Ent.さんのブログ

カレンダー
<<2015年
02月
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ

[2017年10月19日]
みずのさん

フリプ(0)

[2017年10月14日]
みずのさん

リセガルパン(0)

[2017年02月27日]
みずのさん

リセはやっぱり神ゲー(0)

[2017年01月27日]
みずのさん

物凄くお久しぶりです(0)

[2014年11月04日]
オズさん

色々と(0)

[2014年08月26日]
オズさん

HATW(0)

[2014年08月10日]
オズさん

レッツプレシャス! ゴーメモリーズ!(0)

[2014年07月14日]
オズさん

色々書くぞー!!(0)

[2014年06月09日]
オズさん

アポロンさんに組めと言われたから(0)

[2014年05月01日]
オズさん

HATW参加できなかったから(0)

ユーザー情報
Ent.
非公開/男性
3日以上
ブログテーマ
日記
TCGカテゴリ
このブログの読者
プレシャスメモリーズにおける「対象」

今すぐ役に立つかどうかわからないルールのコーナー

前提として、プレメモの"対象"とは何か
ルールブック23ページにはこう書かれています


ここでいうテキストというのは、使用型テキストのことです。常駐型テキストはいわゆる誘発効果も合わせて含めません
また、サポートカードもプレイ時にセットするキャラを選択しますが、それも対象とは扱いません

基本的に、お互いの場・捨て札・ポイント置き場・除外、そしてプレイ中のカード(割り込み時)を指定しているカードは対象を取ります
デッキ・手札に関しては取りません。

場・捨て札・ポイント置き場・除外を指定しているのにもかかわらず、対象を取らない例について

1.全てのカードを指定している
例えば、「ガールズ&パンツァー」

当たり前ですが、対象を取りません
また、「半分に割ったチョコ」はキャラ1体は対象に取りますが、それと同名の全てのキャラについては対象を取りません(そもそも、これはキャラにかかる効果ではなく、プレイヤーにかかる効果です)


2.プレイしてから効果が現れるまでタイムラグがある
ターン終了時にやアプローチに参加した場合、ポイントを与えた場合など、プレイ・使用してからその効果が現れるまでにタイムラグがある
例えば、「水嶋先輩救出作戦」。回収するカードは対象を取らず、アプローチに参加した時、他の参加した時の常駐効果などと同様に解決順を決め、解決時に回収するカードを選択します

「桜の季節」も同様に、終了時に解決する時に表にするカードを選択します


3.〜できる
いわゆる任意効果というものです。やはり一番有名なのは「本気で泣きそうだ、こいつ」
回収するかどうか自体が任意であり、解決時に何を回収するか(あるいは何も回収しないか)を決めます


4.〜場合
ここで最前提なのは、"その場合"は含めません
〜した場合・〜がある場合などの前の文章からの結果により変化するカードや、状況により効果が変化するカードについてです

やはり有名なのは「割り箸」
前半の捨て札にしたことに対する結果で効果が変動し、回収するかどうかがわからないので回収するキャラは対象を取りません


次に、以前にも書いたカスタムさおりん
こちらも、戻した枚数により効果が変動するため、3枚以上と6枚の時の効果は対象を取りません。


あとは「花火(きんモザ)」
和服1枚は対象を取りますが、「夏祭り」があるときの追加効果は対象を取りません。(上の任意効果ともかぶっていますね)


また、見落としがちなのが「ファースト&セカンド」
これも解決時に捨て札に「ファースト&セカンド」があるかどうかはプレイ時には確定していませんので対象を取りません。起こすキャラ(あるいは下げる相手のキャラ)は解決時に選択します。




次に、分かりづらい対象を取る効果について
1.相手は〜、お互いのプレイヤーは〜
例えば、「お風呂入るわよ」
自分のキャラも対象にとりますが、相手のキャラも相手が対象に取ります


「お手」も相手が相手の自分のキャラ(周りくどいですね…)を対象を取ります


「日本の夏 ゆるめの夏」も、全てのプレイヤーがポイント置き場のカードを対象にとってから発動し、解決時にドローします


ここで注意なのは、プレイしたプレイヤーが手番・非手番を問わず、先に対象を取るのはプレイ(使用)したプレイヤーからとなります

2.手札1枚を捨て札にする。同じ名称の〜
例えば、01-078「鹿目 まどか」や「夢に向かって走りだせ」など。これも場のキャラ等は対象を取ります
そのため、実質的には対象にとったキャラと同名カードを解決時に捨てる、といった処理になります。割り込み等で手札にその同名キャラが存在しなくなった場合は、プレイ(使用)自体が無効にされなくとも不発となります。




おまけ
04-002「暁美 ほむら」の割り込み
これも対象を取りません。常駐なので当たり前ですが、特殊なので一応。
そのため、複数の割り込み合戦になった場合、どのカードのプレイを無効にするかは解決時に決めます。
(公式Q&Aの回答はそういうことです http://www.p-memories.com/node/638673


04-002「暁美 ほむら」(以下、悪魔ほむら)と対象について、もう一つ補足
対象を取る効果は、対象を取ったカードのうち1枚でも解決できなければ、その全効果が適用されません
例えば、メインエリアが5面埋まっている状態で、相手が01-007「アリス」のテキストをメインエリアのキャラを含む2枚を対象にとって使用し、その割り込みタイミングで対象を取られたキャラを捨て札にして悪魔ほむらを登場させたとします
悪魔ほむらは使用型テキストを無効にはできませんが、アリスは対象を1枚とはいえ失っているのでもう1枚に妨害されないも適用されません
しかしながら、この場合でもテキストは使用したことになり、01-072「邪神 たま」がいる場合はその常駐効果が適用されます


登録タグ:

あなたはこのブログの 1262 番目の読者です。


テーマ:投稿日時:2015/02/05 22:56
TCGカテゴリ: プレシャスメモリーズ  
表示範囲:全体
前のブログへ 2015年02月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。