我が名は中二召喚士

復活組なショボモンコレプレイヤーの戯れ言です。
ガンダムネタの量が多いのは仕様w

カレンダー
<<2013年
02月
>>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最近のブログ
最新のコメント

[2014年04月20日]
5デック戦(VSチーフアルミさん)(4)

[2014年04月01日]
ブシモンコレ(2)

[2014年02月13日]
ですよねー(2)

お気に入りブログ
ユーザー情報
流青
37 歳/男性
3日以上
ブログテーマ
TCGカテゴリ
このブログの読者
大地を投げ棄てるものを投げ棄てた大地を投げ棄てる紙の束

市川ブシオープン決勝ラウンドで使用したデック。
改善点がかなりあったので、メモ的にブログのみで。

ベリアル3
アトラス3
カドモス1
デウカリオン1
フェンリル3
大砂蟲3
ベヒモス3

カルバレット2
マグネリアの磁力網2

ヒート・インフレーション3
レジスト2
オーシャン・タイド2

羅生門1
時空門4種3
ベリアルベリアル3
ファイア・クレスト3
ジャイアント・フィーバー3

当初は強化型オシリスパズスで参加するつもりでしたが、制限が辛いのでこちらにしました。
大型は、ウィーク・ポイント、ダークネス・イリュージョンが制限されたブシオープンだと強そうだし。

対抗厚く(笑)して、泣く泣く大地を投げ棄てるものを不採用にした構築。
ガチな大会にネタ枠を入れる余裕はなかった。。。

調整していて、リリスとガトーの宣言能力が完全に無理ゲーだったので、マグネリアの磁力網を採用。
え?なぜ封印の札や魔法のロープではないのか?
消耗品対抗を誰でも撃てると勘違いしていました!(キリッ
カルバレットは減ったものの、行動完了能力に対する対抗札が4枚になったので、氷結晶とも多少はまともに戦えました。

デウカリオンとカドモスは、防御9が優秀なので採用。
オドントティラヌスも考えましたが、枠なしと考えると流石に採用できませんでした。(基本的に対抗数が極端に少ない構築なので)
ちなみに、デウカリオン2枚、またはカドモス2枚にしなかったのは、少しでも戦場に多くのユニットを出しやすくするためです。

オーシャン・タイドはデウカリオンとカドモスに合わせて採用。
アイテムデックメタにもなりますし。

大砂蟲も抜きたかったし、ヒート・インフレーションよりレジストを入れたかったけど、そうするとベリアルのコストがなくなるので採用。

あと、2枚抜けた羅生門枠は対抗札に回しました。
でもこれ以上地形を抜くとアトラスが安定して力を発揮出来なくなるので、多分これが限界。

変更点についてはこんな感じ。
調整に付き合って下さったみなさん、ありがとうございましたm(__)m

ただ、今回使ったり指摘されて入れ換えたいと思ったカードはかなり多かったりします。

マグネリアの磁力網2→封印の札2
いや、はい。
当然入れ換えますw
魔法のロープではないのは、今後装備品デックが増える可能性が高いため。
ただし、ブシオープン最強の一画となりうる氷結晶には魔法のロープの方が有利。

デウカリオン、カドモス→メビウス2
指摘されて気づいたのですが、リミット10の地形をこれだけ積んでいて採用しない理由がない。
あと、枠的にもカドモスとメビウスよりはるかに使いやすい。

オーシャン・タイド2→マジック・シールド2
カドモス、デウカリオンがいないならこちらの方が強いと思います。
1枠で対抗連鎖中防御+2Dは偉大。
攻撃ではほぼ死ななくなる。

時空門どれか2→サモン・シップ、コール・ジャイアント
今回ファイア・クレストに助けられた回数を考えると、対象にできるユニットの数が少なくても採用の価値は大いにあると思います。

さて、新しい構築で大会出るのが楽しみだなー♪

登録タグ:

あなたはこのブログの 588 番目の読者です。


テーマ:デックレシピ投稿日時:2013/02/11 20:18
TCGカテゴリ: モンスター・コレクションTCG  
表示範囲:全体
前のブログへ 2013年02月のブログ一覧へ
ブログ一覧へ
次のブログへ
現在“2件”のコメントがあります。
暁よみな もやし さん [2013/02/11 23:46]
そこでサモンシップですよ。ですよ。

投げもの良いじゃないですカー対抗できるんですヨー
久遠きざむ 流青 さん [2013/02/12 06:29]
サモン・シップは入れる予定!
ベリアルが投げ棄てて10点ですよ、奥さん!
アトラスは本陣のお留守番が特技なので、コール・ジャイアントはいらないかも。
もしくは大砂抜いて即時不可の方のギガンテスを採用するか。
ロープ2枚積んでダンディも、1枚ならありかな。