カニ。

カレンダー
<<2014年
03月
>>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近のブログ
最新のコメント
お気に入りブログ
ユーザー情報
ぺる3
非公開/男性
1時間以内
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
蝙蝠王ヴァンデミオン

眷属を吸収して手札を増やせます
また、その増えた手札を敵軍パーティに投げつけると4~8点の混沌ダメージです
 
単純に5レベル飛行の魔魔*枠のアンデッド/吸血鬼として運用するだけでもそれなりに働きますが、本領は重要な戦闘の直前にドローできることでしょう
適当な地形へ進軍し、即時召喚したグーラーを吸収すれば手札1枚が3枚に変換されながら捨て山の吸血鬼が増えます。エレオノーラにとってもヴァンパイアにとっても有益ですし、この戦闘で相手が全力でヴァンデミオンを倒しにかかってくれるなら結果的にハンドアドバンテージは得られます。相手が警戒して手札を温存するならボードアドバンテージを取ってしまってもこちらの損はありません
 
ちなみに「Aする。効果適用後、Bする」という書式の場合、効果の発生源はBの時点でも戦場に存在する必要があるため「◎闇の吸収」でヴァンデミオン本人を破棄した場合はドローできません
ただし宣言事態は可能なので、ヴァンデミオンを戦場から破棄するという目的であれば使う機会はあるかもしれません。手札にはヴァンデミオンしかおらず本陣が手薄で、帰ってこれない敵軍の奥深くにいるヴァンデミオンが邪魔なときとかですね。状況的には在りうる
 
 


■六門世界バックボーン・ストーリー「ブロック:リヴァース」 ヴラドの一族(6)
《蝙蝠王ヴァンデミオン》は豪奢な服と飾りを身に付けた恰幅の良い吸血鬼。
一見極度の肥満体であり、歩くどころか身動きが取れるのかも疑問だが、
その実態は無数の蝙蝠の集まりであるため、移動の際はそれらに姿を変えて飛んでいくことができる。
もっとも、ヴァンデミオン本人が屋敷の外に出ることを嫌っているため、
彼が動くのは百年に一度あるかどうか。
蝙蝠のみならず他の不死者を吸収して己が力に変えるという吸血鬼の中でも異質な能力を持っており、
数百年に渡って蓄えた死の力が彼の中で渦巻いている。



登録タグ: モンスター・コレクションTCG 

あなたはこのブログの 406 番目の読者です。


テーマ:公開カード投稿日時:2014/03/27 04:49
TCGカテゴリ: モンスター・コレクションTCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2014年03月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在コメントはありません。