in万年床

京都でゆったりヴァイスやってます。
書くのは今日のカードで気になったやつとか、開封結果とかですかねー。思いつきとかも書きますよ。
構築とかプレイングにはそんなに自信ないですが…。どうぞよろしくお願いします。
Twitter:@blackfall_ak

カレンダー
<<2020年
05月
>>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
黒い秋
非公開/非公開
1日以内
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
DAL 公式サイト先行公開(2)

先行公開第2弾ですね。
細々としたカードを中心にBPから9種の公開です。



“空分かつ剣” 十香
0/0/2000 ソウル1 トリガー:なし 《デート》《精霊》 R
【自】[このカードを手札に戻す]あなたのクライマックスがクライマックス置場に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のキャラを1枚選び、次の相手のターンの終わりまで、パワーを+1000。
【起】集中[①あなたのキャラを2枚レストする]あなたは自分の山札の上から4枚を、控え室に置く。それらのクライマックス1枚につき、あなたは自分の山札を見て《デート》か《精霊》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

CX使用時の自身バウンス行き返し1000パンプと、2レストの山集中です。

CXの使用時に舞台から手札に戻すことで、キャラ1枚のパワーを行き返し1000伸ばすことができます。
盤面参照テキストで割を食う可能性はあるものの、クライマックス自体のパワーパンプに加えて柔軟に盤面サポートが可能ですね。

スタンバイアイコンの手張りと相性がいいのはもちろん、「大切な約束 十香」などリバース要求テキストとも相性がいいですね。
電源アイコン自体とも、集中枠を圧殺せずに後列にキャラを展開できる噛み合いの良さはポイントです。


集中は2レスト山サーチです。

“狂乱の悪夢” 狂三」など単レストも不足無く刷られていますが、Rに集中の選択肢があるのはいいですね。
期待を胸に リオン」筆頭に2レスト集中が注目される場面もありますし。




強がりの言葉 琴里
2/1/6500 ソウル1 トリガー:1 《デート》《ラタトスク》 C
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、他のあなたの《デート》か《精霊》のキャラが4枚以上なら、あなたは自分の控え室の《デート》か《精霊》のキャラを1枚選び、ストック置場に置いてよい。
【自】このカードが[リバース】した時、このカードのバトル相手のレベルが相手のレベルより高いなら、あなたはそのキャラをストック置場に置いてよい。そうしたら、あなたは相手のストックの下から1枚を、控え室に置く。

CIP時に盤面が埋まっていれば控えストブを持つストックランサー(「八九寺真宵さん」)ですね。

CIP時に《デート》《精霊》で舞台が埋まっていれば、控え室からストックブーストが可能です。差し引きノーコストで登場できます。
今後登場するかもしれない4枚早出しとの相性は微妙ですが、確実に相手の早出しを潰せるキャラをストック消費無しで登場させることができるのは便利ですね。

ランサー系統を確実にストック消費無しで手札から登場させることができるのは初(トップチェックでL1以下を出せばストブできる「【STARDUST∞FOTON:知】奏」、2/2で同様条件のストブを持つ「おそろいのうさぎ ココア」は既存)、ガッツンダー互換では「デカパン」から何種類か存在しています。


自身のリバースが必要になる分、相手にダイレクト面を与えてしまい、相手がL3になってからは活躍できない側面はありますが、確実性のある早出しメタテキストは使い勝手がよいですね。
盤面外に飛ばせるため、横へのパワーパンプ持ちのほか、最近ちょいちょいいるアンコール持ちにも有効です。




嬉しい着信 折紙
0/0/1500 ソウル1 トリガー:なし 《デート》《AST》 U
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の手札を公開してよい。それらのカードにクライマックスがあるなら、相手の前列のキャラすべてに、パワーを-500。
【自】[①手札のクライマックスを1枚控え室に置く]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室からクライマックスを1枚選び、手札に戻す。

CIP時に手札を公開してCXが含まれていれば相手前列一律500ダウンさせ、更にCX交換テキストを持っています。

手札公開で相手にこちらの情報は伝わってしまうものの、相手のパワーラインを一律で引き下げることができます。
ライン面はもちろん、パワー500の「“揺るぎない覚悟” 氷川紗夜」や「懐かしい記憶 英梨々」「」を直接控え室に送り込めるのも使い勝手がよいですね。


同時に1コストで手札と控え室のCXを交換できます。
CX交換でシナジーを強力にサポートできますね。


当然のように手札にCXがあると思ってやがる・・・・・・。




遠距離射撃 折紙
1/1/500 ソウル1 トリガー:1 《デート》《AST》 U
【自】あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分の、《デート》か《精霊》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+3000。
【起】[手札の「基礎顕現装置」を1枚控え室に置き、このカードを【レスト】する]次の2つのうちあなたが選んだ1つを行う。『あなたは自分の山札を上から2枚見て、カードを1枚選び、手札に加え、残りのカードを控え室に置く。』『あなたは相手のレベル3以下のキャラを1枚選ぶ、そのキャラは次の相手のスタンドフェイズに【スタンド】しない。』

CXフェイズ始めの1面3000パンプと、「基礎顕現装置」を切って2ルックか相手のキャラ1枚のスタンドをロックできる起動能力を持っています。

CX始めの3000振りは強力ですね。
複数面の支援こそできませんが、確実にパワー支援が可能な上、格上も十分に抜けるパワーを付与できます。
もちろんリバース要求テキストとも相性のいいテキストです。

自身レストと「基礎顕現装置」カットで2ルックか相手1面のスタンドロックが可能です。
2レストはカードの種類に制限がなく、手軽にCXやイベントを含めた必要なカードを探しに行くことができます。
山札調整としても優秀ですね。

相手のキャラのスタンドをロックできるテキストも強力です。
連動持ちなど、舞台に残ってしまう厄介なアタッカーを処理できるのはもちろん、アドバンテージ源を断つような運用も可能になっています。
L3までということで終盤まで使うことができ、電源で登場して出番を待つようなアタッカーの出足を挫けるのも優秀ですね。

コストで指定されているのはソウル減を行うカウンターイベントです。
基本的な出番が終盤でのみとなる防御札をゲーム全体を通じて無駄なく使うことが可能になっています。
枚数が積みやすくなるとともに、手札から離れた「基礎顕現装置」も「臨戦態勢 折紙」でサーチできますね。


後列からのスタンドロックに遠距離射撃感があっていい感じです。




お見舞い 四糸乃
0/0/500 ソウル1 トリガー:なし 《デート》《精霊》 U
【永】他のあなたの、《デート》か《精霊》のキャラすべてに、パワーを+500。
【自】[手札のクライマックスを1枚控え室に置く]あなたのキャラのトリガーチェックでクライマックスがでた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山hダウを上から2枚まで見て、カードを1枚まで選び、手札に加え、残りのカードを控え室に置く。


全体500パンプとCXトリガー時の2ルックテキストですね。

全体のパワーラインを向上させることができますね。
転校生 狂三」が同様のテキストを、「舞風の〈ベルセルク〉 耶倶矢&夕弦」が《精霊》《ファンタジア文庫》指定のものを持っています。
《AST》組とか《精霊》持ってないしなあ・・・。


CXのトリガー時にCXを手札から捨てることで2ルックが可能です。
コスト的に宝及び門アイコンのCXを想定したものですが、どのアイコンのCXのトリガーにも反応して手札の質を上げることができます。
アイコン指定のものとは手札コストにCXを要求することで査定差を埋めていますね。
CXをガメた上で対応キャラを探すような使い方は難しくなっていますが、構成を選ばすに手札の質を上げることができ、山札調整にも活躍できます。
手札に加えるカードに対象の指定がないのも使い勝手がよいですね。




水着選び 四糸乃
2/1/8000 ソウル1 トリガー:1 《デート》《精霊》 C
【自】【クロック】アラーム [①手札を1枚控え室に置く]このカードはクロックの1番上にあるなら、あなたのメインフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室のカードすべてとぉ、山札に戻し、その山札をシャッフルする。


疑似リフを行うアラームを持っています。

メイン始めに1コスト手札1枚で疑似リフレッシュが可能です。
アラームをわざわざ配置する必要はあり、タイミングも固定されるものの、疑似リフの存在はありがたいですね。
クロックフェイズでの設置でも手札の純増とリフレッシュポイント1回分で元は取れます。

山札からCXが見えすぎたときの緊急回避としてはもちろん、「四糸乃&よしのん」を筆頭とした控え室参照の早出し条件を無理矢理満たすことも可能です。
1コストに加え、手札1枚を疑似リフに巻き込めることで手札のクライマックスも山札にしっかり戻すような使い方ができるようになっていますね。


盤面に出たら8000バニラのやつを採用するのかという。
ガッツンダーとかならともかく。




“狂乱の悪夢” 狂三
0/0/1000 ソウル1 トリガー:なし 《デート》《精霊》 RR
【自】あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+500。
【起】集中 [①このカードを【レスト】する]あなたは自分の山札を上から4枚めくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分の山札を見て《デート》か《精霊》のキャラを1枚選んで相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

CXフェイズ始めの1面500パンプと、単レストの山サーチ集中です。
“憧れのお姉ちゃん” 牛込りみ」感のあるカードですね。

相手ターン中にパワーパンプを行うことこそできないものの、パワーの必要な面を的確に毎ターン支援できる使い勝手がよいテキストです。
自身のパワーを伸ばして最低限のアタッカーとして活躍できるのも使い勝手がよいですね。


集中は使いやすい単レストのものです。
RRなことには特に文句言わないんでもう1種、控え回収のが配られるといいなあ・・・。




特を巻き戻す力 狂三
0/0/2000 ソウル1 トリガー:なし 《デート》《精霊》 R
【自】[①]このカードがアタックした時、あなたのクロックが4枚以上なら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのアタック中、あなたはトリガーステップにとろいがを2回行う。
【自】相手のアタックフェイズの始めに、あなたのクロックが3枚以下なら、あなたはこのカードを前列のキャラのいない枠に動かしてよい。

クロックが3枚以下で自由移動、4枚以上でダブルトリガーチェックが可能になっています。

クロック3枚以下で移動が可能です。
先行初ターンドローゴーや相手初パンのキャンセルを除けば、後攻初ターンに出しても移動としては運用できませんね。
後攻1ターン目以降は多パンしとけってことでしょう。

移動が使いたいなら素直に「白翼の〈エンジェル〉 折紙」でいいなあ・・・。


クロックが4枚以上ならトリガーチェックの回数を増やすことができます。
トリガーチェックを増やすことで単純にトリガーの恩恵を受けやすくすると同時に、直前に噛んだCXなどを直接控え室に落とすことができますね。
移動を捨てて多パンするなら輝くテキストなのはもちろん、クロックの枚数には気を遣う必要があるものの中盤以降では仕事がなくなってしまう移動キャラをゲームを通じて活用することが可能です。


こういうのは状況に合わせてというよりも器用貧乏になりそうな感じが・・・ね。




揺らぐ心 狂三
0/0/2500 ソウル1 トリガー:なし 《デート》《精霊》 C
【自】[①手札を1枚控え室に置く]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、次の2つの効果のうちあなたが選んだ1つを行う。『あなたのクロックが3枚以下なら、あなたは自分の山札を見て、《デート》か《精霊》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。』『あなたのクロックが4枚以上なら、あなたは自分の控え室の、《デート》か《精霊》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。』


クロックが3枚以下で朝礼テキスト、クロックが4枚以上なら控え回収と1面1000パンプを行うお馴染みのテキストを使うことができます。

どちらも1コスト手札1枚でキャラを探すテキストであることに注目した素敵()なテキストですね。
クロックの枚数に左右されてしまうものの、1枚で山札と控え室の両方に触れることができます。


控え室回収と朝礼両方とはいわないまでもどちらかちゃんとしたやつ配ってくれるなら文句は無いかな・・・。
テキストの工夫自体は面白いと思います。




カード番号は
“狂乱の悪夢” 狂三」が「DAL/W79-001」
強がりの言葉 琴里」が「DAL/W79-021」
お見舞い 四糸乃」が「DAL/W79-033」
嬉しい着信 折紙」が「DAL/W79-034」
水着選び 四糸乃」が「DAL/W79-046」
特を巻き戻す力 狂三」が「DAL/W79-055」
揺らぐ心 狂三」が「DAL/W79-065」
“空分かつ剣” 十香」が「DAL/W79-079」
遠距離射撃 折紙」が「DAL/W79-087」
ですね。

BP収録カードの1/4が公開されています。

TD収録カードが7種、BP収録カードは25種、RRが5種、Rが6種、Uが6種、Cが4種、CRが4種(全種?)公開されています。

001 「“狂乱の悪夢” 狂三」(0/0/1000のキャラ、RR、公式サイト先行公開(2))
002 「頼れる妹 琴里」(1/0/4000のキャラ、RR、公式サイト先行公開
003
004 「転校生 狂三」(0/0/1000のキャラ、R、公式サイト先行公開
005
006 「水着姿 狂三」(0/0/2500のキャラ、R、公式サイト先行公開

018 「分身体 狂三」(0/0/2000のキャラ、C、公式サイト先行公開
019
020
021 「強がりの言葉 琴里」(2/1/6500のキャラ、C、公式サイト先行公開(2))
022 「マイ・リトル・シドー」(1/0のイベント、U、公式サイト先行公開
023 「キャンディを片手に」(チョイスアイコンのCX、CR、公式サイト先行公開
024
025
026
027 「四糸乃&よしのん」(3/2/9500のキャラ、RR、公式サイト先行公開
028
029
030
031
032 「臨戦態勢 折紙」(3/2/10000のキャラ、R、公式サイト先行公開
033 「お見舞い 四糸乃」(0/0/500のキャラ、U、公式サイト先行公開(2))
034 「嬉しい着信 折紙」(0/0/1500のキャラ、U、公式サイト先行公開(2))

046 「水着選び 四糸乃」(2/1/8000のキャラ、C、公式サイト先行公開(2))
047 「基礎顕現装置」(3/3のイベント、U、公式サイト先行公開
048 「凍てつく大地」(宝アイコンのイベント、CR、公式サイト先行公開
049
050
051
052
053 「“最悪の精霊” 狂三」(3/2/9500のキャラ、RR、公式サイト先行公開
054
055 「特を巻き戻す力 狂三」(0/0/2000のキャラ、R、公式サイト先行公開(2))
056 「春のひととき 十香」(0/0/3000のキャラ、R、公式サイト先行公開

065 「揺らぐ心 狂三」(0/0/2500のキャラ、C、公式サイト先行公開(2))

073 「不適な笑み」(電源アイコンのクライマックス、CR、公式サイト先行公開
074
075
076
077 「大切な約束 十香」(1/0/4000のキャラ、RR、公式サイト先行公開
078
079 「“空分かつ剣” 十香」(0/0/2000のキャラ、R、公式サイト先行公開(2))

087 「遠距離射撃 折紙」(1/1/500のキャラ、U、公式サイト先行公開(2))

097 「マジ引くわー」(1/1のイベント、U、公式サイト先行公開
098 「夕暮れに染まるこの街で」(本アイコンのCX、CR、公式サイト先行公開

T01
T02
T03 「人間との対峙 十香」(0/0/1500のキャラ、公式サイト先行公開
T04
T05
T06 「刻み込む絶望 狂三」(1/0/4500のキャラ、公式サイト先行公開
T07
T08
T09
T10 「敵対心 十香」(3/2/10000のキャラ、公式サイト先行公開
T11 「わたくしたち」(扉アイコンのイベント、公式サイト先行公開
T12
T13 「怯える四糸乃」(0/0/1500のキャラ、公式サイト先行公開
T14
T15
T16
T17 「精霊との対峙 折紙」(3/2/10000のキャラ、公式サイト先行公開
T18 「リトル・マイ・シドー」(1/1のイベント、公式サイト先行公開
T19




今日のトピックといえばやはり感染症拡大におけるイベント中止・再開情報の更新ですね。
主なポイントは2つ、公認大会の制限付き開催の継続と今年いっぱいの公式大会の中止と行ったところでしょう。

特定警戒都道府県以外では本日(5/16)から十分な対策を行ったうえでの公認大会が再開されていますが、これらの措置についての6月末までの継続が発表されました。
要するに現状の継続ですね。

特定警戒都道府県でも今後の解除如何で公認大会の再開が可能です。

PRの配布についても現状のまま、開催されない大会については各ショップで配布されます。
青ブタ発売記念大会など、開催期間が月をまたぐものについては5/30までに開催予定だったショップでの配布という対応でしたが、6/30の開催分までPRが配布されることになりました。


そしてBCF大阪、WGP全大会の中止です。

情勢としては好転傾向、自粛も順次解除の流れではありますが、再度の感染拡大のリスクを織り込んでの判断でしょう。
カードゲームの大型大会とかリスク環境の極みですからね・・・。

BCF大阪はともかく後期大会、WGPの判断は急いだなという感じはありますが、会場確保、準備を行った上で中止というシナリオが最悪でしょうし、企業の判断としてはしょうがないのかな・・・と。

来週末開催の「おうちでBCF2020名古屋会場」と同様に、元々の開催日程でオンライン上での企画が開催されるとのことです。
基本的にはこれ待ちですね。

ブシナビの延期はこれらに伴うものということです。
デッキリスト作成ツールの方は予定通りリリースされる予定みたいですね。



納得できない判断というわけではありませんが、今年いっぱいの公式大会消滅は流石に影響が大きそうだよなあ、と。
プレイヤーのモチベ、売り上げ・・・マイナス面を考えるとキリがありません。
自分も今のところはちょくちょく買ってオンライン対戦で・・・という感じですが・・・。

基本的にはオンラインでの競技志向対戦には懐疑派なのでそこをふくめてなあ・・・。
易々とどうにかできることでもないので歯がゆいところではありますが。


このような状況の中でオンラインCSの先駆けとして、WOC(WS ONLINE Championship、@WsWoc)がスタートしていますね。
早速予選Aブロックを観戦させていただきました。

オンライン対戦上の問題点(2回戦にて回戦落ちによるジャッジキルが発生)は垣間見られたものの、特殊ルールもよく練られた素晴らしい試みだと思います。
有名プレイヤー陣の試合がじっくり観戦できるのはもちろん、解説実況も興味深いですね。

まだ予選3ブロック、決勝トーナメントが残っているので今後の改善と試合に期待といったところです。


ご意見ご感想などございましたら、お気軽にコメントかtwitterまでどうぞ。

登録タグ: ヴァイスシュヴァルツ  デート・ア・ライブ  DAL  デアラ 

あなたはこのブログの 204 番目の読者です。


テーマ:新カード投稿日時:2020/05/16 02:39
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2020年05月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。