かなえさんのブログ

カレンダー
<<2014年
09月
>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ

[2019年02月03日]
白黒さん

ヴァイス戦日記(1)

[2018年09月23日]
白黒さん

ヴァイス戦日記(0)

[2018年09月08日]
白黒さん

ヴァイス戦日記(0)

[2018年08月25日]
白黒さん

ヴァイス戦日記(0)

[2018年08月25日]
白黒さん

ヴァイス戦日記(0)

[2018年08月11日]
白黒さん

ヴァイス戦日記(0)

[2018年08月11日]
白黒さん

ヴァイス戦日記(0)

[2018年07月28日]
白黒さん

ヴァイス戦日記(0)

[2018年07月11日]
白黒さん

ヴァイス戦日記(0)

[2018年07月07日]
白黒さん

ヴァイス戦日記(0)

ユーザー情報
かなえ
25 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
一応発売されました
大人気ラブコメ「ニセコイ」のトレーディングカード発売決定!
人気アニメ「ニセコイ」のトレーディングカード発売決定!今年春にはTVアニメも放送された大人気ラブコメ「ニセコイ」がトレーディングカードに登場!美麗イラストを多数収録!あのキャラ、あのシーンをトレーディン...

ニセコイのトレーディングカードですが当初は8月発売となっていたのが9月下旬になりおそらく一昨日の9/27に発売だったみたいですね

駿河屋から届いたのがその日でしたので


とりあえずまずはレアリティと封入率について

レアリティは
SPレアカード:7種
SPカード:11種
キャラクターカード:6種
ベストシーンカード56種

の全80種

1BOX12パック入り、1パックに9枚入り
1パックごとの内訳が
キャラカード1種
ベストシーンカード7種
までは確定で
残りの1枠にSPレア、SP、ベストシーンのどれかが入っています

SPレアカードは4パックに1枚
SPカードは2パックに1枚
の封入率となっています

つまり1BOX買うことにより
SPレア3種、SP6種は手に入ることになります
逆に1BOXで何も入っていない外れのパックが3パックあるということにもなります

キャラ、ベストシーンカードはよほどのことがない限り1BOXで全て揃うと思います

問題のSPレアなどを考えると最低でも3BOXは必要ですね

それに店舗別購入特典のPRカード(アニメイト、一般、二木、ムービック)の4種も揃えるとなるとけっこう大変なことに

何が大変かというと値段が高すぎるという
1パック500円1BOXで6000円(税抜き)
が定価となってます

それに特に新規のイラストなんかがあるわけでもないですからこれ買うならヴァイス買ってろって言われかねない
ヴァイスなら対戦も出来ますがこちらはコレクション専用ですし

そんなこともあり買ってる人ほんとにいるのか疑うレベル
自分の持ってないイラスト知りたかったから調べてもいっさいまったく見つからない
ですからこのようにしてブログを書き同じく知りたい人などと情報を共有できたらと思い筆を取らせていただきました
もしくは買おうけど迷っていたという人へ情報を提供できればと思い

買うのであれば駿河屋などのネット販売が安く買えます
駿河屋や他の通販ならば小野寺のPR、二木ならば鶫のPRがついてきて
アニメイトは千棘、ムービックは万里花がついてきますが定価になるかと思います

購入を検討していた方の手助けになれば幸いです

あと2/4日発売ニセコイova付き限定版16巻にはこちらのトレーディングカードのPRカードが2種ついてきますのでそちらもチェックですね

それでは今回はここまでで

登録タグ:

あなたはこのブログの 778 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2014/09/29 14:08
TCGカテゴリ:
表示範囲:全体
前のブログへ 2014年09月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在“2件”のコメントがあります。
標準のアバター Japan さん [2014/09/29 16:14]
今の感覚だとやっぱりこのレベルのトレカでも高いと言われるのですよね。
10年以上前はトレカがもっと盛んで色々なトレカが出てましたがお値段そのままでSPが9種で箱1から2でSSPやらシリアル付やらがありました。

まあ、時代の流れでこういうファンアイテムが減っていくのは古いコレクターとしては寂しくもあります。
無題 かなえ さん [2014/09/29 16:37]
今回のこのニセコイという作品においてとしますとジャンプの連載作品ということもあり中高生への人気が高いことからあくまで中高生の目線から考えると高いかなと
カードゲームをやってる身からしますとそこまでとはなりますけどね

こういうトレカという形ではなくウエハースなどについているという形が最近の主流になりつつあるのが少なくなっている原因かもしれませんね