カニ。

カレンダー
<<2022年
08月
>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
ぺる3
非公開/男性
2日以内
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
ニグテオゴ(クライシスアーク)
更新日TCGタイトルデッキ名
2022/09/04 Z/X -Zillions of enemy X- ニグテオゴ(クライシスアーク)
ニグテオゴ(クライシスアーク)
カード種別 カード名称 枚数
カード種別 カード名称 枚数
カード種別 カード名称 枚数

ニグテオゴのデッキ回したことある人ならわかる話も含めて色々と書くよ
 
まずプレイヤーカードを《おたからはっけん ニグたん&テオゴにゃん》にすることがゲーム前半の目的。それが達成されなければ、このデッキに採用されている強いカードの大半が本領を発揮しない
そのために必要なのが《ぼうけんかいし ニグたん&テオゴにゃん》の下にフォース4枚を用意することで、その手段はそのカード自身の自動能力と《ニグとテオゴのなつやすみ》および《ふりーだむ@ニグたんバルーン》のプレイ。端的には「毎ターン、殴れ! たまに1枚だけ増えるかもよ?」なので、アグレッシブなプレイングを常に要求される
 
《ぼうけんかいし ニグたん&テオゴにゃん》
カード名に「ニグ」か「テオゴ」を含むゼクスが攻撃でゼクスを破壊したら、手札をフォースにしてドロー。自動能力にターン1制限かかってるので2体以上を破壊しても意味はない。毎ターン手札交換できるため、ゲームの先を見据えて欲しいカード集めるのにも役立つ
 
《ニグとテオゴのなつやすみ》
そのカード自身をフォースにしつつ、手札からコスト上限もなく「ニグ」か「テオゴ」を登場させられる。ほとんどの場合、その登場させたゼクスで攻撃すれば4枚に届くはずだが、条件として相手のリソースが5枚以上とあり、通常は後攻3ターン目にプレイとなる
 
《ふりーだむ@ニグたんバルーン》
プレイするだけでフォースを置けるが、このカード自身がコスト7で重い。エンリルで狙える大当たり枠
 


 
採用されてるカード枚数の理由など、まずはイグニッションアイコン持ち
 
《再会! シュブニ・グ&テオゴニアス》
前述の通りアグレッシブなデッキなのでパワー4500は及第点。そして展開もできるので偉くはあるけど2ターン目までは自動能力の条件が満たせそうにないから3枚
 
《ユイ it's むにむに》
ライフリカバリー減らすのは嫌だし、中盤以降に展開できればトラッシュから竜魔友好などを拾えるので4枚
 
《海中散歩 テオゴにゃん》
デッキ上5枚から、次のターンのニグたんを探せるので4枚。空中散歩はリソースしか見ないのでリストラ
 
《あどべんちゃー@ニグたんスカイ》
手札を引いてもいいし、相手ゼクスをバウンスしてもいい。汎用性の高さから4枚
 
《あるてぃめっと@ニグたんタイム》
リソース6枚になるターンのメインフェイズ開始時までに1枚でもリソースへ置けてればいいので2枚。メルキオールやウェアクロウのために採用してるが、それがなくとも勝ち筋はあるのであまり困らない
 
《桜花乱舞 テオゴニアス》
3ターン目にリソース6枚って言いたいから採用してるが、種族ク・リトがノイズ。増やしたくはある
 


 
今回スタートリソースと疑似アークゼクスが追加されるにあたって、イグニッションアイコンを持たないカードのうちストーリーデッキに収録されていたカード群の採用された枚数と、採用されなかった枚数について。そしてそれ以外は見ればわかるシルバーバレットなどなので省略するよ
 
《あくてぃぶ@ニグたんジャングル》
2ターン目にデザイン通りの動きができれば3ターン目にリソース6枚でやれることが増える。よって4枚とも採用したし、能力に必要な探検テオゴにゃんもなるべく採用した
 
《あくてぃぶ@ニグたんケイヴ》
トラッシュという公開領域を増やせるが、そのメリットが他のカードを押しのけるほど強くは感じられなかったために不採用
 
《密林探検 テオゴにゃん》
まずニグたんジャングルのために必要、そしてリソースが増やせればプレイヤーカードの能力の価値が上がるため、このカードも4枚
 
《洞窟探検 テオゴにゃん》
公開領域を増やせるだけならニグたんケイヴともども不採用になるところだったが、トラッシュからの蘇生で除去されてもスクエアの支配率を維持できるためリストラを回避。枠に余裕あれば2枚にしてもいい
 
《ふりーだむ@ニグたんジェリー》
割と簡単にイグニッションアイコンを得て強いのは間違いないが、シナジーあまりなくて減らしても影響がでにくいから2枚。ライフから出ると安全にターン返してもらえること多いから4枚にした方が楽にはなる
 
《ふりーだむ@ニグたんバルーン》
デッキの根幹をなすカードであり、減らすのは有り得ないため4枚
 
《エンキ VS エンリル》
最低2枚あればコスト1支払うごとにトラッシュからゼクスいくらでも拾えるので、できれば3枚にしたかったけど枠がなくて2枚
 


 
デュナミスのイベントエクストラ
 
《在りし日の『黎明』エンキ》
どこまでいってもライフは大事。代替コストのトゥルードラゴンはイグニッションアイコン
 
《歌声の『氾慄』 エンリル》
3ターン目にふりーだむニグたんバルーンをプレイするためのカード。支払ったコスト相当のパワー捻出できるカードなら手札は減ってないので使い得
 
《ワールドコンダクター ポラリス》
デッキ内にあるカードのコストが3~7で最大10軽減もできるが、お宝発見してればリソースは贅沢に使える
 
《未来ある者たちへ》
ニグたんタイムが好きな色を得られるため、ウェアクロウに見習い巫女をシフトして「パワー13500のテオゴにゃん」を虚空から生み出すスーパーカード。メルキオールも汎用性が高くて便利
 


 
一応サンタヨグ入ってるけど、自分の首も絞めかねないから破天降臨や降臨条件で早々にスクエアから離した方が安心。千歳やエンジュ、エレメンツなど種族ホウライが相手だと残すかも
 
シエアガはコスト2支払うごとにトラッシュから這い出ては、ゼクスエクストラのニグたんに変換される。そのついでに相手の大型ゼクスを破壊してくれる。洞窟探検テオゴにゃんでスクエア守ってたらシエアガの価値も上がるかも

登録タグ: Z/X  デッキレシピ 

あなたはこのブログの 344 番目の読者です。


テーマ:デックレシピ投稿日時:2022/08/23 06:50
TCGカテゴリ: Z/X -Zillions of enemy X-  
表示範囲:全体
前のブログへ 2022年08月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。