みずけけのブログ

自称にわかゲーマーが黒歴史を量産しているブログ
ゆる〜くやってます


カレンダー
<<2019年
12月
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
みずけけ
23 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
WIXOSS
ヴァイスシュヴァルツ
ChaosTCG
カードファイト!! ヴァンガード
Z/X -Zillions of enemy X-
戦国大戦TCG
デュエル・マスターズ
バトルスピリッツ
ファイナルファンタジーTCG
フューチャーカード バディファイト
プレシャスメモリーズ
ポケモンカードゲーム
Magic: The Gathering
モンスターストライクカードゲーム
モンスター・コレクションTCG
遊戯王OCG
ラクエンロジック
ICカードダス
UNLIMITED VS
アクエリアンエイジ
アンジュ・ヴィエルジュ
ガンダムウォーNEX-A
銀鍵のアルカディアトライブ
コロッサス・オーダーTCG
古代王者恐竜キング
甲虫王者ムシキング
THE EYE OF JUDGMENT
シャドウバース
ジーククローネ
真・女神転生TCG
ダンボール戦機 LBXバトルカードゲーム
ディメンション・ゼロ
デジモンカードゲーム
ドラゴンクエスト トレーディングカードゲーム
ドラゴンクエスト モンスターバトルロード
ドレッドノート
ハースストーン
パズル&ドラゴンズTCG
ヒーローズプレイスメント
ファイブクロス
フュージョン戦記ガンダムバトレイヴ
プリズムコネクト
ミラクルバトルカードダス
ミリオンアーサーTCG
ラストクロニクル
Lycee
リーフファイト
レベル・ネオ
レンジャーズストライク
LORD of VERMILION
その他のカード
このブログの読者
ポケカのめちゃくちゃどうでもいい小ネタ

こんにちは、みずけけです。
ネタが無いので今流行りのポケモンカードゲームでPV稼ぎだ(周回遅れ

とは言っても今の環境がどうなってるかは分からないしyoutubeの某動画の様にカード紹介とか裁定クイズとかも出来ない。

だから、ポケカプレイヤーの9割くらいは知らなくていい超細かい過去のカードの細かいルールを知ったかぶりしていく、それだけ。
全部公式サイトのQ&Aに書いてあるのでこのブログを読む必要はないんですけどね。

始めに軽くカード名の違いから。



ここに2枚ピカチュウのカードがあります。
ライチュウに進化出来るのはどちらでしょうか。


正解は左のピカチュウです。
理由はカード名。
このなんか変なマークはなにかというと、ムービーの略です。
つまり左は「ピカチュウ」右は「ピカチュウM(ムービー)」なので別の名前のカードなのです。

旧裏プレイヤーならわるいポケモンとかジムリーダーのポケモンとかを思い浮かべるのかな。
もうちょっと最近だとギンガ団のポケモンのLV.Xとか。
更に最近だとEXポケモンとメガ進化EXとか?
今だとGXとかVになるのかな。

ポケモンの名前の他に何か書いてあったりGとかEXとか付いてると別のポケモンと認識されて進化出来なかったりするんですね。

そのおかげでそれぞれが別カード扱いになりデッキにそれぞれ4枚ずつ入れられたりもするんですけども。

次、トレーナーズの表記の歴史を簡単に解説出来るといいな。


左から「トレーナー」「グッズ」「トレーナーズ グッズ」
表記は違いますが、全部同じ「グッズ」です。


左から「トレーナー サポーター」「サポーター」「トレーナーズ サポート」
これも全部同じ「サポート」です。


DPシリーズまでは「トレーナー」「ポケモンのどうぐ」「わざマシン」「サポーター」「トレーナーのカード」
LEGENDシリーズは「グッズ」「サポーター」
BWシリーズから「グッズ」「サポート」「トレーナーズ」
*1

という表記になってます。
基本的には
「トレーナー」=「グッズ」
「サポーター」=「サポート」
「トレーナーのカード」=「トレーナーズ」


DPシリーズまでの「トレーナー」と今(BWシリーズ以降)の「トレーナーズ」は似てはいるものの範囲が違います。

前者は「グッズ」後者は「グッズ」「スタジアム」「サポート」なので気をつけよう。
今の「トレーナーズ」と同じなのはDPシリーズまでだと「トレーナーのカード」という表記で、これなら「グッズ」「スタジアム」「サポート」の3つを扱えます。


ちなみにDPシリーズまではカード右上の表記が細かく分かれていて、トレーナー(今で言うグッズ)は「トレーナー」「ポケモンのどうぐ」「わざマシン」の3種類あってそれぞれ別の物として扱われてました。
今は全部まとめて「グッズ」として扱います。


全部グッズです。*2


まとめ
DPシリーズで「トレーナー」
LEGENDシリーズ以降で「グッズ」だったら

「グッズ」「トレーナー」「ポケモンのどうぐ」「わざマシン」


DPシリーズで「トレーナーのカード」
BWシリーズ以降で「トレーナーズ」だったら

「グッズ」「スタジアム」「サポート」「トレーナー」「ポケモンのどうぐ」「わざマシン」「サポーター」



うーんややこしい、上手く説明出来ないね。
昔のカードを使う時は気をつけよう。
でもこのブログを読んでる人でDPシリーズ辺りのカードをガッツリ使おうなんて人はいないと思うので説明はこのくらいで良いかな。
余談ですが、「トレーナー」と「サポーター」の歴史は古く、1番最初の旧裏まで遡ります。
その頃はまだ「トレーナー」だけで、めちゃくちゃ強い効果も「トレーナー」なので1ターンに何枚でも使える凄い時代だったとか。
その後バランスを取るため?一部の「トレーナー」は「サポーター」として扱うルール変更があり1ターンに1枚しか使えなくなりましたとさ。
ネットの情報によるとそんな感じらしい。(受け売り)
ここのサイトにどれがサポーターか書かれているので旧裏で遊ぶ人は参考に。
……いるのか?このブログを読んでる人にそんな人。

最後、伝説ポケモン。

LEGENDシリーズに登場した2枚で1体のポケモンとして扱うカード
前述の進化の名称だとかトレーナーとかに比べれば一般常識かもしれない。
私は公式のQ&A見るまで良く分かってなかった感じ

ホウオウLEGEND
ルギアLEGEND

こんな感じの2枚1組で場に出すカード。
実物は持ってないので公式のページ見て。
持ってないのに解説すんのかって?そうだよ。
文字数稼ぎって事で。


かなり特殊な扱いになってて、まず「たねポケモン」とは扱わない。
「伝説ポケモン」として扱います。
なので「たねポケモン」と指定された効果は受けません。
あと「伝説ポケモン」は進化してない扱いとなるそうです。

次に他のカードの効果で選んだりする時、タイプ以外の一切の情報は参照出来ません。
OOタイプのポケモンを〜みたいな効果だったら対象に出来るけど
にげるエネルギーが〜とか、HPが〜みたいな効果の場合はそれらの情報を参照出来ないという扱いなので対象にならないらしい

Q&Aにあった例だと
アローラガラガラの「みたまくずし」でトラッシュに落ちてもHPを参照してるせいでダメージを与えられないのに対してシロデスナGXの「サンドフィアーGX」はただ単に枚数しか数えてないからダメージを与えられる……という理屈っぽい。

またポケモンを場に出す効果は全て受けない、例えばシャンデラの「ソウルバーナー」の様な効果で上側と下側2枚が同時にトラッシュに落ちたりしても場に出す事は出来ない。

ちなみに上側と下側は同じ名前のカードとして扱うらしいので、合わせて4枚までしかデッキには入れられないようですわよ。

以上、予想以上にごちゃごちゃしちゃった。


久しぶりにTCGの裁定というかQ&Aを読み漁るという事をしてみたけど楽しいね。
色んなカードの効果をルールに照らし合わせてこうなるっていうのが分かるし、色んなカードのテキストが読めるから賢くなった気になれる。

書き始めてから完成まで予想以上に時間が掛かってしまったのでこういうのは向いてないんだなあと感じられ、やる気が半分の半分くらいになってる。
多分もうやらないのでゆるして。

という事でこの辺でおしまい。
ネタ切れがもう深刻なので今月……いや今年?はもう更新しないかもね。
写真撮る為にポケカ引っ張り出したら遊びたくなっちゃったので新しい奴買いたいなぁと思ったけどベイブレードと過去作ポケモンとDLsiteで予算はカツカツなのでまた今度。



それじゃ、さよなら。


登録タグ: ポケカ  日記  雑記 

あなたはこのブログの 129 番目の読者です。


テーマ:ポケモンカードゲーム投稿日時:2019/12/09 04:09
TCGカテゴリ:
表示範囲:全体
前のブログへ 2019年12月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。