ヴァイスあれこれ

ヴァイスの環境とかについていろいろ

カレンダー
<<2020年
01月
>>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近のブログ
最新のコメント

[2018年12月29日]
次期環境考察(4)

[2018年02月11日]
SAOはなぜ壊れタイトルなのか(1)

お気に入りブログ
ユーザー情報
なっつん
非公開/非公開
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
ヴァイス強タイトル紹介『冴えない彼女の育て方』

こんにちわ、なっつんです
最近某所がこの手の記事上げなくなったので需要があるかどうかわかりませんが書いてみたいと思います
今回は最近WGP名古屋地区で優勝した宝扉型の冴えカノです

☆このデッキの強み
このデッキの強みはなんといっても思い出移動による圧縮率の高さと安定した盤面形成力でしょう
レベル0のキャラが思い出に行きながらアドバンテージを稼いだりデッキサーチや山札管理を行ってくれたりするため、テンポを阻害する事なくデッキの圧縮率を徐々に引き上げてくれます
レベル1の宝連動もツインドライブと被フロント時に手札に戻るという性質上、手札に抱えた対応クライマックスを打ち続けられるため、たとえば電源を用いる盤面制圧を主とした相手にも対等のダメージレースをしかける事が可能です
この手の連動効果全般に言えますが島風や超島風系のリバース要求のCXコンボに強いのも大きなメリットですね
後列に関しても、レベル0の単レス集中が、レベルに応じて自ターン応援持ちの単レス集中→レベル応援→レベル3と段階的に擬似チェンジしていくので通常のデッキだと難しい2面上位行列という動きが容易にとれます
前述のレベル1の集中およびレベル応援はチェンジの際に思い出に飛ぶため、レベル0のシステムと併せて思い出置き場に大量のカードが溜まりデッキの圧縮率が高くなるという仕組みです
詰め能力がリバース要求ではありますが、対応のレベル3の恵は記憶4以上で11000+アンタッチャブル+助太刀封じという最強クラスのアタッカーに進化するため、14000の面を複数用意されない限りはまず突破できるでしょう

☆各メインカード解説

・懐かしい記憶 英梨々
CIP自分以外+2000とリバース時フィレス+思い出送り
全体的に単体のパワーが低めなこのデッキにおいて特に相手キャラを倒しながら能力を構えたいドジっ子や中学生、宝対応を貫かせるために使います
リバース時フィレスは速効性こそない代わりにアタックフェイズ中に山札へ介入できるという特性を持っており、宝対応の前にチャンプして宝のトリガー率を高めたり3パン目にチャンプして手札の質を上げつつキャンセル率を上げたりと非常に柔軟な動きが可能となります
特に宝を使っている以上避けられない、必要以上の連続トリガーにもある程度そのターン中に対処できるというのも大きなメリットです
CIP効果を使いまわしたいためフィレス使用のタイミングは慎重に

・意外な贈り物 出海
パワーが1000の代わりに拳移動にカメラがついているスーパーカード
いつ引いても役割があり大変重宝します

・二人の夜 詩羽
ドジっ子互換
このカードのおかげで宝対応をマリガンで切るというプレイングも可能なくらい序盤の展開に貢献してくれます

・裏切りと別れ 詩羽
スーパー中学生
なんでコストが思い出送りになってるの?w
単体で最大2500まで伸びるためシステムを貫きやすいのも優秀

・初めての感情 恵/感情の爆発 恵/おやすみの前に 恵
それぞれレベル0の控え集中、レベル1の自ターン応援持ち山集中、レベル応援
レベルが上がるにつれて1段階上に擬似チェンジが可能で、山集中とレベル応援はタイミングがクライマックスフェイズ開始時と限定されているものの発動時に自身が思い出に行きます
レベル3の恵に非常にアクセスしやすく、相手がリソース勝負に持ちこんできても思い出圧縮とヒールのループである程度は耐える事ができます

・揺れ動く心 恵
宝対応のカード
手札管理の面でいえばこのデッキの中核を担うカードです
CXコンボ発動時に被フロント時に手札に戻る能力とツインドライブが付与されるため、盤面負けを起こしてサイドアタックしないとならない場面でも2点以上の打点を作りやすかったり、逆に弱い山札相手に追加のドラを捲りに行ったりと多彩な動きが可能となります
デッキの構成上普通のデッキよりもトリガーは多い傾向にあるので、電源から出てきた2/2アンコール相手にもサイドで1点取れる可能性が高い所がいいですね
リバース殺傷対策のチャンプビートを封じれるのも覚えておくといいでしょう

・新しい物語 恵
レベル応援から擬似チェンジで登場可能なレベル3
扉対応でリバース時1コス3点バーンが使えます
前述の通り思い出置き場の枚数に応じて最終的には防御札すら完全に封じるため、見た目以上に殺傷能力は高めです
この性能でCIPヒール持ちなのもやばい

・徹夜でゲーム
人によって採用が分かれるカード
個人的には必須カードだと思っています
単純に各カードの水増しになる事と控えストブがセットになっている事、そしてコストとなっている2体重レストが後列の効果や拳のおかげで帳消しにしやすい事などデッキに非常にかみ合っているからです
壇上レシピでは電源系デッキやFateをはじめとするロック系効果をメタった後述のカードが採用されていますが、安定性を高めたいのならばこちらを使うべきだと思います

・消えていくハイライト再び
対象のキャラを控え室の1レベル下の別キャラと入れ替えるイベント
手札は損しているものの、電源をトリガーした事で前列に出てきた2/2アンコール系や上位後列、Fateのライダーのようなアタック制限やソウル減少を持つキャラをどかしたりと幅広い運用ができます
書き連ねるとかなり強力に見えますが、能動的に使える徹夜~と違ってこちらはメタカードである以上自分のデッキが十全に回っている前提でようやく効力を発揮します
つまり「弱い時に握ってるととことん弱いカード」なんですね
ショップ大会や身内でやる時に周囲が電源系デッキやFateやひなろじばかりという状況なら採用してもいいと思います

☆デッキの回し方

・マリガン
基本的には中学生、拳、ドジっ子、宝、宝対応を集めます
後手の場合は可能な限り3パンで返したいので0の質によっては宝対応を切る事も考えましょう

・基本的な動き
相手のターンに能力を構えるカードが多いので、たとえ同値や相殺を踏める状況であってもサイドアタックする場面が非常に多いデッキである事を念頭に置いてプレイします
特にレベル1はリバースを取られたら手札管理がボロボロになるため、助太刀を完全にケアできない面は絶対にサイドしましょう
ただし、リバースフィレスやドジっ子など能力使用を前提にする場合はこの限りではありません
テンポデッキなので一手一手の少しでも質の高い選択肢を取る事が重要です

・レベル0~1
中学生やドジっ子を活かして1ターン目から殴れるだけ殴りにかかります
後手1ターン目で相手が霞ケアでドローゴーしたとしてもいけるなら3パンで返しましょう
そうしてドジっ子やリバースフィレスを利用して宝対応を集めます
1レベルになったら宝対応を並べて宝を連打する事と山札とCXの管理くらいなので簡単です
できれば1リフを目指したいですが無理に狙う必要はないです
ストック管理が非常にシビアになる事で思い出圧縮が不完全になったり、キャンセルが上ブレして変な状況で1リフしてしまいレベル2で早出しできなかった結果面を返せないといった事も起こるのであまり推奨はしません
手札に余裕があるなら扉を抱えてもいいと思います

・レベル2
ユナ互換と椎名拳、山集中のレベル応援へのチェンジが解禁されるのでここで一気に面を取り返します
できればユナ互換を多面出しして押し返したい所ですが、美夏拳を採用しているタイトルはそのカードの行方に十分気を使いましょう
ユナ互換は美夏ケアをするくらいなら複数出すカードではないので
ここまでには扉を引いておきたいところ

・レベル3
冴えカノの詰め方は先に殺傷を複数回起動して相手を追い詰め、相手のヒール漏れを細かい打点調整で詰めに行く感じになります
どのみち相手の山に触る手段は皆無なので前のめりに殴りましょう
どれだけ強い山だろうとダメージは不確定がこのゲームの華なので

☆このデッキへの対策
・特殊相殺を使う
このデッキのアドバンテージ源は総じてリバース要求である事を逆手に取ってパワー500の特殊相殺持ちタイトルであれば採用するだけで有利になります(500でないと中学生まで封じれないので注意)
・1相殺を使う
被フロント時バウンス系の連動全般の弱点ですが、相手ターンまで生き残る事が必要なため先置きの1相殺は宝が撃ちきれるまでは事実上無敵になりハンドアドバンテージに繋がります
ここで得たアドバンテージをクライマックスに還元する事でダメージレースで優位に立ちやすいです
ただし、あまりパワーが低いとCIP+2000などを絡めて宝対応以外のカードで処理されてしまうため過信は禁物です
ダイレクト枠を作りやすくなる程度に留めて運用するといいでしょう


以上です
質問・意見があったらお気軽にどうぞ

登録タグ:

あなたはこのブログの 546 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2020/01/02 06:24
TCGカテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2020年01月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。