蒼穹のメソウサガーToCaGe分室

主にレンジャーズストライクについて書いていま…した。さようならレンスト。
ヴァイスシュヴァルツで活動中。
色んなカードをかじって生きてきました。

本家のアドレス
http://mblog.excite.co.jp/user/rabbitroar/

カレンダー
<<2017年
11月
>>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
めそうさぎ
36 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
バトルリンク ミッション達成系TCG
アニメの名シーンを再現できるトレーディングカードゲーム『ヱヴァンゲリヲン バトルリンク™』登場!
※公式プレス情報を掲載しています。アニメの名シーンを再現できる!トレーディングカードゲーム『ヱヴァンゲリヲン バトルリンク™』発売のお知らせ~相手よりも早く、“ミッションの解決”を目指す新感覚のゲーム...

ゲームシステムを見て
CLAMP in CARDLAND(以下CiC)
央華封神TCG
を思い出しました
他にもGジェネレーションのカードゲームにもミッション達成系のTCGがあった気がします。
アリスクロスも近いのかな、こっちはほとんど知らないのですが。

こういった類いのシステムで問題になるのは一人相撲になりがちであること。
自分のミッションを達成することにかまけて相手を見なくなりがち。
かといって妨害手段盛りだくさんだとなかなかミッション達成できなくていらいらしてしまう。
バトルリンクはその辺りうまくやれるのかな?
初期投入のタイトルがなかなか優秀なところを引っ張ってこれているので、頑張っていただきたいところです。

CiCがうまくいかなかったのは販売元がアレでソレな会社だったのもありますが、当時はボードゲームクラスタとカードゲームクラスタがやや乖離していた為にカードゲームクラスタの受け入れが悪かったのも敗因の一つではないかと分析しております。明確に勝ち負け殴りあいなゲームでないと受け入れが悪かったのかなと思ったり。
今はわりとボードゲームをやる方も増えてきたので、ミッション達成系TCGは煮詰まりつつある業界の新たな一手になるのではないかと思います。
何が言いたいかっていうとバトルリンク流行らせてCLAMP作品まで伸ばすんだよォ!

登録タグ:

あなたはこのブログの 845 番目の読者です。


テーマ:日記投稿日時:2017/11/02 04:12
TCGカテゴリ:
表示範囲:全体
前のブログへ 2017年11月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。