ChaosTCGに向けて。

ChaosTCGについて考えたことを垂れ流す雑記。
気軽にコメントなど下されば、喜んで返信します。

カレンダー
<<2016年
08月
>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近のブログ

[2016年09月25日]
cgf09(0)

[2016年08月11日]
“ギガロマニアックス”考察(0)

[2016年01月23日]
俺嫁ランブル(0)

[2015年12月31日]
Chaos祭(0)

[2015年12月20日]
WGP東京(0)

最新のコメント

[2015年08月22日]
しろくろ(2)

[2015年05月11日]
東方混沌符 -特別篇- 2(2)

[2014年12月29日]
ChaosTCG祭(2)

お気に入りブログ
ユーザー情報
Ayame
非公開/非公開
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
“ギガロマニアックス”考察

 覚えてる方はお久しぶりです、Chaosはやってましたが蜥蜴にはご無沙汰でしたね。
 考えに考えあぐねた結果()、乃々が纏まってきたのでその考察記事でも。

 どちらかと言うとネガティブな記事になりますので、その点留意して頂ければ。
 また、テキストについては細かく触れないのでプールを知っている人向けの記事です。
 
 さて、まずは“ギガロマニアックス”で組む場合の強みですが、言うほどありません(! “ギガロマニアックス”であることを活かせる強カードというと、R香月、ゲロカエルんストラップ、それにブラッドチューンくらいですかね。ゲロカエルんは強いのは強いんですが、ショット特化のカードなので扱いが難しすぎました。
 それでは<科学アドベンチャー>での強みはというと、オペレーションアークライトや奇跡の再会、そして忘れちゃいけないPR世莉架等が挙げられます。奇跡の再会は特徴を縛ることで真価を発揮するEventですので、“ギガロマニアックス”という特徴で固める意義を見出だせます。奇跡の再会を序盤から使えるようにしつつ、PR世莉架を活用できるのは科学アドベンチャーでも“ギガロマニアックス”だけ! なので、この2枚を中心に考えていきます。

 強みを確認したところで“ギガロマニアックス”のフレンドの特徴ですが、これは「大型ばっか」というしかありません。とにかく初手登場が居ません。代わりにバウンス乱入がやたらと多いですが、そもそも出せなきゃ話にならない。ここをクリアするのが最も難しいです。
 裏リバ登場を除き初手に登場できるカードで、且つ登場することで手札が減らないカードとなると、RRうき、RR雛絵、RR乃々、RR世莉架のRR4種類と、結人の5種類だけです。そのうち雛絵と世莉架は赤文字しか持っていないので、フレンドとして出してもほぼ仕事が無いのが問題です。
 となると初手に出したいカードはRRうき、RR乃々、結人の三種類しかありません。厳しい。


 上記を踏まえた上で中央選び。最初に乃々考察と銘打ったように、選んだ中央は乃々(RR)ですが、何故選ぶに至ったかを軽く確認します。

 まずは世莉架中央2種が除外されます。理由は、強みの1つがPR世莉架なので、これを活かせない中央に魅力を感じなかったからです。初手登場は全て使えるので、いずれ考えてみても良いかもしれませんが、一先ずは。

 続いて乃々。いわゆるペリーヌテキストで、私はこれを中央で使うことに強みを全く感じませんが、赤字は中々豪快です。“ギガロマニアックス”分の全体焼きなので、アリーナを特徴統一することになるのもコンセプトと一致します。
 箱PRの乃々は面白そうなデザインではありますが、ドローが書いてないのが割と致命的です。

 雛絵はドローサイズ貫通と一通り揃っているように見えますが、特徴で縛った上でこの条件は正直弱い。せめて2ターン目から4/4上昇してくれれば考えたんですけどね……。2年前のパートナーと言われても納得できるレベル。強みは単騎が剥がれるので裏リバ登場が登場しやすく、初手の選択肢が一気に広がることですが、それを損なって余りあるテキストの少なさ。1捨2引も好みじゃない。

 最後に華。Setを割れるテキストは強いんですが、貫通付与が華の為貫通がつきません。力士シールマンになれば貫通つきますが、単騎したところで貫通がつく以外大した強みもないのでやる意味は薄いでしょう。Set依存には優位に立てますが、それ以外には相当厳しい戦いを強いられるでしょう。
 ただ、裏を作れるので初手の選択肢が広がるのは強いです。力士シールマンがもう少し強ければ、候補になれたと思います。せめてエクストラデッキには【裏】で戻って欲しかったですね( それと、Set割には奇跡の再会という強カードがあるのも向かい風。


 ということで、フレンドとの兼ね合い、そしてテキストを鑑みて残ったのが乃々でした。消去法で選んだみたいで凄く嫌ですが、致し方ありません。プールが悪い。



 こちらが色々調整した結果のデッキになります。
 中央が乃々なので、初手登場にRうきと結人は両方4投。Rうきは維持しても一応仕事が残りますが、結人は置いておいてもどうしようもないので、結衣とエクストラするか雛絵を乱入するかしないと話になりません。3-3という枚数は不安ですが、枠が無いので仕方無く。
 一時期RR世莉架を初手に用いてみたこともありましたが、乱入で退かすかしないと二手目以降が相当に弱くなるので止めました。

 雛絵は序盤に出してもあまり仕事をしないので本当は拓留を乱入したいのですが、結人が“ギガロマニアックス”を持っていないのでコストにできません。結果残ったネームが雛絵しかありませんでした。この辺りもプールデザインが事故ってると思います(
 後は貫通付与やSetリカバリにR華、各種世莉架でキャラ枠が埋まりました。

 
 SetにはEventをループできるケータイ、ドロソになるクールキャットプレスを3ずつ、メタSetを2-2で10枚に抑えました。クールキャットプレス1/1なのは強いんですが、初手が足りてないからフレンド登場前にドローしたいのに“ギガロマニアックス”を二面用意しないとセットできないの勘弁して欲しい。
 また、本当は、自身のSetしか動かせない上にケータイをループしたい関係上、互い回収メタはあまり使いたくないのですが、プールに他に回収メタが存在しないのでマウンテンビューを入れざるを得ませんでした。

 Eventは奇跡の再会を3、4でも良いと思いますが回収できるので3に。あとは裏取りや、受けが弱いので失策等、汎用Eventで枠が埋まりました。ましろではなくカボチャならどんなに良かったことか……。
 スキル無効を登場させるので、棄権が使えるとなお良かったです。枠が無い。

 Extraは世莉架を4投、乃々をピン。ここを変えることは無いと思います。それくらい世莉架は強い。乃々単騎は相手の耐久が高いときに必要になるので、一応積んでいます。
 雛絵単騎は結衣結人に変えても良いかもしれません。レベルアップでリカバリできるのは、【表】を要求する乃々にはとても便利です。あとはアークライトを積んで終わりです。


 サイズは全然出ませんが、全焼によるショット力は高いデッキなので、様々なデッキタイプ相手に状況をひっくり返せるのが強みです。散々文句つけましたが、回してみると意外と楽しいので興味がある人は是非。
 
 以上で“ギガロマニアックス”の考察を終わります。本当は雛絵も考えたいんですけどね……。テキスト刷り直してくださいお願いします。
 質問等あればコメントにどうぞ。お疲れ様でした。

登録タグ:

あなたはこのブログの 1021 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2016/08/11 11:49
TCGカテゴリ: ChaosTCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2016年08月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。