とりあえず勇気エクレア異常成長

カレンダー
<<2014年
11月
>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最近のブログ
最新のコメント

[2014年10月03日]
カルルバランス型(2)

[2014年10月03日]
カルルクローバー考察(2)

[2014年09月28日]
気がつけば悪者w(1)

[2014年09月27日]
思うこと2(1)

[2014年09月27日]
思うこと(1)

お気に入りブログ
ユーザー情報
みずな
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
感電抱擁は犠牲となったのだ

今回は一文字の違いで効果範囲がかわるものを紹介します

アインザームカイトグーテ(間違ってたらごめん)と感電抱擁ですね

アインザームの吹飛はこのカードバトル中であり
感電抱擁の感電はこのカードのバトル時です

一見両方吹飛を無効にできると思いますが消せる範囲がことなります
バトル中というタイミングは存在しないため 宣言時効果になります
ですがバトル時はそのままバトル開始時となります

アタック側で使えば現時点ではそこまで差異はありませんが(感電抱擁が吹飛だと大分かわっていたが)
ディフェンス側ではかなり違いがでます
アタック側の吹飛はほぼ全てがアタック側の自動効果であるため
感電抱擁のディフェンス時には既に発揮され使用できなくしても消せなくなってしまうのです
ダンディライオン、ふむ、ハイラッシュ、電光石火など各タイトルにあるキルカードが防げなくなりました
アインザームは今までどおり消せるどころか
カグラ全キャラやヴァルケン、ジンのエリアルを発揮前に消すことができ対抗テキストも使うことができるようになります

軽く確認しましたが
バトル時なのが感電抱擁とブルタイムなどの複数テキストを使用できなくするもの
バトル中なのがアインザームやクロスレンジなどの吹飛のみを対象にしてるものになっているようです

この辺かなりもめると予測できるため
覚えておくといいかもしれません

まぁ感電抱擁犠牲になったとかいってるけど特殊テキスト使いながら殴れば普通にぶっ壊れカードに代わりはないんですけどねw

登録タグ:

あなたはこのブログの 645 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2014/11/27 20:29
TCGカテゴリ: UNLIMITED VS  
表示範囲:全体
前のブログへ 2014年11月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。