド活動!”湊友希那」のボトム・思い出送りも1/1の2500拳で運用が可能になります。

どうせ使うならこういう応用も抑えておきたいですね。


1コストと自己レストで、L1以上を1枚取れる2ルックが可能です。

L0キャラとCXで無駄撃ちになる可能性もあるものの、1コストで手札を増やしやすいテキストですね。
イベントにもアクセスできるほか、不要なキャラは助太刀として消費が可能です。

“Over The Future LIVE”宇田川あこ
1/0/5000 ソウル1 トリガー:なし 《音楽》《Roselia》
【自】この能力は1ターンにつき2回まで発動する。あなたが【起】を使った時、そのターン中、このカードのパワーを+1000。

起動能力を2回使えばパワー7000になるアタッカーですね。

パワー自体は発揮出来ていますが、起動能力2回って地味に難しいですよね。
起動にめっちゃ頼るデッキでもない限りなかなか2回も喋らないですし。

助太刀付与とカウンターステップブーストで相手ターン中はどうにかなりそうではありますが。



みんなでプール
トリガー:ゲート C
【永】あなたのキャラすべてに、パワーを+1000し、ソウルを+1。

門アイコンのCX、「ライブに向けて 宇田川あこ」の対応CXですね。



バンド合宿の夜
トリガー:ゲート C
【永】あなたのキャラすべてに、パワーを+1000し、ソウルを+1。

“Einhelt” 白金燐子」の対応CXです。




23種が公開済みですね。
RRが6種、Rが12種、Cが5種です。

公式カードリストで全カードが判明済みです。

01 「“Astral Harmony” 山吹沙綾」(0/0/2500のキャラ、RR、公式サイト先行公開
02 「“Astral Harmony” 市ヶ谷有咲」(1/0/4000のキャラ、RR、公式サイト先行公開
03 「“Astral Harmony” 牛込りみ」(3/2/10000のキャラ、RR、公式サイト先行公開
04 「“Breakthrough!” 花園たえ」(0/0/1500のキャラ、R、6/7今日のカード
05 「“Breakthrough!” 市ヶ谷有咲」(0/0/1500のキャラ、R、6/10今日のカード
06 「“Astral Harmony” 戸山香澄」(0/0/2000のキャラ、R、公式サイト先行公開
07 「“Breakthrough!” 牛込りみ」(0/0/2500のキャラ、R、6/8今日のカード
08 「"Breakthrough!" 山吹沙綾」(2/2/8500のカード、R、6/9今日のカード
09 「“Astral Harmony” 花園たえ」(3/2/9500のキャラ、R、公式サイト先行公開
10 「“Breakthrough!” 戸山香澄」(3/2/10000のキャラ、R、公式生放送先行公開
11 「“ミライトレイン” 山吹沙綾」(0/0/1500のキャラ、U、カードリスト判明カード)
12 「大会に向けて 市ヶ谷有咲」(0/0/1500のキャラ、U、カードリスト判明カード)
13 「 新曲決定 花園たえ」(0/0/2000のキャラ、U、カードリスト判明カード)
14 「“夢を撃ち抜く瞬間に!” 戸山香澄」(1/0/1500のキャラ、U、カードリスト判明カード
15 「大会に向けて 戸山香澄」(1/0/4000のキャラ、U、カードリスト判明カード)
16 「“Step×Step!”牛込りみ」(2/1/6000のキャラ、U、カードリスト判明カード)
17 「大会に向けて 花園たえ」(1/0/3000のキャラ、C、カードリスト判明カード)
18 「“ミライトレイン”牛込りみ」(1/0/3000のキャラ、C、カードリスト判明カード)
19 「キョトンとする 山吹沙綾」(1/1/5500のキャラ、C、カードリスト判明カード)
20 「“Step×Step!”戸山香澄」(2/1/2000のキャラ、C、カードリスト判明カード)
21 「温泉気分 市ヶ谷有咲」(2/1/4500のキャラ、C、カードリスト判明カード)
22 「“Step×Step!”花園たえ」(2/1/6500のキャラ、C、カードリスト判明カード)
23 「だいまんぞく」(扉アイコンのCX、C、6/8今日のカード
24 「らぶらぶ」(電源アイコンのCX、C、6/9今日のカード
25 「MV製作の日々」(電源アイコンのCX、C、6/10今日のカード

26 「“Rausch und/and Craziness Ⅱ” 宇田川あこ」(0/0/500のキャラ、RR、公式サイト先行公開
27 「“Rausch und/and Craziness Ⅱ” 湊友希那」(0/0/1500のキャラ、RR、公式サイト先行公開
28 「“Rausch und/and Craziness Ⅱ” 今井リサ」(3/2/10000のキャラ、RR、公式サイト先行公開
29 「“Rausch und/and Craziness Ⅱ” 白金燐子」(0/0/1000のキャラ、R、公式サイト先行公開
30 「“Einheit” 氷川紗夜」(0/0/2000のキャラ、R、6/21今日のカード
31 「“Einhelt” 白金燐子」(1/0/4500のキャラ、R、カードリスト判明カード)
32 「“Einhelt” 今井リサ」(2/1/6000のキャラ、R、[[6/22今日のカード>https://tocage.jp/blog/13788/1624362050.html
33 「“Einhelt” 宇田川あこ」(3/2/9500のキャラ、R、カードリスト判明カード)
34 「"Einheit" 湊友希那」(3/2/10000のキャラ、R、公式生放送先行公開
35 「“Rausch und/and Craziness Ⅱ” 氷川紗夜」(3/2/10000のキャラ、R、公式サイト先行公開
36 「バンド交流 今井リサ」(0/0/1500のキャラ、U、カードリスト判明カード)
37 「大会に向けて 白金燐子」(0/0/1500のキャラ、U、カードリスト判明カード)
38 「大会に向けて 湊友希那」(1/0/4000のキャラ、U、カードリスト判明カード)
39 「ライブのフィナーレ 氷川紗夜」(1/1/3500のキャラ、U、カードリスト判明カード)
40 「大会に向けて 氷川紗夜」(2/1/2500のキャラ、U、カードリスト判明カード)
42 「“Avant-garde HISTORY”白金燐子」(2/1/7000のキャラ、U、カードリスト判明カード)
43 「ライブに向けて 宇田川あこ」(2/1/7500のキャラ、U、カードリスト判明カード)
44 「“Avant-garde HISTORY”湊友希那」(0/0/1000のキャラ、C、カードリスト判明カード)
45 「ライブのフィナーレ 今井リサ」(1/0/3000のキャラ、C、カードリスト判明カード)
46 「“Over The Future LIVE”宇田川あこ」(1/0/5000のキャラ、、C、カードリスト判明カード)
47 「Over The Future LIVE」(本アイコンのCX、C、6/21今日のカード
48 「盛り上がってきたね」(門アイコンのCX、C、6/22今日のカード
49 「みんなでプール」(門アイコンのCX、C、カードリスト判明カード)
50 「バンド合宿の夜」(門アイコンのCX、C、カードリスト判明カード)




今日のカード公開がクソ手抜きだったせいでリスト公開が大変なことになる回。
ここまでRRとRと対応しか見せてなかったのやる気なさ過ぎでしょ。

カード面をみると、順当に強くなろうとしてるポピパの横でなんかRoseliaが新境地に至ろうとしてますね。
カウンターRoselia、面白そう。

強いのかはしらん。
試してはみるけど。

ご意見ご感想などございましたら、お気軽にコメントかTwitterまでどうぞ。

登録タグ: ヴァイスシュヴァルツ  BanG Dream!  バンドリ  バンドリ! ガールズバンドパーティ!  ガルパ  BD 

あなたはこのブログの 95 番目の読者です。


テーマ:新カード投稿日時:2021/06/23 01:08
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2021年06月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。