ちぃさんのブログ

カレンダー
<<2018年
04月
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
ちぃ
非公開/非公開
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
ヴァイス 本扉アイマス レシピと解説

ヴァイスシュヴァルツのTHE IDOLM@STERのデッキレシピです。
レベル2のM@STERS OF IDOL WORLD!!如月千早の高いパワーと強力な手札補充能力を活かしてレベル2帯で一気に盤面を制圧するのがコンセプトです。


1レシピ
2コンセプト、強み
3採用理由
4回し方と弱点
5採用候補カード


1レシピ
レベル0 9
輝きの向こう側へ!あずさ 4
方向音痴あずさ 3
M@STERS OF IDOL WORLD!! 星井美希 2

レベル1 16
素直で前向き春香 4
次のステージへ!春香 4
M@STERS OF IDOL WORLD音無小鳥 3
リーダーとして春香 2
START!!春香 2
自身を高めるために プロデューサー 1


レベル2 10
M@STERS OF IDOL WORLD如月千早 4
M@STERS OF IDOL WORLD萩原雪歩 2
今を大切に 亜美 2
M@STERPIECE千早 2

レベル3 7
輝きの向こう側へ!美希 4
輝きの向こう側へ!春香 3

CX
765プロ ファイトー! 4
虹色ミラクル 4


2コンセプト、強み
コンセプトは始めに書いた通り、MOIW千早による盤面制圧です。
千早は手札を捨てることでパワーが最大10,000まで上がり、レベル2の中ではかなり高いパワーになります。 肝心の手札を捨てる方法ですが、自分のターンでは自身のCXシナジーと暁互換あずさ、相手ターンでは助太刀を使うことにより比較的簡単に達成出来ます。
特に相手ターンでのパワーがかなり高く、10,000に加えて助太刀のパワーまで乗るため、レベル2以下のカードにはまずパワー負けしません。 レベル3のカードにレベル比例応援を重ねられると流石に負けてしまいますが、その時こそ美夏互換雪歩の出番です。 レベル2以下にはただの助太刀として使い、早出し相手にはテキストを使うことで千早を倒せるカードはほぼなくなります。
CXシナジーもかなり強力で、純粋な手札増強、山札圧縮、自信の能力のトリガーと多くの恩恵を得られ、多面連動することでその効果は更に上がります。 是非2面連動を狙っていきましょう。
3に上がった後は春香か美希のバーンで締めます。 トップ確認カードが多く積まれており、レベル0のカードを絞っていることにより美希の火力はかなり高めです。


3採用理由

輝きの向こう側へ!あずさ
暁互換 純粋に強いので4枚
アイマスを使う理由のほとんどと言えるパワーカード、プール内の全カード(喜沢さんは知らん)を触れる暁はやはり強く、1週目の削り、MOIW千早のトリガー、春香バーンのためのパーツ集めなどゲーム中ずっと活躍します。
0の枚数を抑えても何とか回るのは間違いなくこのカードのお陰です。
本家暁より先に出たはずなのに暁互換と呼ばれる謎のカード。

方向音痴あずさ
移動 0の中で最もコンセプトと合致してるので3枚
元祖移動 デメリットのお陰でパワーの高さと条件無しの移動を両立しています。
このデッキは見てわかる通り、0を絞っているので生存能力が高く、ダイレクト面を晒すことで先上がりしやすくなるこのカードは重要です。
また、3に上がった後はトップ確認札としても活用出来る有用なカード。 とはいえ0を絞りたいので3枚。
アイマス知らない人にこの人あずさって言うと信じてもらえない率の高さ。

M@STERS OF IDOL WORLD!! 星井美希
集中 1枚盤面に置きたいので2枚
2レストで控え回収の集中、と集中の中ではかなり弱い方ですが、選択肢もないのでアイマスでアド集中を使いたければ取り合えずこれを使うことになります。 トップ見るカードが沢山あるのでCXが見えた時に捻りましょう。 このデッキには後列向けカードが存在しないので、もう一方のレストコストは生き残った方向音痴あずさを使いましょう。
もう一つの効果は中々有用で、1帯の時はソウルパンプすることでサイドでも十分なダメージを期待出来るようになり、3帯では打点調整にトップ確認に使えます。
バンドリのハロハピに加入して欲しいカードNo1です。 全てが噛み合ってるのに……

素直で前向き 春香
素前 アイマスの1の中では強い方なので4枚
1度目のアタックでは5,500、2度目のアタックでは7,000、しかし現実的に考えて集中を使わないでアタックするとは考えにくいのでだいたいの場合7,000スタートです。 これに加えて3枚も積んである2,000助太刀もあるために相手ターンの数字はかなり高めです。
これでも割られることはありますが、所詮は1/0のキャラなのでまた出し直せばいいだけです。
最大の問題は行きのパワーの低さ、0なら何とか勝てますが1相手だとほぼ勝てないですし、数字で上回っても助太刀で返されるのが怖すぎて下手に殴れません。 CXを張ってサイドするのみです。

次のステージへ! 春香
邂逅+トップチェック アイマスの1の中では強い方なので4枚
素前では行きの圧力0なのでこっちで圧力をかけていきます。 70出るので1帯ではだいたい勝てるでしょう。 トップ見る効果は3になった後に美希の補助として有用です。
まぁこの構築だと全面埋めるのは難しいので70出ることはあまり無いのですが、それにトップチェック効果のせいで500パワー落ちてるのも問題。
ぶっちゃけトップチェック効果無い方が強かったと思います。


M@STERS OF IDOL WORLD音無小鳥
2,000助太刀 助太刀軸に動くデッキなので多目に3枚
普通の2,000助太刀です。 が、このデッキではMOIW千早や起動2,000亜美のお陰で返しの助太刀の価値はかなり高いです。 ストックを温存したいこともあり、レベル2以降も雪歩と使い分けていきましょう。
また、青発生としても重要です。 このデッキは青が少なめで、美希バーンの関係上レベル2のカードはあまり置きたくないため、1の間優先的に持っておけば2に上がった後青が発生してない場合のクロックに置く保険にもなれます。
何で事務員さんにまで新規イラストがご用意されたのやら


リーダーとして春香
手札コスト 手札コストとしてストックに埋まってもらっては困るので2枚
輝き春香の手札コストです。 終わり。
場に出すのは他に出せるカードが無い時だけにしましょう。 これを出すのに1コスト使うのが勿体ないです。 また、アイマスの動き知ってる相手だと春香をスルーされ無駄に盤面に残り続けることがあり、その場合手札コストとしての役割に支障をきたすためやはり場に出すのは危険です。 おとなしく手札コストとして活用しましょう。
何でこのカードドラ乗ってないんですかね、謎です。


START!!春香
1相殺 枚数調整で2枚
大して強いカードではありませんが、アイマスのプールの弱さ的に必然と入ってくるカード。 一応トップ確認に使える点は評価ポイント。
このイラスト結城友奈の制服に見える。


自身を高めるために プロデューサー
0リクルーター 枚数調整で1枚
手札切って数値弱いカードが2枚立つとかいうめちゃくちゃ弱いカード、役割として集中美希に触れる、手札カットによるMOIW千早のトリガー、があります。 が、正直このカード使うだけ損なので基本的には無いものとして戦っていきましょう。 使わないにこしたことはありません。
私はアニマスPアンチなのでこの項は適当です。


M@STERS OF IDOL WORLD如月千早
パンプと連動、コンセプトなので4枚
前述した通り、このデッキのアドエンジンであり、盤面制圧要員であり、フィニッシュへ向けての手札山札を作る超大事なカードです。 2へ上がる時に確実に2枚握っておきましょう。
相手ターンのパワーがかなり高いので対戦相手が『千早壁だな~』って言うかもしれませんが、決して千早ちゃんの体型について言ってる訳ではないのでいきりかかったりしないようにしましょう。


M@STERS OF IDOL WORLD萩原雪歩
ストック版美夏 千早との相性から2枚
ストックに送るほぼ劣化美夏。 とはいえこれも戦術した通り、同レベル以下に対して圧倒的制圧力を持っている千早を立て、これをちらつかせることで、相手は安易な早だしからの突破制圧を行いにくくなり、こちらのペースで終始勝負を行えます。
ただ、こちらも輝き春香のためにコストは残しておきたいため、テキストはなるべく使わないようにしましょう。 具体的に使う状況としては、自分が2レベル前半で、千早を倒されると後が続かなく、かつまだ1ターン2レベルが続きそうな時、などでしょうか。
初めてテキスト読んだ時何でこっち3コストも払って相手に1コスト献上しているのかわけがわかりませんでした。 今もわかりません。

今を大切に 亜美
レスト1,500起動2,000パンプ 一部状況を見越して2枚
返しに強い千早を更に強くしてくれるカード、ですがもちろんそんな使い道をするのではなく。 相手が早だしの3を多面して、サイド合戦を仕掛けて来た場合、それを打開するために使います。
これのサポートでMOIW千早なら行き13,500、マスピ千早なら行き16,500まで上げられるので、何とか場を動かせるでしょう。
他には、SAOやシンフォの思い出送りから美希を守るという使い道もありますが、限定的です。
ちなみに今のところ実戦で役立った回数は0です。


M@STERPIECE千早
邂逅+対3アタッカー 一部状況を見越して2枚
こちらも起動パンプ亜美と同じく、硬直した場を打開するためのカードです。 行きでそこそこパワー出るので何かに使えそうですが、3相手以外だとMOIW千早と同じなので、早出しを殴る以外の使い道はありません。
上記の亜美と千早は使い道がかなり限定的ですが、ほぼ全ての状況にMOIW千早で対応出来るため、残りは限定的なメタカードで十分ということです。
一応場に出なくでもレベル2のため、美希バーンのコマとして役に立ってます。 多分。
マスピ連動達と見分けのつきにくいイラスト。 ややこしいことこの上ないですね。


輝きの向こう側へ!美希
美希バーン 主力のため4枚
元祖美希バーン。 美希バーンは不安定のためトップチェックして当てていくものですが、このデッキはデッキバランス完全無視でレベル高いカードを積んでいるため、素で殴ったり多面したりしても大きな効果を見込めます。 もちろんトップチェックも可能です。
アンコ効果もそこそこ便利で、MOIW千早やトリガーで稼いだ手札を無駄なく消費しきれ、強力な美希を簡単に盤面に残せるようになります。
3に入ったターンに出して、返しで春香起動させつつ焼くのがこのデッキの勝ちパターンです。
美希を出した瞬間の相手の『うわっ』って顔が楽しいです。


輝きの向こう側へ!春香
フィニッシャー 可能な限り積みたいため3枚
コスト重リターン大のアイマスの象徴的(と思ってる)フィニッシャー。 1バーン3回の詰めは現在のトップデッキにもひけをとりません。
Xルックのおかげでパーツを集めること自体はそこまで難しくありませんが、やはり問題はアタック前4という激重コスト。 ここはアイマスを使い慣れていって貯め方を覚えてくださいと言う他無いです。 一応この構築だと何とかなります。
効果発動出来るとめちゃくちゃ気持ちいいです。 アイマスの魅力のひとつです。


4回し方と弱点
回し方について
まずマリガンですが、かなり簡単。 0以外全て切りましょう。 0を絞っているためなりふり構っていられません。 5切りもよくあります。
もし0を握っていても、1に到達するまで0のカード2枚は必要なので、やはり0以外切りましょう。
その後は2に上がるまで引いたカードを叩きつけていくだけなのですが、2に上がるまでに持っておきたいカードは本とMOIW千早2枚です。 これが案外難しく、このデッキは集中以外特定のカードに触れるカードが無いため、狙って千早を集めるのが難しいです。 出来るだけ握ったら離さないようにしましょう。
また、MOIW千早の効果上1リフして山の厚い状態でレベル2を迎えることも大事です。 多少山の質が悪くても千早の効果ですぐに良化されるのでとにかく山を削りましょう。

MOIW千早はサーチ性が高く、加えるカードに迷うこともあるかもしれないので、一応の目安として
雪歩小鳥>暁>春香セット>美希>レベル0
の順でサーチしましょう。 助太刀は制圧のための札として、暁は次のターンの千早のパンプ用、春香セットと美希は3への準備、0は美希バーン用にデッキから0を抜いておきたいがためです。
相手が3の早出しからCXを貼ってサイドしてくるタイプの場合はマスピ千早と起動2,000亜美を加えて盤面を崩しましょう。 サイド合戦ではこちらが不利です。
3に上がったら美希と春香の効果で早々に終わらせましょう。 ヒールを切っているので耐久は不可能です。

弱点について
レベル2で10,000以上のパワーを出して千早に触れてくるデッキはかなり苦手です。 具体的にはラガン、rewrite、バンドリ、SAO、シンフォ辺りでしょうか。
また、助太刀を封じられると千早がやはり維持出来なくなるため苦手です。 具体的にはハルヒ、バンドリ辺りでしょうか、デレマスは中央に千早を置かないようにしましょう。
思い出送りにする効果は美希のアンコールが封じられるためやや苦手です。 具体的にはひなろじ、SAO、シンフォ辺りでしょうか。 ただし、SAOシンフォ相手ならば亜美を置いておくことで美希でも助太刀で返せるようになるのでこれらと対戦する際は亜美を置くようにしましょう。 ひなろじはパワー高すぎて亜美の起動2,000を持ってしても負けます。
最大の弱点として、バーン封じがあります。 具体的にシャーロット、けもフレ、ログホラ辺りでしょうか。 後者二つはともかく、シャーロットはこちらの勝てる要素が何一つありません。 諦めましょう。

苦手な要素があるデッキも、春香連動さえ決まれば強引に押しきれるのがアイマスというデッキなので、常に前のめりに戦いましょう。


5採用候補カード
ありません。 アイマスのプールが貧弱なので。
一応前まで入れていたカードを備忘録的に書きます。

M@STERS OF IDOL WORLD双海亜美
早出し MOIW千早と似た動きが出来るので、MOIW千早を出せない時のサブアタッカーとして入れてましたが、MOIW千早が出せない状況って何だ? となり、唯一の早出しのせいでメタ浴びたい放題なので抜けました。 ブラフとして入れるのはありかもしれません。

今を大切に 千早
全体1,000パンプ MOIW千早をパンプするために入れてましたが、相手ターン時はこれがなくても十分で、行きならば亜美の方がより強化出来るので抜けました。 せめてもう片方の効果がもう少しマシなら……

いつもの光景
元祖光景 一部のデッキ相手に切り札となれる存在ですが、美希の対象にならないことを重く見て抜けました。 ここは好みだと思います。 個人的には今はストック積む系のデッキそこまで流行ってないのでいらないかな、と。

OFFタイム 真
相手ターン限定応援レベルパンプ アイマスの使用動機のひとつになるくらい強力なカードだと思いますが、このデッキではMOIW千早がメタ相殺でやられるようになるというデメリットが目立つので抜けました。



これにてデッキの解説を終えます。 質問などありましたらコメントかツイッターまでどうぞ。

登録タグ: ヴァイスシュヴァルツ  THE  IDOLM@STER  アイマス 

あなたはこのブログの 1461 番目の読者です。


テーマ:日記投稿日時:2018/04/20 18:03
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2018年04月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。