我が名は中二召喚士

復活組なショボモンコレプレイヤーの戯れ言です。
ガンダムネタの量が多いのは仕様w

カレンダー
<<2012年
07月
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近のブログ
最新のコメント

[2014年04月20日]
5デック戦(VSチーフアルミさん)(4)

[2014年04月01日]
ブシモンコレ(2)

[2014年02月13日]
ですよねー(2)

お気に入りブログ
ユーザー情報
流青
34 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
獅子姫レオーネ

やはりガルシルトのカードの公開が始まりましたね!

見た瞬間「超強い。アンドロメダとは一体なんだったのか」と思いましたが、よく読むと、先攻とってしまうと4/4/4/アイテム1/スペル*だけになってしまう。

とは言え、強いです。
後攻まで生き延びれば、アンドロメダより安定した打点が無属性で飛んできます。
ブロック2のスキュラはアンドロメダが弱いのではなく、取り巻きのスキュラの対抗枠がもう一息足りなかった。
むしろアンドロメダは、先攻とれるように構築すると更に強くなれた。
先攻取ったアンドロメダが引きこもると、その地形を落とすのは至難でした。
転じて、アンドロメダもどきの1点英雄で、宣言型能力が無属性対抗不可ならそれは弱いわけがない。
先攻とってしまうと若干つらそうですが、1点英雄と思えばそれも当然。
枠が控えめなのはブロック3のお約束なので気にしない。
行動完了能力は最後の手段(^^;
でもブロック3は攻撃する環境になりそうなので、使う場面はなかなか多そうです。

ところで、このユニットを運用する上で生じる最も大きな問題は、実は「先攻とると何もできないカードになる」ことではなく「能力のコストがかなり重いこと」だと思います。
前者はイニシアチブ-持ちユニットで比較的カバーしやすいのに対し、後者をカバーするのは案外難しそう。
特にリチュアルを積まなくてはならないブロック3は、ユニット数自体も他ブロック以上に削られやすいです。
構築の腕のみせどころですね!

ガルシルト最初のカードに相応しいなかなか迫力ある一枚でした。

登録タグ: モンスター・コレクションTCG 

あなたはこのブログの 552 番目の読者です。


テーマ:今日のカード(モンコレ)投稿日時:2012/07/30 11:52
TCGカテゴリ: モンスター・コレクションTCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2012年07月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。