カニ。

カレンダー
<<2020年
08月
>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
ぺる3
非公開/男性
13時間以内
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
封入率と、購入ボックス数の話(Z/Xのエンジョイデッキを組むために)

Z/Xの封入率や、仮想ユーザー数の話をします
ざっくり言うと、これだけ売れば欲しい人に行きわたるかなって話。現状で足りてなさそうだけど
 
 
2020年8月現在、公式が推してるデッキ構築の指針ありますよね
プレイヤーごとのIGOBを主軸にしたデッキのことです
 
デッキの大半がパートナーゼクスの名称を含むカード(主にゼクス)で、デュナミスに剣誓シフトが2枚くらいと剣臨シフトが各1~2枚と、パートナーゼクスと同じ種族のウェイカーやディンギルも採用するような構築になりますよね
 
ルールとしてIGOBが登場したのは24弾、商品としての発売日は2018年4月26日(木)
当時の開封比は20パック入りのボックスから2枚ずつ、ただし上下で必要枚数が異なるため箱ごとに上上か上下のいずれかで封入されており、種類数20種(プレイヤー10人分)のOBR下をすべて揃えるのに最低20箱は開ける必要があります。ついでに当時は12箱で1カートンでした
なおOBR上も計算上は2箱ごとに3枚となるため、上4枚ずつを全員分(40枚以上)となると27箱ほど必要ですね
 
最近になって2種類目のIGOBが実装されました、商品展開としては2020年4月23日(木)
2年が経って、その間にZ/Xの価格なども変わりました。現在の開封比は1カートンから上14枚と下5枚、箱ごとに10パックで18箱からほぼ1枚ずつ(1箱だけ上2枚)なので、一見すると24弾当時の20パックから2枚と現在の10パックから1枚でそれほど変わりなく見えます(パック単価は300円から350円に上がりました)
 
 
実際にパック開封した場合、どれくらい違うか見てみましょう
 
【24弾】
OBR 10種
上:下 = 3:1

【32弾】
OBR 11種
上:下 = 14:5
 
 
この数字を元に、それぞれ2カートンほど剥いてみましょう
カートン内の箱数が12と18で違ってるのは一旦わざと無視します
 
【24弾】2カートン
上:下 = 36:12
確率的に均一なら10人とも上下を揃えられ、約半数は上4が集まる
 
【32弾】2カートン
上:下 = 28:10
まず下が11人分に足りてない、上も各2ずつくらいで一部は3枚になる
 
ここだけ見ると24弾に比べて32弾の封入率が渋いってことになりますが、カートン内のパック数に置き換えますと24弾が2カートンで480パック、対して32弾は360パックなので不公平ですね。カートン内のパック数を基準に最小公倍数を使いましょう
24弾がカートン内240パックで32弾がカートン内180パックなので、最小公倍数は720パック、具体的には24弾を3カートンと32弾を4カートン
 
【24弾】3カートン
上:下 = 54:18
 
【32弾】4カートン
上:下 = 56:20
 
わずかな差ですが32弾の方が上下とも多いですね
なお参考までにマスターカートンと呼ばれる3カートン単位で32弾を開封すると以下のようになります
 
【32弾】3カートン
上:下 = 42:15
 


 
さて、新旧の開封比についてはこまでにして視点を変えます
仮にギガンティックでIGOBするデッキを組みたいとしましょう、まぁ例に挙げる条件は揃ってるからプラセクトでもいいですけど
 
IGOBは上述の通り結構な数のパック剥かないと揃いません。こう書くとショップで買えばいいっていう人もいるでしょうけど、ショップだってパック剥いてショーケースに並べてるんですよ。個人で剥くかショップで剥くか、いずれにせよ販売元から出荷された数は同じです
 
話が逸れました
プレイヤーは世羅。仮に24弾からパック剥いていたとして、あなたは約2カートン分のパックから世羅IGOBを揃えられたとしましょう。その横には残り9人分のIGOB上下セットが積まれてることになります
 
そして別のユーザーが世羅IGOBを欲しがったとします
また2カートンが剥かれて余剰9人分のIGOBセットが、店頭ショーケースか誰かのデッキケースに収まります
同じレアリティの各カードが等しい枚数で印刷されていれば、人気カードも不人気カードも同じ枚数になってるはずなんですよ。それで需要と供給のバランスから値段の差が生じます。神の見えざる手
 
 
とりあえずIGOBは揃いました。続いて欲しいのはシフト
カード種別シフトの登場は26弾で2018年10月25日(木)
はじめはIGOBを剣臨器とするシフトが26弾~29弾で1年かけて各プレイヤーへ配布されました
 
世羅のシフトは27弾からですが、その前の26弾から箱ごとのパック数が変わり、カートン12箱で120パックになりました
パック数に換算して24弾と同じだけ買いましょう、つまり4カートン
 
26弾~27弾のカートン内における高レアリティのカードはシークレット、シフトレア、SRホロ
それらのうちシフトレアは12箱のうちから4枚だったので4カートンで16枚
10種のうち16枚なら1~2枚は引けるでしょう
 
さらっと書きましたが24~25弾と26~27弾を同じ数になるよう買ってれば、IGOB下の枚数に対してシフトも1~2枚ずつはあるはずなんですよ
 
なお28~29弾の世羅シフトも同様に買って――と書きたかったんですけど、また価格変更がありました
1カートンが18箱になって、それらのうち半分にSRホロともう半分にシフトレアが封入されてます
 
2パターンとも書いておきましょう
仮に24弾からの流れで同数なら480パックで、シフトレア12種のうち24枚が引けます
あるいは新カートン基準にした2カートンだと360パックになるので18枚でしょうか
 
 
そして最近ではどちらかというとシフトといえばこちらを指すようになった剣誓シフト
アルカナシフトとも呼ばれてますが、カード表記の剣臨と剣誓で呼び分ける方が僕は好き。大アルカナ22種だけでなく小アルカナ78種まで持ち出されても困るし
 
剣誓シフトの初出は30弾で2019年10月24日(木)
カートン18箱の各10パックから、シフトレア12種のうち10枚が封入されてます
事前情報ではシフトレアの封入率アップを謳ってましたが、蓋を開けると9枚から10枚で拍子抜けしましたね。微増とはいえ上がっているのは確かです
 
そろそろ新基準に上げたいので2カートンとして全12種のうち20枚が引ける数字です
一応480パックだと約27枚が引けそうですね、箱数が2カートンと8箱で半端になるのでもうこの数字を使いたくない
 
 
ようやく最新環境に追いつきました、イデアライズの初出は2020年4月23日(木)
世羅に対応したオリハルコンティラノのイデアは33弾のワンダーレアに収録されました
 
カートンに5種のうち3枚しか封入されませんので2カートン買ったとしましょう
ついでに新IGOBも2カートンならおそらく上上下が揃いそうです
(前述の通り開封比は 上:下 = 28:10)
 


 
世羅のエンジョイデッキを組むために、かれこれ2年ほど半年スパンで2カートンずつくらいパック剥き続ける必要があるとわかりました。繰り返しになりますが、ショップから買う場合も見えないところでパックは剥かれています
 
他にも世羅のエンジョイデッキを組みたい人がいれば、どこかで同程度のパックが剥かれて他プレイヤーの分の余剰が生まれます。もちろん余剰と書いたプレイヤーにも一定の需要はありますので、市場が正常に回ればそれぞれ収まるべきところに届くでしょう
 
この2カートンないしは3カートン、売ってるブロッコリーさんは何人くらいで割るの想定してるんでしょうね
具体的に5色に4種族で重複も含めて22人の主要プレイヤーが半年ごとに収録されてますが、ユーザー1人あたりで何キャラ分のカード集められると思ってるんでしょうか
少なくとも僕は、現時点で剣誓シフトを持ってないキャラは今後もデッキ組まないでしょうし、剣臨シフトやIGOBが半端に手元へ流れてきても手放すと思います
 
次の34弾から新たなシフトを各プレイヤーへ配るようですが、イデアシフト引いたけど剣誓シフトは持ってないってなったときに、今さら高騰した剣誓シフトを買い集める気になるとは思えません。すでに持ってる剣誓シフトに合わせてイデアシフトを買うとは思います
 
そういう意味では、剣誓シフトを持ってることにさせられたケィツゥーの売り出し方は評価します。あんな感じで軽率にR枠の剣誓シフトを再録やマイナーバージョンで出してくれたらデッキ組む意欲が湧きます
 
 


 
と、ここまでで軽く前提の話が準備できたので本題に入ろうと思ったんだけど、すでに長いな
要は継続的に一定数を買い続けてれば需要と供給のバランスに目星が付くよねって話だったんだけど、書き始めて3時間くらいになるし眠いから続きはまた今度ね
この話もTwitterで3~4ツイートくらいのスレッドにして何度か垂れ流してたけどちゃんと数字まで出したのは初めてかもしれない
 


続き
封入率と、購入ボックス数の話(Z/Xのリゲルやアスツァールが高騰する理由)

登録タグ: Z/X 

あなたはこのブログの 386 番目の読者です。


テーマ:日記投稿日時:2020/08/03 06:01
TCGカテゴリ: Z/X -Zillions of enemy X-  
表示範囲:全体
前のブログへ 2020年08月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。