さぼてんな日々

なんとなく日記がてらにでもカードのことを書けたらなってブログ
気軽にコメントいただけると嬉しいです。

カレンダー
<<2014年
09月
>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
さぼてん
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
【ヴァイス】今日のカード 09/10

 やっぱりペルソナは一味違うテキストですねw傍目には凄くデッキ作るのが難しそうです^^;その分面白そうではありますがw



 『"月高組"コロマル』

 2/1 8000 (黄) C

 手札から舞台に登場時、≪魔法≫or≪武器≫のキャラ×500、自身をパンプ


 集中とかからXの文字は消えたりしてますが、このテキストは何故かずっと同じですねw

 舞台へ最後に展開、舞台の面子がパンプ条件をクリアして10500まで!まぁ便利ですよね。1~2枚挿してていいやつ、このフレーズ最近使いまくりですね^^;ボキャブラリーの問題ではないですはずw!

 lv0~lv3に至るまで各帯で見るこのテキスト。瞬間火力だと上昇幅のわりに大分コスパがいい感じ。問題は複数展開に向いてない、低レベル帯だとそもそもキャラを並べれるか分からない、意外とタイトル内に指定特徴がない、こんなもんでしょうかw

 そういう意味ではlv2が一番このテキストに合っているのかもしれませんね。


 『"ベルベットルームの住人"テオドア』

 0/0 1000 (青) C

 相手ターン中、他のキャラすべてに+500
 「1コスト+自身をレスト」:他の自分の舞台のキャラを1枚控え室に。山札から控え室に置いたキャラと同一特徴を1つ以上持つカードをサーチ


 どう足掻いても普通にサーチとかにならないですよねw退場させて同じ特徴を持つカードをサーチ。先日の直斗と同じく、特徴ばらけてるからこっちの方がいいだろうという配慮なのでしょうかw

 「1コスト1ハンドディス」のサーチと基本的には変わりませんね。変更点は…サーチしてくるカードが捨てる札に依存するっていうくらい。いや、地味に1レストが厳しいか。いやいや、忍者集中あるから別にいいのか。…構築に拠りますよねw

 朝礼は通常一回きりだったりするので何度も使えるというのは長所ですよねー。1帯がコスト使わない構築とかだとけっこう安定して動けそうです。地味ながらパンプも持ってますしねw

 ただ使った分はしっかりストック使ってるので連打は禁物ですよねー。何も考えないで使ってしまうのはちょっともったいない。

 あとは兎にも角にも構築次第、またプレイング次第。これ使いこなしてたら玄人感すごくないですかw?ペルソナの段階で大分玄人な感じはしますがw


 『感涙するマナブ』

 3/2 10000 (青) C

 「手札の≪ギガント≫を控え室に」:手札から舞台に置かれた時コストを払ってよい。相手のコスト1以下のカードをデッキボトムに。
 他の≪ギガント≫がアタックした時自身に+1000


 これ強くないですかw?めちゃめちゃ仕事できそうな1枚。

 すごくお手軽に除去が使えます。基本的にヴァイスで除去はなかなかできないのでその点でも凄いのに、めっちゃお手軽、マジかよ。

 これ前列指定だったり控え室送りだったりしないのw?まさかアンコールすら許さないとは、ちょっと目を疑いましたw

 最近の思い出式回復メタ等には使えませんが、カリスマやトーチなどの各種メタを落としてしまうことができますねw

 他にバーンなり回復なりがあればそれをサポートしてくれるのは凄く助かりますよね。

 単純に後列叩き落としてパワーライン下げてもいいですし、似たようなテキストの『運命の糸車 縫』と違って枚数をそのまま減らしてしまうので特徴数比例パンプにも影響が出るのがいいところ。

 最近lv3にも増えてきましたからねー、『正義の警察官 小衣』だったりのあのパンプテキスト。


 自身も最後にアタックして12000スタート、十分な数値ですね。最近のガッツリ詰めにいくカードではないってだけで、何を見ても優秀な1枚だと思いますw



 ブンケイさんがツイッターで東京ゲームショーの話をしてますが、新規タイトル発表とか書いてありますね。ヴァイスの話に限らないとは思ってるのですが、ミルキィの新作参戦とかの可能性もあるんですかね?

 最近しろくろで色々発表されたばっかりなので期待しないでおきましょうw


 ではまた

登録タグ: ヴァイス 

あなたはこのブログの 840 番目の読者です。


テーマ:ヴァイスシュバルツ投稿日時:2014/09/10 19:12
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2014年09月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在“2件”のコメントがあります。
沈黙の剣士 永江冷音@ さん [2014/09/10 22:17]
だって ペルソナ だもの。
面白そうなカードではありますよね、テオドア
単純な交換から腐った奴の処理,上位応援への張り替え,cipやレスト効果の使い回しと応用が利きます
惜しむらくはどう足掻いてもCXは吐けないのと自身レストなので効果を使いつつチャンプなどで自主退場は出来ないんですよね
cactus さぼてん さん [2014/09/11 12:22]
>>冷音@さん
いつもコメントありがとうございますm()m

ですよねwペルソナですもんね!

コストが問題ですがCipやレストの連打は確かに面白いですね。地味に試合を左右しそうですw
山札にサーチ先が残ってるかの把握だったり、そういう連打の選択肢がそもそも思いつけるのかだったりと、ホント上手い人の使い方・構築が見てみたくなるいいカードですよね。

パンプ持ってるとはいえ効果使用後に退場できないのは確かに欠点になりえますね…。「置いておかざるをえない」ってなるとちょっと印象が悪くなるのが面白いですよねw

また良かったらコメント下さい^^ありがとうございました!