蒼哭の領域

「狼に衣」ということわざから取った名前です。

時間があれば、ブログ更新を行います。
最近は、あまり時間がないため、ブログ更新は月に2~3回程度になると思います。

ブログ更新内容については、ヴァンガード(VG)が主です。
たまに、ヴィクトリースパーク(VS) メルルのアトリエ、花咲くいろはの内容もあります。

カレンダー
<<2014年
06月
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
空蝉
非公開/非公開
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
【Z/X 白単】白の竜の巫女ニノ エンジェル軸
更新日TCGタイトルデッキ名
2014/06/19 Z/X -Zillions of enemy X- 【Z/X 白単】白の竜の巫女ニノ エンジェル軸
【Z/X 白単】白の竜の巫女ニノ エンジェル軸
カード種別 カード名称 枚数
カード種別 カード名称 枚数
カード種別 カード名称 枚数
メインの色  
デッキタイプ バーン 
チャート

Z/Xを始めた約2ケ月ほど、まだまだ未熟者に過ぎない。
個人所持の構築デッキ(レシピ)ではあるが、
これからZ/Xを始めようとする方の参考になれば、幸いと存じます。

コスト別にみると、

【プレイヤー&スタートカード(1+1枚)】
【イグニッション(20枚)】OR【イグニッション(16枚)】
【コスト4(6枚)】
【コスト5(6枚)】
【コスト6(4枚)】
【コスト7(4枚)】
【イベント(9枚)】OR【イグニッション(13枚)】

**内「チェインバインド」イグニッション+イベント両方持ちである、
合計プレイヤーカードを含め、51枚になる。

個人の構築(強化)費用が不足しているため、まだまだ強化する余地が残っている。

個人の強化方向として、
①「十二使徒 獅子宮ウェルキエル」4枚(【コスト6】)を抜き、「十二使徒 巨蟹宮ムリエル」(【コスト6】)4枚を採用する。
②「十二使徒 巨蟹宮ムリエル」(【コスト6】)を採用した場合は、「ハピネスブルーム」(コスト:1)も合わせて
4枚採用すべきであろう。その際、「シークタイム」と「天界光ジェムシャイン」を抜く。
③コスト4で、「煌きのサンティユモン」を抜き、「眠りのスノーホワイト」を採用する選択肢もある。
④コスト5で、「機知のエスプリ」を抜き、「賢さのサジェス」を採用する選択肢もある。


現時点で採用したカードの採用理由を簡単に説明しよう。
「運命のデスティネ」(IG+VB):自軍のパワープラス
「魅惑のファシナシオン」(IG+LR):リソース6枚以上、パワー5500となる。
「煌きのサンティユモン」:イベント回収(レベル1限定)
「世界の記録者レジストル」:ゼクスの回収(レベル4まで)
「機知のエスプリ」:レンジ2、エンジェル軸によるパワープラス
「自由のリベルテ」:エンジェル軸によるパワープラス、コスト5の主力。
「十二使徒 獅子宮ウェルキエル」:後期での展開を期待したい。実は「十二使徒 巨蟹宮ムリエル」の代用である。
「光輝竜イノセントスター」:「白の竜の巫女ニノ」のパートナー。

とりあえず、ここまで。

登録タグ: Z/X  白単  白の竜の巫女ニノ  エンジェル軸 

あなたはこのブログの 1605 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2014/06/19 15:29
TCGカテゴリ: Z/X -Zillions of enemy X-  
表示範囲:全体
前のブログへ 2014年06月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
 
現在“2件”のコメントがあります。
あばた2。 蔵女 さん [2014/06/19 21:00]
こんばんわ。やはりパニクロ、シュート、シーク、ムリエルが入るならブルームまで採用したいですね。

ウェルキエル、レジストル、回収の動きは1度使って見ましたが、青白でしたので中々の相性でした。
スタートを5000にして高校でも、ムリエルサーチで凌げますし、レジストルからの5000の回収まで見えるのでそこそこ安定はしてましたが、やはり後半のイノセントスター配置後の動きでしょうね。
私服よみな 空蝉 さん [2014/06/20 14:23]
蔵女様

アドバイスありがとうございます。

最初に「幻のシュート」と「パニッシュメントクロス」のどちら採用するか、迷っていたが、「幻のシュート」の場合は、最低にチャージが2枚以上を維持する必要があったため、位置制限があるけれども、使い勝手さから「パニッシュメントクロス」を採用した。
もちろん、両方とも採用することもあり得るが、イベントの枚数が増えすぎると、
手札事故を起こす恐れがあると心配していったので、「パニッシュメントクロス」を採用致しました。

ちなみに、
「天界光ジェムシャイン」の採用理由は、相手プレイヤースクエアにあるカードの破壊であり、「十二使徒 獅子宮ウェルキエル」のスキルとの相性がよいのです。
「天界光ジェムシャイン」を抜き、「ちょっと、待ったぁ!」を採用する選択肢もある。

「エクスターミネイション・フロウ」の採用理由は、相手ゼクスの展開阻止。とりわけ、後半の場面の打開を期待したいのです。

スタートカードに関しては、確かに、「運命革命の一翼・早乙女リリエル」のパワーは4500しかないが、その採用理由は、イベント「絢爛聖光気」と同じようなスキルを持ち、場合に応じて相手ゼクスのパワーをマイナスさせるが目的である。

とりあえず、「十二使徒 巨蟹宮ムリエル」を入手してから、また調整(強化)を行うと思います。

長文になり、すみませんでした。