あのカードゲーム

基本的にファンタズマゴリアをプレイしているのでファンタ中心に書いていこうと思います。

カレンダー
<<2014年
06月
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
WILL-FH
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
名古屋GPで使用した「いろセカ寄せ真紅」
更新日TCGタイトルデッキ名
2014/06/17 ファンタズマゴリア 真(紅単)真紅
真(紅単)真紅
カード種別 カード名称 属性 枚数
カード種別 カード名称 属性 枚数
メインの属性    
使用タイトル いろとりどりのセカイ 
チャート

Rフィオネって強いですよね、いろセカの穏下げって100しか下がらないですよねー
いくら穏が低いといっても平均300はありそうだし、100しか下がらないなら大したことなさそうだよね…


そんなことはありません、穏下げのいろセカはRフィオネ以上にクソゲーを押しつけることのできる作品です!



すみません、正直前回の記事は「嘘」こそ書いてないものの大分強みを説明してませんでした。今回はちゃんとどれだけこのデッキがクソゲーを押しつけているか、それをちゃんと説明しようと思います。




穏下げに関しては鏡が正直な話ぶっ壊れてます。100しか下がらないというのは確かに間違いないのですが、400で殴りながら100下げてるというところが重要です。
鏡が下げつつ無防備orすみれの100下げが決まると実はRフィオネと同じ下げ効率になっています。
重要なのでもう一度


「Rフィオネと同じ下げ効率になっています」





さらに大きな差別点として先手を取った時のプランの立て方があります
先手1ターン目、鏡とすみれを展開。すると、ハンドを4枚残すことが出来ますね?その場合、手札に3枚バトルを抱えておくことが出来ます。
2表から穏200下げ3パンを決めることが出来ます。
するとどうでしょう、相手は穏が300あっても3-4-4と11点も貰います。穏が400だとしても2-3-3で8点コース、致死圏に入ります。そして環境で流行っている実質穏が400以上のエースは大体1コストのMHP500が多いのでそのまま死にかねません。
Rフィオネでこれをやるためにはバトルを2枚残した状態かつトップでバトルをツモしなければなりません。流石にこれが決まるとRフィオネの方が1点か2点多く入れられますが、プランの立てやすさという点では圧倒的にこちらの方が上なのではないでしょうか。

鏡が盤面にいればハンドに無防備があるならすみれである必要性も薄いというのも評価が高いです、というわけで鏡はかなり重要度の高いカードです。


鏡がいない場合はすみれや無防備があれば普通に勝負になります。クソゲー度は落ちますが、無防備1枚やスズスポ一発に300もずらされたらそれだけで相手は辛いです。

なので、すみれも鏡もいないハンドは基本的にマリガンします。
といっても無防備があって他が強ければ普通にキープすることも多いですが。



澪と白はこれまた押せ押せのこのデッキには相性が抜群です。2表でフルタップ攻撃をしかけた後は大体ハンドが3枚かそこらになっています。その場合、キャラを出すかどうか非常に悩むところだと思いますが、白なら割とノータイムで出していけます!
白をハンドに抱えているのと、盤面に出すとでも基本的にずれる打点が変わらないからです。盤面にカードを出すことにより、そのターン防御が薄くなるはずなのに、相手がワンチャン作ろうとしても御霊送りが邪魔をします。そして、御霊送り込みで足りないので投げつけずにターンを返すと今度は商人の町の占い師が活き始める…
完全に隙のないカードで、詰めのターンに白を出してから殴るというプレイングも十分にあり得るスーパーパワーカードです。


東峰つかさ、加奈は基本的にアタッカーとしての役割しか果たしませんが、加奈は必殺の料理が相手の盲目効果を牽制します。そして、つかさはHP-100宣言でパンプすることが出来る効果を持っています。
加奈は白の恩返し付与効果を使ったときにも活躍します。こちらのバトルを逆用する場合、手痛いバックダメージを返すこともできます。
つかさのパンプ能力ですが、大体4ターン目以降から活躍を始めます。2回目以降の前衛受けをされたときに、スズスポを残しながらとりあえずダウン値を出すことが可能な場面がふえるからですね。当然エース受けの時にも使います。

あゆむはワンチャン武も受かるというのと、相手がぶっぱするデッキだった場合、立たせておくだけで非常に安心できます。



さて、ここで一つ。このキャラたちの能力宣言は基本的に0宣言かHP-宣言になっています。なので、相手は幽閉を打っても基本的にアド得は出来ません!速攻デッキで相手にアド得をさせないというのはかなり大きな要素になっています。




さて、バトルですが鏡が殴れるバトルが16枚、後は真紅がいるから知が多めと以前書いた気がしますがそれだけではありません。
知殴りはそもそも真紅が受けた場合に使いにくいから多いのは確かにあります。しかし知/穏を知武スイッチにしておけばあゆむが殴れる可能性が増える分有効な気がしますよね?
これは「バトルの張り替えによるバトルの逆用阻止」という意味があります。
アタッカーがエース合わせて4体以上出ることも多い構築…というか出る構築です。その場合相手に逆用されるバトルを逆用されにくいバトルに張り替えながら4パン目を繰り出すことが非常に多いです。その中でもっとも逆用されにくいのが知/穏なんですね。敏スイッチや器スイッチのバトルを相手が逆用できるという事は「破棄すれば相手がそのバトルを張ってくれる」という事です。
するとつかさや鏡、澪といったアタッカーは相手のバトルを有効バトルとして使い逆用を始めます。しかし相手はこちらの利用できるバトルが破棄されていくので動きにくくなるのです。
相手がバトルを置いた段階で、こちらはもうバトルを置きなおして4パン目をする必要もないので(逆用すればいい)使えるバトルが多い分だけさらにこちらが有利になります。というかほぼ勝ち確定の盤面だと思います。



バトルに関してはこんな感じでしょうかね



さて、イベントです。
無防備は鏡、すみれの能力と同じような効果を発揮するカードなのでそこまで沢山の説明はいらないと思います。

セクハラです。
なんで速いデッキなのに盤面寝かせるの?という疑問があるかもしれません。が、セクハラは「バトルカード」と同じような役割を序盤果たします。
2表でバトルが2枚しかない…そんなときにセクハラがあったら!セクハラで寝たキャラが4点分バトルで与えた計算になりませんか?このデッキ、とにかく2表or2裏にエースに大ダメージを叩き込むことが前提のデッキになっています。なので少しでもその動きが行える可能性を上げることができるカードを採用したということですね。
中盤以降はエースに投げつける下げというよりも、前衛を潰すイベントとして使われることが多いです。
ちなみにこのセクハラですが、17.0で登場したスーパーセクハラよりもセクハラを優先することをお勧めしておきます。
このデッキ一番理不尽な動きが1表鏡すみれなので、その状態でバトルが2枚の時、スーパーセクハラは発動することが出来ないのです。
流石に鏡、すみれとハンドにいる場合はハンドにバトルが1枚や2枚でもノーマリガンGOなのでそういう状況はそこそこあると思います。
流石にキャラ出して条件満たしてから打つのは弱いですよ!


黄金の銃はエンドカードです。受け回しして受け回ししてEX使われてエースのHPが手当てなどで回復して意外に耐えるんじゃないかな…?というところを粉砕します。後は、圧倒的に穏が高くなるキャラや、パンプなどで穏を上げられたときに追いかけられるように…というところでしょうか。
ワンチャンを作り出せるカードでもあります。

ショッピングはデッキを回転させるためのカードなので4
救出と大空の告白はGP環境でこのかが多いことは予想できたので手札にきたらEXなしでダメージを回避できるカードなので積まれました。
撮影会は単純にコストパフォーマンスが優れているからというのと、一番相手の予想を外しやすい。


さて、ここでイベントの発動コストを見てみましょう。
ショッピング以外全て0宣言です!幽閉と同じく反論を打っても全然アドバンテージを稼げません!むしろショッピングを場コスで反論してくれるならエースにダメージが入りやすくなってむしろラッキーなくらい。ハンド切りならお互いに2枚ハンドを捨てただけで何も痛くありません…というよりも、こちらは不要牌とショッピングが切られているのに対し、相手は反論と何かしらのハンドを切っています。序盤の早い段階であると、相手のコストも有効牌であることが多くハンドの質の差もある程度解消することが出来ます。0宣言に対して使ってくれるのなら単純にアドバンテージが稼げます。


といったところでしょうか。


EXですが、GP名古屋は5戦中2回しか使ってないので調整の余地があるかもです。
危険な関係は相手がEXを開いていないときにひきつけてから使うと強いので採用されています。さっさと清掃活動を捲ってしまうと、ワンパンの場合は覚悟で貫かれ、2パンされる場合は相手にEXを残させたまま多くの立ったキャラを残してしまいます。そこで危険な関係を使うことで相手にフルタップに近い状態でターンを終わらせることが出来ます。
この状況なら相手のスキルの上から貫くことも出来ると思います。(こういう時に銃が強いね)



さて、このデッキを使うときのコツですが「下げ過ぎない」ことですかね。
わざわざ3-4-4の11点を叩き込まなくても2-3-3で8点乗せるなりセクハラ使って4-5の9点でいいと思います。ワンパン目からスキルを貰えるのはそれはそれでおいしいのですが、大きく下げてから清掃活動を喰らうとディスアドの方が目立つので無理しない程度に下げましょう。
逆に対して下げてないのにワンパン目からスキルならキャラ展開して返してやればもう勝ち確コースだと思いますよ。



ただし、対このかの場合はさっさと投げつけてスキル貰うのが正解です。



物凄く長くなりましたが、このデッキの理論的なものは大体吐き出したと思います。
まだ何か質問などがあればコメント欄なりtwitterの方で質問してもらえれば答えますー。



読んでくれた方は大変ありがとうございました。安いので組んで使ってみてもいいと思いますよ。



見づらい文章でごめんなさい










スタンレーがどこに消えたかって?あれはあれで良かったんだけどこれはもはや別なデッキになってるから不採用なだけです。前の型なら間違いなく強かった点がいくつかあるのですが、この型だと間違いなく「弱い」為抜けました。

登録タグ:

あなたはこのブログの 1385 番目の読者です。


テーマ:ファンタ投稿日時:2014/06/18 00:53
TCGカテゴリ: ファンタズマゴリア  
表示範囲:全体
前のブログへ 2014年06月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。