kiの何故ライブオン?

ライブオンは公式のサポートが終了したTCGです。
しかし、TCGに本格的にはまったのはこれが初めてですのでタイトルはそのままにします。

このブログ自体は、私が最近気になったことを色々書いていきます。

カレンダー
<<2012年
09月
>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
ki
40 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
ヴァンガード 今日のカードのユニット設定 その84
【速報】ブシロード東京ゲームショウ出展に関する発表会!
ブシロード東京ゲームショウ出展に関する発表会が本日12:05~13:05に開催されました。発表内容は以下の通りです。カードファイトヴァンガード■波状螺旋の水将ベネディクトを来場特典として配布!■公式大会「ドクター...

この記事からの続きです。
http://tocage.jp/blog/2074/1345930822.html
詳しくはこちらを読んで下さい。
http://tocage.jp/blog/2074/1295774433.html


8月27日

封魔神竜 ダンガリー     なるかみ  グレード3
BT08/008RRR

封魔・封竜の力を操る“なるかみ”の竜戦士。 強すぎる「封じ」の力を恐れた先代の皇帝によって、長い間地下監獄に幽閉されていた。
戒めを解き、自分に深々と頭を下げて謝罪した現皇帝の器の大きさに感服し、彼が健在な限り、再び帝国に忠誠を誓うと約束した。
忌むべき封印はまだ解けきっていない。 全盛期の力を取り戻すには時間がかかるだろう。 だがその闘志には微塵の揺らぎも無い。
主君に無限の栄光を捧げるべく、封魔弓「桜乱鬼(オウランキ)」を手に、戦士は次なる戦いへと赴く。

8月28日

キャリー・トリロバイト   なるかみ  グレード0
BT08/083C

陸上部隊の小型輸送兵。 戦闘開始と共に一部を残して各所に散り、それぞれの持ち場で物資の輸送を行う。 僅か3cm程の体高と小型ブースターによる高速移動を生かし、一般の兵士達では通る事すら困難な道も易々と潜り抜ける事ができる。 入手した機密情報は彼らを通して全部隊に伝達される為、情報が物を言う現代戦では欠かせない存在になっている。 また、彼らの利点を生かした大型物資運搬用輸送兵の開発も行われたが、移動速度の問題を解決できなかったために、試作段階で廃棄されてしまったらしい。

8月29日

コズミック・マザーシップ   ディメンジョンポリス   グレード2
BT08/044C

“ディメンジョンポリス”の拠点上空に浮かぶ巨大な楕円形の宇宙船。 元は他の惑星で侵略兵器として作られたらしいが、
過去の幾重にも渡る戦闘の影響で、クレイに現れた時には航行以外の機能が殆ど停止していた。
バリア機構がかろうじて生きていた為、現在は下級戦闘員及び非戦闘員の居住区として使用されているようである。
また、武装こそ無いものの、バリアと装甲の自動修復が出来る強固な要塞として機能する為、有事の際には重宝されているらしい。

8月30日

武装教官 バイソン   グレートネイチャー  グレード3
BT08/020RR

“グレートネイチャー”総合大学の講師にして風紀委員会の顧問。 普段は非常に温厚で、学生達からも慕われている模範講師だが、ひとたび校則違反者を見つけると、鬼のような形相で取り締まりを行う風紀の鬼でもある。
「我輩も鬼では無い。 一度目は言葉で、二度目は拳で、三度目は――」が彼の口癖だが、大概が二度目で懲りて違反をしなくなる為、三度目以降何があるのかは誰にもわからない。 壁の穴になりたくなければ、校則に従い節度ある学生生活を送る事をおすすめする。

8月31日

波状螺旋の水将 ベネディクト   アクアフォース   グレード3
PR0079

波の力を意のままに操る“アクアフォース”の大佐にして稀代の名将。 かざした腕を支点に空気を混ぜる事で、突貫力のある弾丸のような渦から、巨人すら飲み込む大渦まで、ありとあらゆる渦を自在に作り出すことができる。 海軍発足当初から所属している老練の兵らしいが、アクアロイドは年齢に外見が比例するわけでは無い為、正確な年齢は本人以外わからないらしい。 一度大渦に飲み込まれてしまえばそこは水将の領域。 飲み込まれたら最後、波の流れに翻弄されながら、何時止むとも知れない水弾の豪雨を浴びることになる。




東京ゲームショウ、行ける人は行ってらっしゃい。
波状螺旋の水将 ベネディクトももらえるみたいですね。
私は今の所アクアフォースは使う気はないですが、欲しい人はいるでしょうね。

ブシモ、ソーシャルゲームですか。

悪いわけではないのですが、もう乱造されすぎていてどれがいいのか分からなくなってしまっている気がします。
というか、最後は課金が全てというイメージですね。
そして、やる意味をなくしてやめて行くと。
もちろんその壁を壊すというのも面白いのは確かなのですが、果たしてそのことが将来本当に意味があるものなのでしょうか?



上を目指す、夢を追いかけること自体は決して悪いことではないのですが、最後にはそれなりの意味と見返りがあるものであって欲しいと願うばかりです。


というか最近忙しいです。
仕事が。


次はこちらを読んで下さい。
http://tocage.jp/blog/2074/1347012610.html

登録タグ: 株式会社ブシロード  東京ゲームショウ2012 

あなたはこのブログの 686 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2012/09/02 20:27
TCGカテゴリ: カードファイト!! ヴァンガード  
表示範囲:全体
前のブログへ 2012年09月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。