鍵豚さんのブログ

現環境においても置いてきぼりの作品を愛用していきます
主にKOF

カレンダー
<<2020年
04月
>>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント

[2019年09月17日]
仮組KOF(4)

[2018年03月12日]
KOF最終構築(2)

[2016年01月16日]
くらいやがれぇ!!(4)

お気に入りブログ
ユーザー情報
鍵豚
非公開/非公開
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
KOF 舞採用型 2
更新日TCGタイトルデッキ名
2020/04/11 ヴァイスシュヴァルツ KOF r2/04/05/ 舞採用型2
KOF r2/04/05/ 舞採用型2
カード名称枚数
    
デッキタイプ ビートダウン 
使用タイトル THE KING OF FIGHTERS 

お久しぶりです。
最近対人関係でのストレスが半端ない鍵豚です。
基本的に誰かと一緒に仕事するのが苦手です。
まぁ、それはいいとして。

前に掲載した「KOF舞採用型」をCXの枚数や配色変えてみたりして、しばらく回していておりましたが、現在はこの形になりました。

採用理由

レベル0
「クリス」
・レベル0相討ち。チェンジは採用していません。4枚採用。

「如月 影二」

・優秀なピン折れの控え集中。4枚採用。

「ユリ・サカザキ」

・手札5枚以上で3500になる。条件的に2枚だけ採用。

「嘲笑う火影 アッシュ」

・バニラで色発生要員。自由枠なので緑なら何でも良かった。2枚採用。

「払う者 京」

・自ターンのみ3000になる手札アンコール持ち。特徴的にも優秀。レベル1帯のアタッカーを極力削っているので後半あたりでもアンコールして誤魔化していきます。4枚採用。

「ロバート・ガルシア」

・アタック時②コストで1枚ドロー。主に序盤でCXが噛んだときに使用。1枚採用。

レベル1

「フリーエージェントマリー」

・1/0/1500カウンター。主に色発生要員。
パワーが低いタイトルなので、抜いて0帯アタッカー積んでもいいかもしれない。2枚採用。

「ギース・ハワード」

・①コストでキャラに+1500と<暗黒街>を付与
・①コスト自身レストで手札のカードとクロックのカードを交換する。
・主にフィレスみたいな感じに使えたら良いなと思い2枚採用。上の効果は全く使わない。

「使命と誇り」

・自分のキャラに①アンコールをこのターンのみ付与。このカードをストックに送るイベント。
・主にストブ目的。よくルガールの効果を2回使う為に①コストだけ足りない事が多々ありましたので採用。①コストアンコールもアタック中にCXが捲れ過ぎた時の微調整とかでも使えたりしました。4枚採用。

「華麗なる女忍者 舞」

・CXシナジーでアタック時、①コストでキャラを1枚回収
・アタック時②コストでキャラを1枚回収
・回収に特化したキャラ。パワーが貧弱で場持ちなんてしませんが、CXが握れなくても
②コストの方の効果で回収ができる優秀なやつ。
集中に依存せず確定でルガールを回収していく手段として4枚採用。

レベル2

「テリー・ボガード」

・疑似リフ。成功時に「餓狼伝説チーム」を回収。
・「餓狼伝説チーム」は採用しておりません。色の都合でこちらを採用。削る手段が乏しいタイトルですので、使える機会があまりないかと思われます。2枚採用。

「オメガ・ルガール」

・自身がリバース時に④コストとこのカードを山札に戻してシャッフル。その後相手に3点バーン
・先ほどからよく名前を出していたキャラ。
コストは重いですが、単体で使える詰めです。
2回使う為に⑨コストかかりますので、その事を考えてプレイングしていきます。
・採用枚数は4枚と少々多めですが、山札をサーチすると余計にコストをかけてしまい、2回使えないので、控え室に必ず落ちて欲しいのと素引きで持ってこれるようにしております。
序盤で握り過ぎたら「払う者 京」のアンコールの弾として使います。

レベル3

「暴走 庵」

・アタック時、自分の前列のキャラを2枚控え室において2枚置いたら1枚回復できる癖の強い回復要員。
・イベントはもうこれ以上入れたくはないし、アッシュと違いCXに依存しないので2枚だけ採用。

「略奪者アッシュ」

・元々パワー3000ですが、場面の特徴×1000パワーが上がります。
・CXシナジーでクロックのカード1枚をストックに送り、そのターン中に相手は助太刀とイベントを使用できない。
・キャラをリバースさせた時、そのキャラを思い出にする(強制)
・回復要員であり「ホラーは苦手」などの凶悪なイベントも防げる優秀なキャラ。4枚採用。

「猛き炎の伝承者 京」
・登場時②コストでイベントを1枚回収
・イベント使用時に④コストで相手に3点バーン
・手札アンコール持ち
・特殊なバーンキャラ。コストが重いですが、こちらはイベント使用時と条件はあるものの、これ1枚とイベント2枚で2回バーンが打てるメリットもあります。
・ルガールは合計⑨コスト
こちらは採用しているイベントが「使命と誇り」なので合計⑧コスト+イベント2枚。
現実的に考えたらルガールの方が使い勝手は良いかもしれませんが、とりあえず1枚だけ採用。

クライマックス

「花嵐」

・「華麗なる女忍者 舞」の対応CX。ソウル+2
・パワー対決では勝てる気がしないのである意味噛み合っているとは思います3枚採用。

「裏百八式・大蛇薙」

・扉。キャラは採用しておりません。4枚採用。

「ジェルミナール」

・「略奪者アッシュ」の対応CX。ソウル+2
・打てたらいいな程度に1枚のみ採用。

その他
・CXに関しては一応ソウル+2が4枚、扉が4枚って感じにはしていますが、扉を1枚抜いてジェルミナールを1枚増やそうかなと考えてはおります。

長々と失礼しました。

登録タグ: KOF  ヴァイス  アッシュ   

あなたはこのブログの 408 番目の読者です。


テーマ:デッキレシピ投稿日時:2020/04/12 08:45
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2020年04月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。