宴もたけなわ

関西在住のプレイヤーです。
FC2版はコチラ(http://utage9.blog.fc2.com/)

カレンダー
<<2013年
08月
>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント

[2016年07月23日]
来週はサンライズ(3)

[2015年03月22日]
OG(2)

[2015年01月13日]
赤単ガオガイガー(4)

お気に入りブログ
ユーザー情報
非公開/男性
8時間以内
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
初心者が熟練者に勝てるかという話。

ゲームの種類によると思うんやけど、基本的に初心者は熟練者に勝てない。

なぜならば、初心者はルールを網羅していなくて、プレイングが甘く、翻弄されてしまうからだ。

勝てないと面白くない、これは真理であるだろうけど、あくまでもこれはルールをきっちり把握して、基本的なプレイングが身についてからの話。

まずはきっちりと基本をおさえるところからスタートして、そこから勝つにはどうすればいいか考えても遅くはないと思う。

何事にも練習は必要ということです。何度も負けて、それでも向かって行くから強くなるんだと思うよ。

登録タグ: クルセイド  マジック  ガンダムウォーネグザ 

あなたはこのブログの 838 番目の読者です。


テーマ:雑記投稿日時:2013/08/12 12:06
TCGカテゴリ: クルセイドシステム   Magic: The Gathering  
表示範囲:全体
前のブログへ 2013年08月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在“6件”のコメントがあります。
アグリアス デクラン さん [2013/08/12 22:01]
こんばんは。
興味深い記事、読ませてもらいました。

これはあくまで私見なのですが、プレイングもさることながら
「カードプールを知る」
というのも一つの大きなファクターだと最近感じてます。
相手のデッキがどんなデッキか、正直戦うまで全容を知ることはできませんが、ある程度そのTCGのカードを知っていると「このデッキならこのカードがくる」とか「今の環境ならこれが入ってるに違いない」と先を見通してプレイングできると思います。
でもやっぱり、繰り返し楽しんで対戦をできる”気持ち”が必要ですよね。
私服いくさ 宴 さん [2013/08/12 22:25]
>デクランさん
こんばんわ。

カードプールを知って、相手の次の手を考えること、いいかえると「先読みする力」とでもしましょうか、は確かに勝つためには必要な力ですね。実際、カードプールを知っていれば回避できることは多々あるわけで。

ただ、ここでそれを求めなかったのは、それは初めから得ておくべきものではないと考えるためです。

初めから「カードプールを知らないといけない!」と言ってしまうと、敷居の高いものになってしまいます。それはさびしいことです。

初心者の人が、「カードプールを知らないでいい」ということで敷居が下がるならそれはそれでいいです。後になって、「どうやったら勝てるか」を考えるときにそれに気づけば(あるいは周りが教えれば)、それでいいんじゃないかと思った次第です。

もちろん勝つためには「知ること」は大事です。それは揺るぎようのない事実だと思いますよ!
アグリアス デクラン さん [2013/08/13 18:46]
特にクルセイドやMTGはカードの種類も半端ないですからそこを知るのは確かに酷ですね!
敷居が高いとモチベーションもあがらないですもんね。
返事ありがとうございました。
TARITARI ヴァルハラ さん [2013/08/22 23:09]
初めまして。

個人的に気になるのですが宴さんは、相手が誰でも勝てるカードゲームと初心者では勝ちにくいカードゲームどっちがいいと思います?
私服いくさ 宴 さん [2013/08/23 19:43]
>ヴァルハラさん

はじめまして。

私個人としては初心者では勝ちにくいゲームの方がいいと思います。

相手がだれでも勝てるゲームはゲームを気軽に始められる点が強みですが、誰にでも勝てる、つまりゲーム的にはそんなに難しくないために、飽きが早くなってしまう傾向にあります。

対して初心者では勝ちにくいカードゲームは、気軽に始めにくいという障害があるものの、一度は行ってしまえば長く楽しむことができます。

両方のカードゲームにそれぞれいい点と悪い点がありますが、個人的に後者を推したいのは、どうせやるなら奥が深い方が面白いじゃないと感じるためです。そんなことがあるのかと驚きや発見が多い方が、カードゲームをやっていて面白い、と思うわけです。

奥の深さの違いとでも表現するとわかりやすいかと思います。
より深い方がやりこみ甲斐のあるゲームというわけです。この場合後者ですね。なので狭い入り口をくぐってつづける気力があれば、その先に楽しい世界があるということを知ってほしいですね。
TARITARI ヴァルハラ さん [2013/08/24 00:01]
 私も宴さんと同じに思っています。
 
 もともと、一生懸命戦って勝つほうが楽しいので、Chaosやクルセイドやプレシャスが好きなんですよね。

 まあクルセイドも中には単純なぶっぱデッキもあるので一概には言えないのですが、相手との駆け引きの楽しさは既存のカードゲームの中でも随一と思っています。