Shangri-La

心ごと全部乗っ取るくらいの 誰かのウイルスになる

カレンダー
<<2011年
10月
>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
【遊戯王】公認大会参戦レポ

帝です。

本日は余暇を利用して久方ぶりに近所の公認大会に参加してきました。
TPのジュラック・グアイバに対する物欲が参加の理由です。
もう一つ目的がありましたが、詳細は後述にて。

他店舗の大会と被っていたので人数は少なく8人。それでも三回遊戯王が出来るので充分です。
二年前に参加して以来の店舗でありましたが、形式は自分が参加していた頃のスイスドローと異なりトーナメント形式でした。

使用デッキ マクロラギア

一戦目 スクラップ
1st。
こちら先攻。《強欲で謙虚な壺/Pot of Duality》でめくれた《魂を削る死霊/Spirit Reaper》を壁で置いてまずは様子見、強謙でめくれたカードでまだデッキはバレていない。
相手の初動は《サイバー・ドラゴン/Cyber Dragon》。メインからサイドラが入るという事はもうほぼデッキが決まります。
攻撃はたけしに凌いでもらって、相手が罠を設置してターンを返してくる。
こちらの手札には《N・グラン・モール/Neo-Spacian Grand Mole》と《禁じられた聖槍/Forbidden Lance》。
モグラを場に追加。これが通った事で相手の伏せカードの内容はほぼ把握。
たけしを攻撃表示に変え、進撃。モグラの攻撃に対して相手が《デモンズ・チェーン/Fiendish Chain》を使ってきたので、すかさず《禁じられた聖槍/Forbidden Lance》でそれを回避。
モグラの能力により自身が手札に残るため、結局デモチェを失敗させる事に成功。これでゴーズも出ない。
相手の手札をたけしで削り、落ちたのがスクラップ・キマイラ。これで相手より先にデッキを把握する事に成功。
サイドラを消す事に失敗したので二回ほどたけしがサンドバックになるも、アドバンテージはがっつり稼いでいるので問題なし。ライフも半分以上余裕があった。
一度はキマイラをあしらう事に成功するも、二枚目のキマイラが通り、これが《スクラップ・ドラゴン/Scrap Dragon》へと進化。
この《スクラップ・ドラゴン/Scrap Dragon》が罠を恐れて魔法・罠破壊を行ってくるも、こちらが一枚伏せていたのはわざと仕向けていた《スターライト・ロード/Starlight Road》。
機能する場面が一切無かったので、相手のスクドラを一回不発に終わらせた事になる。
返すターン、モグラをまた出してスクドラにはご退場頂きました。
その後、《セイバーザウルス/Sabersaurus》がアタッカーとして場に残り続けて相手のライフを70→51→32と射程圏内に引きずり落としていく。山札から降りてきたサイドラについても収縮を撃ち、ビートダウンを絶やさない。
そのまま勝利。

2nd。
《デモンズ・チェーン/Fiendish Chain》など、常に相手の後ろに罠が置かれていたので
攻撃時の幽閉を恐れて聖槍を《砂塵の大竜巻/Dust Tornado》に変更。
これのせいで、相手の高パワーモンスターに苦戦してしまう事になる。
序盤、こちらはあまり対応罠を用意できておらず、こちらがマクロコスモスを張っている状態で相手はサモプリ経由でジェムナイト・パールをエクシーズ召喚。
その後で《昇天の黒角笛/Black Horn of Heaven》を引いてしまうという悪い流れ。
相手の進撃を何度か許してしまうも、パール以外の展開がなかったので引いた《レスキューラビット》を使ってこちらもパールを生成。お互いにパールが睨み合う硬直した場が出来た。
その間に《強制脱出装置/Compulsory Evacuation Device》を引いたのでパールを無事に撤去。
相手がパールを倒せないうちに後ろの罠をどんどん固めていく事ができ、無事制圧し切った。

○○


二戦目 スクラップ

またもやスクラップ。

1st。
先攻は相手。スクラップ・ビースト召喚から簡易融合、メカザウルスが登場し即座にシンクロ。
スクラップ・ツイン・ドラゴン、1ターン目からパワー3000のバケモノが登場する。
こちらの初手には対応札がなく、《ダスト・シュート/Trap Dustshoot》や《神の宣告/Solemn Judgment》が早速腐る。
ダスト、マクロ、神宣、スタロを伏せてターンを返す。
大量の伏せカードを前に、相手は2ターン目早速《大嵐/Heavy Storm》をプレイしてくる。
これには《スターライト・ロード/Starlight Road》を放つも、このスタダもツインの前では無力で厳しい。
と、思いきや相手がツインのテキストを宣言。
破壊効果が適用されるためそれをスタダでカウンター、それに追加でマクロコスモスを配置しツインを墓地へ遮断する。
さらに相手が伏せカードからスクラップ・エリアを発動してきて手札が4枚になったため、
腐っていた《ダスト・シュート/Trap Dustshoot》が作動。相手の手札を確認する事に成功した。
スクラップ・ゴブリンが配備されたのを見て《レスキューラビット》から《セイバーザウルス/Sabersaurus》を二体展開しゴブリンには早速退場してもらってからのエクシーズ、《エヴォルカイザー・ラギア》。
さらに相手が苦し紛れの《ブラック・ローズ・ドラゴン/Black Rose Dragon》をシンクロ召喚。二枚目の《スターライト・ロード/Starlight Road》で完封しました。

2nd。
相手が先攻でスクラップ・ビーストと大量の罠を用意。
こちらには収縮があるものの展開したとしても幽閉一枚で瓦解する手札内容だった気がする。
罠を用意するのみでターンを返すと、スクラップ・ビーストと《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》でライフが45に落ち込む。
返すターン、相手の《神の宣告/Solemn Judgment》を《神の宣告/Solemn Judgment》してライフが落ち込むもモンスターの展開に《神の警告/Solemn Warning》が撃たれる。
相手ライフは1350、こちらのライフは250。
一体も攻撃を通してはならない状況だったのでバトルフェイズでこちらが攻め手を失うと、アドバンテージを失ってでもモンスターを壁にしてライフを守る動きをしていた。
こちらのモンスターの攻撃が一回通れば良かったのだが、《激流葬/Torrential Tribute》によって場をこじあけられ少ない手札からモンスターをトップデッキされ敗北。

3rd。
out スターライト・ロード×2枚、ダスト・シュート、魂を削る死霊
in  昇天の黒角笛、サイバー・ドラゴン、砂塵の大竜巻、マインドクラッシュ
裂け目は全くもって不要と気付き、要所要所での除去を導入していく。

唯一マクロを引かなかった試合。
かなり硬直した場だった。
こちらのファーストアクションはたけし守備、砂塵セット。
僕の手札にはマインドクラッシュ、強制脱出装置、神の警告があった気がする。
対する相手はスクラップ・ビーストと三枚の罠。
エンドフェイズに砂塵を撃ち相手の罠を剥がしてから脱出を配置。
アドバンテージゲームに持ち込もうと《N・グラン・モール/Neo-Spacian Grand Mole》を投げるもそこには警告。
相手ライフ6000。
返すターン、相手はたけしへの回答が無い様子で《ブラック・ホール/Dark Hole》を発動。
そこにはたけしを対象に《強制脱出装置/Compulsory Evacuation Device》。
対して相手はスクラップ・スコールを発動、スクラップ・キマイラを手札に加える流れを作る。
どうにか《スクラップ・ドラゴン/Scrap Dragon》を消したいが《昇天の黒角笛/Black Horn of Heaven》もなかなかに効き辛い。カウンターするとスクラップ・ビーストが戻ってきた。
対戦相手がスクラップ・ビースト経由でスクラップ・キマイラを回収したところで《マインドクラッシュ/Mind Crush》。
キマイラを山札に沈めながら、残りの手札がライオウ・サイドラ・ゴブリンだった気がする。

相手も罠が少なくてモンスターを守りきれない状況が続く。
敵が少ない持ち駒でスクラップ・デス・デーモンを作ってきたのでそこは警告で排除。

その後、トップデッキは《レスキューラビット》。
相手の手札は把握済だったので《セイバーザウルス/Sabersaurus》二体で本体ライフを22にまで落としてラギア生成。
壁として置かれたスクラップ・ゴブリンは《禁じられた聖杯/Forbidden Chalice》トップデッキにより撤去。
守備表示で《サイバー・ドラゴン/Cyber Dragon》が呼ばれようとも、アタッカーを引いて制圧完了。

○×○

三戦目 TG代償ガジェ

1st。
先攻の相手は裏守備を一体置くのみでターンエンド。
ライコウもしくはメタポと踏んで、暗黒界かな?と想定しながらこちらは《レスキューラビット》からラギアをへエクシーズ。
マクロコスモスと収縮を設置し攻撃せずターンを終える。

2ターン目、相手は場の裏守備を反転。その正体は《TG ワーウルフ/T.G. Warwolf》。
《強制転移/Creature Swap》が飛んできて、TG代行に頭を切り替えながらラギアでカウンター。
その後、《TG ストライカー/T.G. Striker》が追加されるとカタストルが登場。
ラギアが撤退する。
さらに後ろに死刑宣告に近い《ダスト・シュート/Trap Dustshoot》が設置されてしまった。
こちら2ターン目のハンドは
・N・グラン・モール
・ヴェルズ・ヘリオロープ
・ジュラック・グアイバ
・ドローカードとして、神の宣告
ここからモグラが抜かれる。
しかし、ヴェルズ・ヘリオロープはジェネティック・ワーウルフと異なり闇属性。
収縮と一緒にカタストルを討ち取る事に成功した。

相手の動きが鎮静化するも、ゴーズを警戒しヘリオロープの横に出したグアイバで少しずつ本体を小突く。本体に6800点入った。

いつTGを動かしてくるのか考えていたら、最後の最後で相手が唱えたのは強欲で謙虚な壺。
このターン死なない事が確定して胸をなでおろすが、捲れたカードが代償×2枚とグリーンガジェ。
TG代償ガジェが判明したところで相手はテーブルを畳んだ。

2nd。
マクロラギアを使うまでは代償ガジェをこっそり研究していたので弱点は知り尽くしていたつもりでした。
サイドにも対策はばっちりで、これは落としてはいけない、と思いつつサイドチェンジ。

先攻は再び相手。
イエロー・ガジェットだけが場に出て、そのままターン終了宣言。
こちらの初手に《マインドクラッシュ/Mind Crush》はあったものの、モンスターはモグラだけ。
強謙でモンスターを探しに行くが、
・ジュラック・グアイバ
・サイクロン
・サイバー・ドラゴン
というしょっぱい内容。グアイバを先に引けていれば…!
とりあえずグアイバを拾い、イエローにパンチ。これにより《トラゴエディア/Tragoedia》が降ってくる。
手札にマイクラ、警告、脱出がありマイクラと脱出をセットして終了。

メインフェイズが来るまでにマイクラ発動、宣言はグリーン。
相手の手札が、
・冥府の使者ゴーズ
・地砕き
・ガジェ三枚
とかだった気がする。
ガジェがだだ被りしている事を把握し、メインフェイズでトラゴが能力を起動。
被ったガジェを切ってグアイバを奪おうとするがそこは脱出で回避。
場ががら空きになってトラゴ2400とイエロー1200が本体に入ってこちらのライフは4400へ。

ドローは《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》。
手札は結構絶望的で、トラゴをモグラで消すかグアイバでラギアを作ってお茶を濁すか検討する。
もし先の選択肢を選んだ場合、こちらが動かない限り2000オーバーの生物は出てこないが
返すターンにガジェ追加で2000以上ライフを持っていかれ神の警告が腐る事態が発生する。
ここは死を覚悟してジュラック・グアイバをイエローに特攻、ラギアを作って伏せカードとして警告サイクを並べて相手を威嚇する。

3ターン目のドローで相手の手札は5枚。
ガジェが追加されると手札も減らないため3000ラインが維持されてしまい、これは負けたか、と思っていたら相手が《地砕き/Smashing Ground》を発動。これはノータイムでラギアカウンターをするがトラゴが壁にならず殴ってくる。
ガジェ相手に聖杯も抜いたせいでトラゴに苦しんでいたので、このプレイミスに救われる。
トラゴと砕きが消えたのを見て次のターン、《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》を安全に着地させる。

次のターン、相手は《TG ストライカー/T.G. Striker》スタート。
イエロー・ガジェットを追加するも、手札は増えず敵の持ち札はこれで四枚。
《ナチュル・パルキオン/Naturia Barkion》が現れ、これは《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》でカウンター。

これでモグラが嵌るゲームメイクが成立。
モグラのパンチでゴーズを誘き寄せ《神の警告/Solemn Warning》を踏んでもらう。
帝の残りライフは1000点。
後で引くアタッカーたちの攻撃で射程圏内に届くよう、モグラの攻撃を止めない。
相手のライフは4700、《奈落の落とし穴/Bottomless Trap Hole》も引き防御は万全。

ここでトップデッキが《レスキューラビット》!これはアツい!

《エヴォルカイザー・ラギア》で逆転の芽を摘み、勝利。

○○


久々の遊戯王はとても楽しめました。
マッチは少ないけれど合計七回も遊戯王できた、満足。

結局TPからはグアイバが一枚しか出てきませんでしたが、
その後、自分と対戦した人に声を掛けて初心者大会について紹介させて頂いた。
これが久々に公認に出た第2の目的です。

新しいプレイヤーを誘致できそうで、来月開催の大会が今から楽しみです(^^)/


以下、使用デッキ。


モンスター(15枚)
レスキューラビット×3枚
セイバーザウルス×3枚
ジュラック・グアイバ×3枚
ヴェルズ・ヘリオロープ×3枚
魂を削る死霊×2枚
N・グラン・モール

魔法(12枚)
サイクロン×3枚
収縮×2枚
禁じられた聖槍×2枚
強欲で謙虚な壺×2枚
大嵐
ブラック・ホール
禁じられた聖杯

罠(13枚)
マクロコスモス×3枚
奈落の落とし穴×2枚
神の警告×2枚
スターライト・ロード×2枚
神の宣告
強制脱出装置
昇天の黒角笛(ブラックホーン)
ダスト・シュート

エクストラデッキ
エヴォルカイザー・ラギア×2枚
スターダスト・ドラゴン×2枚
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
No.39 希望皇ホープ
ジェムナイト・パール
インヴェルズ・ローチ
イビリチュア・メロウガイスト
ヴェルズ・バハムート
ヴァイロン・ディシグマ
虚空海竜リヴァイエール
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
ダイガスタ・エメラル

サイドデッキは自分でも煮詰めている最中です。
さらに煮詰めていこう。

登録タグ: 遊戯王  大会レポ  2011年9月制限  初心者大会  新規参入者  マクロラギア  デッキレシピ 

あなたはこのブログの 1117 番目の読者です。


テーマ:日記投稿日時:2011/10/23 00:41
TCGカテゴリ:
表示範囲:全体
前のブログへ 2011年10月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在“2件”のコメントがあります。
標準のアバター Tetsu さん [2011/10/25 15:12]
あ、聖槍
アルド希少種 帝 さん [2011/10/26 22:54]
>Tetsu代表
“━━━━ついて来れるか”