TCG四方山話

長らく凍結していたアカウントをドレノ考察用に復活?
思いついたことをつらつらと書き連ねていきます。

カレンダー
<<2010年
09月
>>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近のブログ
最新のコメント

[2015年06月10日]
ドレッドノート覚え書き(1)

[2015年06月09日]
早くも新弾情報(2)

[2012年09月24日]
今日のカード(2)

お気に入りブログ
ユーザー情報
ニット
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
2億枚販売達成
ヴァイスシュヴァルツ累計出荷数2億枚突破!
株式会社ブシロードが販売している大人気TCG「ヴァイスシュヴァルツ」が、2010年9月生産分を持って累計生産枚数が2億枚を突破することが明らかになった。「ヴァイスシュヴァルツ」とは?人気の高いアニメ・マンガ・ゲー...

まずもっておめでとうございます。

関連情報からヴァイスシュヴァルツの公式サイトへ飛んだところ、以下のようなものを初めて見ました。


ヴァイスシュヴァルツ五箇条の御誓文
一、刺激的かつ面白いゲームを楽しんで頂くことを目指します。
一、コレクションとトレードの楽しさを長期的にわたり味わって頂くことを目指します。
一、常に初心者を増やすことを心がけかつお客様のコミュニティー形成にお役に立つことを目指します。
一、参加タイトルのキャラクターの魅力を最大限に引き出すことを目指します。
一、地方のカードゲーム活性化のお役に立つことを目指します。



こういう理想を掲げてゲームを売っているという事があらゆる部分にあわられてきた結果、とも言えるのではないでしょうか。



さて、下世話な話、2億枚というのは金額にしたらどのくらいのものなのか考えてみることに。

1パック330円で8枚入り。カード1枚あたり約40円ということです。

つまり、2億枚×40円=80億円

ワオ。

発売後約2年半というところですが、平均すればざっと年商30億円の商材というわけですか。


もっとも、版代や原価など元手は掛かっていますし、流通に乗せているので問屋や小売にもお金は落ちているし、必ずしも定価販売ではないのであくまで超概算とはいえ、これだけのお金を日本中のTCGユーザが使ったというわけですよね。
一体武士はどれくらい儲かったのかなあと想像してしまいますね。

そりゃあもう、自社オリジナルキャラでのアニメ展開にも投資ができるくらいには稼いだんでしょうね。

まあ、武士はTCGのインフラ整備に力を入れているし、そういった部分にも使われている、と考えたいですね。

登録タグ:

あなたはこのブログの 259 番目の読者です。


テーマ:ニュース投稿日時:2010/09/13 21:59
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2010年09月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。